ダイニングとキッチンのインテリアコーディネートのコツ!

ダイニングとキッチンのインテリアコーディネートのコツについて解説します。

統一感を持たせるインテリアコーディネートや、狭いキッチンダイニングを広々と見せるインテリアコーディネートなどをご紹介します。

参考になるアイデアが満載なので、ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

キッチンをおしゃれに変身させるタイルシート!様々な種類

タイル張りのキッチンは、おしゃれで憧れますよね。しかし、タイルをたくさん貼ると費用もかさみま...

おすすめキッチンメーカー紹介!おしゃれなキッチンづくり

お家をご購入する際、間取りや室内空間、家具など、いろいろな視点から考えて、おしゃれにしていきたい...

キッチンの壁紙を張り替え!おしゃれに見せるおすすめ壁紙

キッチンの壁紙は、他の部屋の壁紙などと比べると、やはり汚れやすかったり、傷みやすかったりしますよ...

物が多くなるキッチン!インテリアを活用してシンプルに!

キッチンは何かと物が多くなりがちです。色々な物が溢れることで、雑多な雰囲気を作ってしまいます...

キッチンの換気扇はカバーを付けてお手入れを楽にしよう!

キッチンのシンクやワークトップは日常的にきちんとお手入れをして毎日ピカピカ、というご家庭が多いか...

お洒落で機能性抜群!キッチン周りやカウンター下にニッチ!

西洋建築では、トイレやリビングや寝室など、あらゆるお部屋の壁を有効活用したニッチが広く取り入れら...

キッチンカウンターが片付かない!インテリアでスッキリ

対面のキッチンカウンターは、ついつい物を置いてしまいやすく、いつもごちゃごちゃとした印象になりや...

キッチンの作業台を「お値段以上」のニトリで購入しよう!

キッチンの作業台は長く使うものなので、実店舗がある大手の家具で購入できれば安心ですよね。...

キッチンの排水口からボコボコ音!気になる原因と対処法は?

キッチンの排水口に水を流したとき、ボコボコと音がして「なんだろう?」と思うことはありませんか?...

キッチンの照明はペンダントライトでおしゃれに決めよう!

キッチンの照明はどれがいいか、悩んでしまう人も多いかと思います。おしゃれなキッチンを演出した...

憧れのインテリアスタイル!カントリー調のキッチンに挑戦!

ウッド調の扉や小物など、どこか懐かしくて可愛らしいカントリーキッチンは、女性ならば憧れたことのあ...

おすすめのキッチン用品!人気アイテムを多数ピックアップ

お料理好きの方やインテリア好きの方は、キッチン用品もこだわりのアイテムで揃えたいですね。ある...

キッチンに最適なゴミ箱!人気ブログで度々登場の商品まとめ

お料理をすると必ず出るのが「生ゴミ」です。キッチンのゴミ箱は、臭いの元になりやすいため、衛生...

キッチンの壁をタイルに!タイルのメリットや費用をご紹介

ご自宅のキッチンの壁を、タイルにしたいと考えている人も多くいるのではないでしょうか。キッチン...

キッチンカウンターのタイルを貼るメリット・貼る方法を紹介

「キッチンカウンターにタイルを貼り付ける」と聞くと、なんだか難しい作業をしているイメージがあるか...

スポンサーリンク

ダイニングとキッチンのインテリアに統一感を!

