RC造の住宅の特徴!遮音を気にするなら壁厚に注目しよう!

RC造の住宅というものをよく目にすることがありますが、「RC造とは何なのか、はっきりわからない」という人も多いのではないでしょうか。

今回は、RC造とは何か、RC造の構造の特徴、メリットやデメリットなどをご紹介しつつ、多くの人が気になる「住宅の遮音性」についてお伝えしていきます。

遮音性は、RC造の壁厚が深く関係していることが多いので、RC造の壁厚についてもご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新築には引き戸?開き戸?お部屋別に使い勝手が良い扉を紹介

新築を建てる場合、間取りや設備など決めることはたくさんありますが、図面を見ているだけでは、使い勝...

部屋が散らかる心配なし!階段下収納はどう使う?

部屋をきれいに片付けたいなら、階段下の収納スペースに注目してみるのはいかがでしょうか。押し入...

玄関やポーチ・階段などをタイル張りにしてみよう!

通りすがりの家の玄関先を見て、真似したくなる素敵なポーチを目にした経験はないですか?玄関やポ...

シロッコファンの掃除をして清潔なエアコンで過ごそう!

家の中でなかなか掃除できない場所の1つにエアコンが挙げられます。人によっては毎日使うこともあ...

【シロッコファン掃除】簡単な汚れ落とし方法と便利アイテム

キッチン掃除において、最も面倒な箇所と言えば「換気扇」ですよね。しつこい油汚れがびっしりとこ...

4畳の部屋に適したエアコンとは?快適な部屋を目指そう!

エアコンは現在、人々の生活に欠かせない家電の1つになってきています。多くのご家庭でエアコンが...

すぐにでもやってみたい!すのこを使った靴箱の作り方

玄関に造り付けの靴箱だけでは、靴の収納スペースが足りないという方も少なくはないでしょう。そこ...

賃貸物件も照明器具でお洒落に!アパートにおすすめの照明

賃貸物件の多くは、入居時に照明器具が設置されていないことも多く、自分で購入し取り付けを行う必要が...

住宅構造の各種類の特徴を解説!RC造やS造の見分け方は?

住宅構造には、大きく分けて、RC造、S造、SRC造、木造の4種類が挙げられます。今回は、これ...

防音、防虫、隙間風に!窓の隙間テープはどこに貼ればいい?

冬場に暖房を入れていても、なかなか部屋が暖まらないと感じたことはないでしょうか。部屋が暖まり...

キッチンの背面収納はどれにする?メーカーのこだわりを調査

新築やリフォームなどの際にキッチンの背面収納はどれにしようか迷ったり、悩んだりする人も多いかと思...

古い家のカビ臭さを消す方法とは?原因や対処法をご紹介

築年数の経過した古い家では、様々な問題が起こりやすいものです。今回はその中でも、「カビのニオ...

整理収納をマスター!インテリアでさらにお洒落な空間へ

「家の中の整理や物の収納が上手にできない」とお悩みの方は、意外に少なくありません。実は、整理...

ベランダに洗濯機を設置!電源問題や故障対策に気をつけて!

ベランダに洗濯機を置く場合、室内では想定する必要のない工夫や対策を求められることになります。...

天井周辺のクロスのひび割れは危険なサイン?原因と対処法

住んでいるマンションや一軒家などで、天井の周辺のクロスにひび割れを発見したことはありますか?...

スポンサーリンク

 

RC造住宅とはどんな造り?

そもそも、「RC造の住宅がどのような構造になっているのか」ということについてご紹介していきます。

rcは「Reinforced Concrete」の略で、鉄筋コンクリート造のことを指します。

鉄筋とコンクリートを使っているのが特徴です。

住宅を建築する際に、まず鉄筋で骨組みしていきます。

その後、鉄筋を型枠で覆っておきます。

この型枠が建物の柱などのサイズです。

また、この型枠組みは壁厚にも関係してくる作業工程となっています。

そして、その型枠にコンクリートを打設し、組み上げていきます。

RC造の特徴の1つとしては、鉄筋とコンクリートがお互いの弱点を補い合って、より強度を高めているところにあります。

鉄筋の特徴としては、引っ張る力に強く、錆などの腐食に弱いということが挙げられます。

それに対しコンクリートは、圧縮に強く、鉄筋骨組みを取り込むことで、鉄筋を空気に触れさせず錆の発生を防ぐことができます。

これにより、非常に高い強度を実現しています。

実際に、過去の震災でも住宅の倒壊などの被害が最も少なかったものの1つに、RC造の住宅が挙げられています。

さらに、現在ではRC造の住宅の建設も多くなっていて、目にする機会も多くなりました。

最近では多くの住宅がRC造!そのメリットとは?

