ベッドテーブルが欲しい!折りたたみ式やハイタイプが便利

ベッドでパソコンやタブレットを使う際には、テーブルがあると便利です。

大きいサイズのものは場所をとるので、ミニタイプで折りたたみができるローテーブルや、キャスター付きで移動できるハイテーブルなどがおすすめです。

大きさや機能性によって値段はかわってきますが、できるだけ使いやすいものを選びましょう。

おすすめのテーブルや、「ベッド上生活」を追求したグッズをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

おしゃれな「デニムソファ」をインテリア空間にプラス!

ファッションの定番アイテムとも言える「デニム」ですが、インテリア素材として取り上げられることも増...

ロフトベッドの解体方法を伝授!手順をマスターしよう!

ロフトベッドは、狭い部屋などでも、空間を上手に活用することができるので、使っている人も多いかと思...

机の塗装がはげた!簡単にできる補修方法やメリットを解説!

塗装がはげた机を目の前にして「この机はもう捨てるしかない」と考えている人もおられるでしょう。...

人気のベッド用すのこ!使用される木材4種の特徴を徹底解説

寝汗や室内の環境、メンテナンスがしにくいことからも、ベッドには湿気が溜まりやすいものです。主...

木製家具を塗装でリメイク!最適な塗料と塗り直し方法とは?

「長年使っている家具が古びてきた」または、「家具の雰囲気を変えたい」「インテリアのテイストに合わ...

おしゃれな部屋に合う!様々なスタイルに合うベッドの種類

ソファやテーブルに比べると、ベッドの種類は少なく感じるかもしれません。しかし近年は、フレーム...

窓に隙間テープを貼り室内を暖かく!効果的な使い方と注意点

寒くなってくると、窓から入ってくる隙間風に悩まされることがあります。どれほど断熱性の高い家で...

ベッドサイドライトの選び方!おしゃれなアイテムも紹介

ベッドサイドを明るく照らす卓上ライトは、どんな点に注目して選ぶのが良いでしょうか。今回は、ベ...

玄関収納は棚を工夫しておしゃれなインテリアにしよう!

毎日出入りする玄関は、ゲストをお出迎えする場所なので、いつもおしゃれなインテリアにしておきたいで...

テレビのサイズを確認したい!型番・インチ換算・測り方紹介

私達の生活の中で、情報を得るのに欠かせないテレビ。各ご家庭で、テレビを購入する際のポイントは...

サイズぴったり!節約!ボックスシーツの作り方は意外と簡単

お使いのマットレスにぴったりのサイズのボックスシーツがみつからず、困っている方も少なくはないでし...

便利なベッド下収納には湿気が溜まりやすい!対策方法は?

ベッド下のデッドスペースを有効活用するために、収納として使用されている方も多いでしょう。ベッ...

ベッドの高さを上げればもっと使いやすい!おすすめ商品紹介

ベッドの高さに不満がありながらも、そのまま使い続けている方は少なくはないでしょう。実は、...

ワンルームにベッドとソファを上手く配置する方法をご紹介

ワンルームに大型家具をたくさん置くと、どうしてもお部屋が狭くなってしまうのでできるだけ家具は少な...

ベビーベッドは使用期間が短い!おすすめの安い商品と選び方

出産後に必要になるものの多さを考えても、ベビーベッドは決して安い買い物ではありません。幼児の...

スポンサーリンク

ロータイプの折りたたみベッドテーブルなら省スペース!選ぶポイントは?

