ワンルームのテレビは何インチが妥当?おすすめのサイズは?

ワンルームのお部屋で一人暮らしをしている場合、テレビのサイズは何インチくらいだとちょうど良いのでしょうか。

テレビを大きくして贅沢に楽しむのか、ワンルームだからと小さいものを選ぶのか、テレビのサイズは個人の好みも大きく関わってくるものです。

しかし、できればお部屋に合ったテレビを置いて、快適に過ごしたいものですね。

ここでは、ワンルームに最適なテレビのサイズをどのように選ぶのか、ご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

冷蔵庫下の床にはマットを敷こう!傷防止や耐震効果がある!

多くのご家庭には、冷蔵庫が設置されているかと思います。しかし、全てのご家庭で冷蔵庫下の床にマ...

テレビ周りのインテリア!スッキリとコーディネートするコツ

多くのご家庭では、皆が集うリビングにテレビが設置されていると思います。テレビは、1日の中でも...

6畳のお部屋に合ったテレビの大きさ!適正な視聴距離とは?

近年では、1部屋に1台テレビがあるというお家も珍しくありません。自分のお部屋や一人暮らしのお...

冷蔵庫の下のマットの選び方!フローリングの素材を知ろう!

冷蔵庫とフローリングの間にマットを敷くためには、マットを敷くメリットとデメリットについて把握して...

テレビのサイズを確認したい!型番・インチ換算・測り方紹介

私達の生活の中で、情報を得るのに欠かせないテレビ。各ご家庭で、テレビを購入する際のポイントは...

スマホの充電!コンセントが熱いのは危険のサイン!?

暮らしの中で日常的に使っている家電製品ですが、電源プラグやコンセントが熱いと感じた経験はありませ...

ホームシアターの配線を隠す方法!すっきりまとめて綺麗に

ホームシアターを設置している人、設置したいと考えている人なら、配線についてのお悩みを抱えているこ...

インテリアコーディネートを失敗しない「テレビ台」の選び方

テレビ台は、もはやテレビを置くだけの役割ではありません。インテリア性の高いアイテムとして、リ...

ホームシアターの値段はどれくらい?一式購入の価格は?

「ホームシアターを導入したい」と考えている人の中には、「一式揃えると、どれくらいの値段になるのか...

冷蔵庫下にマットを敷こう!ホームセンターで買える種類は?

冷蔵庫は、生活の必需品とも言える家電の1つですよね。多くの人が、冷蔵庫を設置しているかと思い...

冷蔵庫下の専用マットで防水対策を!各種下敷きも利点は多い

引越しの際、「冷蔵庫の下には何か敷いたほうがいいのかな?」と思ったことはありませんか?大切な...

冷蔵庫にマットを敷いて床を守ろう!どんなマットが最適?

ご自宅の冷蔵庫にマットを敷いている方は、どれくらいいらっしゃるでしょうか。もしかしたら、「冷...

ホームシアターの配線を隠したいなら新築の時がチャンス!

ホームシアターの人気は年々高くなってきて、多くの人が興味を持っているのはないでしょうか。しか...

憧れのホームシアター導入!スピーカーの配線を隠す方法は?

自宅にいながら、まるで映画館のような臨場感を体感できるホームシアターは、多くの人の憧れですよね。...

ホームシアターのスクリーンの種類は?設置パターンも解説

自宅にいながら、映画館さながらの雰囲気を楽しむことができるのがホームシアターです。大迫力の映...

スポンサーリンク

テレビのインチは何を基準に選ぶと良い?

ワンルームで一人暮らしをしていると、テレビの存在が意外と重要になります。

家に帰ってきて、特に見たいテレビがなくても何となく点けてしまうという方もいることでしょう。

そんな一人暮らしのお部屋に置くテレビは、何インチが基準となるのでしょうか。

テレビのサイズは好みによって違うというものの、好みだけで決めてしまうと「お部屋に圧迫感が出て見にくい」ということもあります。

基本としては、お部屋のサイズと形、それから自分とテレビの間にある「視聴距離」を考えて決める選び方となります。

視聴距離とは、テレビを見る際に綺麗に見ることができる距離のことです。

一般的にハイビジョンのテレビであれば、画面の高さの約3倍程度が目安となります。

お部屋のサイズだけで選ぶことができれば良いのですが、ワンルームの場合、キッチンや洗面所なども全てまとめてあるのでお部屋の形が四角ではないことのほうが多いものです。

