快適に過ごせる無印良品のリクライニングチェアの魅力とは!

無印良品のリクライニングチェアと言えば、ハイバックリクライニングソファが有名です。

このリクライニングチェアは、全てがクッション素材のソファタイプであることが最大の特徴です。

そして、座り心地が快適なことも人気の理由の一つではないでしょうか。

そこで、ここからはこのハイバックリクライニングソファの魅力について、さらに細かくご説明していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ベッドルームの壁はお洒落なリメイクシートで簡単リフォーム

「ベッドルームの壁紙をリフォームしたいけれど難しそう」とお悩みの方はいらっしゃいませんか?そ...

一人暮らしの家具選びのコツは?配置のポイントもご紹介!

一人暮らしのための家具選びをどのように考えていますか?家具を選んだら、その後は配置も考える必...

便利なスツール!座面が丸くておしゃれなものを見つけよう!

「ちょっと座って休憩したい」場合や、踏み台にしたり、物を置いたりといろいろな使い方ができる便利な...

ベッドフレームのおすすめ!ダブルも選べるおしゃれなベッド

ネット通販で、取り寄せ可能でおしゃれなデザインが人気のベッドフレームをご紹介します。ベッ...

「W×D×H」って何?家具のサイズ表記の意味が知りたい!

家具を買おうと、ネットのサイトやカタログのサイズ表記を見て困るのが、数字と共に書かれた「W×D×...

価格帯別おしゃれな二人掛けソファのおすすめ【コスパ編】

お部屋の模様替えや引越しなど、ソファを新調しようと思った時に気になるのは、その価格です。おし...

ベッドのフレームを上手に処分!おすすめの5つの方法を伝授

壊れたベッドや使わなくなった子供のベッド、急な引っ越しや新しいベッド購入時など、ベッドのフレーム...

カウンターチェアの選び方!ダイニングをおしゃれに彩ろう

カウンターのあるダイニングはおしゃれと感じ、憧れる方も多いのではないでしょうか。そこへ合わせ...

油圧式の椅子の寿命はどれくらい?おおよその目安をご紹介!

学校やオフィス、自宅などで椅子を使うことはありますが、中でも油圧式の椅子を使う機会は多いかと思い...

ユニットシェルフのおすすめ!キッチンにぴったりのアイテム

ものが多い場所であるキッチンに設置する棚は、ユニットシェルフがおすすめです。今回は、キッチン...

机の塗装にチャレンジしてみよう!失敗しにくいDIYを伝授

長年同じ机を使っていれば、塗装が剥がれてきてしまうことがあります。そのような時に「自分で塗装...

素材と見た目にこだわる!家庭用チェアマットのおすすめは?

オフィスなどでよく見掛けるチェアマットをご家庭に取り入れれば、キャスター付きチェアをより快適に使...

おすすめのスツール!収納機能があれば玄関がすっきり片付く

背もたれや肘掛けのないスツールは、十分にスペースの取れない玄関に配置するのにぴったりだと言われて...

ソファの搬入時に必要なサイズは?間口70cmがポイント!

ソファを購入したものの、ちゃんとお部屋に運び込めるかが心配になりますよね。例外はありますが、...

メタルラックの分解は油を使えば楽々!おすすめの潤滑剤は?

ご家庭や仕事場で使用されているメタルラックを分解するのは、実はなかなか大変な作業です。特に、...

スポンサーリンク

無印良品のリクライニングチェアは細かい角度調整ができる

無印良品のリクライニングソファは、細かなリクライニング機能が備わっています。

一般的にリクライニングチェアと聞くと背面と座面との角度を調整するという印象がある方もいるかもしれませんが、無印良品のリクライニングソファは背面の腰部とヘッドレスト部をそれぞれ別に調整することができるのです。

読書やリラックスしたい時には少し倒し、完全に横になりたい時にはフラットにするなど、使用するシーンに合わせて微調整できるのでとても機能的だと言えるでしょう。

ここからは、さらに詳しくリクライニングの調整についてご説明します。

・腰部

6段階に調整することができます。

可動範囲が広く6段調整なので、腰をかけた状態で快適に感じる程度の角度に合わせることができるのです。

ちなみに、背面を垂直にした状態でロックが解除、背面を1番下の位置にまで下げるとロックがかかるような仕組みになっているので、座りながら固定することができます。

・ヘッドレスト部

ヘッドレスト部は、14段調整とかなり細かい調整が可能です。

首の負担を減らし、リラックスして頭を置くことができる最適な場所を選んで固定することができます。

腰部とチェアとの角度が決まってからヘッドレスト部の角度を調整すると、よりリラックス効果の高いリクライニングチェアになるのではないでしょうか。

大きめの体の人でもゆとりをもってくつろぐことができるリクライニングチェア

無印良品のリクライニングソファは、横幅が広く、体が大きい人でも十分余裕を持って座ることができるのが特徴です。

さらに、クッションタイプなので、フラットにするとベッドのような座り心地を体感することができます。

横になって読書をしたり、リラックスタイムを過ごすだけでなく、休眠することもできるので、万が一寝返りをうった場合も、幅が広いため落下を防ぐこともできるでしょう。

このように、横幅が広いリクライニングチェアは動きに柔軟に対応できる程の余裕があるので、安心してくつろぐことができます。

しかし、無印良品のリクライニングソファを部屋に置く際には、注意しておかなければならない点があることも知っておかなければなりません。

それは、部屋に置く際にスペースを広く占領してしまうということです。

横幅が広いリクライニングソファを部屋に置くとなると、必然的に広めのスペースが必要になります。

さらに、横幅だけでなく、背部とヘッドレスト部の角度によっては、リクラニングソファ後方のスペースも占領してしまう可能性もあるのです。

そのため、この無印良品のリクライニングソファを置きたいと考えている方は、あらかじめ空間を広く感じさせるレイアウトを考えておくと、おしゃれかつ快適な空間を作ることができるのではないでしょうか。

