モノトーンなインテリア!ブログが参考になるコーディネート

モノトーンな配色でまとめたインテリアコーディネートは、お部屋をモダンでスタイリッシュなイメージに仕上げてくれます。

ブログでも紹介している方が多く、そのアイデアはとても参考になります。

そこで今回は、お部屋をモノトーンなインテリアコーディネートに仕上げるためのポイントについて詳しく解説します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

セレブ好みのインテリアショップ6選!リビングを上質に

リビングのインテリアは、家の印象を決める大事なポイントです。センスの良いセレブのリビングは、...

子供が三人だと部屋はいくつ必要?広く使うための工夫とは?

子供の人数が増えると、引越しを考える方も多いのではないでしょうか。特に、三人以上の子供がいる...

和モダンインテリア!和室にベッドを置くときのコツと注意点

以前に比べると和室は採用数が減少している傾向にありますが、最近では和室のよさが見直されてきている...

女の子ママの悩み!娘の部屋がフィギュアだらけだったら

「男の子らしく」「女の子らしく」という言葉が、ときに子供を傷つけてしまうことがあるのは分かってい...

食器棚の収納アイディア6選!使いやすく整理整頓しよう

綺麗に整理整頓するのが難しい食器類の収納に、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。お皿やマ...

窓からの冷気や風は隙間テープで埋める!音や虫にも効果あり

窓の隙間が気になっている方は意外と多いのではないでしょうか。外から入ってくる隙間風や気になる...

ホームシアターの配線を隠す方法!すっきりまとめて綺麗に

ホームシアターを設置している人、設置したいと考えている人なら、配線についてのお悩みを抱えているこ...

アジアンのテイストを取り入れる!リゾート気分のインテリア

アジアンのテイストを取り入れると、南国のリゾートホテルのような部屋になります。インテリアでは...

インテリアのコーディネートはベース&メインの色で決まる!

インテリアを考える際、色を基調にしてコーディネートを決めるという方は多いでしょう。実は、イン...

シンプルなインテリアスタイル!ブログが参考になるアイデア

カラーや素材感、形状など、シンプルなインテリアに囲まれた暮らしはとてもリラックスでき、おすすめで...

畳の部屋をおしゃれにインテリアコーディネート!コツを解説

畳のある部屋は、インテリアコーディネートが難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。近...

インテリア次第で変わる!ライトの使い方でおしゃれ感を演出

自分の部屋を持っていたり、一人暮らしをしているときに「部屋をおしゃれにしたい」と思うことがあるの...

お部屋のコーディネートアイデア!可愛い空間に仕上げるには

お部屋を可愛い空間に仕上げたい場合のポイントは、そのテイストごとに異なります。今回は「北欧テ...

流木インテリアは初心者でも簡単!インテリアの作り方紹介

流木をお部屋のインテリアとして取り入れてみませんか?自然から作られた流木は独特な雰囲気があり...

男前インテリアのリビング!かっこ良く決めるアイテムの種類

男前インテリアは、ユーズド感のあるアイテムや、エイジング加工されたインテリアなど、使い込まれた雰...