はじめにご紹介するのは、ダイニングとキッチンのインテリアに統一感を持たせるコーディネートのアイデアです。

ダイニングとキッチンは統一感を持たせることで奥行が生まれ、広々とした印象に仕上げることができます。

例えば、キッチンカウンターがある場合にはカウンターの天板と、ダイニングテーブルの色調や素材を揃えると簡単に統一感が生まれます。

キッチンカウンターが木製の天板でカラーがブラウンの場合には、ダイニングテーブルも同じように木製のブラウンを選ぶとモダンなイメージに統一できます。

一方、ベージュやアイボリーでキッチンカウンターの天板とダイニングテーブルを揃える場合には、ナチュラルテイストな印象に統一できるでしょう。

また、壁やカウンター下のクロスのカラーもキッチンとダイニングで統一することですっきり広々とした空間になります。

壁やカウンター下のクロスのカラーは、白を選ぶと明るく広いイメージになり失敗が少ないでしょう。

また、ベージュやアイボリーなどのベーシックなカラーもさままざまインテリアテイストに合わせやすくおすすめできます。

ダイニングキッチンは家族みんなの共有空間であるため、飽きのこない雰囲気や落ち着ける空間を意識してインテリアコーディネートすると良いでしょう。

ダイニングとキッチンにおしゃれな変化をつけるコーディネート

さきほど、ダイニングとキッチンに統一感を持たせる簡単なアイデアをご紹介しました。

この章では少しアレンジを効かせた統一感のあるダイニングキッチンのコーディネートをご紹介します。

早速そのアイデアですが、例えばキッチンカウンターの天板のカラーとダイニングチェアのカラーを揃えて、ダイニングテーブルには異なるカラーを取り入れる方法です。

キッチンカウンターの天板が白の場合には、ダイニングチェアにも白を取り入れ、ダイニングテーブルにはブラウンを選ぶと少し変化がついておしゃれです。

また、キッチンカウンターとソファのカラーを揃えるのも良いでしょう。

キッチンとダイニングで視点の高い部分のインテリアと低い部分のインテリアを統一させることで、抜け感のあるおしゃれな印象になります。

さらに、キッチンとダイニングの床のカラーとテーブルのカラーを統一すると、一体化したようになり空間が広く見えます。

例えば、床がブラウンのフローリングの場合には、テーブルにも木製のブラウンを選ぶといった方法です。

このように、統一感の持たせ方に変化をつけることでよりおしゃれなダイニングキッチンに仕上がります。

インテリアにアクセントカラーを加えるダイニングキッチン!

ここからは、これまでにご紹介したダイニングとキッチンの統一感あるインテリアコーディネートをベースにしたアレンジをご紹介します。

ダイニングキッチンのベーシックなコーディネートに、簡単にアクセントを加えられおすすめなのがアクセントカラーを取り入れる方法です。

例えば、キッチンカウンターとダイニングテーブルをブラウンで合わせたコーディネートには、アクセントカラーにイエローを加えるとおしゃれです。

キッチンカウンターのスツールには座る部分がイエローのタイプを選び、ダイニングソファにイエローのクッションを置くと程よいアクセントになります。

また、ダイニングチェアやソファにはホワイトやグレーを選ぶのがおすすめです。

ブラウンやイエローととても相性が良いカラーで、バランスの良いインテリアコーディネートになります。

カラフルなインテリアで統一感を出すダイニングキッチン

キッチンやダイニングは家具や家電、食器など、ものが多い場所です。

そのためカラフルなインテリアコーディネートをする際には雑然とした印象にならないよう気をつける必要があります。

そこで、ダイニングキッチンをカラフルかつすっきりと仕上げるためのポイントにも統一感が挙げられます。

例えば、キッチンカウンターの天板がオレンジの場合には、ダイニングチェアの1つに同系色のオレンジを取り入れます。

そして、その他のダイニングチェアにはライトグリーンやイエローを選びます。

このように、ダイニングキッチンをカラフルにしたい場合は、使用するカラーを3つに抑えて2つは同系色にすると良いでしょう。

また、オレンジやイエロー、ライトグリーンといったカラーは、木の質感を生かした明るい色合いの木製テーブルとも相性が良いです。

狭いダイニングキッチンのインテリアコーディネート!

ここからは、狭いダイニングキッチンのインテリアコーディネートのポイントについて解説します。

ダイニングキッチンが狭いと、ダイニングテーブルセットなどの大きな家具を設置したとき圧迫感が出てしまいます。

そこで、おすすめなのが細長いダイニングテーブルを設置する方法です。

キッチンカウンターと並行になるレイアウトで、細長いダイニングテーブルを設置するとすっきりした印象になります。

また、ダイニングチェアやソファはキッチンカウンターに寄せて付けるように配置すると空間を有効活用できます。

続いて、狭いダイニングキッチンにおすすめしたいのが、バタフライテーブルです。

バタフライテーブルとは、テーブルの天板の一部が折り曲がっていて、広げるとサイズを大きくできるアイテムを指します。

普段はテーブルの一部を折り曲げたコンパクトな状態で使用するとすっきりします。

そして、お客さんが来た際や料理が多いときなど、必要に応じて天板を広げて大きく調節すれば空間を有効活用できるでしょう。

丸いダイニングテーブルも狭いダイニングキッチンに最適!

最後にご紹介するのは、狭いダイニングキッチンに丸い天板のダイニングテーブルを設置するインテリアコーディネートです。

丸いダイニングテーブルは、長方形のダイニングテーブルよりも空間を有効的に活用できます。

なぜなら、天板が丸いダイニングテーブルは、ダイニングチェアを使用しない際に下に納めておくことで周りのスペースを活用できるからです。

また、天板が丸いダイニングテーブルは、ダイニングキッチンに柔らかな印象を与えることができます。

丸いシルエットのインテリアは視覚的に柔らかで癒される効果を与えるのです。

さらに、天板が丸いダイニングテーブルはお子さんが当たっても怪我をしにくい点でもおすすめできます。

インテリアコーディネートのポイントとしては、ダイニングチェアを4脚置く場合、2つを背もたれが付いたタイプ、もう2つを背もたれがないタイプにするのが良いでしょう。

形が異なるダイニングチェアを組みわせることでおしゃれになり、背もたれがないダイニングチェアは、テーブルの下にすっぽりと収納できる点でもおすすめです。

ダイニングとキッチンはインテリアの統一感を意識して!

キッチンとダイニングは、統一感を意識してインテリアコーディネートするのがおすすめです。

キッチンカウンターとダイニングテーブルの素材やカラーを揃えて統一感を演出しましょう。

また、狭いキッチンダイニングにはバタフライテーブルや丸い天板のダイニングテーブルを設置するのがおすすめです。