カウンターキッチンの目隠し!おしゃれなカーテンの付け方

カウンターキッチンの上に、食材や残り物のおかずを置きっぱなしにしてしまったり、汚れた食器が流しにあったりすると、見栄えが悪いですよね。

そんな時にはカーテンを付けて目隠しすることができますので、できるだけおしゃれに見える付け方を考えてみました。

また、カーテン以外の方法で目隠しするアイディアもありますので、いろいろな方法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

キッチンの壁紙を張り替え!おしゃれに見せるおすすめ壁紙

キッチンの壁紙は、他の部屋の壁紙などと比べると、やはり汚れやすかったり、傷みやすかったりしますよ...

キッチンをおしゃれに変身させるタイルシート!様々な種類

タイル張りのキッチンは、おしゃれで憧れますよね。しかし、タイルをたくさん貼ると費用もかさみま...

キッチンの排水口からボコボコ音!気になる原因と対処法は?

キッチンの排水口に水を流したとき、ボコボコと音がして「なんだろう?」と思うことはありませんか?...

キッチンにはこだわりの蛇口を!おすすめの蛇口と価格

新築やリノベーションなどでキッチンをプランニングするなら、「蛇口」もこだわって選びたいものですね...

キッチンカウンターのタイルを貼るメリット・貼る方法を紹介

「キッチンカウンターにタイルを貼り付ける」と聞くと、なんだか難しい作業をしているイメージがあるか...

自宅のキッチンボードのおすすめ!使い勝手を意識した選択

キッチンボードには様々な種類がありますが、自宅のキッチンボードを選ぶ時にはどのようなことを基準に...

お洒落で機能性抜群!キッチン周りやカウンター下にニッチ!

西洋建築では、トイレやリビングや寝室など、あらゆるお部屋の壁を有効活用したニッチが広く取り入れら...

機能性が重要なキッチン照明!おしゃれに演出する方法は?

包丁で切る、火を使うなど怪我や事故の危険性があるキッチンの照明選びは、機能面をしっかり考えること...

キッチンシンクの蓋がない!代用品や100均の活用で快適に

キッチンシンクの蓋がないと、水をためたいときに困りますよね。また、猫がいるおうちではシンクの...

憧れのインテリアスタイル!カントリー調のキッチンに挑戦!

ウッド調の扉や小物など、どこか懐かしくて可愛らしいカントリーキッチンは、女性ならば憧れたことのあ...

キッチンの家電選び!おしゃれで機能的な商品をピックアップ

最近では、キッチンにもおしゃれを取り入れたいと思う人が多くなってきています。キッチンの家電を...

モノトーンインテリアでスタイリッシュな今風キッチンに!

モノトーンアイテムやインテリアが流行していて、ブロガーやユーチューバーも様々なモノトーンインテリ...

キッチンの排水トラップのトラブル!原因と解決方法はコレ

キッチンは、ほぼ毎日使いますよね。そんなキッチンでは、様々なトラブルが付きものです。原因...

キッチンの収納をご紹介!一人暮らしでも快適なキッチンに!

キッチンの収納には、多くの方が悩んだり、「もっと収納できるようにしたい!」と考えているのはないで...

キッチンを便利グッズでもっと楽に!もっとおしゃれにしよう

キッチンの便利グッズとして、現在では様々なものが販売されています。その便利グッズを活用するこ...

スポンサーリンク

カウンターキッチンの生活感が気になる!突っ張り棒を使ったカーテンの付け方

カウンターキッチンは、家族やお客さんとおしゃべりしながら料理をしたり、洗い物をしたりできるので便利です。

また、テレビを見たり、小さなお子さんの様子を見ながら料理をすることができます。

しかし、カウンターキッチンの上をきれいに片付けられないと、一気に生活感が出てしまいます。

洗い物が溜まってしまったり、食べ物が出しっぱなしになっていると、お客さんをご招待するのもはばかられるでしょう。

目隠しカーテンの付け方を知れば、簡単に生活感を隠すことができます。

天井にレールを取り付けるとなるとDIYやリフォームが必要ですが、突っ張り棒と布を使った方法もあります。

突っ張り棒には、いろいろなサイズやデザインのものがあります。

それを、キッチン周りの壁を使って突っ張って、そこに布を通すだけで簡易カーテンのできあがりです。

このようなカーテンは、キッチンの窓にカフェカーテンとして取り入れられることが多いですが、キッチンカウンター前を隠す目的でも使用できます。

カウンターキッチンの目隠し!突っ張り棒と生地を使ったカーテンの付け方

目隠しカーテンの付け方をご説明します。

必要なのは、突っ張り棒とお好きな生地、そして裁縫道具です。

大きなカーテンの場合はミシンが必要になるでしょう。

生地を、使いたい大きさにカットし、ほつれないようにまわりを縫い、カーテンのレールに見立てた突っ張り棒に通す袋を作るだけでいいのです。

また、突っ張り棒に通せる輪がついたカーテンクリップもあるので、これを利用する方法もあります。

布をおしゃれなカーテンクリップで引っ掛けておくだけで、カーテンが完成します。

しかしながら、問題点もあります。

お住まいの家の間取りにもよりますが、カウンターキッチンの前に突っ張り棒でカーテンを取り付けると、部屋を横切るかたちで、大きく遮断してしまう可能性があります。

カウンターキッチン前だけに来るような布のサイズにして、カーテンにすればいいのですが、センスがないとカッコ悪く見えてしまうこともあるでしょう。

次項では、突っ張り棒を使ったカーテンを取り入れても不自然に見えないコツをご紹介します。

チープに見えない手作りカーテンの付け方

突っ張り棒と生地を使った付け方は簡単ですが、どうしても手作り感が漂います。

もちろん、ナチュラルインテリアやレトロインテリア、カントリーチックなキッチンなら相性がいいでしょう。

木目を活かしたあたたかみのある家具、木製の食器、観葉植物やサボテンなどでコーディネートされたキッチンスペースには、ギンガムチェックの手作りカーテンでも合うと思います。