スポンサーリンク

そもそもモノトーンって?インテリアの配色がポイント

モノトーンなインテリアコーディネートはブログでも人気でよく目にしますが、そもそもどんなスタイルを指すのでしょうか。

モノトーンとは「モノクローム・トーン」の略で、単一色のグラデーションや明暗で構成させた配色のことを指します。

特に、白や黒、グレーといった無彩色でまとめた配色を指すことが多いです。

そんなモノトーンでインテリアをコーディネートすると、いったいどんな効果が生まれるのでしょうか。

まず、白・グレー・黒と単一色のグラデーションでカラーコーディネートすることで統一感が生まれます。

統一感のあるインテリアコーディネートは、お部屋の中をすっきりとした印象に仕上げることができるでしょう。

また、白と黒だけで構成すると、メリハリがつきすぎて緊張感のある空間になる恐れがありますが、中間色のグレーが入ることによって、柔和なイメージをプラスできます。

ブログなどを見ても、モノトーンなインテリアコーディネートでは、白・黒・グレーに加えてシルバーを取り入れたスタイルも目立ちます。

ステンレスなど、無機質なイメージのインテリアもモノトーンなスタイルにはよく合います。

ブログが参考になる基本のモノトーンスタイルのコツ

モノトーンなインテリアコーディネートに仕上げる場合には、いくつかのポイントがあります。

ブログなどで紹介されているモノトーンなインテリアコーディネートは、ポイントを押さえたバランスの良い配色になっておりとても参考になります。

まず、お部屋のインテリアを白・黒・グレーの無彩色の3色でまとめる場合には、各配色のバランスが重要になります。

この3つの無彩色の中でも、白は他のインテリアスタイルでも多く取り入れられており、お部屋を明るく広々とした空間に仕上げる効果があります。

したがって、省スペースのお部屋の場合には白の割合を多くしたモノトーンなインテリアコーディネートにするのがおすすめです。

ラグやカーテンといったお部屋の中で大きな面積を占めるインテリアに白を取り入れてカラーコーディネートすると良いでしょう。

次に、無彩色の中でも黒はお部屋に重厚感を与える効果があります。

黒の割合が多いインテリアコーディネートは、よりスタイリッシュなイメージに仕上げたい場合におすすめです。

しかし一方で、注意も必要です。

黒はクールなイメージがある反面、割合を多くしすぎると、お部屋に緊張感や圧迫感を与える恐れもあります。

したがって、黒を主役にしたい場合には、ラグとソファのみ、カーテンとテーブルのみにするなどして割合のバランスを取ると良いでしょう。

ベーシックなモノトーンインテリアコーディネート

この章では、ブログが参考になるモノトーンなインテリアコーディネートの中から、ベーシックな組み合わせをご紹介します。

まず、前述のように白の割合を多くしたモノトーンなインテリアコーディネートをする場合には、ラグ・ソファ・テーブルに白を選んでみましょう。

すべてを白単色にしても良いですが、白をベースに黒いラインでデザインされたチェック柄のラグなども変化がついておしゃれです。

その他のインテリアは、黒いクッションやフットレスト、ライトグレーのカーテン、シェードがグレーの照明などを組みわせてみましょう。

続いて、黒を主役としたモノトーンなインテリアコーディネートでは、レザー製の黒いソファとラグを組み合わせます。

ラグは黒単色でも良いのですが、少し色あせたようなシャビーシックな印象のものを選ぶと重くなりすぎずおしゃれです。

その他のインテリアは、白いソファやグレーをベースに白のラインがデザインされたストライプのカーテンを合わせてみても良いですね。

無彩色の3色のみでインテリアコーディネートする場合には、一部に柄物を取り入れると変化がつきおしゃれになります。

ブログでも多いシルバーを加えたモノトーンなインテリア

ブログでも多く、無機質なイメージをプラスできおすすめなのが、シルバーを取り入れたモノトーンインテリアコーディネートです。

モノトーンなインテリアコーディネートにシルバーを加える場合には、ステンレス製のインテリアを取り入れるのがおすすめです。

例えば、黒いレザー製の座面にステンレス製の脚が組み合わせられたチェアや、天板がガラス製で脚がステンレス製のテーブルなどです。

インテリアコーディネートの例を挙げると、白がベースの黒いチェック柄のラグ、光沢のある白いテーブルと黒い座面にステンレス製の脚のチェアを組み合わせます。

ツルツルとしていて光沢のあるテーブルは、ステンレス製のインテリアとの相性が良くおすすめできます。

また、毛足が長いダークグレーのラグに黒いレザー製のソファ、天板がガラス製で脚がステンレス製のテーブルを合わせるのもおしゃれです。

モノトーンなインテリアコーディネートにステンレス製のインテリアでシルバーを加えることで、お部屋を無機質でスタイリッシュなイメージに仕上げることができます。

アクセントカラーを加えるモノトーンなインテリア

ブログでも多く見かけられ、おしゃれでおすすめなのが、明るいアクセントカラーをプラスしたモノトーンインテリアコーディネートです。

アクセントカラーは、無彩色と対比になるような黄色や赤を選ぶと、はっきりとしたメリハリがつきます。

アクセントカラーの簡単な加え方としておすすめなのが、クッションで取り入れる方法です。

例えば、グレーのラグに黒いテーブル、ダークグレーのソファの組み合わせに黄色のクッションをプラスするとパッと黄色が映えお部屋のアクセントとなります。

また、モノトーンなインテリアコーディネートに大胆なアクセントを加えたい場合には、ラグで取り入れると良いでしょう。

黒を主役とした中に、黄色のラグを敷くとはっきりとしたコントラストがおしゃれで、明るくモダンなイメージになります。

さらに、赤をアクセントカラーとする場合には、ワインレッドを選ぶとシックな印象に、鮮やかな赤を加えるとポップな印象になります。

ブログが参考になるモノトーンなインテリア小物!

最後に、数々のブログでも紹介されている中から、モノトーンインテリアコーディネートの小物使いのアイデアで参考になるものをまとめました。

モノトーンなインテリアコーディネートでは、シンプルな形の小物をプラスすると良いでしょう。

例えば、四角く黒いフレームのフォトスタンドやアートフレームなどです。

これらのアイテムは、手軽に購入できインテリアとしても取り入れやすいです。

そのため、初心者にもおすすめできます。

また、丸い形で無地の白い一輪挿しや、アルファベットモチーフの小物などもシンプルでおしゃれです。

さらに、シックなイメージのモノトーンなインテリアコーディネートには、観葉植物を合わせるのもおすすめです。

無機質な印象のお部屋に、自然のグリーンが入ることで明るいアクセントになり、爽やかな印象を与えます。

今はブログやSNSなどで、インテリアコーディネートの参考となる情報が溢れています。

おしゃれなお部屋を真似てみて、素敵なモノトーンインテリアに仕上げてみてくださいね。

モノトーンなインテリアコーディネートはブログを参考に!

モノトーンなインテリアコーディネートを作る際には、色の配色の割合にも注意が必要です。

白の割合を多くするとお部屋が明るく広々としたイメージになり、黒を多くするとシックな印象になります。

また、アクセントカラーは無彩色と対比になるような黄色や赤で加えるとおしゃれです。

モノトーンなインテリアコーディネートで、お部屋をモダンでスタイリッシュな空間に仕上げてみてください。