テイスト別!オールドアメリカンなインテリアコーディネート

古き良き時代のアメリカのイメージは、人によっても異なるかと思います。

実際に、一言でオールドアメリカンと言ってもさまざまテイストに細分化されます。

今回は、テイストごとのインテリアコーディネートのポイントについて解説するので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

おしゃれ部屋インテリアのポイント!癒し空間を作るアイテム

毎日仕事を終えて帰る部屋。整頓されていて、癒やされる空間が理想的と言えるのではないでしょうか...

目指せシンプルライフ!好きなインテリアで叶える理想の生活

近年、物を整理して多くを持たず、シンプルな暮らし方をするのが、新しいライフスタイルの理想とされるよう...

100均グッズは万能!インテリアのアレンジアイデア6選!

100均は、インテリアを華やかにアレンジすることができるアイテムの宝庫です。お部屋を安く、お...

お部屋の中でカビが発生しやすいのはどこ!?場所別カビ対策

いつの間にか発生したカビを見つけてしまったり、なんとなくお部屋がカビ臭かったり…そんな経験はあり...

違う色のインテリアをプラス!白茶ベースの部屋をおしゃれに

白と茶をベースにした部屋は、とてもシンプルでナチュラルな雰囲気になるので根強い人気があるカラーコ...

大理石のメンテナンス!床やシンクをキレイに掃除していこう

ご自宅に大理石の床やキッチンシンクがあると、洗練された雰囲気になって素敵ですね。高級感が最大...

男の部屋はインテリア次第で6畳でもお洒落にアレンジ可能!

男の部屋は、シンプル且つお洒落にしておくことで、女性に喜ばれたり、好印象を与えることができます。...

タペストリーを飾る!壁を傷つけないディスプレイ方法は?

インテリア空間のアクセントになる、「タペストリー」をご存知でしょうか?タペストリーとは、壁面...

タイプ別に紹介!インテリアがオシャレなリビングのポイント

一日の中で家族が多くの時間を過ごすリビングは、自宅のどの場所より、オシャレなインテリアの部屋にし...

スタイル別にベッドルームのコーディネートポイントを解説!

快適な睡眠を得るためには、寝具の質だけでなく「ベッドルームインテリア」にもこだわりたいですよね。...

インテリアをモダンでお洒落に揃えるならモノトーンを意識

一人暮らしや新居を構える時、もしくは模様替えをする時に、モダンなモノトーンでまとめられたインテリ...

おしゃれな商品が多いIKEAの人気インテリア雑貨をご紹介

近年では、インテリア雑貨のお店と言えば、「IKEA」と答える人も多くなってきました。スウェー...

かわいい赤ちゃんの部屋作り!快適でおしゃれにするアイデア

赤ちゃんは、成長していくにつれて行動範囲が広くなり、ママも目が離せないようになってきますよね。...

姫系の部屋に仕上げるインテリア術!ブログで人気のスタイル

フェミニンでエレガントな印象の姫系インテリアコーディネートで仕上げるお部屋は、数々のブログでも紹...

鍵を部屋の引き戸に取り付ける方法を紹介!気になる注意点!

中古物件を購入して、「部屋の引き戸に鍵がついていないから取り付けたい」と思う方もいることでしょう...

スポンサーリンク

そもそもオールドアメリカンとは?

