憧れの一生ものの家具を追究!イームズのチェア&テーブル

憧れのブランドチェアといえば、「イームズ」を思い浮かべる方は多くいることでしょう。

イームズはチェアだけではなく、テーブルも人気です。

今回は、いつかは手に入れたい、憧れのイームズチェアとテーブルを掘り下げていきます。

一生ものの家具をお求めの方は、ぜひご覧になってみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

間接照明で寝室をオシャレに魅せる!選び方のポイントは?

ご自宅の寝室の照明に、間接照明をプラスしてみませんか?間接照明を取り入れることで、空間をオシ...

雰囲気ある照明「ダウンライト」とは?配置はどうする?

照明として「ダウンライト」の人気が高まっているのをご存知でしょうか?部屋をおしゃれな雰囲気に...

無印で人気のソファ「ウレタン・ポケットコイルソファ」とは

無印で販売されている「ウレタン・ポケットコイルソファ」をご存知でしょうか。このソファは、ベッ...

シェルフを使って洋服の収納を簡単便利に!おしゃれにも!

洋服は、タンスや引き出しタイプの衣装ケースに収納しているという方も多いのではないでしょうか。...

無垢材テーブルはオイル塗装?それともウレタン塗装がいい?

無垢材を使用したテーブルは、木材の温かみがありおしゃれですよね。無垢材は傷がつきやすいなどの...

テクニック習得!「間接照明」で部屋をおしゃれにしよう!

「部屋をもっとおしゃれにしたい!」「リラックスできる空間が理想…」という方は、室内に間接照明を取...

ベッドルームには間接照明!おしゃれで快適にする方法とは?

海外ホテルのようなベッドルームは憧れますよね。ご自宅のベッドルームをおしゃれにしたい方は、寝...

リラックスタイムにおすすめチェア!IKEA・無印などから紹介

自宅でリラックスして過ごしたいというときには、パーソナルチェアがおすすめです。近年はさまざま...

ダウンライトをリビング照明に!失敗しない設置方法を紹介!

マイホームを建てる際に悩むことのひとつに、照明の取り付けがあります。家族みんなで過ごす時間の...

シェルフで収納!木製でおしゃれなものを見つけたい!

収納棚として、ときには部屋の仕切りとしても使える便利なシェルフですが、「木製」であれば木ならでは...

スツールはベンチタイプがおすすめ!たっぷり収納しよう!

スツールというと背もたれやひじ掛けのない一人掛けのイメージが強いですが、最近では二人掛けのベンチ...

オープンシェルフに食器を収納するアイデア!

1人暮らしの方や、お部屋が狭くて食器棚を設置するのが難しい方にお伝えしたいのが、オープンタイプの...

カウンターにおしゃれなチェアをプラス!IKEAのおすすめは?

キッチンにカウンターがあるなら、食事のスペースにしてみませんか。カウンターにチェアを置くと、...

リクライニングチェアでリラックス!おすすめブランドは?

背もたれを倒し、足をゆったりと伸ばしてリラックスしたいときに、リクライニングチェアがあるとよいで...

おしゃれな「ラダーシェルフ」は爽やかな白がおすすめ!

はしごのような棚「ラダーシェルフ」は、収納やディスプレイに適したインテリアアイテムです。ただ...

スポンサーリンク

チェアやテーブルの名作多し!「イームズ」

ブランドチェアといえば「イームズ」を思い浮かべる方は多いと思いますが、改めて申し上げると、「イームズ」はチェアの名前ではありません。

「イームズ」とは、チェアやテーブル、インテリアアイテムなど、数多くのものをデザインした「チャールズ&レイ・イームズ夫妻」のラストネームのことなのです。

そのため、チャールズ&レイ・イームズ夫妻がデザインした家具などが、一般的に「イームズ」と呼ばれているのです。

なお、1950年代にアメリカの家具メーカー「ハーマンミラー」からの依頼で、夫妻が家具をデザインしているのですが、その中でも特にチェアを数多くデザインしています。

多くの方が、イームズの「シェルチェア」という名前を聞いたり、見たりしたことがあるのではないでしょうか。

それでは、チャールズ&レイ・イームズ夫妻がデザインした、チェアやテーブルをご紹介していきます。

イームズチェアラインナップ:サイドシェルチェア

イームズチェアは、デザインごとにカラーリングや素材などが異なります。

テーブルものちほどご紹介しますが、まずはチェアから取りあげていきましょう。

「サイドシェルチェア」

イームズの代表的な椅子と言えば、このサイドシェルチェアです。

アームがないので、「立つ」「座る」といった動作をスムーズに行うことができます。

サイドシェルチェアにもいくつか種類がありますので見ていきましょう。

●DSR(ダイニングハイサイドチェアRワイヤーベース)

脚部分が、パリのエッフェル塔のようなデザインのサイドシェルチェアです。

屋外でも使用できるように強化したDSRもあります。

●DSW(ダイニングハイサイドチェアウッドベース)

脚部分が、木でデザインされているサイドシェルチェアです。

木に脚部分のワイヤーが通されているつくりです。

木の色は、ウォールナットやメープルなどから選べます。

●DSX(ダイニングハイサイドチェアXベース)

