ダウンライトを部分的に交換してペンダントライトにしよう

ダウンライトを取り付けているご家庭では、「食卓のダウンライトが暗いので、もっと明るいペンダントライトに交換したい」という人も多いかと思います。

また、デザイン性の面では、ペンダントライトの方が高いことも多いです。

そのため、「もっとおしゃれな照明に変えたい」という人も多いでしょう。

ダウンライトからペンダントライトに部分的に交換して、おしゃれな雰囲気にしてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

リビング照明は「ダウンライト」でおしゃれな空間づくりに!

家を新築・リフォームするなら、「リビングはおしゃれな雰囲気にしたい!」という方が多いでしょう。...

ダウンライトをリビングに取り入れたい!色や配置は?

天井に埋め込む形のダウンライトは、すっきりとした空間を作り上げることができます。以前は、リビ...

ダウンライトをリビングに配置するときの基本的な考え方は?

多くの時間を費やすことになるリビングの照明にはダウンライトがおすすめです。こちらでは、リビン...

賃貸マンションの照明器具を交換したい!事前に連絡が必要?

賃貸マンションに入居するときは、元から部屋に照明器具が取り付けられていることが多いでしょう。...

趣ある和室を間接照明で彩る!おしゃれな照明器具の選び方

お部屋の雰囲気をおしゃれに演出できる照明器具は、インテリアの1つです。その中でも、種類が...

玄関の照明は何色?電球色と昼白色の特徴を知り上手に選ぼう

多くの家庭の玄関では、照明に電球色か昼白色を採用することが多いでしょう。玄関の照明の色は大体...

トイレの照明はこれ!ペンダントライトで作るハイセンス空間

トイレの照明は、どんなものをお使いですか?最近は照明一つとっても、シーリングライトやスタンド...

北ヨーロッパの家の照明から学ぶ!温かみのあるお部屋作り

ヨーロッパの北部地域を示す北ヨーロッパ。日本では、北ヨーロッパのことを北欧とも呼びます。...

便利でお洒落な浴室!ダウンライトの調光機能を取り入れよう

浴室には、ユニット製品に組み込まれている照明器具を配置しているご家庭が多いと言われています。...

寝室を間接照明で快適空間に!天井や壁等おすすめの設置場所

寝室は、毎日の疲れを癒やす大切な空間です。そのため、快眠を招くような落ち着いた雰囲気作りがと...

ダウンライトの色の選び方!光色毎のおすすめの配置場所は?

ご自宅のあらゆるお部屋の照明器具として、他のインテリアに馴染みやすいダウンライトが人気です。...

フロアライトで部屋を北欧風に!おすすめはLEDライト

憧れの北欧風の部屋には、おしゃれなフロアライトが使われている傾向があります。そこで、部屋を大...

新築キッチンの照明選び!照明の色・組み合わせ方・照明器具

建て売り住宅と異なり、新築注文住宅は自分達で全てのことを決める必要があります。そして、快適な...

間接照明の1つスタンドライト!アンティーク調のおすすめ3選

リビングや寝室を、落ち着きのあるおしゃれな空間にしたいなら間接照明を取り入れてみてはいかがでしょ...

ダイニングテーブルと照明の関係!真上に来ないときは?

ダイニングテーブルの真上に、ぴったり来るように配置された照明。照明は、食事を美味しそうに見せ...

スポンサーリンク

ダウンライトをペンダントライトに交換すると明るさは変わる?

ダウンライトとペンダントライトでは、どのように明るさが違うのかについて、まずご紹介していきます。

ダウンライトとペンダントライトの光源の距離を理解することで、より適した交換が可能になることでしょう。

基本的は、光量は、LED電球の場合ではルーメンという単位をみれば、それぞれで把握することができます。

また、蛍光灯の場合でも、w数を確認すれば、明るさの程度を知ることができます。

これらの照明での、大きな違いは光源のある高さ(距離)になります。

ダウンライトは、天井の中に埋め込まれている照明です。

そのため、高さは天井とほぼ同じ位置に設置されます。

よって、ダウンライトは、食卓などのテーブルから天井以上までの距離があります。

これに対し、ペンダントライトは、天井から吊り下げて使用する照明です。

そのため、高さは天井よりもだいぶ低くなります。

食卓などのテーブルから光源までの距離も近いことが多いです。

これにより、手元を照らすという目的で照明を使う場合には、ペンダントライトの方が適していると言えます。

一方ダウンライトは、ライトの下の一定範囲を照らすのに適しています。

2つの照明には大きな違いとして、光源の距離が挙げられます。

ダウンライトからペンダントライトに交換する方法

ダウンライトからペンダントライトに交換する方法としては、そのまま照明を付け替えるだけでは交換できません。

ダウンライトの電球は、天井に埋め込まれているため、交換するにあたり他にアイテムが必要になります。

そのアイテムとは、「セパラボディ」というものと「引掛けシーリングアダプタ」の2つが基本的に必要になります。

どちらも、ネットやホームセンターで購入することができます。

セパラボディとは、ダウンライトの電球を取り付けるソケットに接続して使うもので、そのアイテムに引掛けシーリングアダプタを取り付けることで、ペンダントライトに交換することができるようになります。

