おしゃれな大人のインテリアに!フレンチモダンなお部屋作り

パリジェンヌのお部屋のような、ハイセンスでおしゃれなフレンチモダンインテリアに憧れている方は多いでしょう。

SNSや雑誌で見るような素敵なインテリアにするには、どのようにすれば良いのでしょうか。

そこで、今回はフレンチモダンインテリアの魅力をお伝えするとともに、お部屋作りのポイントをご紹介していきます。

ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

玄関インテリアで季節の訪れを楽しむ!2月のアイデア

玄関はお家の顔としてとても重要な場所なので、いつでもすっきりした状態にしておきたいものですね。...

韓国の女子高校生の勉強机みたい!「オシャレ」と勉強を両立

高校生になって、気合いをいれて勉強したいと思ったら、勉強机をオシャレにコーディネートしてみること...

お洒落で機能性抜群!キッチン周りやカウンター下にニッチ!

西洋建築では、トイレやリビングや寝室など、あらゆるお部屋の壁を有効活用したニッチが広く取り入れら...

インテリアにこだわりたい!寝室にぴったりの北欧家具特集!

寝室は、1日の疲れを癒す空間でもあり、重要な部屋の1つです。ですから、インテリアにもこだわり...

インテリアのコーディネートはベース&メインの色で決まる!

インテリアを考える際、色を基調にしてコーディネートを決めるという方は多いでしょう。実は、イン...

和室の子供部屋にはラグがおすすめ!おしゃれで実用性も抜群

お子さんが小さいうちは、リビングに続く和室を子供部屋として使っているご家庭も多いのではないでしょ...

インテリアコーディネートを依頼!無料相談ができる店舗は?

毎日過ごす部屋は、気持ちよく過ごせるようインテリアにもこだわりたいものです。しかし、「選んだ...

子供部屋のお片付け!目からウロコのクローゼット収納術

「子供部屋をつくってあげれば、リビングは片付くからストレスが減るかも!」そう考えて一部屋を子...

防音室を自作したい!クローゼットを使って低コストで快適に

楽器を習っている方やバンドを組んでいる方など、自宅に防音室が欲しいと考えている方はたくさんいらっ...

部屋をおしゃれにアレンジするなら「壁インテリア」に注目!

どんなに家具やファブリックにこだわっていても、お部屋がパッとしないことってありますよね。そん...

シロッコファンの掃除をしよう!使用する洗剤は何がいい?

シロッコファンは、様々な家電で使われている「ファン」の一種で、お風呂やキッチンの換気扇、エアコン...

便利な家具や雑貨に注目!アイデア商品を発明して収入に

家具や雑貨、洋服や家電などさまざまな商品において、暮らしを豊かにするための「プチ発明」が繰り返さ...

北欧が好き!ナチュラルでリラックスできるインテリア術!

根強い人気のインテリアコンセプト「北欧ナチュラル」には、温かみがありながらもシンプルで洗練された...

男子部屋をおしゃれにコーデ!インテリア家具選びのポイント

男子の部屋の部屋をおしゃれにしたいと、思うお母様もいらっしゃることでしょう。かわいい我が子の...

シーツの洗濯方法と注意点!ほこりが付く原因と対策法

シーツや毛布などの大きいサイズの洗濯物は、天気や干すスペースを考えると後回しになりがちです。...

スポンサーリンク

最初に知っておこう!フレンチモダンとはどんなインテリア?

そもそもフレンチモダンとは、どのようなテイストのインテリアなのでしょうか。

まず、一口にフレンチスタイルといっても大きく3つに分けられます。

●エレガント

エレガントは、フレンチスタイルの王道ともいえる、上品で優雅なテイストです。

装飾のされたシャンデリアや、猫脚のディティールが施された家具を取り入れているのも特徴です。

●シャビーシック

シャビーとは、「古ぼけた」という意味です。

ヴィンテージやアンティークの家具を取り入れた、多彩の色は使わずに、白やグレーなどのシックな色合いでまとめているスタイルです。

●カントリー

南仏のプロヴァンス地方を思い起こさせるような、テラコッタや使いこんだ木のぬくもりを取り入れたインテリアがカントリースタイルです。

どこかのんびりした素朴なイメージですが、フランスらしいおしゃれも加えた人気のあるスタイルです。

また、モダンという言葉は、一般的に「現代的な」という意味があります。

フレンチモダンというのは、伝統的なフレンチスタイルに見られる少し装飾的なデザインと、現代的なスタイリッシュなデザインをバランス良くミックスしたインテリアのことです。

フレンチモダンにぴったりのカラーコーディネートは?

カラーコーディネートは、インテリアの印象を大きく左右します。

どのカラーを使うのかという「配色」だけではなく、どのカラーをどれくらい使うのかという「配分」を意識してみましょう。

まず、フレンチモダンの基本となるベースカラーは白です。

日本の住宅は白い壁と天井という場合が多いので、取り入れやすいです。

そして、アソートカラーは、家具やカーテンのように、お部屋の中で大きい面積を占めるカラーで、全体的な割合ですと20~30パーセントにするとバランスが良くなります。

インテリアのイメージを決めるアソートカラーは、グレーやグレージュやベージュのようなカラーや、優しい色合いのペールカラーがフレンチモダンにはぴったりです。

また、インテリアのポイントになるアクセントカラーは特に決まりはありませんが、選ぶカラーによって印象が変わってきます。

アクセントカラーは、全体の5パーセントくらいの割合で、クッションや雑貨などの小物で取り入れてみましょう。

上品でエレガントなフレンチモダンインテリアにするならば、ゴールドをアクセントカラーにするのがオススメです。

その他にも、パープル系カラーは上品な雰囲気を残しつつ、洗練されたフレンチモダンインテリアを演出するのに相性が良いカラーです。

フレンチモダンインテリアに高級感をプラスするモールディングとは?

