ソファベッドはおすすめ?一人暮らしの部屋を有効活用しよう

一人暮らしの部屋だと、様々な理由から十分な部屋のスペースが取れないことがありますよね。

とくに大型家具である、ベッドやソファを置きたい場合には室内が狭くなってしまいがちです。

そこで、こちらの記事ではその大型家具2つを組み合わせた、ソファベッドをおすすめしていきます。

そのメリットやデメリットなどの特徴から、選び方、おすすめの商品までご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ウォールシェルフはアンティーク調がおしゃれ!

収納やディスプレイスペースとして便利な「ウォールシェルフ」は、アンティーク調のものがおしゃれです...

おしゃれなテレビキャビネットが欲しい!~北欧スタイル編~

引っ越しや模様替えで、テレビキャビネットを新たに購入する機会があります。せっかく購入するなら...

玄関用スツールおすすめ6選!折りたたみ式から収納付きまで

さまざまな用途で使えるスツールは、玄関でも利用できます。靴の着脱もスツールがあることでより楽...

スチール製シェルフを使おう!おしゃれで機能的な使い方

スチール製シェルフと聞いて、どのようなイメージが頭に思い浮かぶでしょうか。オフィスや納戸など...

シェルフで収納!木製でおしゃれなものを見つけたい!

収納棚として、ときには部屋の仕切りとしても使える便利なシェルフですが、「木製」であれば木ならでは...

【ソファーの選び方】ゆったりと座るなら3人掛けサイズ?

新居のリビングにソファーを置こうと考えたとき、「ゆったりとくつろぎたいから3人掛けくらいの大きな...

「ガレージスタイルインテリア」に近づけるDIYアイデア!

「男の秘密基地」「仲間が集まる趣味部屋」、そんなイメージのガレージスタイルインテリアに、憧れを抱...

間接照明でリビングを彩る!賃貸でも使えるアイディア

リビングを劇的にイメージチェンジしたいなら、家具の配置を変えるよりもおすすめなのは、間接照明を使...

シェルフを使って洋服の収納を簡単便利に!おしゃれにも!

洋服は、タンスや引き出しタイプの衣装ケースに収納しているという方も多いのではないでしょうか。...

ダウンライトをリビング照明に!失敗しない設置方法を紹介!

マイホームを建てる際に悩むことのひとつに、照明の取り付けがあります。家族みんなで過ごす時間の...

ダイニングテーブルはガラス製か木製か?2つの特徴を比較!

大きな家具であるダイニングテーブルは、やはりこだわったものを置きたいですよね。ダイニングテー...

あると便利な玄関スツール!ぴったりの高さを知っておこう!

玄関のちょっとしたスペースにおすすめしたいのが、スツールです。スツールがあればブーツをはじめ...

【開放的】「リビングにテーブルを置かない」という選択肢!

広々としたリビング空間を目指すなら、「テーブルは置かない」という選択肢をおすすめします。テー...

テクニック習得!「間接照明」で部屋をおしゃれにしよう!

「部屋をもっとおしゃれにしたい!」「リラックスできる空間が理想…」という方は、室内に間接照明を取...

知っておきたい!ファブリックソファのお手入れと注意点

柔らかく温かみのある雰囲気と、豊富なデザインカラーから選ぶことができるファブリックソファは、人気...

