スツールが欲しい!おしゃれで座面が低いおすすめスツール

カウンターやダイニングテーブルに使うような高めのスツールもありますが、気軽に一休みできる座面の低いスツールも便利ですよね。

そのようなスツールには、子供の椅子や、オットマンとして使える商品もあります。

コンパクトで低いスツールを探している人のために、スツールの選び方やおすすめ商品をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

「ガレージスタイルインテリア」に近づけるDIYアイデア!

「男の秘密基地」「仲間が集まる趣味部屋」、そんなイメージのガレージスタイルインテリアに、憧れを抱...

ギターを座って弾くのなら!スツールの高さを考えてみよう

ギターを座って弾くことで、身体の不調を感じたことはないでしょうか。ギターを座って弾く場合の理...

シェルフを使いこなして服の収納をすっきりおしゃれに!

日々の収納がなかなかうまくいかず、悩まされていませんか?「シェルフに服を収納しようとしても思...

人類に勝った?!AIマッサージチェア「ルピナス」の実力とは

人工知能=AIを搭載したマッサージチェア「ルピナス」は、「マッサージ師の手技を超えた」と話題にな...

すのこベッドは通気性が抜群!床の傷対策を忘れずに行おう

賃貸では、家具などによって床が傷つくことを懸念されることが多いです。特にベッドなどの大型家具...

お洒落なスツールにプラスα!木製収納付きタイプがおすすめ

ちょっと腰掛けたい時にスツールがあると便利ですが、このスツールに収納スペースがあればさらに重宝し...

テレビ用シェルフの選び方!おしゃれなテレビ用シェルフも!

お部屋の中でも雰囲気を大きく左右するテレビ用シェルフは、こだわりを持って選びたいところです。...

自宅のガーデンにチェアやソファを!IKEAのアイテムをご紹介

自宅のガーデンをくつろぎの空間にしませんか。くつろぎには「チェア」や「ソファ」が欠かせません...

シェルフにものを収納する際のアイデアを場所別に紹介!

キッチンやリビングは、ものが多く収納には工夫が必要です。今回は、シェルフにものを収納する際の...

カウチソファを部屋に置きたい!選び方やおすすめをご紹介!

ソファの購入を検討している方はいませんか。ソファと一口にいっても、種類がたくさんあって迷って...

初心者はシェルフに白いアンティーク風ペイントをしてみよう

お部屋のインテリアをアンティーク風にしてみたいと思ってはいませんか。しかし本物のアンティーク...

オレンジのソファをインテリアに!コーディネートのコツは?

ビタミンカラーの代表とされるオレンジを、お部屋のインテリアに取り入れたいと考えたことはないでしょ...

合成皮革の正しい手入れ方法は?ソファをより長く使おう!

ソファを選ぶ際、素材選びで迷う方もいるでしょう。お手入れのしやすさや価格の安さ、カラーバリエ...

スツールを選ぶなら収納と折りたたみどちらのタイプにする?

座れるスツールは、見た目もおしゃれなデザインが多く、あると便利なインテリアです。そのスツール...

間接照明をリビングにとりいれておしゃれな雰囲気の部屋に!

リビング照明を選ぶときに、快適性のみを求めて照明器具を選んでいませんか?もちろん快適性は重要...

スポンサーリンク

座面が低いロースツールが欲しい!スツールの種類を確認しておこう

スツールとは、背もたれのない椅子のことで、さまざまな形や大きさのものがあります。

キッチンや廊下などに置いておくと、ちょっとした休憩スペースや物置きとして使えて便利ですね。

床に座ってテーブルでお食事をするときに、座面が低いコンパクトなスツールがあれば、子供の椅子としても使えます。

まず、スツールにはどんなタイプがあるのか、簡単にご紹介します。

●ロースツール

座面が低いスツールで低いところで作業したいときに便利です。

踏み台としても使えます。

一般的にスツールの高さは370mm~400mmくらいなので、それよりも低いスツールはロースツールだと言えるでしょう。

●ハイスツール

一般的な高さよりも座面が高いスツールで、カウンタースツールとも呼びます。

カウンターテーブルに合わせて使えます。

●折り畳みスツール

折り畳めるスツールは、使わないときにはコンパクトに収納できるので便利です。

また、折り畳むことはできませんが、積み重ねて収納しておけるスタッキングスツールというものもあります。

スツールのタイプを確認!

引き続き、スツールのタイプをご紹介します。

●ステップスツール

ハシゴのように段のあるスツールで、少し高いところで作業したいときに足場として使えます。

脚立と似ていますが、ステップスツールには座面があります。

安定感や耐荷重はよく確認してください。

●収納付きスツール

箱型になっていて、フタを座面にして座れるスツールです。

衣類やバッグ、小物など片付けたいものをサッとしまえるので、部屋が散らかりにくくなります。

カゴとはちがい、中に入れたものがホコリをかぶりません。

収納力は低いですが、座面が低いタイプもあります。

●フットスツール

オットマンと呼ばれているもので、ソファに座ったときの足置きとして使います。

高さが低いので使い勝手がよく、収納できるタイプもあります。

●キャスター付きスツール

キャスター付きスツールなら、座ったままで移動できます。

車庫や倉庫などで、座りながら長時間作業したいときにも便利です。

とにかく座面が低いスツールが欲しい!コンパクトで可愛いスツール2選

座面が低いおしゃれなスツールをご紹介していきます。

◆プチスツール BLOSSOM(ブロッサム)

