【ベッドルームインテリア特集】海外風にするポイントとは?

「海外風のおしゃれなベッドルームで眠りたい…」そんな願望をお持ちの方は、大勢いらっしゃるでしょう。

しかし、スタイリッシュで洗練された雰囲気を表現するには、どうしたらいいのでしょうか。

そこで今回は、海外風のおしゃれなベッドルームインテリアにするためのポイントをご紹介していきます。

まずは、ベッドの大きさに注目してみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

インテリアの参考になる本をご紹介!安く読むおすすめの方法

本は、その道を極めた人ならではの知恵と工夫が詰まっていて、好みに合う一冊に出会えると持ち歩きたい...

一人暮らしのインテリア選び!ブログを参考に快適な部屋作り

一人暮らしを始める時に、ベッドやテーブルなどのインテリアを何から揃えればいいのか困ってしまうこと...

アジアンのテイストを取り入れる!リゾート気分のインテリア

アジアンのテイストを取り入れると、南国のリゾートホテルのような部屋になります。インテリアでは...

お部屋のコーディネートアイデア!おしゃれに仕上げるコツ

お部屋をおしゃれな空間に仕上げるためには、テイストを統一することが大切です。カフェ風スタイル...

2DKのインテリア!和室の上手な使い方・コーディネート術

2DKのお部屋に住む時、洋室か和室かで置くインテリアは大きく変わります。洋室は比較的簡単にイ...

北欧風のインテリア雑貨で「モダン」にアレンジしてみよう!

「素敵なインテリア雑貨で、部屋をモダンな感じにしたい」という方はいらっしゃいませんか?しかし...

インテリアコーディネートを依頼!無料相談ができる店舗は?

毎日過ごす部屋は、気持ちよく過ごせるようインテリアにもこだわりたいものです。しかし、「選んだ...

マンションベランダの魅力的なインテリアコーディネート

マンションのベランダは、コンクリートの床やシンプルな柵など殺風景な印象の場合が多いです。そこ...

LEDテープライトでインテリアをおしゃれに演出してみよう

最近では、様々な照明が販売されています。その中でも、LEDテープライトは、家の中でも様々な場...

シロッコファンの掃除をしよう!使用する洗剤は何がいい?

シロッコファンは、様々な家電で使われている「ファン」の一種で、お風呂やキッチンの換気扇、エアコン...

一人暮らしのインテリア特集!4畳半でも快適な空間になる?

「4畳半のワンルームは狭いからおしゃれにならないし、住みにくいだろう…」そんなイメージを持つ...

快適な部屋作りを!レイアウトの悩みはアイディアで解決!

部屋の大きさ、ドアや窓の位置によって、家具のレイアウトは限られてしまいます。使い勝手が悪くて...

3Kの間取りの部屋で快適に暮らそう!オススメのインテリア術

3Kの間取りの部屋に、どんなイメージをお持ちでしょうか。3DKや3LDKと、大きさや間取りな...

PC周りを使いやすくおしゃれなインテリアでまとめよう!

PCが自宅にあるという人は、現在では非常に多く、人によっては多くの情報をPCを通して得ています。...

食器棚の上を活用!スペースを無駄にしない収納アイデア5選

キッチンの造り付け食器棚と違い、市販されている食器棚は大きいものでも高さが180~190cmほど...

スポンサーリンク

寝室インテリアを海外風にするなら!大きいベッドを設置しよう

海外風のリッチなベッドルームインテリアを目指すのであれば、ベッドの大きさは「ダブルサイズ」にしてみることをおすすめします。

もちろん、余裕があれば「クイーンサイズ」や「キングサイズ」のほうが好ましいです。

広々としたサイズのベッドを置くことで、ホテルのようなゆとりある雰囲気を演出することができます。

また、大きなサイズのベッドがあれば、寝心地が向上するだけでなく、家族や友人が泊まることになっても並んで眠れるので便利ですね。

しかし、日本の住居はコンパクトな設計であることが多く、大きなベッドを置くと圧迫感や閉塞感が生まれてしまうかもしれません。

そういった懸念がある場合には、「ロータイプ」のベッドを選んでみましょう。

ロータイプのベッドは、すっきりとしていて空間の広がりを感じさせます。

それだけでなく、高さがないので安心感を得られるというメリットがあります。

また、湿気に強いタイプが多いので、日々のメンテナンスに自信がない方にもおすすめです。

インテリアの印象が変わる!ベッドリネンの選び方

続いては、ベッドリネンの選び方についてお話ししていきます。

洗練されたイメージを強調させたいときには、真っ白のベッドリネンを選んでみましょう。

シンプルな白色でまとめれば、すっきりとした印象になりますね。

それと同時に清潔感も演出できて、ベッドルームにはおすすめのカラーリングです。

また、ベッドリネンの素材感にもこだわってみてください。

天然のコットン生地なら、吸湿発散性に優れており、肌触りもよくなります。

こうした生地素材の質感は、インテリアコーディネートにおいても大事なポイントです。

ベッドルーム全体のイメージや空気感にも影響するものなので、慎重に選びましょう。

「真っ白では少し味気ないかな…」と思ったときには、「ベッドスロー」を取り入れてみてください。

ベッドスローとは、掛けカバーの上(足元部分)にある布のことを指します。

きっと、海外ホテルなどのベッドメイキングで見かけたことがある方もいらっしゃるはずです。

お好みの布を帯状にしてのせるだけで、ベッドのアクセントとなります。

ベージュやブラウン、グレーといった落ち着いたカラーリングなら、どんな雰囲気のベッドルームにも合わせやすいでしょう。

枕の置き方でベッドルームインテリアを格上げ!

