テレビ周りのインテリア!スッキリとコーディネートするコツ

多くのご家庭では、皆が集うリビングにテレビが設置されていると思います。

テレビは、1日の中でも視界に入ることが多いですよね。

しかし、テレビ周りはリモコン類、DVDレコーダーやルーター、それらの配線などでごちゃごちゃしてしまうことがあります。

テレビ周りがごちゃごちゃしてしまうと、お部屋のインテリアも台無しになってしまいます。

ここでは、テレビ周りに着目してスッキリとコーディネートするコツをご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

便利でおしゃれ!スツールや椅子を置いて玄関を特別な空間に

インテリアに興味がある方の中には、デザイン性の高いスツールや椅子を好んで選ばれている方がいらっし...

ベッドはやっぱり収納付きが魅力的!安い商品を多数ご紹介!

クローゼットに収まりきらない荷物や、シーズン物の衣類など、収納場所に困っていませんか。それら...

無印良品家具のおすすめリビングテーブルをご紹介

世代に関係なく人気がある無印良品家具のリビングテーブルは、木材ならではの趣が感じられおすすめです...

テーブルのおすすめ!一人暮らしに最適なおしゃれテーブル

これから一人暮らしを始める方にご紹介したいのが、テーブル選びのポイントです。一人暮らしのテー...

和室の畳部屋にベッドを置く場合の対策とベッドの選び方!

和室の畳部屋には、ベッドよりも布団のイメージがありますが、ベッドでもコーディネート次第で、和室の...

食器棚シートはなぜ必要?期待できる効果と選び方!

食器棚シートは多くのご家庭で使われていますが、ズレていたり、折れていたり、汚れていたりしていては...

木の温もり溢れるパイン材のテーブル!おすすめはオイル塗装

木製テーブルの仕上げである塗装には様々な方法があります。パイン材のもつ魅力やテーブルに加工し...

【パイプベッド特集】寝心地はどうなの?マットレスは必要?

スチール製の「パイプベッド」は価格が安く、組み立てが簡単なことは大変魅力的です。その一方で、...

限られた予算内で家具を安い値段で入手するおすすめの方法

これから引っ越しや模様替えなどを考えている方にとって、家具選びは頭を悩ませることのひとつだと思い...

6畳の部屋にソファを置きたい!おすすめのレイアウトは?

「6畳の部屋にソファを置きたいけれど、部屋が狭くなってしまうかもしれない」と悩み、実際にソファを...

種類が豊富なスツールは座面の高さや機能性を考えて選ぼう!

背もたれのないシンプルなスツールは、お部屋を演出するインテリアの1つとして人気が集まっています。...

木製家具を塗装でリメイク!最適な塗料と塗り直し方法とは?

「長年使っている家具が古びてきた」または、「家具の雰囲気を変えたい」「インテリアのテイストに合わ...

玄関はシェルフでおしゃれに使いやすく!選び方や収納術は?

ものであふれかえり整理整頓が行き届いていない玄関では、大切なお客様をお出迎えすることはできません...

憧れのお洒落なロフト!ベッドを置く際に気を付けることは?

まるで秘密基地のような空間を自由に使えることから、今や賃貸でもロフト付きのお部屋が人気を集めてい...

座椅子に合ったローテーブルはどう選ぶ?おすすめをご紹介!

手軽な座椅子は、床での暮らしが馴染み深い日本人にとって、安心感のあるくつろぎアイテムです。そ...

スポンサーリンク

テレビ周りのインテリアコーディネート!テレビボードの選び方

テレビ周りのインテリアコーディネートの中心的な存在になることが多いのは、テレビボードです。

まずは、その選び方から見ていきましょう。

テレビボードを選ぶときは、横幅やテレビを見るときの姿勢を考慮した高さを考えます。

では、テレビボードの横幅から考えていきましょう。

テレビボードの横幅で悩んでしまったときは、お持ちのテレビの一回り大き目のサイズを選ぶことをおすすめします。

テレビボードの横幅が狭く、テレビが出てしまう場合、不安定ですし見た目のバランスも悪くなってしまいます。

また、歩いたときにテレビとぶつかってしまう可能性もあり、テレビが落ちてしまう危険性もあります。

続いて、高さについて考えていきましょう。

テレビボードの高さは、普段テレビを見るときの姿勢を考えて決めていきます。

基本的に、テレビを見たときに目線が少し低くなる高さがよいといわれています。

例えば、現在お使いのソファがロータイプの場合、当然目線は低くなりますから、低めのテレビボードを選ぶとよいでしょう。

目線を高くしてテレビ画面を見ると、肩凝りや疲労の原因になるともいわれています。

低い位置でテレビを見る方は、大体40センチ程度のものを選び、一般的なソファに座って見る方は40~60センチ程度の高さを選べば失敗は少ないかと思います。

また、テレビボードを選ぶ際は、収納力にも注目するとよいでしょう。

特に扉が付いたタイプのものは、隠す収納ができるので乱雑な印象になりにくいです。

しかし、「すでにテレビボードを購入してしまった」という方もいらっしゃるかと思います。

そのような方でも、スッキリと片付ける技はいくつかありますので、ご紹介していきます。

テレビ周りはごちゃごちゃしやすい!収納ラック・ボックスで収納

冒頭でもお伝えしたように、テレビ周りはどうしてもごちゃごちゃとした印象になりがちです。

テレビ周りに置くアイテムとしては、リモコン類、DVD、雑誌、ゲーム機などが挙げられます。

こういったものを上手に収納するには、収納ラックまたはボックスを活用する方法がおすすめです。

収納ラックや収納ボックスは、インテリアショップだけでなくホームセンターなどでも手軽に購入することができますし、素材もプラスチックや木製、ラタンなど多くの種類があります。

