照明計画は慎重に!ダウンライトをリビングにどう配置するか

リビング照明をダウンライトにしたいなら、その機能や色の効果について知っておくと役に立つのではないでしょうか。

位置や数をどう決めるか、一体型と交換型はどんな違いがあるのかということも覚えておくと良いでしょう。

マイホームのリビングをダウンライトですっきりとコーディネートしたい人は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

屋外で使用する間接照明の選び方!LEDの人気商品もご紹介

屋外で使用する間接照明は、LEDタイプを選ぶのがおすすめです。今回は、LEDタイプの間接照明...

これで夜間の帰宅も安心!玄関灯を人感センサーに交換しよう

夜間の帰宅時に、暗くてライトのスイッチを探すのに苦労したり、鍵がなかなか取り出せず苦労した経験は...

間接照明で寝室を癒しの空間に!LEDタイプがおすすめ

寝るときには、小さな明かりをつけておくという方も多いのではないでしょうか。そのような方におす...

リビングを優しく照らす間接照明!LED対応はメリットが多い

家族で過ごす時間が多いリビングは、ゆっくりとくつろげるように照明にもこだわりたいものです。ま...

ダウンライトをリビングに取り入れたい!色や配置は?

天井に埋め込む形のダウンライトは、すっきりとした空間を作り上げることができます。以前は、リビ...

16畳のLDKにはどんな照明がおすすめ?数や明るさも考えよう

LDKの広さや形は家によって異なりますが、LDKが広くなればなるほど迷ってしまうのが「照明」では...

間接照明のライティング効果!LED使用のおしゃれな部屋作り

「お部屋をもっとおしゃれにしたい」そんなときは間接照明の利用がおすすめです。なかでもおすすめ...

ダウンライトをペンダントライトに交換!雰囲気を変えよう!

照明は、部屋の雰囲気を左右する重要なインテリアの1つです。天井に埋め込まれているダウンライト...

光で演出!お気に入りのインテリアスタイルを照明でおしゃれに

ゆっくり落ち着けるソファ、愛着のあるテーブル、一目惚れのカーテンなど、選りすぐりのアイテムでコー...

間接照明の上手な使い方!寝室をおしゃれな空間に変えよう!

おしゃれなカフェやホテルなどに設置されている、光の反射を利用した照明は間接照明と呼ばれます。...

天井照明の幅広がる!ダクトレールで向きや移動が自由自在

ダイニングテーブルを買い換えたのに、照明器具の位置が合わずに困ったことなどはないでしょうか。...

天井が高い!傾斜天井に適した照明の選び方と配置の仕方

傾斜天井という斜めになっている住宅の天井があります。この傾斜天井の場合、高い部分が出てしまう...

寝室の間接照明にはLEDがおすすめ!その理由や演出方法とは

「たっぷり寝たはずなのに疲れが取れない」という方は、寝室の照明を見直してみましょう。睡眠は「...

蛍光灯の安定器を交換には注意が必要!安定器について知ろう

蛍光灯には、「安定器」というパーツが付いています。安定器は、蛍光灯を発光させるためには、なく...

新築の照明費用の平均は?ポイントをしっかり押さえて選ぼう

新築を建てたら、まず生活をするために必要なもののひとつとして「照明」があります。新築を建...

スポンサーリンク

リビング照明はダウンライトにしたい!気になる機能

天井に埋め込むダウンライトは、すっきりと見えてインテリアを引き立ててくれる照明です。

賃貸ではダウンライトではないことが多いので、「いつかマイホームを建てたらダウンライトを使いたい」とあこがれている人もいるのではないでしょうか。

実際に、「リビングをダウンライトだけで照らしたい」というケースも多いようです。

また、シーリングライトの補助的な役割として使いたいというケースもあります。

シーリングライトにはシーリングライトのよさがありますので、両方取り入れることで、お気に入りの空間づくりをすることができるでしょう。

はじめに、ダウンライトには色々な機能があることを知っておきましょう。

●光の調節

明るさが調節できるダウンライトは、しっかりとリビングの隅々まで照らすことができる明るい状態と、リラックスできる薄暗い状態などが選べます。

作業をするには暗いけれど、会話には困らない明るさにすることもできるので、寝室にも選ばれることが多いでしょう。

●色の調節

光の色合いを変えられると、時間や状況に合わせて使い分けることができます。

朝のフレッシュ感を感じる白い光や、落ち着ける夕陽色など、さまざまな光の色に切り替えることができます。

●センサー機能

人感センサーがあれば、消し忘れても自動的に消えてくれて電気代の節約になります。

人が近づくと徐々に明るくなり、離れると暗くなるタイプもあります。

リビングをどう照らす?色の効果を知ってダウンライトを選ぼう

ダウンライトは、LED一体型とLED交換型に分かれています。

交換型は電球のみ取り替えることができて、一体型はすべて交換が必要になります。

同じ明るさでも印象が違うので、よく比較して選びましょう。

また、色の持つ効果を知っておくことも大切です。

さきほど、色の調節機能について触れましたが、集中できる色とリラックスできる色があると言われており、それをうまく使い分けることで、より快適に暮らすことができると考えられます。

