3Kの間取りの部屋で快適に暮らそう!オススメのインテリア術

3Kの間取りの部屋に、どんなイメージをお持ちでしょうか。

3DKや3LDKと、大きさや間取りなど、どう違うのか疑問に思っている方もいるでしょう。

この記事は、3Kのメリット・デメリットなどの特徴を踏まえて、オススメのインテリアアレンジやレイアウトをまとめてみました。

今実際に3Kに暮らしている方も、これから引っ越しの予定がある方も要チェックです!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

インテリアに絵画を取り入れよう!おしゃれな空間に早変わり

お部屋に絵画を飾って、おしゃれなインテリアづくりをしてみませんか。なんとなくハイセンスでレベ...

和室の子供部屋にはラグがおすすめ!おしゃれで実用性も抜群

お子さんが小さいうちは、リビングに続く和室を子供部屋として使っているご家庭も多いのではないでしょ...

インテリアをもっとおしゃれに!北欧風クッションカバー特集

部屋をおしゃれにコーディネートしたい人は多いと思います。まず、何から買おうか悩んでいる人は、...

こだわりのインテリアを選ぼう!ソファは流行の北欧風で!

部屋のインテリアはこだわったものを選びたいですよね。特に、今回ご紹介する北欧風のインテリアは...

鍵を部屋に取り付ける簡単な方法を紹介!三つの具体的な方法

鍵を部屋に取り付けるためには、ドアの形状や鍵の種類など、必要最低限知っておかなければならないこと...

初めての子供部屋!?クローゼットや押し入れを扉なしに!

狭いところが好きな子供は多いですよね。ボールハウスや段ボールに入っている我が子を見つけると、...

ハワイアンインテリアのポイント!100均アイテムの活用術

夏が近づいてくると、気分転換にお部屋の模様替えをしたくなるという方は、ハワイアンインテリアはいか...

2DKでインテリアを楽しむ!一人暮らし向けのインテリアは?

2DKの部屋は二人暮らし向けだと思われている方が多いかもしれませんが、実は一人暮らしにもおすすめ...

賃貸アパートでも楽しめる!原状回復できるインテリアのコツ

賃貸アパートは退去をする時には、原状回復が原則です。そのため、何かと制限されて思うようなイン...

新築で子供部屋にロフトは必要?ロフトはどう使うのが正解?

ロフトのあるお部屋に憧れる方は、決して少なくありません。ロフトは秘密基地のようで子供から人気...

「LEDテープライト」を取り付けて部屋の雰囲気を変えよう!

近年話題となっている、「LEDテープライト」をご存知でしょうか。LEDテープライトとは、チッ...

インテリア上級者になろう!憧れのシンプルモダンスタイル

シンプルモダンなお部屋といえば、白をベースにした落ち着いた色使いや、シンプルながらに高級感あふれ...

おしゃれな商品が多いIKEAの人気インテリア雑貨をご紹介

近年では、インテリア雑貨のお店と言えば、「IKEA」と答える人も多くなってきました。スウェー...

【モノトーンインテリア】実用的&おしゃれなラベルを貼ろう

モノトーンインテリアによく合うラベルは、市販品の品ぞろえも豊富ですが、自分で作ることもできます。...

「2LDK」の上手なインテリア配置!その方法と考え方を伝授!

2LDKに初めて住む方は、「どのようにインテリアを配置すれば良いのだろうか…」と悩まれるのではな...

スポンサーリンク

3Kの間取りのメリット!