フレンチモダンインテリアのお部屋の内装を見てみると、とても優雅でエレガントな印象を受けます。

そこで、壁と床の境目や、天井と壁の境目の部分を、凹凸のある板で縁取られているのを見たことはないでしょうか。

この薄い板は、廻縁と呼ばれていて、装飾性が高く凹凸が多いデザインのものは「モールディング」といわれています。

これらを使うことによって、インテリア全体に凹凸が出て豪華な雰囲気になるため、ヨーロッパではよく使われる手法です。

フレンチモダンインテリアにも相性が良いので、ぜひ取り入れてみましょう。

モールディングは、業者に頼んで取り付けてもらうこともできますが、ネットショッピングで購入して自分でDIYするという方法もあります。

そして、軽量タイプのモールディングであれば、強力両面テープでも十分取り付けることが可能です。

強力両面テープであれば、賃貸物件にお住いの方でも安心ですね。

白系の壁と白いモールディングの組み合わせは、シンプルなためどのようなインテリアにもマッチします。

しかし、エレガントでゴージャスなフレンチモダンインテリアにしたい場合には、白系の壁にゴールドのモールディングを組み合わせてみても良いでしょう。

様々なデザインのモールディングがあるので、自分の好みに合わせて選んでください。

おしゃれなフレンチモダンインテリアにみせる照明選びのポイント

照明は、インテリアを演出するために欠かせない重要なアイテムです。

おしゃれでハイセンスなインテリアには、照明選びが大事になってきます。

それでは、フレンチモダンインテリアにはどのような照明が相性が良いのでしょうか。

どのようなテイストのフレンチモダンインテリアにもぴったりなのが、シャンデリアです。

中世ヨーロッパのお城や家にありそうなクラシックなシャンデリアから、現在のインテリアによくマッチするモダンなデザインのシャンデリアまで様々です。

そして、シャンデリアに合わせて取り入れたいアイテムが「メダリオン」です。

メダリオンとは、シャンデリアを取り付ける際の天井用装飾材として使われるもので、ヨーロピアン調の雰囲気も高めてくれますし、更にシャンデリアを豪華にみせてくれる効果があります。

メダリオンもローコストでDIYできるものがありますので、気になる方はネットショッピングやインテリアショップで探してみてください。

また、フレンチモダンインテリアには温かみのある優しい赤みがかったオレンジの明かりが良く合います。

棚やテーブルに置くテーブルライトは、フレンチモダンのアンニュイな雰囲気を醸し出す間接照明としても効果的です。

キラキラ輝くようなガラスシェードのペンダントライトも、よりおしゃれな空間を演出してくれるでしょう。

フレンチモダンなお部屋に置きたい家具は?DIYもオススメ!

フレンチモダンインテリア作りの、家具選びのポイントをご紹介していきます。

基本的に、フランスを連想させる装飾がされた家具を選ぶのが良いでしょう。

例えば、猫脚の椅子やテーブル、アンティーク調のレリーフが施された棚などです。

しかし、豪華な装飾の家具ばかりで揃えてしまうと、モダンな雰囲気が薄れてしまうので要注意です。

フレンチモダンインテリアには、スタイリッシュなフォルムの、つる草のように曲げたアイアムフレームの家具でモダン感を取り入れてみるのも良いですよ。

また、今ある家具をシャビーシック調にDIYする方法もあります。

シャビーシック調にするためにオススメなのが、アニースローンのチョークペイントです。

チョークペイントは、DIY初心者にも簡単に、素材を選ばず面倒な下処理なしでペイントできる水性塗料です。

色を混ぜ合わせたり、色を塗り重ねたりすることで、使い込んだような使用感が表現できて簡単にシャビーシック調にすることが可能です。

まずは、小さめのサイドテーブルなどからチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

フレンチモダンインテリアをおしゃれにみせるカーテンのコーディネート術

フレンチモダンインテリアには、ヨーロッパを思わせるようなラグジュアリー感のあるカーテンがオススメです。

そこで、フレンチモダンインテリアに取り入れたいカーテンアレンジをご紹介していきます。

●カーテンの長さ

日本でカーテンの長さというと、床上+1センチとされていますが、ヨーロッパでは逆に引きずるくらいの長さのカーテンが一般的です。

床+15センチくらいの長さにすると、窓回りにボリュームが出てゴージャスな雰囲気に仕上がります。

●フロントレースカーテン

無地のレースカーテンではなく、柄レースカーテンの方がフレンチモダンインテリアにはぴったりです。

通常のカーテンのスタイリングは、ドレープカーテンを部屋側に、レースカーテンを窓側にしますが、チェンジしてみましょう。

レースカーテンの柄が、ドレープカーテンとのコントラストで浮き出て、レースカーテンとドレープカーテン両方とも楽しめますよ。

●タッセル

タッセルはカーテンのアクセサリーですので、カーテンをおしゃれに演出してくれます。

フレンチモダンには、フリンジタイプのタッセルでゆったりと束ねると気品が出て、上品に仕上がります。

また、マグネット式のタッセルを使うと、カーテンの裾を絞るだけで、簡単にエレガントなバルーン調にアレンジすることが可能です。

フレンチモダンインテリアはカラーコーディネートとアイテム選びが重要

フレンチモダンインテリアは、白・グレー・グレージュ・ベージュやペールカラーのような優しい色合いを基本に、アクセントカラーをプラスしましょう。

また、モールディングやメダリオンは一気にフレンチテイストが出るのでオススメです。

そして、シャンデリアや猫脚の家具など、フランスを連想させるようなアイテムを取り入れましょう。

カーテンアレンジをしたり、シャビーシック調に家具をDIYするのもオススメです。