ベッドで使えるテーブルとしては、ベッド上に乗せて使うロータイプのミニテーブル、病院でよく見かけるようなハイタイプの長いテーブル、サイドテーブルなどがあります。

ロータイプのテーブルはベッド以外の場所でも使えますし、折りたたみできるタイプが多く、使う時にも収納する時にも場所をとらないため、狭い部屋では特に便利です。

見た目がスタイリッシュな商品もあれば、素朴でかわいらしいものもあります。

天板の角度を調節できるタイプなら、ベッドに寝たままでタブレットを見ることもできますね。

ロータイプテーブルを選ぶポイントとしては、天板の広さに注目しましょう。

ノートパソコンを使いたいと考えている場合、パソコンがギリギリおさまる程度の広さだと使いにくいですし、落下してしまうおそれがあります。

こうしたローテーブルは軽いため、ふとした弾みで倒してしまったり、天板が斜めになってしまうことがあります。

ですから、マウス操作が十分にできる天板サイズのテーブルを選びましょう。

折りたたみ式ベッドテーブルとして活用!おすすめ商品

では、ベッドの上で使えるおすすめのミニテーブルをご紹介します。

●ぼん家具 サイドテーブル 折りたたみ式昇降テーブル

高さが43~64,5cmまで調整できます。

ベッドテーブルとして使えますし、高くすればソファに座った状態でも無理なく使えます。

天板の角度調節も自由自在なので、使い勝手がいい商品です。

また、折りたたみ時は厚みが10,5cmになりますので、省スペースで収納することができます。

パイプの脚にはキャップが付いていたり、天板の角は丸くなっていたりと、安全に使うための工夫が随所に確認できます。

シンプルな見た目でインテリアとも合わせやすく、天板の広さは幅69cm×縦39,6cmなので、ノートパソコンとマウスを置いても余裕があります。

ただ、使い方によっては天板が傾きやすくなったりするようですし、床で使う際にはぐらつくことがあるようです。

参考価格は4,980円(税込み)です。

●Hankey ノートパソコンデスク LD01

天然竹製でナチュラルな雰囲気の折りたたみ式ローテーブルで、使いやすいようにさまざまな工夫が凝らされています。

天板の一部分が開いて角度調節できるようになっていて、お好みの角度でノートパソコンやタブレットを使うことができます。

通気性がよく、サイドには引出しも付いていて、天板にはコップなどを置けるくぼみもあります。

「部品が足りない」「つくりが丁寧ではない」などの口コミもありますが、交換・返品可能と書かれている通販サイトから購入すれば安心です。

手作り感のあるかわいい見た目のテーブルをお探しなら、ぜひ参考にしてください。

参考価格は9,069円(税込み)で、天板サイズは幅55cm×縦35cmです。

コスパがいい折りたたみ式テーブル2選!使う姿勢を考えて選ぼう

パソコン作業ができるベッドテーブルとして使える商品は多いですが、調整方法や天板の傾き加減はそれぞれちがうので、使う姿勢をイメージしながら選びましょう。

●ICOCO 折りたたみ式ノートパソコンスタンド

アルミ製で冷却効果が期待できるスマートな見た目のテーブルです。

テーブルの脚の形が、さまざまな方向や高さに調節できます。

ベッドテーブルとしてはもちろんのこと、ソファや床、別のデスクの上などでも使うことができます。

15インチまでの大きさのノートパソコンなら楽々乗せられる天板(幅48cm×縦26cm)です。

マウスを使うための小さな天板を片方の脚に付ければ、さらに便利になります。

参考価格は3,099円(税込み)です。

●サンワダイレクト 折りたたみフロアデスク 100-MR155M

木製の天板とアルミ製の脚が特徴的なテーブルで、折りたたみや角度の調整が簡単にできる優れた商品です。

高さ調節はサイドのボタンを押すだけで、天板の角度を調節するためには、サイドにあるレバーを操作します。

テーブルの脚が自由自在に動くタイプではありませんが、今までご紹介してきた中でも軽く、安定させやすいのでおすすめです。

天板サイズは幅52cm×縦27cmくらいで、右側が少し狭くなっています。

マウスを使いやすいようなリストレストも付いて、参考価格4,580円(税込み)です。

