自宅の天井に照明を追加したい!電気工事なしでも可能?

照明は、現在では人々の生活に欠かせないものになっていますよね。

誰でも、暗い部屋より明るい部屋の方が、気分もいいです。

今回は、自宅の天井に照明を追加する方法をご紹介していきます。

照明の追加には、電気工事が必要になるイメージがありますが、今回は電気工事なしでもできる方法をご紹介していきます。

比較的取り付けやすい方法を取り上げましたので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

インバーター蛍光灯がつかない時の原因&対処法をご紹介!

近年では、インバーター蛍光灯が多く普及されているので、使っているという人も多いのではないでしょう...

蛍光灯が点滅していて気になる!LEDに交換してみよう!

蛍光灯の点滅は、誰でも気になってしまいますよね。そんな時は、「LEDに交換したい」という人も...

玄関の照明は何色?電球色と昼白色の特徴を知り上手に選ぼう

多くの家庭の玄関では、照明に電球色か昼白色を採用することが多いでしょう。玄関の照明の色は大体...

ダウンライトをリビングに配置するときの基本的な考え方は?

多くの時間を費やすことになるリビングの照明にはダウンライトがおすすめです。こちらでは、リビン...

ダウンライトの上手な選び方!LEDの昼白色は幅広く使える

お部屋の照明器具に、ダウンライトを取り入れようとお考えの方は少なくはないでしょう。近年、ダウ...

ダウンライトをリビングに取り入れたい!色や配置は?

天井に埋め込む形のダウンライトは、すっきりとした空間を作り上げることができます。以前は、リビ...

フロアライトで部屋を北欧風に!おすすめはLEDライト

憧れの北欧風の部屋には、おしゃれなフロアライトが使われている傾向があります。そこで、部屋を大...

おしゃれな部屋は間接照明を上手に配置!そのコツとは?

おしゃれな部屋をよく観察すると、家具やファブリックにこだわっているだけではなく、間接照明を上手く...

間接照明をリビングの天井に取り付けておしゃれ空間を演出!

新築をするとき、リビングの照明に間接照明を取り入れてみませんか。新築だからこそできる方法で、...

新築キッチンの照明選び!照明の色・組み合わせ方・照明器具

建て売り住宅と異なり、新築注文住宅は自分達で全てのことを決める必要があります。そして、快適な...

趣ある和室を間接照明で彩る!おしゃれな照明器具の選び方

お部屋の雰囲気をおしゃれに演出できる照明器具は、インテリアの1つです。その中でも、種類が...

キッチンの照明をおしゃれに!おすすめスポットライト特集!

キッチンは、料理をしたり家族の団欒の場であったりと、家の中では重要な場所の1つです。そのため...

勉強効率、集中力UP!勉強机は蛍光灯のLED化がおすすめ

今や、ご家庭のあらゆる照明器具をLED化される方が増えてきていると言われています。LEDの構...

玄関は家の顔!間接照明でおしゃれな雰囲気を演出してみよう

玄関は家の顔とも呼ばれることから、玄関に配置する照明器具選びはとても重要です。玄関照明を設置...

LED電球とソケットと100均の材料で自作照明を作ろう

最近では、多くのご家庭でLED電球が取り入れられています。省電力でありながらも、明るいことで...

スポンサーリンク

自宅の天井に照明を追加するには資格が必要?

自宅の天井に照明を追加したい場合には、「電気工事の資格が必要になる」と聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

確かに、天井裏の配線を変えたりすることは、電気工事の資格を持っていなければ行なえません。

感電や漏電、火災などに繋がる危険性もあるからです。

大掛かりな工事が必要な照明の追加だと、やはり専門の業者による電気工事が必要になります。

また、「より完璧に仕上げたい」、「理想になるべく近づけたい」という人も、専門の業者に依頼することが必要になりますよね。

しかし今回は、電気工事の資格がなくてもできる方法をご紹介しますので、その方法で天井に照明を追加していきましょう。

作業についても、それほど複雑な手順はないのでDIYが得意ではない人でも、やりやすい方法でお伝えしていきます。

ちょっと暗い部屋であったり、もう少し明かりがほしいという部屋に照明を追加して、より快適で素敵な部屋を目指しましょう。

電気工事なしでも天井に照明の追加が可能!

「電気工事を依頼するには、費用がかかり大変」、「自分で手軽に天井に照明を追加したい」という人も多くいますよね。

実は、電気工事を行なわなくても、天井に照明を追加することは可能なのです。

詳しい方法については後に記載していきますが、元々あるコンセントを利用したり、コンセント増設を利用して天井に照明を追加することができます。

しかも、費用的には、業者に依頼した時よりも、かなり抑えることができます。

専門の業者に依頼した場合には、その業者によって費用は異なることがありますが、少なくとも10,000円はかかってしまうでしょう。

それに比べて、自分で天井の照明を取り付ける場合の費用は、取り付けたい照明器具と、取り付けるのに使う道具だけなので、10,000円以下で抑えられることがほとんどです。

もし、高額な照明器具を取り付ける場合でも、やはり業者に依頼した方が、費用はかかってしますよね。

なるべく費用を抑えながら、自分で照明を追加する方法をご紹介していきます。

天井に追加する照明を選ぼう!

