1LDKのインテリアを選ぶ!快適でお洒落に過ごせる女子の部屋

1LDKは、キッチンが8畳以上もある上に、寝室が別になりますので、リビングを最大限に活用できます。

自由にレイアウトができるメリットを生かして、ライフスタイルに合わせた、インテリアの選び方をまとめてみました。

キッチンとリビングの過ごし方で、レイアウトも変わります。

快適にお洒落に過ごせる女子の部屋作りの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

実家がモノで溢れている!掃除と片付けをスムーズに行うコツ

近年では高齢者の片付けが社会問題になっています。皆さんのご実家はしっかり掃除がされて、片付い...

「ユニットバス」をおしゃれに!床やカーテンで個性を演出!

浴槽・トイレ・洗面台が一体化しているユニットバスは、「おしゃれにコーディネートするのが難しそう…...

鍵を部屋に取り付ける簡単な方法を紹介!三つの具体的な方法

鍵を部屋に取り付けるためには、ドアの形状や鍵の種類など、必要最低限知っておかなければならないこと...

おしゃれ部屋インテリアのポイント!癒し空間を作るアイテム

毎日仕事を終えて帰る部屋。整頓されていて、癒やされる空間が理想的と言えるのではないでしょうか...

ウォールナットのインテリアは暗い?上手な色の合わせ方とは

ウォールナットを使った床や家具は、重厚感があり人気が高いです。しかし、黒に近いブラウンなので...

「LEDテープライト」を取り付けて部屋の雰囲気を変えよう!

近年話題となっている、「LEDテープライト」をご存知でしょうか。LEDテープライトとは、チッ...

リビングの出窓を活かすおしゃれなインテリアの作り方とは

出窓のあるリビングは、明るく開放感があってとても素敵ですよね。しかし、限られたスペースなので...

古いアパートをおしゃれに!2DKのインテリアをどう変える?

古いアパートに住んでいると、「おしゃれなインテリアが映えない…」と悩んでいる方もいらっしゃるので...

人気のフレンチモロッコとは?モロッコインテリアを楽しもう

いま日本でも人気を集めている「フレンチモロッコ」をご存知でしょうか?おしゃれな部屋作りをする...

インテリアの参考になる本をご紹介!安く読むおすすめの方法

本は、その道を極めた人ならではの知恵と工夫が詰まっていて、好みに合う一冊に出会えると持ち歩きたい...

海好きな方必見!西海岸風インテリアに合うソファを厳選

アメリカ西海岸は年中温暖な気候で、コバルトブルーの海岸が印象的な場所です。そして、リゾート地...

韓国の女子高校生の勉強机みたい!「オシャレ」と勉強を両立

高校生になって、気合いをいれて勉強したいと思ったら、勉強机をオシャレにコーディネートしてみること...

玄関ポーチのインテリアを工夫しておしゃれで素敵な空間に!

お客様を迎える玄関は、家の顔ともいわれています。シンプルな玄関もスッキリして良いものですが、...

5畳の子供部屋にベッドを置くと狭い?おすすめのレイアウト

子供部屋の家具のレイアウトを考える時、大体において両親が決めることになります。子供部屋は4畳...

使用スタイル別!パソコンデスクのインテリアのポイント紹介

仕事はもちろん、サイトの閲覧やメール、動画視聴やネットショッピングなど、私たちの生活にパソコンは...

スポンサーリンク

1LDKの間取り!キッチンとリビングのどちらを広く使う?