そもそも「オールドアメリカン」とは、どんなインテリアスタイルを指すのでしょうか。

オールドアメリカンとはその言葉通り、古き良きアメリカの生活様式やインテリアスタイルを取り入れるスタイルを指します。

オールドアメリカンの中にも時代によって、そのインテリアスタイルは細分化されます。

例えば「アーリーアメリカン」と呼ばれるインテリアスタイルは、アメリカの西部開拓時代の生活様式を彷彿とさせるスタイルです。

アメリカ東部の広大な大地の土っぽさや、片田舎の素朴さ、植民地時代の人々のたくましさなどを感じさせるような雰囲気が特徴と言えるでしょう。

具体的には、自然を生かしたカントリー調のインテリアスタイルやコロニアル様式、プロヴァンス様式などの家具を使ったインテリアスタイルなどが挙げられます。

また、ほころびのある木製インテリアや、ペンキがかすれたようなデザインのシャビ―シックなインテリアでアーリーアメリカンを表現することもあります。

次の章では、お部屋をそんなアーリーアメリカンなインテリアスタイルに仕上げるためのポイントについて解説します。

アーリーアメリカンに仕上げるインテリアコーディネート

はじめにご紹介するオールドアメリカンなインテリアコーディネートのポイントは、先ほどご紹介したアーリーアメリカンなスタイルに仕上げる方法です。

アーリーアメリカンな雰囲気に仕上げるには、西部開拓時代のアメリカを彷彿とさせるようなナチュラルカントリーなログハウスをイメージしてみましょう。

テーブルや椅子、チェストなどのメインのインテリアには、パイン材などのぬくもりのある木製のものを選ぶのがおすすめです。

木本来の色合いに近いようなナチュラルカラーの木製家具を選ぶのもポイントで、木目がわかるようなデザインが尚良いでしょう。

また、壁は下側が木目調になっている腰壁を選んだり、フローリングも木目がはっきりしたナチュラルな素材を取り入れると本格的なカントリー調に仕上がります。

さらに、ファブリックには、パッチワークのマルチカバーやチェック柄のテーブルクロスといった木製家具に合う柄やデザインを合わせるとおしゃれです。

ヴィンテージなアーリーアメリカンのコーディネート

オールドアメリカンの中でもアーリーアメリカンなインテリアスタイルは、もっとテイストが細分化されます。

先ほどの西部開拓時代の片田舎のログハウスのようなイメージのほかには、ヴィンテージなローカルスタイルもあります。

ヴィンテージなアーリーアメリカンスタイルに仕上げるには、デニムカラーを取り入れるのがおすすめでしょう。

アーリーアメリカンなスタイルには、インダストリアルなイメージのデニムを使って仕上げる場合もあるため、デニムカラーがよく合います。

インディゴブルーやライトブルーなどのデニムカラーのインテリアを使いましょう。

例えば、インディゴブルーのラグに、少し色あせたようなヴィンテージ感のあるライトブルーのレザーソファを組み合わせます。

足元からグラデーションを意識してカラーコーディネートするとおしゃれです。

また、ヴィンテージ感を出すにはアイアン素材のインテリアをプラスするのもおすすめできます。

脚が少し錆びついたようなアイアン製で、天板はダークブランの木製のものなどを選ぶと渋みが出ておしゃれです。

正統派なヴィンテージのオールドアメリカン!

オールドアメリカンなインテリアスタイルでは、渋みを全面に出した正統派のヴィンテージスタイルもおすすめです。

先ほどは、デニムカラーという比較的ポップな色合いで仕上げましたが、正統派なオールドアメリカンスタイルでは、ダークブラウンやブラックなどのシックなカラーを使用しましょう。

例えば、ブラックのヴィンテージなレザーソファに、ダークブラウンのシンプルな木製テーブルを合わせます。

チェストやテレビ台などにはウォールナット材が使用されたものを選ぶと重厚感のある雰囲気になります。

そして、ラグには少し色あせたようなデザインのダークグレーを取り入れてみましょう。

全体をシックなダークカラーで仕上げることで、本格的なヴィンテージ感のある趣を演出できます。

また、大きめの観葉植物を合わせるのもおすすめです。

重厚感のある中に明るい観葉植物を取り入れることで爽やかなメリハリがつきます。

西海岸風!オールドアメリカンなインテリアコーディネート

オールドアメリカンなインテリアスタイルでは、西海岸テイストに仕上げるのもおすすめです。

アメリカの西海岸の綺麗な海を彷彿とさせる西海岸テイストは、オールドアメリカンの中でも爽やかなイメージが強く人気です。

そんな西海岸テイストのオールドアメリカンスタイルに仕上げるには、ブルーや白といった爽やかなカラーを積極的に取り入れましょう。

壁や床には、潮風で少し錆びついたようなシャビーシックな白い木目調を選ぶのがおすすめです。

ソファには爽やかなブルーを取り入れ、クッションにはスター柄やストライプ柄を取り入れてみましょう。

西海岸テイストなインテリアスタイルでは、カリフォルニアの海沿いカフェのようなスター柄やストライプ柄の小物を選ぶのも大きなポイントです。

また、テーブルやテレビ台などのメインのインテリアには、シャビーシックなイメージの白い木製のものを合わせるとおしゃれです。

さらに、このスタイルにも観葉植物がよく合うためポイントとして押さえておきましょう。

ダイナー風のオールドアメリカンなインテリアコーディネート

最後にご紹介するのは、1950年代のアメリカのレトロなダイナーを彷彿とさせるオールドアメリカンなインテリアコーディネートです。

赤や黒を基調とした活気のあるアメリカのダイナーをイメージして仕上げてみましょう。

例えば、天板が赤くて丸く、脚がスチール製のアメリカンダイナーテーブルと、背もたれと座面が赤く、脚や縁がスチール製のアメリカンダイナーチェアを組み合わせます。

壁には、ネオンサインやカラフルなブリキ看板を飾ると、よりレトロなダイナーの雰囲気を演出することができます。

また、床は黒と白で構成された市松文様のようなデザインにすると、よくマッチするでしょう。

さらに、より本格的なアメリカのダイナー風に仕上げるには、オールディーズのレコードやジュークボックスのレプリカといった雑貨を飾るのもおしゃれです。

また、キッチンにカウンターがある場合には、脚がスチール製のカウンターチェアを置き、カウンターの上にはおしゃれなリキュールの空瓶などを無造作に置いてみます。

レトロなダイナー風のオールドアメリカンなインテリアコーディネートでは、このように雑貨もふんだんに使って仕上げてみましょう。

インテリアのテイストを統一してオールドアメリカンに仕上げよう!

オールドアメリカンなインテリアスタイルの中にも「アーリーアメリカン」や「西海岸」「ダイナー風」など、さまざまなテイストに細分化されます。

インテリアコーディネートする際には、テーマに合ったテイストで統一するとまとまりのある世界観になります。

ご紹介してきたポイントを参考に、お部屋をおしゃれなオールドアメリカンスタイルに仕上げてみてください。