脚部分がシンプルな形のサイドシェルチェアです。

●DSS(ダイニングハイサイドチェアスタッキングベース)

DSXとつくりは似ているものの、DSSはその名の通りスタッキングが可能です。

また、チェア左右に付いているフックで連結することもできます。

イームズアームシェルチェア&ワイヤーチェア

続いて、イームズの「アームシェルチェア」と「ワイヤーチェア」をご紹介していきます。

「アームシェルチェア」

●DAR(ダイニングハイアームチェアRワイヤーベース)

さきほどご紹介したDSRにアーム部分が付いたチェアです。

●DAW(ダイニングハイアームチェアチェアウッドベース)

こちらも、さきほどご紹介したDSWにアーム部分が付いたチェアです。

●DAX(ダイニングハイアームチェアチェアXベース)

DSXにアーム部分が付いたチェアです。

●RAR(ロッキングチェアRワイヤーベース)

脚部分がエッフェル塔のようなデザインになっており、その先にロッカーが付いています。

そのため、座って体を動かすと前後に揺れます。

「ワイヤーチェア」

●DKR(ダイニングハイKワイヤーシェルRワイヤーベース)

DSRのように脚部分がエッフェル塔デザインで、座面や背面もすべてワイヤーで構成されています。

このように、イームズチェアにはたくさんのラインナップがあります。

それでは、次項からはイームズのテーブルをご紹介していきます。

おしゃれ!イームズのテーブル

もしかしたら、「イームズにはテーブルもあったんだ!」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、イームズのテーブルもチェアと同様、デザイン性が高くおしゃれです。

「コーヒーテーブル」

●CTW(イームズプライウッドコーヒーテーブルウッドベース)

プライウッドコーヒーテーブルは、チャールズ&レイ・イームズ夫妻が初期にデザインしたものです。

軽量なので持ち運びが簡単で、少しだけくぼんだ天板がデザイン性を高めています。

カラーラインナップは、ホワイトアッシュ、ウォールナット、アッシュ材を黒く着色したエボニーの3種類です。

●CTM(イームズプライウッドコーヒーテーブルメタルベース)

前述したCTWはすべて木でできていますが、こちらのCTMは脚部分が金属です。

脚は、ブラックか三価クロムの2種類から選べます。

天板は、ホワイトアッシュ、ウォールナット、エボニーの3種類です。

●CTW1(イームズレクタンギュラ―コーヒーテーブル)

こちらのコーヒーテーブルの天板はCTWやCTMとは異なり、長方形です。

シンプルなものの、洗練された印象のテーブルです。

脚はホワイトアッシュ、ウォールナット、エボニー、天板はホワイトアッシュ、ホワイトラミネート、ウォールナット、エボニーから選べます。

意外にお手頃!イームズワイヤーベーステーブル

イームズチェアもテーブルも、名作家具といわれることからわかるように、価格が高く設定されています。

しかし、その中でもお手頃といわれるのが「イームズワイヤーベーステーブル」で、チャールズ&レイ・イームズ夫妻が自分たちが使用するためにデザインされたテーブルなのです。

日本の文化である「禅」から影響を受けてデザインされたともいわれています。

●LTRT(イームズワイヤーベーステーブル)

脚部分は金属で、天板はホワイト・ブラックの2種類から選べます。

他のテーブルは10万円を超えるものがほとんどですが、このテーブルは税込4万円以内で購入できます。

テーブルとしてはもちろん、照明や花器、オブジェなどを置いてもおしゃれです。

イームズのテーブルを手に入れたいものの、価格がネックになっているならばおすすめしたい一品です。

イームズオリジナルチェアとレプリカの違いとは?

イームズチェアやテーブルは一生ものの家具といえます。

しかし、それだけに価格が高いことは否めません。

昨今では、イームズチェアそっくりのレプリカを目にすることが多くありますが、オリジナルとレプリカの違いは一体なんなのでしょうか。

まず、言わずもがなですが「価格」が大きく異なります。

オリジナルのシェルチェアは数万円しますが、レプリカの場合は数千円で購入できます。

次に、素材の違いもあります。

オリジナルはポリプロピレン製ですが、レプリカはABS樹脂製などが多いです。

もちろん、オリジナルとレプリカの刻印も異なります。

さらに、イームズチェアは曲線が美しいといわれています。

そのため、オリジナルとレプリカを並べて比較すると、オリジナルのほうが明らかに美しい曲線を描いていることが分かります。

このように、オリジナルとレプリカには多々違いがあります。

「似ているから価格が安いほうがいい」と思われる方も多いかもしれませんが、「一生ものの家具を」と考えたとき、やはりオリジナルにはかないません。

これはあくまでもそれぞれの価値観にはなってしまいますが、一生ものの家具の購入を考えるならばオリジナルをおすすめします。

一生ものの家具を手に入れよう

イームズチェアもテーブルもデザイン性が高く、どれもおすすめのものばかりです。

価格はそれ相応に高めではありますが、次の世代も使い続けることのできる家具といっても過言ではありません。

ラインナップもたくさんありますので、お好みのものを選んでみてはいかがでしょう。

ぜひ、一生ものの家具を手に入れてください。