そのため、お部屋の形も考慮して、実際にテレビを置く位置とテレビを見る位置との距離を測ってみましょう。

このように視聴距離から、適したサイズのテレビを選ぶことができます。

また、ごく一般的な間取りのお部屋や、キッチンや洗面とは別にサイズの分かるお部屋であれば、お部屋のサイズ別に考えるテレビの選び方も参考になります。

最低限の目安として、どのくらいのお部屋にどのくらいのテレビを置くと良いのかを、次の項でご紹介しましょう。

お部屋の広さによって最低限必要なテレビのサイズは?

それでは早速、お部屋の広さ別に必要なテレビのサイズをご紹介しますが、最初に述べておきたいのはテレビの「インチ」と「V型」は別物だということです。

近年はテレビのフレームをも含むインチ表記ではなく、画面のみのサイズを示すV型表記が主流となっていますので、選ぶ時には間違えないようにしましょう。

V型表記で考えてしまうと、ワンルームでは予想した以上にテレビが大きかったということもあり得ますので、馴染みのあるインチ表記のほうがお部屋に置いた時のテレビのサイズが分かりやすいです。

・6畳以下の場合:24~32インチ(視聴距離1.2m程度)

・6畳の場合:32~40インチ(視聴距離1.2~1.5m程度)

・8畳の場合:40~46インチ(視聴距離1.5~1.8m程度)

・10畳の場合:46~52インチ(視聴距離1.8~2m程度)

・12畳以上の場合:52インチ以上~(視聴距離2m以上)

あくまでも目安ですが、これくらいのサイズのテレビならば、大きすぎたり小さすぎるということはなさそうです。

ただし、お部屋が縦長であったり完全な正方形だったりすることで、同じ広さでも視聴距離は全く異なりますので、その辺りも考慮して考えるようにしましょう。

ちなみに、インチはテレビの対角線上の長さを表します。

1インチ=2.54cmということを知っていることで、テレビのおよその大きさが分かるので便利です。

ワンルームでも大きなテレビを楽しみたい!

お部屋に合ったテレビの選び方は分かりましたが、冒頭で述べた「好み」も踏まえると選び方は変わります。

映画鑑賞が趣味の場合などは、ワンルームでも大きなテレビを置いて臨場感あふれる視聴を楽しみたいと考える方もいらっしゃるでしょう。

そのような時には、4Kテレビの購入をおすすめします。

4Kテレビは、視聴距離がフルハイビジョンテレビの約半分となります。

そのため、狭いお部屋でも大きい画面を十分に楽しむことが可能となります。

それでは、なぜ4Kテレビの視聴距離がフルハイビジョンテレビの約半分になのかをお伝えします。

視聴する際に「視力が悪くなるからテレビは離れて見るように」といわれていますが、視聴距離に関しては視力の問題とは別に「テレビを最も楽しめる距離」で考えられています。

このことを基準に考えますと、例えば60インチのテレビを数十cm手前で視聴しても、画面全てを同時に見ることはできずに、かえって見にくいことがあります。

また、フルハイビジョンテレビは画面が大きければ大きいほど1画素の面積が広がってしまって画面が粗く見えてしまうので、目の粗くないきれいな画面を見るためには離れて見るしかなくなってしまいます。

しかし、4Kテレビならば大画面でも高画質で見ることができるので、視界におさまる範囲のサイズまでは選ぶことができます。

4Kテレビは発売当初こそ高価格帯でしたが、徐々に落ちついて今では手に入れやすい金額のものも出てきています。

お部屋のテレビ台との兼ね合いなども考えながら、4Kテレビの購入も検討してみてはいかがでしょうか。

24インチくらいの小さなテレビでもワンルームなら楽しめる?

