モノトーンなインテリア!ブログが参考になるコーディネート

モノトーンな配色でまとめたインテリアコーディネートは、お部屋をモダンでスタイリッシュなイメージに仕上げてくれます。

ブログでも紹介している方が多く、そのアイデアはとても参考になります。

そこで今回は、お部屋をモノトーンなインテリアコーディネートに仕上げるためのポイントについて詳しく解説します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子ども部屋の収納!ブログを参考にスッキリ綺麗なお部屋に

「片付けても、子どもが散らかして元通りになってしまう。」このような魔のループになっていません...

新築で子供部屋にロフトは必要?ロフトはどう使うのが正解?

ロフトのあるお部屋に憧れる方は、決して少なくありません。ロフトは秘密基地のようで子供から人気...

和モダンインテリア!和室にベッドを置くときのコツと注意点

以前に比べると和室は採用数が減少している傾向にありますが、最近では和室のよさが見直されてきている...

カントリーなお部屋を100均アイテムで仕上げるアイデア

お部屋を安く簡単にカントリーテイストに仕上げるには、どのような点をポイントにすると良いでしょうか...

「ユニットバス」をおしゃれに!床やカーテンで個性を演出!

浴槽・トイレ・洗面台が一体化しているユニットバスは、「おしゃれにコーディネートするのが難しそう…...

【30代女性のリアル】一人暮らしの部屋を変えて幸せをつかむ

社会人になった頃は、仕事ができて落ち着いていて頼りになる30代~40代の女性に、あこがれを抱いて...

防音室を自作したい!クローゼットを使って低コストで快適に

楽器を習っている方やバンドを組んでいる方など、自宅に防音室が欲しいと考えている方はたくさんいらっ...

インテリアコーディネートのコツ!海外のおしゃれなアイデア

海外のインテリアコーディネートは、斬新で真似したくなるアイデアが豊富です。今回は、そんな海外...

ウォールアートをおしゃれに飾るインテリアコーディネート

海外では、ウォールアートでデコレーションするインテリアコーディネートをよく見かけます。今回は...

インテリアにグリーンを取り入れて、おしゃれを楽しもう!

近年、雑誌やメディアで取り上げられることが増えている「ボタニカルライフ」ですが、みなさんはインテ...

憧れのウッドデッキ!おしゃれなインテリアにするポイント

自宅で過ごす時は、食事をしたり、ゴロゴロするなど、室内で寛ぐという方が多いのではないでしょうか。...

インテリアを工夫!快適コーディネートで一人暮らしを楽しむ

一人暮らしで揃えるインテリアには「一人用」と言っても、サイズが大きいベッドやソファなどがあります...

大人女子の部屋に!白・黒・グレーでも女性らしいインテリア

部屋に「白・黒・グレー」を使用したモノトーンインテリアは、大人女子にも人気の高いインテリアコーデ...

賃貸アパートでも楽しめる!原状回復できるインテリアのコツ

賃貸アパートは退去をする時には、原状回復が原則です。そのため、何かと制限されて思うようなイン...

3Kの間取りの部屋で快適に暮らそう!オススメのインテリア術

3Kの間取りの部屋に、どんなイメージをお持ちでしょうか。3DKや3LDKと、大きさや間取りな...

