部屋のドアノブをロックしたい!取り替え方法をご紹介!

「部屋のドアをロックできるようにしたい」と思っている人は、その方法がわからずに困っていませんか?

特に、小さなお子様がいるご家庭では、ドアをロックできるようにしておくと、お子様の思わぬ事故なども防止することに役立ちますよね。

今回は、部屋のドアノブをロック機能の付いたドアノブに取り替える方法についてご紹介していきます。

簡易的なロックができるアイテムも併せてご紹介するので、チェックしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

石膏ボードに貼られた壁紙のはがし方!壁紙を張り替えよう

部屋の壁紙を張り替えることで、今までの部屋の雰囲気とは全く違う、新しい雰囲気に変えることができま...

【モノトーンインテリア】収納も白と黒で統一!差し色の印象

ものと情報にあふれた現代社会において、頭を疲れさせないシンプルなインテリアは多くの人に愛されてい...

賃貸はすぐ解約すると大変?入居1ヶ月でも引っ越ししたい!

賃貸物件の引っ越しは、大きな労力を費やし、お金もかかる大変な作業です。ましてや入居して1ヶ月...

新築には引き戸?開き戸?お部屋別に使い勝手が良い扉を紹介

新築を建てる場合、間取りや設備など決めることはたくさんありますが、図面を見ているだけでは、使い勝...

まさに画期的!ベッドの天井収納システム「上げ下げベッド」

ベッドはどうしても場所を取ってしまって、狭いお部屋では設置できないとお考えの方も多いでしょう。...

RC造の住宅の特徴!遮音を気にするなら壁厚に注目しよう!

RC造の住宅というものをよく目にすることがありますが、「RC造とは何なのか、はっきりわからない」とい...

建物の骨組み構造にあるラーメン構造と壁式構造の違いを解説

皆さんは、建物の構造形式の種類にある「ラーメン構造」と「壁式構造」をご存知でしょうか。鉄筋コ...

クローゼットのドアを外す!メリットとドアを外す方法を解説

クローゼットのドアを外すことができるのをご存知でしたか?基本的にクローゼットにはドアがついて...

鍵を部屋のドアに取り付けたい!設置方法や必要な道具とは?

自分の部屋に鍵が付いていない人はいませんか?家族と生活している場合、部屋をもらうことはあって...

クッションフロアの上手な貼り方!畳に使用する際の注意点

低価格でクッション性に優れたシート状のクッションフロアは、手軽なDIYアイテムとして人気を集めて...

賃貸に多いクッションフロア!張り替え費用や注意点は?

「クッションフロア」は、賃貸でも使われることが多い床材です。クッションフロアは、水に強くて利...

エアコンの冷風を隣の部屋に送るならダクトを取り付けよう!

家にエアコンが1台しか設置されていない家庭も多くあるかと思います。エアコンのある部屋は涼しく...

コンクリートの天井に穴あけに使う道具!穴あけの注意点

マンションなどの鉄筋コンクリート住宅では、天井がコンクリートむき出しのものも増えています。こ...

コンクリートの天井に穴を開ける方法や注意点をご紹介!

近年では、おしゃれであるということからも、コンクリート打ちっぱなしの壁になっている家も多くなって...

食器棚の収納アイディア6選!使いやすく整理整頓しよう

綺麗に整理整頓するのが難しい食器類の収納に、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。お皿やマ...

スポンサーリンク

部屋のドアノブの名称と種類を確認しよう!

今回は、部屋のドアノブをロック機能の付いたドアノブと交換する方法についてご紹介していきますが、まず始めに、ドアノブの名称と種類を確認していきましょう。

後々ご紹介する内容にも関わっているので、ドアノブの名称からお伝えしていきます。

●フロント

ドアを開けた際に、ドアの側面にプレートが取り付けられていますよね。

その部分をフロントと言います。

●ラッチ

フロントから飛び出た爪のような部分です。

この部分が出たり引っ込んだりすることでドアが開閉します。

●ハンドル

ドアノブの握る部分です。

握り玉タイプやレバータイプがあります。

次に、ドアノブの種類をお伝えしていきます。

ドアノブには、「シリンダー箱錠」、「インテグラル錠」、「シリンダー円筒錠」、「チューブラ錠」があります。

この内、「シリンダー箱錠」、「インテグラル錠」は鍵付きとなっています。

今回は、鍵なしのドアノブを対象としているので、「シリンダー円筒錠」、「チューブラ錠」を鍵付きのドアノブに取り替える方法になります。

シリンダー円筒錠は、ドアノブがネジで固定されていないもの、チューブラ錠はドアノブがネジで固定されているものとなります。

部屋のドアノブの寸法を測ろう!

