和モダンインテリア!和室にベッドを置くときのコツと注意点

以前に比べると和室は採用数が減少している傾向にありますが、最近では和室のよさが見直されてきているといいます。

特に、和室にスタイリッシュさを加えた「和モダンインテリア」は若い方からも高い支持を得ています。

落ち着ける空間でありながら都会的でおしゃれな雰囲気は、和モダンならではですね。

今回は、和モダンインテリアの中で「ベッド」を主に取り上げていきます。

「和室にベッド!?」と思われる方もいるかもしれませんが、ちょっとしたポイントを押さえるだけで、和室でも違和感なくマッチさせることができます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

男子部屋をおしゃれにコーデ!インテリア家具選びのポイント

男子の部屋の部屋をおしゃれにしたいと、思うお母様もいらっしゃることでしょう。かわいい我が子の...

海外のベッドルームを参考にしたインテリアコーデ特集!

海外のベッドルームは、鮮やかな色使いや大胆なインテリアコーディネートが目を惹きます。今回は、...

西海岸を意識したインテリアを窓辺に!厳選インテリア特集!

最近では、北欧風のインテリアの他に、西海岸風のインテリアも人気となっています。今回は、この西...

【モノトーンインテリア】実用的&おしゃれなラベルを貼ろう

モノトーンインテリアによく合うラベルは、市販品の品ぞろえも豊富ですが、自分で作ることもできます。...

かわいい赤ちゃんの部屋作り!快適でおしゃれにするアイデア

赤ちゃんは、成長していくにつれて行動範囲が広くなり、ママも目が離せないようになってきますよね。...

鍵を部屋に取り付ける簡単な方法を紹介!三つの具体的な方法

鍵を部屋に取り付けるためには、ドアの形状や鍵の種類など、必要最低限知っておかなければならないこと...

ホームシアターのスクリーンの種類は?設置パターンも解説

自宅にいながら、映画館さながらの雰囲気を楽しむことができるのがホームシアターです。大迫力の映...

おしゃれなインテリアコーディネート!ワンルームのポイント

寝るスペースと生活するスペースが一緒のワンルームは、テイストを決めてインテリアコーディネートする...

和室にモダンインテリアをプラス!上品でおしゃれな部屋に!

「和室にモダンな雰囲気をプラスしたいけれど、和とモダンは合わないのでは?」と、思われていませんか...

フィギュアは部屋にどう飾る?ブログが参考になるアイデア

フィギュアをたくさんコレクションしている方は、その飾り方に悩んだ経験もあるのではないでしょうか。...

和室の子供部屋にはラグがおすすめ!おしゃれで実用性も抜群

お子さんが小さいうちは、リビングに続く和室を子供部屋として使っているご家庭も多いのではないでしょ...

お部屋のインテリアはシンプルに!コーディネートのコツ

お部屋をシンプルなインテリアコーディネートにする際には、色使いや小物遣い、インテリア選びや配置な...

リビングの出窓を活かすおしゃれなインテリアの作り方とは

出窓のあるリビングは、明るく開放感があってとても素敵ですよね。しかし、限られたスペースなので...

秋の雰囲気が漂うお部屋に!小物インテリアを上手に使おう

暑い夏が終わり、秋が近づいてくるとクローゼットの衣替えを始める人が多くなります。季節が移り変...

姫系の部屋に仕上げるインテリア術!ブログで人気のスタイル

フェミニンでエレガントな印象の姫系インテリアコーディネートで仕上げるお部屋は、数々のブログでも紹...

スポンサーリンク

和室ならでは!畳のメリットとは

今ではなかなか見かけることも少なくなった和室ですが、近年では和の魅力が見直され再び住まいに取り入れる方が増えてきています。

日本の住宅では、多くがフローリングを使った洋室です。

洋室はテーブルを置いて食事を摂ったり、ベッドを置き寝室として利用されるように、1つの部屋を1つの用途として使用することがほとんどです。

一方で和室の場合は、テーブルを置いてダイニングスペースとして活用するほか、お布団を敷いて寝室に利用することも可能です。

また、ちょっと横になりたいとき、フローリングですと床付き感が気になりますが、畳はフローリングのように硬い素材ではないためすぐに横になってくつろげることもメリットです。

ほかにも、畳には調湿機能がある点もメリットといえるでしょう。

畳の調湿機能が働くことで、お部屋の湿度を調節し、ダニやカビの発生を抑えます。

特に四季がある日本は、夏は湿気が多く、冬は乾燥します。

1年を通して気候に大きな変動がある日本は、非常に畳は合っているのです。

さらに、畳には防音効果があることもメリットです。

和室の畳の中には、たくさんの空気が含まれており音を吸収する効果があります。

特に小さい子供がいるご家庭では、ぴょんぴょんと飛び跳ねたり、バタバタと走り回る音が騒音となることもありますから、子供が遊ぶ部屋として和室を取り入れる方も多いようです。

このように、和室の畳にはさまざまなメリットがあります。

続いて、和モダンインテリアに近づけるためのベッド選びのポイントをご紹介しましょう。

和モダンインテリアにはお布団よりもベッドがおすすめ!