その他のベッドテーブル!ベッドサイドテーブルという選択肢もアリ

ベッドの上で体をまたぐようにしてローテーブルを使う場合、体格によっては、体がテーブルの脚と脚の間におさまらなかったり、キツいと感じることがあるでしょう。

また、ノートパソコンなどを使っている最中に寝てしまい、テーブルが傾いて、ノートパソコンが滑り落ちてしまうおそれもあります。

使わない時は収納しようと思っていても、ついパソコンを上に置いたまま出しっぱなしにしてしまうということがあるかもしれません。

そうしたことを考えれば、ベッドわきに置くベッドサイドテーブルのほうが便利に使えるとも考えられます。

ベッドの片側からベッド下の隙間に脚を差し込んで使えるベッドサイドテーブルなら、安定感に優れ、使う方の体格を選びません。

折りたたみ式ではないため場所はとりますが、キャスター付きなら掃除のときには移動させることができます。

コンパクトなサイズの商品もありますので、ベッド下に収納ケースなどを置かず、隙間がある場合には役立つでしょう。

ハイタイプのベッドテーブルのメリット!天板が引き出せるキャビネットも便利

折りたたみ式のローテーブルを使っていて、「もっと多くのものが置けるテーブルが欲しい」と思うこともあるのではないでしょうか。

ベッドの上でノートパソコンを使ったり読書をするだけでなく、その他の作業を行うこともあるなら、天板が広い、ハイタイプのテーブルも候補に挙がるでしょう。

ハイタイプはベッドをまたぐように、ベッドの足元から入れて設置します。

キャスター付きのものが多く、介護の現場でもよく利用されます。

こちらの場合は、ベッドの幅と高さに合ったベッドテーブルを選ぶことが大切です。

また、キャビネットで、天板に使う棚を引き出せるタイプの商品があります。

手前に天板が引き出せて、電子レンジなどが使いやすいキッチンレンジラックをイメージしていただけると、分かりやすいでしょう。

ベッドの横にこうしたキャビネットを置いてスタンドなどと併用すれば、ベッド上からほとんど動かずに読書したり、パソコンやタブレットを見ることができるかもしれません。

ベッドで生活したい!?さまざまなアイディア

ベッドの上でタブレットやスマホ、ノートパソコンを使えるようになると、夜に寝る直前まで画面を見続けることもできます。

在宅でもお仕事をされる方や、疲れていてベッドから動きたくないという方にとっては、ここでご紹介した商品は役に立つと思います。

その他にも、「ベッドの上だけで生活したい」というニーズにこたえて、「部屋ごとラグ」という商品が販売されています。

こちらは、テーブルなどを上に置きつつ大人一人が横たわるスペースもある8cm厚のウレタンラグで、2畳サイズと3畳サイズがあります。

また、海外では、期間限定でベッドテーブルになる宅配ピザボックスが販売されたことがありました。

欧米の子供がベッドの上で食べ物を食べる姿は映画などで見かけますので、海外ならではのアイディアだと感じます。

もちろん、健康のことや衛生面を考えれば、ベッドの上で食事や仕事をすることはおすすめできません。

ベッドはリラックスして良質な睡眠がとれる場所だと意識し、遊んだり作業をする時間は、なるべく短いほうが健康的です。

そうした考え方からも、折りたたみ式ですぐに別の場所に移動させることができるローテーブルは優れた商品です。

ただ、ベッドで生活するために多くの方が知恵をしぼり、商品を開発しているということは事実ですので、参考までに調べてみるのも一興です。

使う状況をイメージして使いやすいテーブルを選ぼう

折りたたみできるローテーブルを中心に、ベッドで使えるテーブルをご紹介しました。

部屋が狭く、ベッド上で使う時間が短いのであればローテーブルがおすすめです。

ベッドだけではなくソファや座椅子にも使えますし、デスクの上に置いて使うこともできます。

あまり使わなくなったらクローゼットや押し入れに収納しておけるので、気軽に購入できますね。

一方、体が大きかったり、ベッド上にたくさんのものを持っていくことが多い場合、そして作業時間が長い場合などは、ハイタイプのベッドテーブルのほうが使いやすいでしょう。