・商品番号 COL-002A COL-002B COL-002C
・取扱い店舗 カナケン
・参考価格 2,380円(税込)

コロンとした丸い形が可愛いスツールで、高さは17cmしかありません。

無地、チェック柄、英字風柄があります。

クッション部分は、すべてオフホワイトやライトグレーのような淡い色合いです。

主張しすぎないので、どんなインテリアにも合わせやすいスツールです。

安定感があり、幼稚園~小学校低学年くらいの小さな子供の椅子としてもおすすめですよ。

ただし、座面が平らではないので踏み台にはできないでしょう。

◆コンパクトスツール 収納 ボックス

・商品番号 abk2883
・取扱い店舗 ギギLiving
・参考価格 9,180円(税込)

高さ28cm~30cmの収納付きスツールです。

丸いクッションに3つ脚が付いたようなデザインで、フェミニンな印象です。

柔らかな水色で可愛らしく安定感もあります。

ただし、こちらも踏み台としての使用はおすすめできません。

座面が座りやすいおしゃれなスツール2選

座面がとても低い可愛いスツールを2つご紹介しましたが、今度はもう少し高めのスツールをピックアップします。

◆roomnhome(ルームアンドホーム) 椅子 マカロン オレンジ

・参考価格 2,786円(税込)

高さは42cmで、ビビットなオレンジや淡いグリーンなど、部屋のアクセントになる色合いがおしゃれです。

座面はマカロンのような形をしています。

軽くて持ち運びしやすく、いくつか揃えて並べても可愛いですよ。

◆AZUMAYA スツール トロペ

・商品番号 CL-790CBE
・参考価格 5,280円(税込)

高さは42cmで、3kgの軽いスツールです。

座面がゆるやかにカーブを描いていて座りやすく、クッションも付いています。

デザイン性も高いですが、ナチュラルな素材と色なのでインテリアと合わせやすいでしょう。

ベージュ、グリーン、オレンジの3色展開で、すべて優しい色合いです。

AZUMAYAのスツールには、座面が平らで四角いバンビスツール、座面がボタンのような形でクッションのないボットーネなど、おしゃれな商品が多いので要チェックです。

座面が低い収納スツール・キャスター付きスツール

座面が低いだけでなく、収納やキャスターのついた便利なタイプもご紹介していきます。

◆アイリスオーヤマ 脚付き収納スツール

・商品番号 ASST-38
・参考価格 3,758円(税込)

高さ30cmの、座面の低い収納スツールです。

小さな4つの脚が付いています。

フタになっている座面を裏返すとテーブルとして使えますし、中にはインナーボックスも付いています。

しかも折り畳むこともできます。

耐荷重は90kgで、座り心地も高評価。

カラーバリエーションも豊富な、おすすめのスツールです。

◆収納スツール オットマン 折りたたみ式

・取扱い店舗 RS17 STORE
・商品番号 BS110GY
・参考価格 4,680円 (税込)

今までご紹介してきたスツールはお一人様用ですが、このスツールは長さ110cmなので、大人2人が楽に座れるサイズです。

高さは38cmで耐荷重は200kg、収納付きベンチタイプです。

4~6つ並べれば、ベッドのように使うこともできます。

◆エステスツール OR(キャスター付き丸椅子)

・取扱い店舗 セブンエステ楽天市場店
・参考価格 2,484円 (税込)

こちらはキャスター付きで、高さを調節できるスツールです。

44cm~56cmの間で自由に調節できます。

パイプとキャスターのデザインは数種類から選べます。

男前インテリアやモノトーンインテリアにぴったりの商品です。

スツールを選ぶポイントは?

こちらではスツールを選ぶポイントをご紹介します。

◎座り心地がいいスツール

座りやすいスツールや、長時間座ってもお尻が痛くならないスツールがおすすめです。

座面のサイズが大きく、厚めのクッション付きなら楽に座れます。

そこまで長時間座らないなら、木製のスツールもいいかもしれません。

天然木で作られたスツールは、座っていて冷たく感じることがありませんし、インテリアとしてもおしゃれです。

◎ちょうどいい高さのスツール

スツールは、座る人の身長や体重も考えて選ぶといいでしょう。

子供や小柄な人なら座面が低いスツール、身長の高い人なら高さがあるスツール、体重が重い人なら頑丈な作りのスツールなど、座る人に合ったものを選んでください。

また、使いたい場所に合った高さのスツールを選んでください。

ダイニングでスペアの椅子として使うならダイニングスツール、キッチンで料理しながら使うならハイスツール、玄関で靴を履くときに使うならロースツールがおすすめです。

テーブルや机に合わせで大人が座る場合、その高さから30cm程度引いた高さが目安です。

※あくまでも目安なので、座りやすい高さをご確認ください。

存在自体が可愛いスツール!座りやすいものを選ぼう

小さくておしゃれなスツールを6つ、長めのスツールを1つご紹介しました。

インテリアのアクセントカラーを選ぶのも素敵ですし、さりげない存在感のスツールを選んでも使いやすくて便利ですね。

座面が30cm以下の高さのスツールもあります。

購入の際は、座り心地がよく、安定感のあるスツールを選ぶようにするのがおすすめですよ。