種類の豊富さから、お部屋のインテリアに合ったものを選びやすいので、全体のコーディネートとしても取り入れやすく雰囲気を損ねることも少ないでしょう。

ほかに、おすすめしたい便利なアイテムとして、リモコン収納ラックがあります。

リモコン収納ラックを選ぶときは、リモコンの数に合わせて収納できるものを選びましょう。

また、収納ラックには、ティッシュケースや小物が入る引き出しなど、機能性がプラスされているものもあります。

ものをスッキリと整理整頓したい、という方はこのような機能性の高い収納ラックがおすすめです。

複数の収納ラックまたはボックスを利用する場合は、カラーや素材に統一性をもたせるとよいでしょう。

テレビ周りに乱雑に置いてしまいがちな雑誌や新聞などは、処分しないとどんどん溜め込んでしまいがちです。

そのため、定期的に処分することも忘れないでください。

スッキリとさせるには、ものを溜め込まず、不要なものは処分することも大切です。

テレビ周りをスッキリさせるインテリアコーディネートのコツ!

続いて、テレビ周りをスッキリとさせるインテリアコーディネートのコツについてお伝えしていきます。

基本的にテレビというものは、家の中でも目につきやすいものです。

テレビボードに扉が付いているものは、うまくものを隠すことができるかもしれませんが、お使いのテレビボードによっては配線コードやレコーダーなどが見えてしまうものもあるでしょう。

たとえ、どんなに綺麗に掃除をしていたとしても、これらが見えてしまうと、なんとなくごちゃごちゃとした印象に見られがちです。

テレビ周りをスッキリとさせる1つのポイントとしては、配線コード類は隠すことです。

コード類を隠すと、驚くほどテレビ周りがスッキリとしますので、ぜひ実践してみてください。

続いて、身近なものでコード類を隠すことができる方法についてお伝えします。

あえて見せるインテリア!テレビ周りもスッキリとコーディネート

テレビ周りをスッキリとさせるには、配線コードを隠すことが1つのポイントです。

ここでは、あえて見せるインテリアで配線をうまく隠す方法をご紹介していきます。

●パネル

パネルは本来、壁などに飾るアイテムですが、テレビボードの横などに置いて「配線隠し」としても活用することができます。

また、パネルには様々な種類があり、お部屋のコーディネートと合わせて設置すれば、素敵なインテリアにもなるでしょう。

●ケーブルボックス

ケーブルボックスは、配線ケーブルを収納するためのボックスです。

おしゃれなデザイン性の溢れるものがありますし、カラーも豊富に取り揃えられています。

ケーブルボックスは、置いてあるだけで素敵なインテリアになりますので、あえて見せるところに設置してもよいでしょう。

●観葉植物

大きめの観葉植物をテレビボードの横に置いて、配線をカモフラージュする方法もあります。

観葉植物が視界に入ることで、コード類を目立たなくさせるアイデアです。

観葉植物は1つあるだけでインテリアになりますし、コーディネートの幅も広がりますので、おすすめのアイテムです。

テレビボード裏も活用しよう

テレビ周りをスッキリさせる、インテリアコーディネートのコツについてご紹介してきました。

ここでは、テレビボード裏を利用して配線コードなどをスッキリと収納する方法をお伝えしていきます。

●テレビボードの裏を使った方法

テレビボードは、一般的に壁面に設置されている方が多いと思います。

ここでご紹介する方法は、人から見られることのないテレビボードの裏に配線を隠してしまう方法です。

方法としては、テレビボードにフックを何箇所かテープで取り付け、そこに結束バンドなどで一まとめにしたコードを引っ掛けます。

ほかにも、貼り付けたフックに、テレビボードに隠れる大きさのワイヤーネットを引っ掛け、そのワイヤーに結束バンドなどで配線をくくり付けて収納できます。

配線コードがそのままの状態になっていると、ごちゃごちゃとして見栄えも悪いです。

この方法でしたら、テレビ周りをスッキリとさせることができるでしょう。

テレビの配線コードを整理することは家の安全にも繋がる

ここまでお伝えした通り、テレビ周りは、ものを置いてしまったり、配線コードが見えてしまったりとごちゃごちゃとした印象になりやすいです。

様々なインテリアを活用して、スッキリとコーディネートしてみましょう。

また、コード類やコードを繋ぐコンセントは、見た目だけの問題だけではなく、火災の危険性もありますので注意したいところです。

テレビボードは普段動かすことが少ない家具ですので、テレビボードの裏や下にホコリがたくさん溜まっている可能性も高いでしょう。

実は、コンセントや電源プラグの間に溜まったホコリが原因で、実際に火災が発生してしまった事例があります。

このような事故を防ぐためにも、コンセント周りやコード類は定期的にお掃除を行うことを忘れないでください。

また、ハムスターやうさぎなどの小動物を飼っている方は、コードをかじってしまう恐れもありますから注意が必要です。

もし仮に配線が断線してしまうと、感電や火災などにつながりかねません。

コード類をまとめて収納しておけば、このような事故は防ぐことができますので、見た目だけの問題ではなく家や家族を守るためにも大切な作業といえますね。

テレビ周りをスッキリさせてインテリアコーディネートを楽しむ

家族が集うリビングに設置されているテレビは、人の目につきやすい場所です。

配線コードやあらゆるもので溢れかえってしまっては、せっかくのインテリアも台無しです。

特に配線コードは、収納するだけで見違えるほどテレビ周りがスッキリしますので、挑戦してみてくださいね。

また、定期的に掃除を行うことも忘れないでおきましょう。