ベッドルームのインテリア選び!ブログが参考になるアイデア

リラックスしたい場所であるベッドルームは、落ち着いた中におしゃれなイメージを感じるインテリアコーディネートに仕上げたいところです。

今回は、さまざまなテイストのベッドルームのインテリアコーディネートのポイントを解説します。

ブログでも実践している方が多い、人気のインテリアコーディネートをご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

机の塗装にチャレンジしてみよう!失敗しにくいDIYを伝授

長年同じ机を使っていれば、塗装が剥がれてきてしまうことがあります。そのような時に「自分で塗装...

ベッドのマットレスにカビが!対処法と予防に使えるグッズ

ベッドマットレスのお手入れを日常的に行っている方は、どれくらいいらっしゃるでしょうか。ベッド...

おすすめリクライニングチェア!おしゃれで人気なものを厳選

1人で贅沢にゆったりとくつろげるリクライニングチェアは、こだわって選びたいところです。今回は...

ソファを選ぼう!おすすめできる一人暮らしのソファの選び方

一人暮らしの限られたスペースでも、ソファを使いたい人はいることでしょう。一人暮らしの部屋でも...

ソファのずれ防止に!滑り止めには強力ゴムマットがおすすめ

ソファがずれると、その度にもとの位置に戻すのはなかなか手間が掛かりますよね。何度もずれること...

ワイヤーネットを使った棚の利用方法!耐荷重に注意!

DIYをして家具を自由に作ることが、多くの場所で見られるようになっています。難しい家具を作る...

ベビーベッド周りの収納術!便利なアイテムも紹介

オムツやおしり拭き、ベビーパウダーなど、赤ちゃんのお世話に必要なアイテムはベビーベッド周りに収納...

6畳の部屋にソファとベッドを置くには選び方と配置が大切

6畳の部屋にベッドとソファの2つを置いてしまうと、部屋が狭く感じることがあります。しかし、ベ...

すのこでテーブルをDIY!折りたたみタイプが手軽に作れる

あまり広くないお部屋でスペースを確保したい場合などに、おすすめしたいのが折りたたみテーブルです。...

便利なスツール!キャスター付きでおしゃれなものを探そう

あらゆる場所に配置でき使用用途が豊富なことから、1つは欲しいのがスツールです。このスツールに...

赤ちゃんのお風呂グッズ!バスチェアの使い方や注意点は?

生後1ヵ月を過ぎた赤ちゃんは、ママやパパと一緒にお風呂に入れるようになります。そこで、「赤ち...

ベビーチェアの賢い選び方!安くて使い勝手抜群なものは?

赤ちゃんが産まれると色々なベビー用品が必要になりますよね。月齢に応じて揃えるものは異なります...

赤ちゃんにおすすめのチェアベルト!食事をゆったり楽しもう

赤ちゃんがイスに座れるようになり、一緒に食事を取ることができるのはお母さんにとって、とても楽しみ...

憧れのお洒落なロフト!ベッドを置く際に気を付けることは?

まるで秘密基地のような空間を自由に使えることから、今や賃貸でもロフト付きのお部屋が人気を集めてい...

引越しや部屋の模様替えでベッドの引き出しの向きを変えたい

収納付き家具の中でも、大容量の収納スペースを確保できるのが収納ベッドです。しかし、引越しや部...

スポンサーリンク

ベッドルームをシンプルなインテリアコーディネートに!

はじめにご紹介するのは、ベッドルームを、白を基調としたシンプルなインテリアコーディネートに仕上げるアイデアです。

白を基調としたシンプルなインテリアコーディネートは数々のブログでも紹介されていて、実践している情報はとても参考になるでしょう。

また、白はお部屋を明るく広い印象に仕上げることができるため、省スペースのベッドルームに取り入れるのもおすすめです。

インテリアコーディネートのポイントを挙げると、まずベッドは、白に違い木製フレームのタイプを選びます。

そして、合わせる寝具類も白やアイボリーを選び、清潔感のある雰囲気に仕上げましょう。

また、ドレッサーやチェストなども白で統一することで、より明るい印象になります。

ベッドに木製のタイプを選ぶ場合には、その他のインテリアも木製で揃えると統一感が生まれ、ぬくもりのある空間に仕上がります。

無機質な印象に仕上げたい場合には、レザーフレームやパイプベッドにすると良いでしょう。

ブログで発見!ナチュラルテイストなベッドルーム

多くのブログでも紹介されていて、人気があるベッドルームのインテリアコーディネートの中には「ナチュラルテイスト」もあります。

ナチュラルテイストとは、白やベージュ、グリーンなどのナチュラルカラーや木製のベッド、籐椅子などの自然素材を使用したインテリアでまとめるスタイルを指します。

ベッドルームをそんなナチュラルテイストに仕上げるには、まずベッドの素材選びが肝心です。

ナチュラルテイストなベッドルームには、タモ材やオーク材といった天然木の質感が楽しめるベッドを合わせるのがおすすめです。

天然木製のベッドは、ベッドルームにぬくもり感を与えることができます。

また、寝具も麻や綿といったやさしい自然素材のものを選ぶのがおすすめです。

その他のインテリアは、ベッドと同じ天然木製のドレッサーに籐椅子を合わせたり、小さな観葉植物を取り入れるのも良いでしょう。

カラーコーディネートのポイントとしては、ベッドとドレッサーには木の質感を楽しめるライトカラーを選び、寝具にはベージュを取り入れるとナチュラルな雰囲気に仕上がります。