スポンサーリンク

そもそもモノトーンって?インテリアの配色がポイント

モノトーンなインテリアコーディネートはブログでも人気でよく目にしますが、そもそもどんなスタイルを指すのでしょうか。

モノトーンとは「モノクローム・トーン」の略で、単一色のグラデーションや明暗で構成させた配色のことを指します。

特に、白や黒、グレーといった無彩色でまとめた配色を指すことが多いです。

そんなモノトーンでインテリアをコーディネートすると、いったいどんな効果が生まれるのでしょうか。

まず、白・グレー・黒と単一色のグラデーションでカラーコーディネートすることで統一感が生まれます。

統一感のあるインテリアコーディネートは、お部屋の中をすっきりとした印象に仕上げることができるでしょう。

また、白と黒だけで構成すると、メリハリがつきすぎて緊張感のある空間になる恐れがありますが、中間色のグレーが入ることによって、柔和なイメージをプラスできます。

ブログなどを見ても、モノトーンなインテリアコーディネートでは、白・黒・グレーに加えてシルバーを取り入れたスタイルも目立ちます。

ステンレスなど、無機質なイメージのインテリアもモノトーンなスタイルにはよく合います。

ブログが参考になる基本のモノトーンスタイルのコツ

モノトーンなインテリアコーディネートに仕上げる場合には、いくつかのポイントがあります。

ブログなどで紹介されているモノトーンなインテリアコーディネートは、ポイントを押さえたバランスの良い配色になっておりとても参考になります。

まず、お部屋のインテリアを白・黒・グレーの無彩色の3色でまとめる場合には、各配色のバランスが重要になります。

この3つの無彩色の中でも、白は他のインテリアスタイルでも多く取り入れられており、お部屋を明るく広々とした空間に仕上げる効果があります。

したがって、省スペースのお部屋の場合には白の割合を多くしたモノトーンなインテリアコーディネートにするのがおすすめです。

ラグやカーテンといったお部屋の中で大きな面積を占めるインテリアに白を取り入れてカラーコーディネートすると良いでしょう。

次に、無彩色の中でも黒はお部屋に重厚感を与える効果があります。

黒の割合が多いインテリアコーディネートは、よりスタイリッシュなイメージに仕上げたい場合におすすめです。

しかし一方で、注意も必要です。

黒はクールなイメージがある反面、割合を多くしすぎると、お部屋に緊張感や圧迫感を与える恐れもあります。

したがって、黒を主役にしたい場合には、ラグとソファのみ、カーテンとテーブルのみにするなどして割合のバランスを取ると良いでしょう。

ベーシックなモノトーンインテリアコーディネート

この章では、ブログが参考になるモノトーンなインテリアコーディネートの中から、ベーシックな組み合わせをご紹介します。

まず、前述のように白の割合を多くしたモノトーンなインテリアコーディネートをする場合には、ラグ・ソファ・テーブルに白を選んでみましょう。

すべてを白単色にしても良いですが、白をベースに黒いラインでデザインされたチェック柄のラグなども変化がついておしゃれです。

その他のインテリアは、黒いクッションやフットレスト、ライトグレーのカーテン、シェードがグレーの照明などを組みわせてみましょう。

続いて、黒を主役としたモノトーンなインテリアコーディネートでは、レザー製の黒いソファとラグを組み合わせます。

ラグは黒単色でも良いのですが、少し色あせたようなシャビーシックな印象のものを選ぶと重くなりすぎずおしゃれです。

その他のインテリアは、白いソファやグレーをベースに白のラインがデザインされたストライプのカーテンを合わせてみても良いですね。

無彩色の3色のみでインテリアコーディネートする場合には、一部に柄物を取り入れると変化がつきおしゃれになります。

ブログでも多いシルバーを加えたモノトーンなインテリア

ブログでも多く、無機質なイメージをプラスできおすすめなのが、シルバーを取り入れたモノトーンインテリアコーディネートです。

モノトーンなインテリアコーディネートにシルバーを加える場合には、ステンレス製のインテリアを取り入れるのがおすすめです。

例えば、黒いレザー製の座面にステンレス製の脚が組み合わせられたチェアや、天板がガラス製で脚がステンレス製のテーブルなどです。

インテリアコーディネートの例を挙げると、白がベースの黒いチェック柄のラグ、光沢のある白いテーブルと黒い座面にステンレス製の脚のチェアを組み合わせます。

ツルツルとしていて光沢のあるテーブルは、ステンレス製のインテリアとの相性が良くおすすめできます。

また、毛足が長いダークグレーのラグに黒いレザー製のソファ、天板がガラス製で脚がステンレス製のテーブルを合わせるのもおしゃれです。

モノトーンなインテリアコーディネートにステンレス製のインテリアでシルバーを加えることで、お部屋を無機質でスタイリッシュなイメージに仕上げることができます。

アクセントカラーを加えるモノトーンなインテリア

ブログでも多く見かけられ、おしゃれでおすすめなのが、明るいアクセントカラーをプラスしたモノトーンインテリアコーディネートです。

アクセントカラーは、無彩色と対比になるような黄色や赤を選ぶと、はっきりとしたメリハリがつきます。

アクセントカラーの簡単な加え方としておすすめなのが、クッションで取り入れる方法です。

例えば、グレーのラグに黒いテーブル、ダークグレーのソファの組み合わせに黄色のクッションをプラスするとパッと黄色が映えお部屋のアクセントとなります。

また、モノトーンなインテリアコーディネートに大胆なアクセントを加えたい場合には、ラグで取り入れると良いでしょう。

黒を主役とした中に、黄色のラグを敷くとはっきりとしたコントラストがおしゃれで、明るくモダンなイメージになります。

さらに、赤をアクセントカラーとする場合には、ワインレッドを選ぶとシックな印象に、鮮やかな赤を加えるとポップな印象になります。

ブログが参考になるモノトーンなインテリア小物!

最後に、数々のブログでも紹介されている中から、モノトーンインテリアコーディネートの小物使いのアイデアで参考になるものをまとめました。

モノトーンなインテリアコーディネートでは、シンプルな形の小物をプラスすると良いでしょう。

例えば、四角く黒いフレームのフォトスタンドやアートフレームなどです。

これらのアイテムは、手軽に購入できインテリアとしても取り入れやすいです。

そのため、初心者にもおすすめできます。

また、丸い形で無地の白い一輪挿しや、アルファベットモチーフの小物などもシンプルでおしゃれです。

さらに、シックなイメージのモノトーンなインテリアコーディネートには、観葉植物を合わせるのもおすすめです。

無機質な印象のお部屋に、自然のグリーンが入ることで明るいアクセントになり、爽やかな印象を与えます。

今はブログやSNSなどで、インテリアコーディネートの参考となる情報が溢れています。

おしゃれなお部屋を真似てみて、素敵なモノトーンインテリアに仕上げてみてくださいね。

モノトーンなインテリアコーディネートはブログを参考に!

モノトーンなインテリアコーディネートを作る際には、色の配色の割合にも注意が必要です。

白の割合を多くするとお部屋が明るく広々としたイメージになり、黒を多くするとシックな印象になります。

また、アクセントカラーは無彩色と対比になるような黄色や赤で加えるとおしゃれです。

モノトーンなインテリアコーディネートで、お部屋をモダンでスタイリッシュな空間に仕上げてみてください。