オレンジ色の光で照らされた料理は食欲をそそるものです。

リビングで食事する場合、あまりにも明るくしすぎるより、暖色系の光で優しく照らすことをおすすめします。

リビングで子供が宿題をすることがある場合は、明るい昼白色で照らすと手元が見やすくなり、集中しやすいでしょう。

スタンドライト、テーブルライトなどの照明でも対応できますが、リビングでご家族がどのように過ごすのか考えて選ぶことが必要です。

ダウンライトの数に注意!照明が多すぎるとすっきりと見えない

ダウンライトは、シーリングライトやペンダントライトのように、後から位置の調整などができません。

リビングをダウンライトだけで照らそうと計画されている場合は、後で後悔しないように、色々な事例を調べておくと役立つでしょう。

たとえば、ダウンライトの数を考えてみましょう。

「明るさが足りないかも」と考えて多めにしたところ、実際に完成したリビングを見てみたら不自然だったということがあります。

まるで天井にたくさんの穴が開いているように見えて、違和感が徐々に強くなることもあるでしょう。

「すっきり見える」ということが大きなメリットなのに、余計なところにもあると、いくらセンス良くコーディネートしても、それを邪魔してしまう存在になります。

少し少ないと思えるくらいの数にして、後で間接照明と組み合わせたほうが失敗しにくいかもしれません。

リビング照明にダウンライトを選ぶときの注意点!模様替えが好きなら

家具の配置を考えて、ダウンライトの位置を決めることもあるでしょう。

しかし、後から模様替えしたくなることもあると思います。

リビングのテーブルを真上から照らせるようにした照明があっても、テーブルの位置を動かしたくなったり、生活スタイルが変化して、他の家具を置くことになることも考えられます。

細長いテーブルに合わせてダウンライトを数個配置したところ、そのテーブルの向きを変更させて置いた方がインテリアに合うことが分かったらどうでしょうか。

違和感を気にしない人もいますが、気になってしまうと「失敗だった」という後悔の気持ちが強くなる人もいると思います。

こうならないように、テーブルの上はペンダントライトにするか、照らす向きを変更できるダウンライトを選ぶか、ということも考慮すると良いでしょう。

リビング照明のダウンライトは位置や寿命に注意!

「ダウンライトを配置するには適さない位置」があることも知っておいてください。

リビングのソファで、ごろんと横になってくつろぐ人も多いと思います。

ダウンライトがソファの真上、もしくは視界に入る位置にあるとまぶしく感じることがあります。

リビングをリラックスできる空間にしたい場合は、照明の数を少なめにすることも大切ですが、位置にも注意が必要です。

また、ダウンライトと家具や収納物との間には、ある程度の距離を設けましょう。

考えたくもないことですが、距離が近すぎて火災が発生することを防ぐためです。

そして、ダウンライトには寿命があることも覚えておいてください。

LEDは、毎日7時間程度使用しても10年以上は使えますが、永久に状態を維持できるわけではありません。

また、経年による明るさの減少も感じるでしょう。

寿命を感じたら電気工事で交換ということになり、その際にはコストがかかります。

LED一体型・LED交換型の違い

ダウンライトは、寿命を感じたら電気工事の資格を持つプロに交換を依頼するとお伝えしましたが、ランプのみ交換できるタイプもあります。

どちらにするか悩む人も多いので、それぞれの違いについてご説明します。

●LED一体型

値段が安い商品が多く、いろいろな種類から選べます。

色や明るさを変えたい場合や電球が切れた場合、照明器具まるごと交換する必要がありますが、先述したようにLEDは長く持ちます。

そのため、これを大きなデメリットとは感じずに、一体型を選ぶケースも多くなっています。

●LED交換型

電球だけの交換ができるのが一番のメリットですが、値段が高い商品が多いです。

交換によって明るさや色を変えることができるためか、調光機能がついているものが少ない傾向にあります。

電球の交換ではなく、ユニットと呼ばれるものを交換することができるタイプもあります。

「こちらを選べば電気工事の必要はない」と思うかもしれませんが、照明器具本体の寿命が切れる場合もありますので一概には言えません。

また、リビングの照明すべてをLED一体型、もしくはLED交換型にするのではなく、場所によって使い分けるケースもあります。

ダウンライトの特徴を知って満足できる照明計画を!

ダウンライトには、調光機能、センサー機能、調色機能などがあります。

また、LED一体型とLED交換型に分かれています。

一体型は機能的なタイプを選び、交換型は電球を交換することで、さまざまなシーンで楽しむことができるでしょう。

さまざまな注意点を書きましたので、リビングのインテリアを考える際に役立ててください。