ベッドルームをモダンに仕上げる方法!ブログを参考に

ブログでも多く紹介されていますが、ベッドルームを落ち着いた雰囲気に仕上げることができるインテリアコーディネートは「モダンスタイル」です。

モダンスタイルは定義が幅広いですが、大きなテーマとして挙げられるのは、シンプルで飾り気のないインテリアコーディネートです。

ベッド、その他のインテリアの形状はシンプルなものを選び、カラーはダークブラウンやダークグレーといった深みのある色合いを取り入れると、モダンな仕上がりになります。

例えば、角がはっきりとしたデザインでダークブラウンの木製ベッドに、濃いネイビーの寝具を合わせて、サイドテーブルや照明は丸いシルエットのものを選ぶとおしゃれです。

違うパターンを挙げると、ダークグレーでレザーフレームタイプのベッドとグレーの寝具を合わせて、天板がガラスのサイドテーブルなどを持ってくると、都会的でモダンなイメージに仕上げることができます。

また、ベッドをモダンスタイルなインテリアコーディネートで仕上げる場合には、ステンレス製のインテリアを取り入れるのも効果的です。

ステンレスポールの照明や、脚がステンレスになっているサイドテーブルなどを合わせることで、無機質で都会的な印象になります。

ベッドルームをモノトーンインテリアでまとめる!

「モノトーン」なインテリアコーディネートは人気ブログでも目にすることが多く、ベッドルームを都会的で個性のある空間に仕上げることができます。

モノトーンなインテリアコーディネートとは、白や黒、グレーといった無彩色でまとめるスタイルのことで、それぞれのカラーの割合によって雰囲気を変えることができます。

例えば、白をメインカラーにして、アクセントとして黒やグレーを取り入れると、開放的な中に引き締まった印象をプラスできます。

反対に、黒をメインカラーとして、アクセントに白やグレーを取り入れる場合には、ベッドルームに重厚感を与えることができるでしょう。

しかし、黒は割合が多いと、ベッドルームに重苦しい印象や圧迫感を与えてしまうため注意が必要です。

ベッドルームを黒を基調としたモノトーンなインテリアコーディネートにする場合には、寝具に黒を取り入れ、ラグや枕には深みのあるグレーを選ぶことで中和させることができます。

そして、アクセントカラーに白を加えて、明るい印象をプラスしてバランスを取れば、黒がメインカラーでも圧迫感のないシックな空間に仕上げることができます。

ブログ画像を思わず保存!高級感あふれるホテルライクなベッドルーム

ブログでも多く取り上げられており、高級感のあるインテリアコーディネートでおすすめなのが、ベッドルームをホテルライクな空間に仕上げる方法です。

ベッドルームを高級ホテルのようなラグジュアリーな雰囲気に仕上げるには、ベッドスローを取り入れるのがおすすめです。

ベッドスローとは、ベッドの上に土足で上がった際や、荷物を置いたときに寝具が汚れないように敷く帯状の布のことを指します。

日本は土足文化がないため馴染みがない方も多いかもしれませんが、ホテルのベッドを想像するとイメージしやすいかと思います。

ベッドスローは、光沢のあるゴールドやシルバー、ワインレッドといったカラーを選ぶと高級感を出すことができます。

インテリアコーディネートのポイントとしては、素材は木製かレザーフレームのベッドを選ぶのがおすすめです。

カラーは白か深みのある黒やブラウンが良いでしょう。

また、寝具は白を選ぶと清潔感のある印象になり、光沢のあるベッドスローが映えます。

その他のインテリアは、ベッドスローのように光沢のあるカーテンや、シェードにくびれがある照明などを組み合わせると、よりホテルライクな仕上がりになります。

アジアンテイストなインテリアでまとめるベッドルーム!

最後にご紹介するベッドルームのインテリアコーディネートは、ブログでも話題の「アジアンテイスト」に仕上げる方法です。

アジアンテイストとは、木製や藤、麻、竹製といった自然素材のインテリアを使用し、ダークブラウンや赤といったあたたかみのあるカラーでコーディネートするスタイルを指します。

ベッドルームをアジアンテイストに仕上げたい場合は、まず、ダークブラウンのベッドを選びましょう。

寝具には麻製の白いベッドカバーに、赤やブラウンの枕を取り入れるとあたたかみが生まれます。

そこへ、光沢のある赤やブラウンのベッドスローを組みわせると、統一感のあるインテリアコーディネートになるでしょう。

また、アジアンテイストなベッドルームには、観葉植物やシェードが竹製の照明なども合います。

ベッドルームのインテリアはブログを参考にコーディネート!

ベッドルームは、ナチュラルテイストやモノトーン、アジアンテイストなど、落ち着いていておしゃれなインテリアコーディネートで仕上げるのがおすすめです。

インテリアの素材やカラーの選び方を重視すると、本格的なスタイルに近づけることができます。

ブログでも実践している方が多い人気のインテリアスタイルを取り入れ、楽しくインテリアコーディネートをしてみましょう。