無印良品のリクライニングチェアは座り心地が快適

無印良品で販売されているリクライニングチェアは、ソファタイプで座り心地がとても快適なので、年齢問わず多くの方に親しまれています。

一般的によく目にする硬めの座面のリクライニングチェアとは異なり、無印良品のリクライニングソファは、座面や背もたれ部分が全てクッション素材になっており、長時間座っていてもお尻や腰に負担がかかりにくいことが特徴です。

このクッション材には、粉砕したウレタンを使用しているのでとてもボリュームがあります。

そのため、直接お尻が座面の硬い部分に当たる心配がありません。

さらに、このクッション材は、使用年数と共に少しずつへたれていきますが、外に干すことでボリューム感が回復するのでとても便利に使い続けることができます。

ダニ対策にも効果的なので、定期的にクッション部分を干しておくとより安心でしょう。

さらに背中、腰部部分のクッション材もフレームから外すことができるので、座面部のクッション材と一緒にメンテナンスをするようにすると、全ての面をよい状態を保つことができるのでおすすめです。

太陽の光に当ててよりふっくらしたクッション材は、座った時に心地よい暖かさを感じるので、座ると眠くなってしまうほどの心地よさを感じるかもしれませんね。

ぜひ、座り心地にこだわっている方は、無印良品のリクライニングチェアを試してみてはいかがでしょうか。

リクライニングチェアのカバーは豊富な種類の中から選べる

無印良品のリクライニングチェアは、クッション材の部分のカバーを豊富な種類の中から選ぶことができます。

素材やカラーなどを合わせて36種類もあり、その時の気分や季節に合わせて定期的に交換するのもよいかもしれませんね。

そこで、無印良品のリクライニングソファのカバーで人気の素材と特徴、カラーをいくつかご紹介していきます。

・綿ポリエステル変り織

ざっくりとした特徴のある編み方です。

カラーはベージュとブラウンがあり、落ち着いた雰囲気の部屋に合わせやすいです。

・綿デニム

爽やかなブルーが映えるデニム素材です。

カラーはブルーとネイビーがあり、部屋のアクセントカラーとしても使えます。

・綿シェニール

肌触りのよい綿素材です。

カラーはライトグレーとグリーンがあり、ナチュラルな雰囲気に合わせやすいです。

・綿太番手

太番手の糸が編まれているおり、立体感がある素材です。

カラーはベージュ、ブラウン、ダークブラウンの3種類があり、どんなタイプの部屋にも合わせやすく馴染みやすい素材、カラーです。

・麻綿平織

麻と綿の風合いを生かした素材です。

カラーはブラウンと生成があり、素材を生かした優しい雰囲気が特徴です。

無印良品のオットマンをセットにして使うとより快適に

無印良品のリクライニングチェアを使う場合、オットマンとセットにして使ってみてはいかがでしょうか。

無印良品のハイバックリクライニングソファ・本体・オットマンの参考価格は14,900円(税込)、カバーの参考価格は4,990円(税込)です。

ハイバックリクライニングソファは、座った際に体を休める姿勢にすることはできるのですが、フッドレストがないため、足を伸ばすことができません。

そこで、オットマンを足のせ台として使用することで、全身をゆっくりと伸ばすことができるようになります。

さらに、無印良品のリクライニングソファとオットマンはセットコーディネートができるため、同じ素材やカラーのクッション素材を選ぶことはもちろん、カラーや素材を敢えて違うものにしておしゃれを楽しむのもよいでしょう。

リビングや寝室でテレビや映画を鑑賞する際や読書タイムに足を伸ばしながらリラックスタイムを過ごすことができますよ。

無印良品のリクライニングチェアは和洋問わず合わせやすいデザイン

無印良品のリクライニングソファは、和風洋風どちらの雰囲気にも合わせやすいデザインです。

このソファは、クッション材にかなりの厚みがあるので、リクライニングソファ全体がかなりのボリュームに見えます。

しかし、そのボリューム感のあるリクライニングソファの下の方に見え隠れする木製フレームは、ナチュラルな雰囲気をさりだけなく醸し出しているのです。

さらに特徴的なのは、リクライニングソファ本体の脚部分が傾斜になっているという点です。

座った際にしっかりと腰をかけることができるよう、本体の脚は後ろ下がりになっており、座り心地だけでなくデザイン性も高いリクライニングチェアと言えるでしょう。

部屋の雰囲気だけでなく、どんなインテリアにも馴染みやすく、部屋を模様替えしても使い続けることができるデザイン性の高さになっています。

そのため、無印良品のリクライニングソファカバーを交換し、雰囲気がガラリと変わってしまっても、このリクライニングソファだけが悪目立ちする心配もありません。

さまざまな機能を備えている高機能リクライニングチェア

無印良品のリクライニングソファは、ソファの角度を微調整することが可能なソファです。

さらに、クッション材の取り外しが可能で、こまめにメンテナンスをすることができます。

そして、クッション材カバーの種類が豊富なので、座り心地とおしゃれの両方を取り揃えているといえるのはないでしょうか。

ぜひ、「リクライニングチェアがほしい」と言う方は、無印良品のリクライニングソファをチェックしてみてくださいね。