1LDKは、リビングのL、ダイニングのD、キッチンKを合わせたリビングダイニングキッチン+1部屋の間取りです。

この間取りは十分な広さがある一方で、ライフスタイルに合わせた使い方をしないとスペースを無駄にしてしまうことにもなりかねません。

そこで、インテリアを選ぶ前に、キッチンとリビングのどちらを広く使うのかを一度考えてみましょう。

・キッチンのスペース

食事をするスペースだけならば、キッチンカウンターや奥行きのないテーブルを使用してみてはいかがでしょうか。

このようなカウンターやテーブルを使うことで、キッチンスペースを狭くしてリビングを広く使うことができます。

・リビングのスペース

リビングを広く使う場合は、ソファを一人掛け用、二人掛け用など選べますし、ソファベッドを置けるスペースも取れるので、女子会の後も泊まることができたりと、友人を招いたときに対応できます。

もし、リビングが狭いと感じた場合は、テーブルのサイズや収納インテリアをコンパクトにしてみてはいかがでしょうか。

また、動線を考えて確保すると、狭さからのストレスが軽減されます。

キッチンインテリアの選び方!テーブルのサイズや位置を決める

1LDKは、友人や家族と一緒に、テーブルを囲んで賑やかに食事を楽しめる広さがありますが、用途に合わせてテーブルのサイズや位置を決めるのがコツです。

・テーブルのサイズ

一人分の食事スペースは、幅60cm、奥行き35~40cmほどが目安と言われています。

小さなダイニングテーブルは、二人で使用するタイプが多く、70cm前後のサイズが多いようです。

・用途別にテーブルと位置を決める

キッチンカウンターがあるのなら、そこにパイプ椅子などを組み合わせると、食事スペースが作れます。

また、一人用もしくは、二人用の奥行きのないテーブルをキッチンカウンターに寄せることでもリビングを広く使うことができます。

もし、来客に応じてリビングを広く使いたい場合があるのなら、折り畳みのテーブルが便利です。

・ソファダイニングで、リビングのようにくつろぐ

女子会やホームパーティーのとき、リビングのソファのように、くつろぎながら食事を楽しめる「ソファダイニング」の人気が上がっているようです。

テーブルの高さに合わせたソファがセットになっているインテリアで、食事が終わった後リビングに移動することもなく、そのまま会話を楽しめます。

リビングを広く快適に過ごす!便利なインテリア

1LDKは、寝室と別になるので、リビングにソファやテーブル、チェストなどのインテリアをレイアウトする広さがあります。

その広さを生かして、さらに趣味のスペースが作れます。

・メイクアップコーナー

女子の部屋では、メイク道具の収納場所に困ったことはありませんか?

メイク道具の収納と他の用途を合わせた、便利なインテリアをまとめました。

①センターテーブルとドレッサーの組み合わせ

センターテーブルの片方の延長に、ドレッサーが付いているタイプがあります。

このようなタイプは、鏡が付いている扉を倒すことで、テーブルの天板として使用できます。

また、ドレッサーに引き出し収納があるタイプでは、ネイル道具なども収納できます。

テーブルで爪のお手入れなどをしながら、メイクができて便利です。

②デスクとドレッサーの組み合わせ

この組み合わせでは、デスクの天板の下にメイク道具の収納スペースがあり、天板を開けると鏡が付いていることがあります。

普段は勉強やパソコン、ハンドメイド作業などのスペースとして使用しつつ、メイクアップすることもできますので、必要最低限のインテリアで生活することができ、リビングを広く使えます。