部屋のドアノブをロック機能付きのドアノブに交換する前に、交換したいドアノブの寸法を測りましょう。

また、メーカーや品番もチェックしましょう。

メーカーや品番は、フロントの部分に刻印されているのがほとんどです。

※稀に刻印されていない場合もありますので、その場合の対処法は下記に記載します。

ドアノブを交換するために、必要な部分の寸法計測についてご紹介していきます。

●フロントの幅、長さ

フロントのサイズが同じものを用意しなければならないので、フロントの幅と長さを測っておきましょう。

●フロントのビスとビスの間の長さ

フロントにはビスがあり、それで固定されています。

ビスの位置も同じである必要があります。

同じく測っておきましょう。

●ドアとドアノブの中心部分までの長さ

フロントのある方のドアの端からドアノブの中心部分までの長さ(バックセットと言います)を測ります。

ドアノブの中心部分には、ビスがあることも多いです。

ビスに合わせて測るのもいいでしょう。

●ドアの厚さ

ドアの厚さを測っておきましょう。

また、メーカーや品番は同じである方が望ましいですが、サイズが同じであれば、交換可能となっています。

メーカーや品番がわかれば、ホームセンターなどでも探しやすくなりますよ。

万が一、メーカーや品番がわからない場合には、後にご紹介する、ドアノブを取り外した後に、現物をホームセンターなどに持って行き、店員さんに聞いてみる方法があります。

ロック機能の付いたドアノブに取り替えるために既存のドアノブを取り外そう!

部屋のドアノブをロック機能の付いたドアノブに取り替えるため、既存のドアノブを取り外していきましょう。

まずは、工具を用意してください。

・プラスドライバー
・マイナスドライバー
・キリ

上記のものを用意しましょう。

ドアノブのタイプによって、使う工具は異なる場合があります。

では、既存のドアノブを取り外していきましょう。

●手順①

チューブラ錠の場合は、ハンドル部分に見えているネジをプラスドライバーで回せば取り外すことができます。

一方、シリンダー円筒錠の場合は、ハンドル部分の根本に小さな穴が開いているので、その穴にキリを差し込み、ハンドル部分に出来た隙間にマイナスドライバーを入れて、テコの原理で取り外します。

これでハンドル部分を取り外すことができます。

●手順②

次に、フロント部分のネジをプラスドライバーで回して取り外します。

ラッチを引っ張るとその部分が取り外せます。

この時に、ラッチの向きを確認して覚えておきましょう。

新しいドアノブを取り付ける際に、ラッチを同じ向きにする必要があるからです。

これで、取り外せましたね。

次は、ロック機能付きのドアノブに取り替える手順をご紹介します。

ロック機能の付いたドアノブに取り替える手順をご紹介!

部屋のドアノブをロック機能付きのドアノブに取り替えていきましょう。

●手順①

まずは、新しいラッチを取り付けます。

先ほど確認しておいた向きと同じ向きで、ラッチを取り付けましょう。

その後、フロント部分をネジで固定します。

●手順②

新しいドアノブを取り付けていきましょう。

ドアノブには軸の部分があるので、その軸の部分をラッチ側の部分を合わせて差し込みます。

チューブラ錠の場合は、室外のドアノブを取り付け、その後、室内のドアノブをネジで固定していきましょう。

シリンダー円筒錠の場合は、付属のネジ筒を使います。

台座同士をネジで固定するので、片方の台座裏面にネジ筒を固定してから差し込み、もう片方をネジで固定しましょう。

最後に、動作確認して作業は完了です。

ドアノブを取り替える際の注意点は?

部屋のドアノブを、ロック機能付きのドアノブに取り替える際の注意点について、お伝えしていきます。

●必ず先にサイズを確認して測っておこう

まずは、各部分の寸法を測っておくことを忘れないようにしましょう。

同じメーカーである必要は絶対ではありませんが、サイズは同じでなければなりません。

違う寸法のドアノブを購入してしまった場合には、取り付けができない場合や、ビスの穴など新たに開けなければならなくなります。

作業の難易度も上がってしまうので、サイズはしっかりと確認して、間違いないようにしましょう。

取り外したドアノブを持参してホームセンターに行き、店員さんに同じサイズのものを探してもらうと、間違いも減ります。

●工具の取り扱いには注意が必要

今回取り上げた工具でも取り扱いには、注意が必要です。

特に、「キリ」は先端が鋭いので、不注意で怪我もしやすい工具の1つです。

作業時には、注意を払いながら交換していきましょう。

ドアロックストッパーを部屋のドアに取り付けてみよう!

最後に、部屋のドアノブを簡易的にロックできる商品をご紹介していきます。

赤ちゃんなどの悪戯防止や事故防止にもなる便利な商品なので、気になる人はチェックしてみてください。

●ベビーガード スプリング式ドアロックストッパー 12個入り

こちらの商品は、ドアを開かないようにロックできるアイテムです。

また、1度ロックされると、閉じることもできなくなるので、子供の指挟みなども防止することに役立ちます。

ロックの解除法は、開いている隙間から指を入れ、この商品を上から押すだけです。

大人なら簡単ロック解除できますが、特に赤ちゃんはロックを解除することはできません。

商品の取り付けも粘着式なので、簡単に設置できます。

こちらの商品は、Amazonなどの通販サイトで取り扱われており、参考価格は1,490円(税込み)となっています。

ドアをロックしてお子様の悪戯・事故を防止しよう!

ドアの開閉によるお子様の事故は意外と多いものです。

事故にまでは発展しなくても、ヒヤッとした経験がある人も多いのではないでしょうか。

そのようなことを防ぐために、ドアノブをロックできるようにしておくと安心ですね。

簡易的なロックができるアイテムもあるので、ドアノブの取り替えと併せてチェックしてみましょう。