最近人気の高い和モダンインテリアですが、和モダンインテリアを目指すのならば、ぜひともお布団ではなくベッドを選んでみましょう。

和モダンインテリアは、和室の温かみがありながらどこかスタイリッシュな雰囲気があるインテリアです。

そのため、お布団よりもベッドの方が和モダンインテリアにはマッチしやすいといえるでしょう。

和モダンインテリアを目指すために重要なのは、ベッドの選び方です。

ここからは、ベッドの選び方のポイントについてご説明していきましょう。

●シックでシンプルなもの

和室に合わせるベッドは、やはり和室の雰囲気に合ったものを選ぶことが重要です。

もし、和室に真っ白なカントリー調のベッドが配置されていたらどうでしょうか。

和とちぐはぐになってしまい、なんとも不自然な印象を与えてしまうでしょう。

そうならないためにも、和室に置くベッドはシックなカラーでシンプルなものを選ぶことをおすすめします。

その中で、特におすすめなカラーは、ダークブラウンです。

ブラウンといっても、ライトブラウンなど明るいカラーのものを選んでしまうと、どこか浮いた印象になってしまいます。

また、和モダンインテリアで重要な「モダン」さが欠けてしまうため、やはりここは暗めのダークブラウンを選んでおけば失敗は少ないでしょう。

和モダンインテリアに近づくベッドの選び方

引き続き、和モダンインテリアに仕上げるためのベッドの選び方についてご紹介していきます。

先ほどは、和室に合わせるのならシンプルなもの、そしてカラーはダークブラウンがおすすめといいましたね。

しかし、ダークブラウンといっても、材質によっては和室に合わないものもあります。

ここでおすすめしたい素材は、「木材」です。

ベッドの材質の中では、樹脂製や鉄製、革張りなどがありますが、色味がダークブラウンであったとしてもどうしても和室には合わせにくく、ベッドが浮いてしまうことも考えられます。

もともと、和室には畳に加え柱や鴨居といった自然の素材がふんだんに使用されています。

そのため、自然に調和する木製フレームが非常に合うのです。

また、ベッドの中ではベッドボードがあるものもあります。

和室に合わせる場合は、ベッドボードはないもの、もしくはベッドボードはシンプルで主張しすぎないものを選びましょう。

ベッドボードに高さがあったり、デザイン性の高いものであると、どうしてもベッドの主張が強くなりがちです。

和室に合わせるベッドとしては、和室の雰囲気を損ねることのないものを基準に選ぶと失敗が少ないですよ。

和モダンインテリアに仕上げるコツ!和室に置くベッドはロータイプを

和室にベッドを置くのなら、背の低いロータイプのベッドがおすすめです。

もともと、畳のある和室は床に直接お布団を敷いて眠るという文化があるため、背の低いインテリアが非常に合います。

また、賃貸などの場合、和室の広さが狭いことも多いですし、天井が低いことも多いです。

そのようなお部屋に高いベッドを配置してしまうと、お部屋に圧迫感を感じやすくなってしまいます。

その点ロータイプのベッドは、天井までの高さに余裕が生まれるため、空間を広く見せる効果があります。

そして、低さと重厚感がよりくつろぎを与えてくれます。

なにより畳との相性がよいので、和モダンインテリアを目指すのなら、ぜひロータイプのベッドを選択してみてくださいね。

和モダンインテリアにぴったり!和室におすすめのベッド紹介

ここでは、和モダンインテリアにぴったりマッチするおすすめのベッドをご紹介していきます。

●ローベッド ウォルナットブラウン デザインボードベッド Bona ボーナ

ヘッドボードがない非常にシンプルなローベッドです。

フレーム幅も、シングル・セミダブル・ダブルと3つの種類が揃っていますので、お好みに合わせてご購入いただけます。

深みのあるウォルナットブラウンが、和モダンインテリアにマッチするでしょう。

●モダンデザイン畳収納ベッド【花梨】Karin

横になる部分が全面畳で作られた畳ベッドは、和室にぴったりなベッドです。

枠組みの木材も、色味を抑えたナチュラルとダークブラウンからお選びいただけます。

より和室に合うように作られたベッドですので、和モダンインテリアとしても馴染みやすいでしょう。

畳にベッドの跡を残さない対策法

和モダンインテリアには、やはりベッドの存在は大きいです。

和室で浮いてしまわないように、ベッド選びは慎重になさってくださいね。

そして、和室にベッドを置く際に最も不安なことがあります。

それは、畳がへこんだり傷ついてしまうことです。

もし、ベッドを移動して模様替えをしたときには、ベッドの跡が不自然に残ってしまう可能性もありますし、賃貸の場合ですと退去費用を請求される可能性もあります。

ここでは、和室の畳のダメージを減らす対策についてお伝えしていきます。

●フレームやベッドの脚に注意する

ベッドというものは、基本的に脚で支えるものが多いです。

ベッド全体の重みを脚で支えるため、脚の部分に大きな圧力が集中してしまうことになります。

畳のへこみを防ぐためには、脚が太いタイプか、フレームの全体が床に接地するフロアタイプのベッドを選ぶことをおすすめします。

特に、フレーム全体で支えるベッドは、「辺」で重量を支え重さを分散するため、脚のように1つの部分に圧力が集中するのを避けることができます。

●コルクマットをはさむ

圧力を分散させるためには、ベッドと畳の間にコルクマットを敷くという方法もおすすめです。

コルクマットは、敷きたい部分だけカットすることもでき、軽くて加工しやすいのが特徴です。

また、和室との相性もよいので、畳のへこみや傷を防止するのには優秀なアイテムといえるでしょう。

和室にベッドを置くときは注意を払おう

和にスタイリッシュさを加えた和モダンは、落ち着く空間ながらどこか洗練された雰囲気が魅力的です。

和モダンインテリアにはやはりベッドが合いますが、畳にベッドを置く際は、畳のへこみや傷に注意しましょう。

特に、賃貸の場合は退去費用などの問題もありますので、対策としてマットを敷いたり、フレーム全体が床に接地するフロアタイプのベッドを選ぶとよいでしょう。