K=キッチン(台所)と3部屋の居住スペースがある間取りです。

キッチンは明確な規定はありませんが、大体2~4畳ほどの広さになります。

そして、LDK(リビングダイニングキッチン)やDK(ダイニングキッチン)のように、ダイニングテーブルを置いて食事をするスペースがありません。

料理をするだけの独立型キッチンです。

そのため、インテリアとしてどのように家具を配置し、収納をどのようにするのかを考える必要もあるでしょう。

また、3Kは調理をする際に生じる煙や匂いが、他の部屋に伝わりにくいといったメリットがあります。

部屋全体は、40平米~60平米が多いですね。

3Kは新しい物件ではあまりないですが、築年数の古い団地やマンションにはよくある間取りです。

最近はリノベーションされて、室内がきれいな物件もたくさんあります。

しかし、リノベーションされていない場合、設備などの古さが気になるかもしれません。

それでも、広さの割に家賃が比較的安い物件も多く、子育て世代のファミリー層にも人気があります。

夫婦2人暮らしや、友人同士のルームシェアにもオススメです。

3Kでも間取りは様々!ライフスタイルに合わせて選ぶ

1口に3Kと言っても、色々なタイプがあります。

台所を中心として囲むように部屋があるものから、縦型に部屋が並んでいるものなど、物件によって異なります。

どのような部屋を選んだらいいのか、迷ってしまいますね。

広さももちろんですが、部屋の作りによって住み心地は左右されます。

キッチンなどの共有スペースに部屋が直結しているタイプですと、独立性が高くなります。

プライバシーも保たれますので、自分の時間を重視する方や、友人同士のルームシェアにもオススメです。

引き戸などで部屋を仕切るタイプですと、共有スペースや部屋へ行く場合、他の部屋を通らなければならないということがあります。

ただ、引き戸やふすまを外してしまえば、自分たちのライフスタイルに合わせて、部屋をアレンジできるというメリットもあります。

住む人達の関係性によって、選ぶ間取りも大きく変わってきます。

「誰と住むのか?」

「何人で住むのか?」

「どんなインテリアの部屋にしたいのか?」

こうしたことについて、一緒に住む人達と相談してみましょう。

3Kはインテリアが難しい間取り?工夫次第で住みやすくなる

3Kは1部屋があまり広くないことも多く、思ったより狭く感じられることもあるでしょう。

せっかくお気に入りのインテリア家具を置きたいのに、スペースがないためにあきらめてしまうことがあるかもしれません。

例えば、家族団らんのためにソファを置きたいのに、小さなソファしか置けないという問題があるとします。

そんな時には、引き戸やふすまを外せるなら外してしまい、大きい部屋に変身させてしまいましょう。

縦長の部屋は、引き戸を外すだけで一気に開放感が出て、あっという間にリビングダイニングの出来上がりです。

キッチンで料理をしながら、子供の様子を見たり、ソファにいるご家族と会話をすることもできます。

置ける家具の選択肢が多くなるので、インテリアの幅も広がりますね。

自分の好きなように、間取りをカスタマイズしてしまいましょう。

また、家具の置き場所が難しいのは、部屋の広さの他に「壁が少ない」という理由もあります。

引き戸で部屋が仕切られている場合は、引き戸を壁に見立てて家具配置をする方法があります。

実際に暮らしてみると、「テレビはこっちに置いたほうがいいかも」などと思うかもしれません。

色々と模様替えをしてみて、どのインテリアが1番しっくりくるか、試してみるのも楽しいものです。

3Kの間取りをどう使う?

3Kは、2人暮らしからファミリーまで住んでいる方は様々ですが、間取りのレイアウトは、1部屋をリビングにして、残り2部屋を居住スペースにされている方が多いと思います。

荷物の多い方は、思い切って1部屋を収納部屋にしてみてはいかがでしょうか。

普段使わないキャリーケースなどの旅行用品や、アウトドアグッズなどの大きな物の荷物置き場になります。

洋服の多い方は、ハンガーラックや衣装ケースを用意して、季節外の衣服を片付けることも可能です。

棚を置いて、買い置きした飲料水や日用品のストック場所としても使えます。

または、友人や知人の来客が多いのなら、「泊まってもらう客室としてキープしておく」という方法もあります。

さらに、小さなお子さんがいる家庭ですと、子供の遊び場も欲しいですよね。

和室はキッズスペースにするのにピッタリです。

収納するためのインテリア家具も、子供の目線の高さくらいの棚を置くと、お子さん自身でもおもちゃなど片付けやすくなります。

フローリングに比べますと、畳は柔らかく、転んでしまっても大きなけがになりにくいので安心です。

遊び疲れて寝てしまっても、そのままゴロンとお昼寝できます。

そして、夜は寝室としても使えます。

お布団を引いて、子供と川の字になってみんなで眠りにつくこともできますね。

3Kの収納&インテリア家具はどうすればいい?