海外風のベッドルームにするためには、枕の数やボリューム、置き方にも着目してください。

ベッドの枕もとをアレンジするだけで、一気に雰囲気が変わりますよ。

<枕の数は増やしたほうがおしゃれ!>

たとえ一人で寝ているベッドであったとしても、枕の数を増やしてみましょう。

いわゆる「飾り枕」なので、見た目重視で選んでくださいね。

もちろん、デザイン性の高いクッションをアクセントにしても構いません。

<ボリューミーな枕を選ぶ!>

フカフカの枕を選べば、海外ホテル風のベッドになります。

リッチな気分に浸れるようなインテリア演出を心掛けましょう。

<枕を重ねたり立てたりすれば機能的になる!>

いくつか枕やクッションが用意できたら、ベッド上にレイアウトしてみましょう。

枕のメイキングルールには、名前がついています。

○スタッキングスタイル:重ねる置き方

○スタンディングスタイル:立てる置き方

また、これらをミックスさせて並べる方法もあります。

枕もとをデコレーションすることで、ベッドルームが美しくなるだけでなく、くつろぐ際に便利な背もたれとなります。

すると、ベッド上でのリラックスタイムがもっと快適になることでしょう。

ベッドにはヘッドボードを追加するのもアリ!

前項では、枕の置き方についてお話ししましたが、そこに「ヘッドボード」をプラスすると、より重厚感あふれる海外風な仕上がりとなります。

ヘッドボードは、枕もと側のベッドフレームと壁の間に設置する板です。

はじめから付属しているタイプのベッドもありますが、ヘッドボード単体でも販売されています。

●もともとベッドにヘッドボードがついていない

●ベッドのデザインがシンプルで飽きてしまった

●ベッドルームインテリアのアクセントが欲しい

上記に当てはまる方にはおすすめです。

素材によって、ベッドやインテリアの表情が変わるため、お好みで選んでみましょう。

レザー素材のヘッドボードは、高級感があってどっしりとした印象です。

スタイリッシュなモダンスタイルや、ラグジュアリースタイルにはぴったりですね。

薄いブラウンやベージュカラーであれば、カジュアルなスタイルにも合いそうです。

海外風の空間へ!ベッドルームに間接照明をプラス

続いては、ベッドルームの間接照明について取り上げます。

メインとなる主照明さえあれば、生活上の問題を感じることは少ないはずです。

しかし、間接照明を設置すると空間の奥行や広がりが増して、魅力的な雰囲気になります。

ホテルライクな海外風ベッドルームづくりには、欠かせないインテリアアイテムとも言えるでしょう。

ムードを高めるためには、複数の間接照明を用意するのがおすすめです。

もしベッドサイドにナイトテーブルがあるなら、その上に「テーブルライト」を置きます。

手元が照らせるくらいの、やわらかな光のものを選んでください。

ベッドの両脇に同じものを設置すれば、海外ホテル風のレイアウトに近づきます。

また、ナイトテーブルがなかったとしたら、床置きできるスタンドタイプの「フロアライト」を用意します。

デザイン性の高いフロアライトは、ベッドルームのワンポイントアイテムとしても機能します。

アート感覚で飾れば、モダンなインテリアスタイルが実現するでしょう。

海外風のベッドルームは壁インテリアにも手を抜かない!

ベッドルームインテリアとなると、どうしても寝具や照明に目がいきがちですが、壁面使いにも工夫が必要です。

海外のおしゃれなベッドルームを見てみると、上手くウォールデコレーションが取り入れられていますね。

絵画や写真、アートパネルなどを飾っていて、どれもセンスがあって素敵な印象です。

壁面が寂しいとインテリアも味気ない雰囲気になってしまいがちですから、壁の使い方で個性を演出していきます。

しかしながら、日本は大きな地震が多いので、安全面に配慮しながら飾るものを決める必要があります。

「壁紙を変える」「ウォールステッカーを貼る」といった方法であれば、ものが落ちてくる心配はないのでおすすめです。

もしも、重量のある時計や額縁などを設置するのであれば、なるべくベッドの頭上側は避けたほうがいいでしょう。

就寝中に落ちてくると、思いもよらぬ怪我や事故につながる恐れがあるからです。

ただインテリアにこだわるだけでなく、こういった配慮も忘れないようにしておきましょう。

みんなの憧れ!海外風のベッドルームづくりに挑戦してみよう

海外風のおしゃれな寝室で眠れば、素敵な夢が見られそうですよね。

やはり、一番重要なポイントとなるのは、ベッド周りのコーディネートです。

ベッドの大きさやリネン、枕アレンジ、ヘッドボード次第で、海外ホテルのようなリッチな仕上がりとなるでしょう。

その他、間接照明や壁使いにこだわり、自分好みのベッドルームを完成させてください。