遮光カーテンは高い?人気の北欧柄でも安いカーテンを紹介!

遮光カーテンは、室内にさんさんと降り注ぐ日光を遮ってくれます。

昼間でも部屋を暗くしてホームシアターを楽しんだり、外から完全に見えない状態にしてリラックスすることができますね。

カーテンというと、あまり安いお買い物ではありませんが、人気の北欧柄でもお得に購入できる商品があります。

安いカーテンの目安となる商品を通販サイトからピックアップしましたので参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カーテンで一気におしゃれ!リビングを変えるアイディア

リビングをおしゃれに模様替えしたいと思っても、いきなり家具や小物を買い替えたり、大がかりな作業を...

カーテンを北欧モダンにしてみたい!人気のデザインとは?

北欧デザインは、多くの国で親しまれ、とても人気があります。心豊かになるような優しいものからシ...

カーテンのおすすめ!ベージュも選べるおしゃれな商品を厳選

カーテンは、お部屋の中で大きな面積を占める重要なインテリアです。家族が集まる空間のリビングは...

素敵なカーテンが沢山!おすすめメーカーの特色をご紹介!

「色々なカーテンを使ってきたけれど、今回はもう少しランクアップしたカーテンを使ってみたい」と思っ...

カーテン選びのポイントは?部屋別におすすめの色をご紹介!

お部屋のカーテンを新調するとなると、次は何色にすべきか悩みますよね。今回は、カーテン選びのポ...

遮光カーテンの等級の違いとは?シーンや環境で等級を選ぼう

遮光カーテンは、光を遮るカーテンであることはご存知の方も多いでしょう。しかし、遮光カーテンに...

子供部屋の手軽な仕切り方をご紹介!カーテンを上手に活用

お子様が小さいうちには、兄弟姉妹で1つの子供部屋を使うことが多いかと思います。しかし、お子様...

階段から降りてくる冷気対策にはカーテンを活用しよう!

寒い冬の季節や、気温が下がってきた夜などに「階段から降りてくる冷気でリビングが冷えてしまう、暖ま...

カーテンが風でめくれてしまう!カーテンのめくれ防止方法

天気の良い日には、窓を開けて部屋の空気を入れ替えたくなりますよね。また、暑い日にも窓を開けて...

難しいカーテンの取り付け!上手な業者選びのポイントは?

賃貸の場合は、基本的にご自分で勝手にカーテンレールを取り付けることはできないでしょう。しかし...

初心者さんも安心!カーテンが長いときの簡単なアレンジ方法

インテリアの大切な要素ともなる「カーテン」ですが、丈が長いと少々不格好な印象になってしまいがちで...

カーテンの幅が余る!正しい採寸から対処方法までを徹底解説

カーテンの幅が余ると、せっかくのカーテンのドレープが綺麗に出ず、見栄えもあまりいいものではありま...

ブルックリン風のインテリアに合わせたカーテン選びとは?

近年では、「ブルックリン風」や「ブルックリンスタイル」をよく聞いたり、目にすることが多くなってき...

リネンカーテンのメリット・デメリットは?おすすめも紹介!

軽やかで柔らかい、天然繊維の風合いが人気のリネンカーテン。「化繊のカーテンを付けているけれど...

紫外線対策は万全?!UVカットカーテンを使ったその効果

寒い冬が終わると暖かい春を迎え、そして夏へと移り変わります。紫外線が最も強いのは夏の時期です...

スポンサーリンク

遮光等級を知ろう!

北欧柄で安い遮光カーテンを探す前に、遮光等級について知っておきましょう。

遮光等級を知ることで、「どの程度の光をシャットアウトしてくれるのか」ということが分かります。

・1級

遮光率99.99%で、閉めておけば室内は暗くなり、同じ部屋にいる人の表情すら分からない暗さにすることもできます。

外から見たときには室内がほとんど見えない状態になります。

・2級

遮光率99.80~99.99%で、閉めた時の状態は1級とほとんど変わりませんが、近くにいる人の表情くらいなら分かる状態です。

赤ちゃんがいるご家庭の場合、暗くした状態でも様子を見ることができるのでおすすめです。

外から見たときには、家具や人のシルエットが少し透けて見えることもあります。

・3級

遮光率99.40~99.80%で、閉めきっておくと室内は薄暗くなり、人の表情は分かりますが作業をするには暗いでしょう。

1級や2級と比較しても透け感が感じられます。

●素材によって遮光率が異なる

カーテン生地の素材や織り方、色などによって遮光率は変わってきます。

同じ遮光率だとされていても、薄い色よりは濃い色のほうが遮光効果は高いでしょう。

遮光カーテンの効果とデメリット!相場はいくら?

遮光カーテンは、光を遮ってくれるだけではなく冷暖房効果が期待できます。

特に夏は直射日光が遮られる分、涼しく感じることでしょう。

冬でも、冷気をシャットアウトする効果が高いカーテンがあります。

窓からの冷気や隙間風を防いでくれれば、効率よくお部屋を暖めることができます。

とはいえ、デメリットもゼロではないので確認しておきましょう。

たとえば、黒い糸を織り込んで遮光効果をアップさせているカーテンの場合には、その糸が透けてしまってカーテンの色合いに影響する場合があります。

また、生地が厚いためヒダがうまく波打たず、平たい印象に見えてしまう商品もあります。

【カーテンの相場】

カーテンの値段は幅広く、遮光カーテンでなければ1枚で1,000円程度の安いものもあります。

一方で、セットで数万円するものもあります。

品質のよいオーダーカーテンになると10万円を超えることもあるほどです。

職人の手で丁寧に作られた特注品の中には20万円を上回る値段もあります。

しかし、安くても北欧風でおしゃれなカーテンはたくさんありますのでご安心ください。

しっかり遮光できるカーテンを通販サイトで調べていくと、安く買いたい場合、予算としては3,500円~6,000円ほどを考えておけば候補は見つかります。

北欧風の安い遮光カーテン!オーダーカーテンならジャストサイズ

それでは、実際にネット通販で販売されている北欧風の遮光カーテンをご紹介していきます。

相場を意識して安い商品をピックアップしますので、参考にしてください。

<Re:HOME 遮光カーテン レースカーテン付き 北欧>

●参考価格 3,991円~(税込み)