1部屋があまり広くないことが多いので、3Kの間取りの収納は大きな課題ですね。

寝室にベッドを置く場合、収納ができるベッドがオススメです。

ベッド下に1段引き出しがあるだけで、多くの荷物が収納できます。

しかし、引き出しがなくても、ベッド次第では収納が可能です。

もし、ベッド下にデッドスペースがある場合は、荷物を入れたボックスを置くことができるでしょう。

ロフトベッドの場合ですと、ベッド下にチェストや机なども置くことができます。

また、スペースを有効に使うことでインテリアの幅が広がります。

そこで、小柄な方であれば、ベッドのサイズを考えてみましょう。

ベッドのサイズをセミシングルサイズにしてみてください。

このようにすることで、ベッドで占領するスペースが減ります。

スペースを広く取ることで、ごちゃごちゃした印象を与えづらくなるでしょう。

また、インテリアのことも考えて部屋に食事をするテーブルを置きたいと考えているのであれば、バタフライテーブルが便利です。

バタフライの羽のように、両方もしくは片方の天板を折りたたむことができて、デザイン・機能性に優れたテーブルです。

普段はコンパクトサイズで、来客時には広げて大きなサイズと、シーンに応じて使い分けられます。

また、壁を利用して「見せる収納」をすると、利便性があるだけでなく、おしゃれなインテリアとしても有効です。

洋服屋さんや雑貨屋さんのディスプレイを見本にしましょう。

例えば帽子ですが、クローゼットなどに収納すると、結構かさばり場所を取ります。

そこで、壁面収納用のラックを使ってみてください。

インテリアショップでは、壁面収納用のラックがたくさんあります。

100均やホームセンターで、ワイヤーネットやフックを買って、自分でも作ることも可能です。

また、ラックには木製やメタル製など様々な素材がありますので、自分の好みに合わせて選びましょう。

古い物件でもお気に入りのインテリアへ

築年数が古い物件も多い3K。

レトロな雰囲気も素敵ですが、せっかくなら自分の好きなインテリアにしたいですよね。

賃貸でも原状回復できる簡単DIYで、自分だけのお部屋を作ってしまいましょう。

●ウッドカーペット

敷くだけで手軽に床の雰囲気を変えることができます。

下の床を傷つける心配もありません。

特殊加工で木目調をプリントしたものや、天然木使用のものまで種類は様々です。

ネットでも手に入りやすく、安価なのでインテリア初心者にもおすすめできます。

●ふすまリメイク

壁紙を変えることで、グッと部屋の雰囲気が変わるのですが、いきなり大きいスペースから始めると、初心者は失敗する可能性が高いでしょう。

ですから、もっと狭いスペースから始めてみましょう。

オススメはふすまです。

ウォールステッカーやリメイクシートなどを駆使した、「ふすまリメイク」をすることでお部屋のイメージチェンジができます。

壁には使えないような大胆な柄も、ふすまほどのスペースなら、お部屋のアクセントになって、たちまちおしゃれな部屋に生まれ変わります。

手間はかかるかもしれませんが、自分の好きなインテリアに近付けることができるかもしれません。

3Kの間取りは収納から!アイデア次第でインテリアも自由自在

3Kの間取りが思ったより狭いという時には、仕切りを外して、大きな部屋に変えることも可能です。

また、デッドスペースを利用して収納すれば、部屋がすっきりします。

荷物が多い方は、1部屋を収納部屋にしてしまうというのもアリです。

このように収納をすることで、部屋の印象が変わることでしょう。

また、インテリアに関しても、リメイクシートなどを駆使することで雰囲気を変えることができます。

住む人達とどんな部屋にしたいのか相談しつつ、快適なお部屋作りを目指してみてください。