すのこベッドの特徴!ベッドタイプ・ロール式・折りたたみ式

お布団のカビ対策には、ベッド選びが重要です。

お布団のカビ対策に有効なすのこベッドですが、脚のついた「ベッドタイプ」のほかに、床置きタイプの「ロール式」や「折りたたみ式」などさまざまなタイプがあります。

それぞれのタイプの特徴や、選ぶときに注目したいポイントをお伝えします。

また、おすすめのすのこベッドも併せてご紹介していきます。

カビに悩まされることなくベッドで快眠できるよう、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ベッドサイドライトの選び方!おしゃれなアイテムも紹介

ベッドサイドを明るく照らす卓上ライトは、どんな点に注目して選ぶのが良いでしょうか。今回は、ベ...

手軽で簡単!アレンジ自由自在のすのこ棚!基本の作り方は?

すのこを使えば、手軽に棚を作れます。こちらでは、特別な道具類を持っていなDIY初心者でも、簡...

ロフトベッドの解体方法を伝授!手順をマスターしよう!

ロフトベッドは、狭い部屋などでも、空間を上手に活用することができるので、使っている人も多いかと思...

ソファとラグを配置する際に大切なこと!ソファの横幅を確認

ソファとラグの配置について考えているときに「この大きさのソファには、どのくらいのサイズのラグがち...

油圧式の椅子の寿命はどれくらい?おおよその目安をご紹介!

学校やオフィス、自宅などで椅子を使うことはありますが、中でも油圧式の椅子を使う機会は多いかと思い...

ダイニングテーブルを置きたい!床の傷防止対策はどうする?

お部屋に素敵なダイニングテーブルを置くと、毎日の食事が一層楽しいものになるような気がすることでし...

老舗メーカー「カリモク家具」ベッドの評判はどうなの!?

インテリア業界の最大手とも言える「カリモク家具」は、おしゃれなソファやダイニングセットで有名です...

テーブルを塗装してアンティーク風に仕上げてみよう!

古きよき時代に誕生したアンティーク家具は、現代においても魅力的な物です。インテリアにとり入れ...

模様替えや家具を新しくする時に気になる配置とコツ

家具を買い替えたり模様替えをする時には家具の置き方を考えないと、せっかく気持ちを新たにしようとし...

新築マイホームを購入!必要な家具と家電選び・配置方法

新築のマイホームを購入するにあたり、新しい家具や家電の購入を考える方はたくさんいらっしゃいます。...

ワンルームにベッドとソファを上手く配置する方法をご紹介

ワンルームに大型家具をたくさん置くと、どうしてもお部屋が狭くなってしまうのでできるだけ家具は少な...

ダイニングチェア選びに失敗しない!おすすめ人気ブランドは

ダイニングに合わせるチェアは、テーブルと対になっているもから別々のブランドや素材のものまで、自分...

引越しで大型家具や家電のみを配送!安いプランを利用しよう

引越しの際、荷物がそれほど多くない場合や、ある程度の荷物は自分で運べる場合は、「大型家具や家電の...

ローソファーのあるインテリア!さまざまな種類と置き方

ローソファーは、床と近い場所でくつろげるソファーで、ご家族や仲間と部屋でとことんリラックスしたい...

家具の色をペンキで塗り替えたい!上手な塗り方を覚えよう!

部屋の雰囲気を変えたいときや、引越しなどを機に家具の色を変えてみたい人は多いかと思います。「...

スポンサーリンク

すのこベッドをおすすめしたい理由!

すのこベッドとは、お布団やマットレスを置く場所がすのこ状であるものを指します。

もともと湿気対策として使われることの多い「すのこ」なので、寝ているときにかく汗や水蒸気をうまく発散する仕組みがあるため、ベッドとして適しています。

太い木の角材に薄い木の板を打ち付けた構造であり、隙間からの通気性が良く、マットレスの蒸れが解消されやすいので、カビ対策としても有効です。

また、デザインもシンプルなため低価格であり、どんなインテリアにも馴染みやすいです。

そんなすのこベッドですが、さまざまなタイプがあるのをご存知でしょうか。

一番スタンダードなベッドタイプ、そして床に置くタイプの「ロール式」や「折りたたみ式」などがあります。

インテリアとしての見た目を重視して選ぶのも良いですが、寝心地や、扱いやすさ、価格などからご自身にぴったりのものを選ぶのも良いかと思います。

タイプ別の特徴とおすすめの商品をご紹介していきますので、すのこベッド選びの参考にしてください。

スタンダードな「ベッドタイプ」のすのこベッドはどんなもの?

まずご紹介するのは、ベッドタイプのすのこベッドです。

一般的なベッドと同じ形をしていますが、床板がすのこになっています。

すのこの上には、マットレスだけに限らず、お布団を敷くことができるものもあります。

どっしりとした安定感があり、脚付きで高さがあるため、寝起きがラクにできます。

また、床から離れているため通気性が良く湿気が逃げやすいので、より効果的なカビ対策が期待できます。

それでは「ベッドタイプ」すのこベッドのおすすめ商品をご紹介します。

【ベルメゾンネット:バーチ材の背もたれ付きベッド】

・参考価格:シングルサイズ ¥34,900(税込)

バーチ材のあたたかみのある風合いで、やわらかい丸みと曲線がやさしい雰囲気を演出しています。

床板には細いすのこが使われていて、すのこ同士の隙間が狭いので、マットレスと敷布団どちらでも使うことができます。

次項では、床置きタイプの「ロール式」すのこベッドをご紹介します。

床置きタイプの「ロール式」はコンパクトな収納が可能!