迫力ある大画面のテレビを好む方がいれば、小さなテレビのほうが良いと考える方もいらっしゃいますよね。

テレビは薄いとはいえ壁側で大きな幅をとってしまいますので、ワンルームなら小さいテレビのほうがお部屋を広く使えるという考え方もあります。

また、小さいほうが当然価格帯も下がりますので、節約のためにも小さなテレビが良いという場合もあるでしょう。

その場合にはテレビとの視聴距離を縮めることで解決できるので、24インチほどのテレビを購入すれば十分に楽しむことができると考えます。

ソファとの間にミニテーブルを挟むと、ちょうど見やすい距離になるのではないでしょうか。

また、小さな画面でも問題ないということならば、ポータブルテレビの購入を考えても良いかもしれません。

ポータブルテレビは持ち運びができますので、壁側に大きなテレビ台を設置しなくても使用できますし、ベッド横のサイドテーブルやキッチンで視聴したい時でも移動することができるのでとても便利です。

また、防水タイプを使用することでお風呂でも楽しむこともできますし、一人暮らしの方は誰に気を遣う必要もなくテレビの移動ができるので、持ち運びできるほうが便利なのではないでしょうか。

ただし、ポータブルテレビはものによって機能だけではなく受信できる番組なども異なりますから、購入する時には注意が必要です。

自分に合った番組、機能、電源タイプなどをしっかりと確認して、ストレスなく楽しめるようにしたいですね。

ワンルームでおすすめのテレビは何インチ?

それでは、結局ワンルームでおすすめのテレビは何インチなのでしょうか。

お部屋の大きさや視聴距離、好みなどで選ぶことは分かりましたが、それでも少々サイズに幅があるので、これという決め手に欠けると思われる方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、ここでは数あるサイズの中でも特にワンルームにおすすめしたいテレビサイズを2種類ご紹介します。

●コスパの良い32インチのテレビ

32インチのテレビは、一般的なワンルームのお部屋に合致したサイズであり、大きすぎないので置く場所を選ばないでしょう。

小型テレビは新型のモデルでも価格帯が低い傾向にありますが、小型テレビの中でも32インチは大きいほうなので、コストパフォーマンスはとても良いと考えます。

●4Kテレビも選べる40インチ

40インチのテレビも、一般的なワンルームのお部屋に大きすぎないサイズです。

40インチからならば4Kテレビも選ぶことが可能になりますので、綺麗な映像を近くで楽しみたい方におすすめです。

ワンルームならテレビを置かないという選択肢も

ここまでワンルームにおすすめのテレビサイズをご紹介してきましたが、そもそも一人暮らしでテレビは本当に必要なものなのでしょうか。

一人暮らしだとどうしてもお部屋の中が静かに感じてしまいますし、お部屋にいる間は常にテレビを点けたままだという方ももちろんいらっしゃるでしょう。

しかし、元々テレビをあまり見ない方やお部屋にいる間は音楽を聴くことが多い方、特に決まった番組を視聴していないという方などは、必ずしもテレビを置かなくても問題ないかもしれません。

テレビは、専用機器を購入することでパソコンでも代用することができます。

どんなに小さいサイズのテレビでも定位置に置くことと、周辺機器を増やすことによりある程度のスペースを取りますし、電化製品ゆえにホコリも溜まりやすくなります。

パソコンで代用すれば、サイズは一般的に12~17インチくらいなので、お部屋のスペースを圧迫することもなく掃除の手間も減ることでしょう。

もし、テレビの視聴頻度が少ないという場合には、テレビを置かない選択肢も考えてみて良いかもしれません。

ただし、テレビがないことで不便に感じることも多くあります。

例えば、地震などの災害があった時は、テレビはすぐに点けることができて現在の状況を素早く確認することができます。

スマホで速報などが入っても、詳しく見ようとすぐにテレビを点けてニュースを見る方も決して少なくはないでしょう。

また、テレビは大多数の方が持っていることから、人とのコミュニケーションとして使われることもあります。

流行のドラマや音楽、CMなど、放送されている全てが会話の糸口となる可能性もありますので、全く見られない状態ですと話に入れないという場面がないとも限りません。

自分の生活スタイルを考えて、デメリットが少ないようならばテレビを置かない生活を考えても良いかもしれません。

快適な一人暮らしのために最高の一台を

テレビは実際にお部屋に置いてみるまでは、大きさや圧迫感などが掴みにくいものです。

そのため、何となくで購入してしまうと、大失敗をして毎日悔やむということにもなりかねません。

テレビが好きな方にとってはお部屋の主役にもなり得るものですから、快適な毎日のためにもきちんとサイズや視聴距離を測って、自分のお部屋にピタリと合う最高の一台を選ぶようにしましょう。