・本棚

少量の本や雑誌ならば、カラーボックスなどを本棚代わりにすることで解決しますが、大容量の本を収納する場合は、本棚が必要になってしまいます。

しかし、本棚に収納した際、来客時に本の背表紙が見えるのが気になる場合も少なくないようです。

その場合、縦長の本棚に、姿見の鏡が扉のタイプがおすすめです。

扉が付いているため、中のものが見えず、本だけでなく小物類も収納することができます。

女子に人気のインテリア!お洒落な1LDK生活を楽しむ

部屋のインテリアを、ファッションのようにお洒落に楽しむ女子が増えているようです。

そこで、女子に人気のお洒落なインテリアをまとめてみました。

・マントルピース

暖炉の周りを囲む壁面の装飾を「マントルピース」と言います。

マントルピースの上の部分は、「マントルシェルフ」と言い、この上のフラットな部分に小物や写真などを飾ることができます。

最近では、暖炉型ファンヒーターが手頃な価格で購入できるので、マントルピースをDIYする方や、市販のタイプも多くの種類があるようです。

活用している方の中では、マントルシェルフをテレビ台にしたり、マントルシェルフに鏡を置いてドレッサーにするなど、さまざまな方法で楽しまれています。

・黒板

壁面をお洒落にするアイテムのひとつが黒板です。

黒板の壁紙は、貼り直しができるタイプがありますので、賃貸でも貼ることが可能です。

カフェのメニュー風に予定をチョークで書いたり、ポップなイラストなど部屋の雰囲気に合わせると、味気ない1LDKのお部屋がお洒落な空間になるでしょう。

収納たっぷり!女子の部屋がスッキリ片付く

女子の部屋で、多くの方が抱えている悩みといったら収納ではないでしょうか。

特に季節物のダウンコートなどは厚みがある分、かなり場所を取ります。

かと言って収納家具を増やしてしまうと、1LDKを広く使うことは難しくなってしまうかもしれません。

そこで、収納の機能性を備えたインテリアをご紹介します。

・収納付きソファ

ブランケットや夏用のラグなどを、ソファ近くに置いてひざ掛けやお昼寝用の布団として使用している方も多いでしょう。

しかし、季節によっては入れ替える必要も出てくると思います。

そんなとき、いざ使いたいのに、どこに収納したのか忘れてしまうことがあるのではないでしょうか。

そこで、おすすめなのが、収納付きのソファです。

最近のソファは、足元に引き出しがあるだけでなく、座面の下にも収納スペースがあるタイプがあります。

座面の下が収納スペースとなっていれば、かなりの容量が確保できますので、ラグやブランケットだけでなく、ほかのものも収納することができるので便利です。

また、使いたいときにサッと取り出しやすく、どこにしまったか忘れてしまう心配も少ないので、おすすめです。

・収納付きベッド

ベッド下の引き出しは、一段が一般的ですが、実は二段のタイプもあります。

こちらのタイプでしたら、容量も多く季節ごとの衣類なども収納することができます。

また、引き出しタイプのほか、ベッドのマットレス部分が跳ね上がる跳ね上げ式もあります。

こちらのタイプでしたら、より長さがあるものをベッド下に収納できるので、収納するものに合わせてベッドのタイプを選びましょう。

1LDKの床座生活!くつろげる女子の部屋

日本には、和室があるように、床に座って生活する風習があります。

床座生活は、空間を広く見せる効果がありますので、お部屋を広く見せたいという方におすすめです。

ただ、座ったり立ったりの動作が面倒で、床からの床付き感が気になるという方もいるでしょう。

ここでは、どのようなインテリアを取り入れれば、床生活を快適におくれるのかまとめました。

・ビーズクッション

ビーズクッションは、どの姿勢でも合わせて変形しますので、くつろげると人気のインテリアです。

生地やカラーの種類が豊富にありますので、部屋のインテリアテイストと合わせて購入してみましょう。

・ローソファ

1LDKほどの広さがあれば、ローソファを置けるスペースは十分に取れるでしょう。

座面高が10cmのタイプでは、ほぼ床とフラットになります。

ローソファは、こたつと組み合わせると、座椅子のような感覚でくつろげます。

・こたつ

冷え性でお悩みの女子は、こたつを愛用する人が少なくないようです。

こたつ布団を外せば、センターテーブルとして使用できますし、天板がリバーシブルのタイプは、季節や好みに合わせて変えることができます。

1LDKを自分好みのインテリアと楽しむ暮らし

1LDKは、広さがある分、無駄なスペースがあちこちに生まれかねません。

キッチンで食事をするとき、リビングでくつろぐとき、それらの暮らしを快適に楽しむためには、インテリアを最小限に抑えつつ自分好みのテイストで揃えてみましょう。

その際、機能性や利便性だけではなく、ただ飾っている雑貨ひとつにしても心が満たされるのなら、それは自分にとって最高のインテリアになるのです。

自分好みのインテリアに囲まれて、快適に暮らしを楽しむ参考にしてみてください。