スポンサーリンク

ソファベッドとは?その種類や使い方について

ソファベッドとは、その名から分かるように、ベッドにもなるソファのことをいいます。

もともと日本の住宅は、部屋のスペースは狭くなりがちなので、ベッドやソファといった大型の家具を置く場所がない、ということはよくあることではないでしょうか。

とくに一人暮らしの場合は、そのような悩みを抱えることが多いはずです。

そこで、起きているときはソファになって、夜寝るときにベッドになるソファベッドは、便利な家具だといえます。

ソファベッドには、大きく分けて2つのタイプのものがあります。

1つ目は、折りたたみタイプです。

このタイプはコンパクトに使える座面の低いロータイプで、部屋のスペースが狭い場合や、置く幅が狭い場合にはおすすめです。

2つ目はリクライニングタイプです。

背もたれを倒すことによって、ソファ全体をフラットにするため、ベッドにしたときの形がよいことが多く、座面が高めなことからハイタイプとも呼ばれます。

ソファからベッド、ベッドからソファへの切り替えがすぐにできることもよい点ですね。

座面幅が広いことが多く、スペースに多少余裕のある場合にはおすすめです。

一人暮らしにおすすめ?ソファベッドの長所短所は

では、一人暮らしには本当に向いているのでしょうか。

ソファベッドを選択することのメリットとデメリットを見ていきましょう。

まずはメリットからです。

ソファベッドの最大のメリットは、ベッドを置くスペースでソファにも変身するので、室内のスペースを有効活用できることにあります。

一人暮らしの間取りはどうしても狭くなりがちなので、2つの家具を一緒にできるのは嬉しいですね。

室内を効率的に使いたいという方には、おすすめの家具といえます。

また、初期費用を抑えられるのもメリットでしょう。

ベッドとソファをそれぞれ別に購入するとなると、それなりにお金がかかってしまうものです。

その点、ソファベッドなら1つで2役を担うので、両方買うよりも費用を抑えられることが多いでしょう。

次にデメリットを見ていきましょう。

ソファベッドを採用するデメリットは、布団を収納する場所が必要であることが挙げられます。

一人暮らしの部屋では、布団に収納スペースを取られてしまうと、荷物がしまいきれないこともあるかもしれません。

ソファベッドを使用することを想定しているのであれば、その収納スペースを考慮した部屋選びが大事です。

また、寝心地の面で、ベッドにはかなわないことが多い点もデメリットにあります。

座面のクッション性が寝心地も座り心地もよいものとなると、なかなか難しいかもしれません。

座り心地はともかくとしても、寝心地に関してはある程度の妥協が必要になってしまうでしょう。

一人暮らしでソファベッドを選ぶなら?押さえたいポイントは

では、一人暮らしの部屋にソファベッドを置くなら、どのような点をポイントに選べばいいのでしょうか。

こちらからご紹介していきましょう。

●いつ誰が使うのか

ソファベッドの購入を検討している場合、いつ誰が使うのかをよく考えて選ぶ必要があります。

夜はベッド、昼はソファとして使うのであれば、ベッドにしたときの寝心地が重要になってきます。

毎晩寝るために使用するなら、耐久性にも着目しなければなりませんね。

また、いつもはソファとして使用し、来客用でベッドにするというのであれば、座り心地を重視してもよいかもしれません。

●部屋と自分の体に合ったサイズを選ぶ

購入前には、ベッドを置けるスペースがどのくらいの広さであるのか、チェックしておく必要があります。

デザインも大事なポイントではありますが、まずは広げたときに四方にある程度スペースが確保できるかを考えておきましょう。

また、ベッドとして使用する場合の十分な長さや広さがあるかも大事なポイントです。

可能であれば、寝返りが楽にできる広さを確保するのがおすすめです。

さらに、背の高い方は、体がベッドからはみ出すことがないかどうかも、チェックしておきましょう。

ここもチェック!ソファベッドを選ぶポイント

前項に引き続き、一人暮らしの方がソファベッドを選ぶときに、注目しておきたいポイントがあります。

●ベッドとして利用するなら衛生面も考慮

毎日寝るためにソファベッドを使用するなら、ソファベッドに直接寝てしまうと衛生面でおすすめできません。

ソファベッドを長くきれいに使いたいのであれば、ベッド用のボックスシーツを買ったり、ソファベッドのカバーが洗えて外せるものを選んだりしましょう。

また、ソファベッドの上にマットレスや、薄い敷布団のようなものを敷くのもおすすめです。

●寝続けても体が痛くならない

夜ベッドとして毎日使いたい場合は、「硬めのウレタンが使用されている」ソファベッドを選ぶのがおすすめです。

数値でいうと、ウレタンの密度が25kg/m3以上のものがおすすめです。

しかしながら、どのようなウレタンが使用されているかは、よく分からない場合が多くあるかと思います。

そのようなときは、硬質ウレタンや高反発ウレタンが使用されている、と記載されたものを選ぶとよいでしょう。

また、「ウレタンフォームとウレタンチップが組み合わさっている」ソファベッドも、座り心地や寝心地がよいものが多いのでおすすめです。

さらに、「ウレタンの厚さが10㎝以上あるもの」も寝心地がよいものが多いでしょう。

この3点のどれか1つがあてはまっていれば、寝心地面では満足がいくものが多いはずです。

一人暮らしにおすすめ!折りたたみタイプのソファベッド

ではこちらでは、一人暮らしの方におすすめしたい、折りたたみタイプのソファベッドについてご紹介していきます。

●DORIS:ソファベッド ネクサス

リクライニングが6段階で、一人暮らしにピッタリなコンパクトサイズのソファベッドです。

ウレタンフォームとウレタンチップが使用されており、細長いクッション付きです。

13色ものカラーから選択可能なため、部屋の雰囲気に合わせやすいのではないでしょうか。

●cyberlife:ソファベッド アンバー

42段階もの調節ができるギアが付いているので、様々な角度に設定できます。

ソファ、カウチ、ベッドとして使用可能なうえに、肉厚なクッションがしっかりと体を支えてくれます。

硬めのウレタンを使用しており、座ったときと横になったときの体への負担を軽減してくれるでしょう。

カラー展開はシックな4色から選べます。

広さに余裕があるならリクライニングのソファベッドがおすすめ

一人暮らしの部屋のスペースに、ある程度の広さが取れる場合には、リクライニングタイプのソファベッドはいかがでしょうか。

折りたたみタイプに比べると、しっかりとした作りのものが多いのでおすすめです。

●LOWYA:2way ファブリックソファベッド

ソファの座り心地と、ベッドの寝心地を重視するならおすすめのソファベッドです。

ピュアウレタンとウレタンチップを使用した4層構造になっているため、体をしっかりと支えます。

6色のカラー展開で落ち着いた色調は、どのような部屋にも合わせやすい色使いです。

ベッドとして使用する際には180㎝程の長さが確保でき、使いやすいゆとりのあるサイズです。

●DORIS:ソファベッド リート

一人暮らしには嬉しい、収納の付いたソファベッドです。

リクライニングは3段階に調節可能で、しっかりとした厚みのある座面と、表面の布地が通気性に優れたものを使用しています。

カラー展開は4色で、落ち着いた色合いのグレーやブルー、ビビッドなオレンジとグリーンがあります。

DORISには、リートのほかにもおすすめしたい収納付きソファベッドの取り扱いが多くあり、きっとお好みのものが見つかるはずです。

気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

一人暮らしの部屋のスペースをソファベッドで有効に使おう

限られた一人暮らしの部屋のスペースは、なるべく有効に使いたいものです。

その点、ソファベッドならその望みをかなえてくれるはずです。

部屋のスペースに合わせて、折りたたみタイプ、リクライニングタイプと選んでみてください。

こちらで選ぶ際のポイントを4つお伝えしたので、購入のときに役立てていただければ幸いです。