●遮光率 1~2級

天然素材のようなナチュラルな風合いで、20種類のおしゃれな柄から選べるカーテンです。

値段は安いですが、オーダーカーテンなのでケースバイケースになるでしょう。

ツルツルした安っぽさは無く、形状記憶なので平面的に見えることもありません。

カチオンミックス織りで作ることで、ツヤがあって丈夫なカーテンに仕上げています。

また、セットになっているレースカーテンは高密度・高断熱で、通販サイトのジャンル別ランキングで1位を獲得したこともある商品です。

口コミを読んでみると、「遮光効果1級~2級というほどの暗さにはならない」と感じる方もいるようですが、北欧柄の上品さ、お店の対応のよさは高く評価されています。

オーダーカーテンなのでジャストサイズで購入できる点も大きなメリットです。

全部セットで安い!北欧風・無地・モード系も選べる種類豊富な遮光カーテン

<満点カーテン 2番人気 北欧おしゃれ66柄x36サイズ>

●参考価格 5,980円(税込み)

●遮光率 1~2級

長さが160cm~190cmのカーテンレールに対応したカーテンです。

厚地カーテン2枚とレースカーテン2枚、アジャスターフック、タッセルのセットで販売されています。

こちらのカーテンのポイントは、丈は36タイプから選べて、値段は一律だということです。

オーダーカーテンの場合はぴったり合うサイズで注文すると、想像していたより高く感じることもありますが、はじめから値段が決まっていれば安心です。

また、豊富な柄が用意されていて、インテリアに合わせて好きな柄を選べます。

人気の柄はインテリアになじみやすいベージュ系のカーテンです。

リーフ柄はナチュラル系にも北欧系にも合わせやすく、清潔感があるのでおすすめです。

ネットに入れて洗濯機で気軽に洗えるのも嬉しいですね。

安さの理由は自社製造工場。

生地の開発から配送までメーカーがすべて行っているため、コスト削減が可能になりました。

ただ、ツルツルとした光沢感が気になる方もいるかもしれませんし、「シワやほつれが気になる」という口コミもあります。

種類によっては「お値段相応」と感じる色や柄もあるでしょう。

安い遮光カーテンをお探しの際には、見た目や品質などの目安になると思いますので、画像や口コミを調べてみてください。

繊細な北欧柄が魅力のカーテン!一見安い商品は枚数をチェック

安くて人気のある遮光カーテンを2つご紹介しました。

他にも通販で購入できる遮光カーテンはありますが、5,000円以下という安い値段に惹かれて調べてみると「1枚」の価格だったという場合も多いので注意してください。

例えば、遮光2級のスミノエのカーテンは、100cm×200cmで4,752円(税込み・送料別)ですが、カーテン1枚(アジャスターフック・タッセル付き)の値段です。

しかし、先ほどご紹介したカーテンと比較するために見てみると、北欧柄の繊細さ、ドレープの美しさ、日本製などの点で優れていることが分かります。

商品の品質や丁寧な梱包にこだわっていて、口コミでは高評価がズラリと並びます。

2点購入することになり、送料と合わせて総額10,000円をオーバーしても、「数万円もする高価なカーテンと比べれば安い」と感じる方もいるのではないでしょうか。

カーテンを主役にしたインテリアコーディネートを楽しみたいなら、こうしたカーテンもおすすめです。

お店に足を運ぶのもおすすめ!カーテン購入時に失敗しないためには

安い遮光カーテンはネット通販だけでなく、お近くのホームセンターやファッションセンター、ショッピングモールなどでも販売されています。

割引されて販売している時もありますので、素敵な北欧柄の掘り出し物が見つかることもあるでしょう。

送料がかかりませんし、実際に見て触って選ぶこともできますので、実店舗で購入するメリットもあります。

それでは最後に、お部屋にしっくり合うカーテンを選ぶコツをご紹介します。

インテリアコーディネートは統一感が大切です。

全体の色やテイストに合ったカーテンを選べれば、少し地味でも安く見えない場合があります。

「カーテンを差し色にしたい」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、あまりにも派手な色を選んでしまうと飽きやすいというデメリットがあります。

通販で購入する場合は特に、「想像していた色より濃い」などと感じることもあるようです。

ですから、床や壁の色と似た色を選んだほうが失敗しにくいと言えるでしょう。

差し色はクッションやソファカバーなど、もう少し安価なもので取り入れたほうが無難です。

もし実店舗で購入される場合には、部屋の写真をあらかじめスマホで撮影しておいて、それと見比べながら選ぶとイメージしやすいでしょう。

「頭の中でイメージして購入し、実際に付けてみたら部屋と合わない」という失敗を避けるためにも、イメージできている状態で購入することをおすすめします。

安くて品質のよい遮光カーテンを選ぼう

カーテンはお部屋の雰囲気をガラッと変えるアイテムです。

レースカーテンなどとセットで、驚くほど安い価格で販売されている商品もありますが、色や質感が安っぽく感じたり、品質に満足できないこともあるようです。

ご紹介したカーテンは、おおむね高評価を得ている商品ばかりです。

自分の目でじっくりと見てイメージしてから選んでください。