RC造の住宅のメリットについてご紹介していきます。

上記でも記載しましたが、現在では多くの住宅の建築がRC造を採用しています。

それだけ多く採用されるということは、得られるメリットも大きいということです。

まずは、今回のテーマでもある遮音性の高さです。

壁厚の程度にもよりますが、基本的にRC造の住宅は遮音性の高いものが多くなっています。

そして、耐震性の高さが挙げられます。

こちらも上記で触れましたが、過去の震災での実績があるので、安心感も非常に高くなっています。

最近では、震度7の地震が発生しても、建物が倒壊しないほどの強度を誇るものまで造られています。

また、RC造は耐震性の他にも、耐火性も高くなっています。

コンクリート自体の耐火性が高いこともあり、RC造の住宅は火災にも強いということが挙げられます。

このように、RC造の住宅には、多くのメリットがあります。

特に安全性については非常に高くなっていて、人間が生活していく上では、非常に心強い造りであることがわかります。

RC造住宅のデメリットについて考える

次に、デメリットについて考えてみましょう。

ものごとには、良いところと悪いところがあります。

RC造の住宅のデメリットには、どんなものが挙げられるのでしょうか。

まず挙げられるデメリットは、鉄筋とコンクリートという重量物を使った建築方法なので、建物自体の重くなります。

そのため、建物を建てる際に、地盤が弱いところでは建築することが難しくなります。

そこで、「地盤改良」という工事が別途必要になることがあるでしょう。

これは、地面を掘り返し、掘り返したことで出た土などにセメント材などを加えて、地盤を固めていく作業になります。

この作業を行なうことにより、RC造の重みに耐えられる地盤を作ることができます。

デメリットとしては、この工事を行なうために建築のコストがより高くなる、ということです。

また、木造などの建築方法と比べると、工期も長くなります。

そのため、新築の場合は「ある程度の期間が必要になる」というデメリットも挙げられています。

その他、「RC造は遮音性が高い」という思い込みもデメリットと言えます。

必ずしも遮音性が高いわけではないことを、今回壁厚などとの関係性でお伝えしていきます。

しかし、RC造は、それらのデメリットを遥かに上回るメリットがあり、現在多く採用されています。

「RC造の住宅に住みたい」と考えている人も多くいるのではないでしょうか。

壁厚と遮音性の関係は?

一般的には、壁厚が厚いほど遮音性は高くなります。

RC造の住宅には、様々な壁厚があるので、遮音性を気にするのであれば、厚い壁の住宅を選ぶ必要があります。

壁のコンクリートの厚さが、180mm以上であれば、基本的に遮音性は高いと言えます。

しかし、その住宅によっては、耐久性を上げるために、「構造スリット」と呼ばれる狭い隙間を設けている場合もあります。

その場合は壁の厚さが180mm以上であっても、その隙間から音が漏れていってしまうことがあります。

また、壁の仕上げ方によっても、音が伝わりやすくなってしまうこともあります。

石膏ボードとコンクリートの間に、空間を残すように造られる二重壁という工法があります。

この工法の住宅の場合は、石膏ボードとコンクリートの間を音が反響し共鳴して、「太鼓現象」という現象が起こることがあります。

その場合は、完全に遮音性が高いとは言えなくなります。

このように、RC造であっても壁の作り方などによって遮音性は大きく変わります。

RC造の壁厚はどのようになっている?

RC造住宅の壁厚は、基本的に「下地なしで100mm以上であれば良い」というように建築基準法で定められています。

相場よりも低い賃貸マンションなどの場合には、この最低限の壁厚で建築されている住宅もあったりするので、その場合だと必然的に遮音性も低くなってしまいます。

逆に、相場よりも高い賃貸マンションなどの場合には、壁厚が厚いものを採用している場合があるので、遮音性についても高くなっていることがあります。

つまり、RC造であっても、その建築方法や、施工時の壁の厚みは様々であるということになります。

安いマンションでは、最低限の建築基準で作られていることで、遮音性の低いRC造住宅があることも珍しくありません。

このことから、家賃なども確認して部屋を選びをしていくことが重要になります。

RC造=遮音性が高いと一概には言えないので注意しましょう。

遮音性を気にするなら壁厚に注目しよう!

上記でも触れましたが、RC造の住宅であっても壁厚が薄い場合には、RC造でも遮音性が期待できないということになります。

一般的に住宅の壁厚は、150mm~200mmとなっていて大きな差があります。

また、壁の材質などによっても遮音性は大きく変わります。

遮音性を気にして住宅を選ぶのであれば、RC造であるかどうかということと、その住宅の壁厚はどれくらいなのか、ということも確認するといいでしょう。

RC造と表記されている物件の中には、壁はコンクリートではなく、石膏ボードと木材で作られている場合もあります。

これは、基準を満たしていればRC造であると表記してもいいことになっているからです。

壁がコンクリートではない住宅は、もちろん高い遮音性は期待できません。

遮音性を気にする場合には、住宅の壁厚に加えて、材質も確認するようにするといいでしょう。

遮音性は壁厚や材質で確認しよう!

快適な生活を送る上では、生活音などがあまり響かない、聞こえない住宅のほうが、もちろん住みやすいです。

RC造なのか木造なのかで住宅を選ぶことも大切ですが、遮音性を気にするのであれば、住宅の壁厚であったり、壁の材質に注目してみてください。

RC造は遮音性が高いとは一概に言えないということを意識して、条件に合う住宅を選んでみてはいかがでしょうか。