さて、ここでは床置きタイプの「ロール式」すのこベッドのご紹介をします。

ロール式は、寝るときに必要なスペースは変わらないものの、日中は丸めておくことができるので、お部屋のスペースを有効活用できます。

また、ベッドタイプのような枠組みや脚がなく比較的軽量なため、女性でも設置や収納をスムーズに行うことができます。

手軽さが魅力である一方、床とお布団の距離が近くなるため、ベッドタイプよりも熱や湿気がこもりやすいという弱点があります。

そのため、こまめにお布団の上げ下ろしを行い、ベッドの下にこもった熱や湿気を逃がすように心掛けましょう。

それでは、床置きタイプ「ロール式」のおすすめ商品をご紹介します。

【ニトリ:丸めてしまえるすのこベッド(Sロール式)】

・参考価格:シングルサイズ ¥5,990円(税込)

調湿性の高い桐を使い、すのこ板面には通気性を高める溝が施してあるため、より効果的に熱や湿気を逃がします。

重量は約5.8kgで、コロコロ丸めて簡単収納ができます。

また、布団と一緒にたたむこともできるのでとても手軽です。

床置きタイプはロール式以外にも!部屋干しができる「折りたたみ式」

次に、床置きタイプの「折りたたみ式」すのこベッドはどんなものか見ていきましょう。

床に置くタイプなので、前項でご紹介したロール式と同じく、床とお布団の距離が近くなる弱点はあります。

しかし、折りたたみ式の場合、ベッド本体を折りたたむ段階の形状で、お布団が干せる機能を持ってるものもあります。

このような機能があると、ベランダがなくても、朝起きたときに布団を敷いたまま立てておけば毎日部屋干しが可能です。

また、キャスター付きのものであれば、日当たりの良い場所に簡単に移動できるので、重宝するはずです。

それでは、床置きタイプ「折りたたみ式」のおすすめ商品をご紹介します。

【エアライズ:すのこベッド 折りたたみ みやび格子】

・参考価格:シングルサイズ ¥16,800(税込)

バネの力で上にアシストしてくれるので、お布団をのせたままでも片手でスッと立たせることができます。

縦型のすのこが使われているので通気性も抜群に良く、ギシギシ音やゴツゴツ感も感じられず心地良い睡眠がとれるでしょう。

すのこベッドを選ぶときに注目したいポイント

これまで、3つのタイプのすのこベッドの特徴をご紹介してきました。

一般的なベッドのような使い方で安定性を求める方には「ベッドタイプ」、お部屋を有効活用し収納のしやすさを重視する方には「ロール式」、気軽に部屋干しをしたい方には「折りたたみ式」がおすすめです。

そのほか、すのこベッドを選ぶ際に、注目するべきポイントをお伝えします。

●床が傷付かない仕様になっているか

睡眠中、すのこで床を傷付けてしまったらショックですね。

その場合、床との接地面がクッション性のある素材で保護されているベッドを選ぶと安心して使えます。

●耐荷重

すのこベッドは、すのこの板の厚みやつくりによって、耐えられる重さが異なります。

既定の重量をオーバーしていると、強度不足やきしみの原因になるので注意が必要です。

●素材

すのこベッドとひとことで言っても、材料となる木の種類はさまざまです。

木の特徴を押さえて、目的に合ったものを選べると良いでしょう。

・桐:湿度に強く、通気性を良くし、熱を伝えにくい

・檜:高い耐久性と強度があり、吸放湿効果に優れ、防腐性が高い

・杉:断熱性と吸放湿効果があり、安価である

・パイン材:柔らかい肌触りで木目が美しく香りも良いため、リラックス効果がある

カビ対策に有効ではあるものの「ロール式」や「折りたたみ式」は注意が必要!

すのこベッドは、カビ対策に有効であるために使用する方も多くいらっしゃいます。

しかし、安心しきっていては危険です。

特に、ロール式や折りたたみ式といった床置きタイプを使用する場合は、床との距離が近いのでお布団の下にこもった熱と湿気は逃げづらいと言えます。

すのこにカビが生えてしまったなんてことのないように、最低限の対策は心掛けると良いでしょう。

◆お布団を敷きっぱなしにしない

例えすのこベッドを使用していたとしても、こまめにお布団を干すことは大切です。

床とお布団の間の熱や湿気を逃がし、ベッド下のお掃除も行いましょう。

◆除湿マット・シートを使う

すのこベッドの上に敷布団をのせて使う場合は、布団用除湿マットや布団用除湿シートを使うことをおすすめします。

湿気を吸い込んでくれるので、ベッドや寝具のカビ予防につながることはもちろん、睡眠中の湿気による不快さも解消してくれます。

湿気によるカビに悩んだらすのこベッド!取り入れやすいアイテム

ベッドの中でも人気の高いすのこベッドですが、さまざまなタイプのものがあることが分かりました。

湿気が高い日本では、カビが発生しやすく、寝具選びには慎重になっている方も多いはずです。

カビ対策に有効で、インテリアとしても邪魔をしないデザインが多いすのこベッドはおすすめです。

また、すのこベッドというネーミングであっても、床に置くタイプで気軽に使えるものもありますので、ぜひお気軽に取り入れてみてはいかがでしょうか。