これらのアイテムを購入する時には、ソケットの口金のサイズを確認しておきましょう。

サイズが合わないと交換することができません。

取り付け方法は、ダウンライトの電球ソケット部分に、セパラボディを取り付けて、そのセパラボディに引掛けシーリングアダプタを取り付けます。

あとは、引掛けシーリングアダプタに、ペンダントライトを取り付けるだけで、交換できます。

もし、交換するペンダントライトに重さがある場合には、これだけでは重さに負けてアダプタが外れる恐れがあるので、天井にフックなどを打ち込んで、ペンダントライトのコードをそこに掛けて使いましょう。

重さの付加がかかることを念頭に置き、行う際は自己責任でお願いいたします。

ダウンライトからペンダントライトに交換する時の注意点

ダウンライトからペンダントライトに交換する時には、注意点が幾つかあります。

まずは、上記でも触れたように、ペンダントライトが重い場合には、そのまま取り付けるのは危険なのでやめましょう。

必ず、上記の方法のように、間接的に重さを掛けていくことが重要になります。

また、交換する際には、必ず照明の電源をオフ、ブレーカーをオフにしておきましょう。

通電したままの交換は、感電などの可能性もあり、大変危険です。

火災などに繋がる恐れもある、ということを覚えておきましょう。

電球を触る際には、電源をオフにした後、少し時間を置いてからにしましょう。

電球が熱を持っていたりすることがあり、やけどの可能性もあるので、軍手などを使用することをおすすめします。

また、ダウンライトからペンダントライトへの交換時には、高所での作業になるので、しっかりと安定した足場に乗って作業するようにしましょう。

ペンダントライトのメリットとは?

ペンダントライトのメリットについて、把握しておきましょう。

どのようなメリットがあるのかを理解していれば、より上手にペンダントライトを取り入れられることができます。

まず、メリットとして挙げられるのが、ペンダントライトのデザインの豊富さです。

ペンダントライトには、様々なデザインがありますので、お部屋の雰囲気や好みに合わせて照明を選びやすいのがメリットです。

また、1つあるだけでもおしゃれな雰囲気を醸し出すことができるため、インテリア性が高く多くの方から人気があります。

その他には、手元などを照らしたい時には、このペンダントライトが活躍してくれます。

天井からぶら下げて使うことで、光源もより手元に寄せることができるので、部分的に照らしたい場合には、ペンダントライトが役立つでしょう。

商品によっては、コードの長さを調節することのできるものもあるので、光を照らす範囲を調節できるものもあります。

ダウンライトからペンダントライトに交換する際には、このようなことも考慮しておくといいでしょう。

ダウンライトのメリットも把握しておこう

ここまで、ダウンライトからペンダントライトへの交換について述べてきましたが、ダウンライトならではのメリットもたくさんあります。

ここでは、ダウンライトのメリットについて把握しておきましょう。

ダウンライトのメリットとしては、やはり天井に埋め込まれている、という点かと思います。

天井に埋め込まれているために、天井がフラットになり、空間をより広く感じさせてくれる効果があり、狭い部屋などでも効果的です。

また、埃も溜まりにくく、掃除も楽になることが挙げられます。

その他にダウンライトは、光がほしい範囲を照らすことに適していることもメリットと言えるでしょう。

ただし、広範囲を照らす場合には、ダウンライトは1つ2つではカバーしきれないので、複数個必要になることがほとんどです。

上記のペンダントライトのメリットとダウンライトのメリットを組み合わせて、それぞれの照明が活躍場所で上手に交換することも、おすすめになります。

必要な部分にペンダントライトを取り付け雰囲気を変えてみよう

ダウンライトからペンダントライトに交換する場合には、それぞれのメリットを活かしてみるものいいでしょう。

例えば、キッチンにはダウンライトを取り入れ、キッチン全体を照らすようにして、食卓では、テーブル上を明るく照らすためにペンダントライトを取り入れるという方法があります。

その部屋や場所によっては、光が部分的に欲しいことがあるかと思います。

今までは、ダウンライトのみだった部屋でも、ダウンライトとペンダントライトを組み合わせることで、光の当たり方も大きく変わります。

その結果、部屋の明るさも以前とは異なり、違った雰囲気にすることも可能になります。

必要な部分に必要な光の照らし方ができる照明を使うことで、より効率的に部屋を照らすことができるようになるでしょう。

ダウンライトからペンダントライトに交換する際には、このように光によって変化する雰囲気を事前に考えることも大切です。

ダウンライトとペンダントライトでおしゃれな空間を

今回は、ダウンライトをペンダントライトに交換する方法についてご紹介してきました。

交換方法に関しては、比較的簡単で、ちょっとした注意事項に気をつけて作業することで、多く人ができるでしょう。

交換する際には、部分的にペンダントライトにしてみることで、今までとは違う雰囲気を演出することも可能になります。

よりおしゃれな空間を目指して、交換してみてはいかがでしょうか。