レトロな柄の生地や、花柄の生地なども合うでしょう。

しかし、シンプルなインテリアやモダンなインテリアの場合は、デザインや柄が目立ってしまうため、場合によってはチープに見えてしまいます。

そんな時には、「色」や「柄」をできるだけ抑え、全体的に統一感を出すことをおすすめします。

たとえば、モノトーンのインテリアです。

壁や天井が白なら、突っ張り棒とカーテンも真っ白にすると、空間に溶け込んで違和感がありません。

白いカーテンは汚れやすいですが、漂白剤で再び白さを取り戻すので、カウンターキッチンまわりにも使えます。

ストライプ柄や、キラキラした糸が縫い込まれた生地のカーテンなどでもいいかもしれません。

また、カーテンクリップで吊り下げる時に、ドレープができるようにアレンジしてみると、一気にきちんとした雰囲気になります。

ディアウォールも便利!DIYで部分的にカーテンを付ける

目隠しカーテンのおしゃれな付け方をご紹介しました。

突っ張り棒と布を使った簡易カーテンの付け方を覚えれば、キッチンに置いてある扉のない棚に付けて、中身の目隠しをすることもできます。

玄関を入ったところや、ベッドの前などにも使えるでしょう。

また、DIYが好きなら、カウンターキッチン上にディアウォールを突っ張って、そこにできた柱と壁に突っ張り棒でカーテンを取り付ける方法もあります。

ディアウォールというのは、2×4材という木材をお好みの長さに切って、それを縦に突っ張ることができるアイテムです。

バネが入ったカバーのようなものを、木材の端と端にかぶせるようにして、突っ張り棒のように使うことができます。

天井と床に縦に木材を2本突っ張って、その間に棚を配し、収納スペースを増やすこともできます。

この方法なら、カウンターキッチンの前だけに部分的にカーテンを付けることができるでしょう。

では、次項からはカーテン以外の目隠し方法についてご紹介します。

カーテンだけじゃない!カウンターキッチンの目隠し方法

おしゃれな手作りカーテンの付け方をご説明しましたが、カウンターキッチンの目隠しに使えるアイディアは他にもたくさんあります。

●ロールスクリーン

キッチンカウンターの前にロールスクリーンがあれば、生活感をすっきりと隠せます。

突っ張り棒を使って吊り下げるとチープな雰囲気になるので、リフォームがおすすめです。

リフォームが可能であれば、レールを取り付けて引き戸を設置することもできます。

●パーテーション

キッチンカウンターの前にパーテーションを置く方法もあります。

ぶつかると倒れてしまうため、小さなお子さんがいる場合には不便かもしれませんが、置くだけなので簡単に試せる方法です。

●カウンタースクリーン

カウンタースクリーンは、キッチンカウンターの上のリビング側に置いて、手元だけを隠せるアイテムです。

手作りカーテンよりはスタイリッシュな雰囲気になりますが、隠せる範囲は狭いので、ある程度きれいにしておかなければいけません。

カウンターキッチンをおしゃれに目隠しする方法

引き続き、カウンターキッチンの、カーテン以外の目隠し方法を見ていきましょう。

●棚

カウンタースクリーンと似た考え方になりますが、キッチンカウンターの上に小さな棚を置いて「見せる収納」にし、食べ物やゴミなどを隠す方法があります。

調味料やスパイスなどを同じ小瓶に入れて棚に置くことで、使いやすいですし、統一感が出ておしゃれに見えます。

この場合も、カウンタースクリーンと同様で、キッチンを片付けたり飾ったりする工夫が必要です。

そうしないと、「見せる収納」ではなく「出しっぱなし」になってしまいます。

●植物

キッチンカウンター上に、鉢植えの植物を並べて目隠しをする方法もあります。

料理に使えるハーブや、手間のかからないサボテンなどがいいでしょう。

目隠し効果は低いですが、緑があるだけで和む空間になるのでおすすめです。

本物の植物が扱いにくいと感じたら、フェイクグリーンでもいいですね。

この他にも、園芸用品のルーバーフェンスをキッチンカウンターの前に取り付けたり、木枠から作った飾り窓を置いたり、板などで目隠しすることもできます。

ホームセンターのDIYコーナーや木材コーナーを見ていると、アイディアがひらめくかもしれませんよ。

オリジナルのカーテンの付け方や、棚の作り方なども思いついたら、ぜひ作ってみてください。

キッチンカウンターの生活感を隠そう!

キッチンカウンターの生活感を隠すために、突っ張り棒でカーテンを取り付ける方法があります。

お好きな生地を選べますし、作り方もそれほど難しくはありません。

印象をクールにしたいなら、モノトーンのインテリアにして、真っ白な生地やストライプ柄の生地を選んでみましょう。

また、その他の目隠しアイディアもご紹介したので、参考にしてください。