まずは、どのような照明を天井に追加するのか決めておくと、その後の取り付け作業を想像することができ、完成図もイメージしやすいです。

天井に取り付ける照明器具にはいくつか種類がありますよね。

まずは、どのような照明器具があるのか見ていきましょう。

●ダクトレールを利用する

ダクトレールは、レール状になっていて、そこに追加したい照明を取り付けることができます。

複数の照明を取り付けることができるのが、メリットになります。

●ペンダントライトを追加する

ペンダントライトは、上記のダクトレールなどに取り付けて、使用したりすることができ、用途の幅も広いので使いやすい照明器具です。

今回は、ペンダントライトを天井の照明として追加していく方法をご紹介します。

天井に照明を追加しよう!まずは取り付け箇所を確認!

はじめに、照明を追加したい天井を見上げて、取り付け箇所の確認をしておきましょう。

どのくらいの範囲あるのか、どの程度の大きさの照明を取り付けるのか、確認しておくと、その後の作業もスムーズに進みますよ。

あまりにも大きい照明を追加してしまうと、取り付けるのが難しかったり、うまく取り付けることができない場合があるので注意が必要です。

また、取り付け箇所が高所になる場合には、脚立なども必要になりますよね。

その場合には、1人で作業をせずに、必ず複数人で行なうようにしましょう。

最初に確認しておくことで、作業を手伝ってくれる人も必要になるかどうかわかります。

もし、作業に人手が必要になる場合には、予定を合わせておくこともできますね。

また、ダクトレールなどを取り付ける場合には、天井に梁の部分があることを事前に確認しておきましょう。

最近では、ビスで固定するもの以外にも、粘着性のものもあるので、そういったものを活用してみるものいいですね。

天井に照明を追加する手順をご紹介!

では、天井に照明を追加する手順をご紹介していきます。

今回ご紹介する方法は、既存のシーリングソケットを利用して、照明を追加していく方法になります。

そのために、用意するものからお伝えしていきましょう。

●用意するもの

・シーリング分岐ソケット

ペンダントライトを取り付けるのに必要になります。

3口になっているものなどもあり、用途に応じて選ぶことができます。

・コンセント増設用ソケット

コンセントが必要になる場合には、こちらもあると便利です。

・ペンダントライト

お好みのものを選びましょう。

●手順①

まずは、既存のシーリングソケットから今使っている照明を取り外しましょう。

その後、シーリング分岐ソケットやコンセント増設用のソケットを、既存のシーリングソケットに接続します。

このシーリング分岐ソケットやコンセント増設用のソケットは、用途が幅広いのでおすすめですよ。

●手順②

追加したいペンダントライトを増設したコンセントやシーリングソケットに接続します。

また、ダクトレールなどを取り付ければ、より広範囲を照らすことが可能になります。

配線が気になるという人は、配線モールなどを使うと上手に配線を隠すことができますよ。

上記の用意するものには、記載していませんが、気になる場合には、こちらも用意しておくといいでしょう。

また、ダクトレールを天井に固定する際には、梁のある箇所を狙って固定するようにすると、しっかりと固定することができます。

万が一の落下事故も防ぐことに繋がるので、気をつけておきたいですね。

なお、取り付ける際には、取り付けるペンダントライトの合計の消費電力が、照明器具の消費電力を超えないように注意してください。

天井に照明を追加する際の注意事項は?

最後に、天井に照明を追加する際の注意事項についてお伝えしていきます。

まず、照明を追加する作業の前に、ブレーカーを落とすなどして、電気が流れていないことをよく確認しましょう。

万が一、通電したまま照明の追加作業を行なってしまうと、感電する恐れがあります。

このような事故を防ぐためにも、必ずブレーカーが落ちているか、確認するようにしましょう。

また、高所での作業になることがほとんどかと思いますので、しっかりと安定した足場を確保することが重要になります。

不安定な状態で照明の追加作業を行なうと、脚立などからの転落により怪我をしてしまう可能性もあるので注意が必要です。

上記でも触れましたが、複数人で作業できる場合には、例えば、脚立をおさえてもらいながら作業したりすることが必要になります。

そのためにも、作業の前に手伝ってもらえる人がいないか、確認してみるといいでしょう。

思っていたよりも手軽に照明を追加できる!

今回は、電気工事なしでも自分でできる、天井の照明を追加する方法についてご紹介してきました。

多くの人が、思っていたよりも手軽にできると感じたのではないでしょうか。

実際にやってみると、意外と単純なのでおすすめですよ。

今回ご紹介した方法を参考に、自宅の天井に照明を追加してみましょう。

明るく素敵な空間を演出することも、可能になりますね。