冷蔵庫下にマットを敷こう!ホームセンターで買える種類は?

冷蔵庫は、生活の必需品とも言える家電の1つですよね。

多くの人が、冷蔵庫を設置しているかと思います。

しかし、冷蔵庫の下にマットを敷いているという人は、それほど多くいないのではないでしょうか。

今回は、冷蔵庫の下にマットを敷く理由や、ホームセンターで買える種類についてご紹介していきます。

もしマットを使っていない人は、マットの重要性についても知っておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

冷蔵庫下の床にはマットを敷こう!傷防止や耐震効果がある!

多くのご家庭には、冷蔵庫が設置されているかと思います。しかし、全てのご家庭で冷蔵庫下の床にマ...

テレビ周りのインテリア!スッキリとコーディネートするコツ

多くのご家庭では、皆が集うリビングにテレビが設置されていると思います。テレビは、1日の中でも...

憧れのホームシアター導入!スピーカーの配線を隠す方法は?

自宅にいながら、まるで映画館のような臨場感を体感できるホームシアターは、多くの人の憧れですよね。...

6畳のお部屋に合ったテレビの大きさ!適正な視聴距離とは?

近年では、1部屋に1台テレビがあるというお家も珍しくありません。自分のお部屋や一人暮らしのお...

冷蔵庫にマットを敷いて床を守ろう!どんなマットが最適?

ご自宅の冷蔵庫にマットを敷いている方は、どれくらいいらっしゃるでしょうか。もしかしたら、「冷...

冷蔵庫下の専用マットで防水対策を!各種下敷きも利点は多い

引越しの際、「冷蔵庫の下には何か敷いたほうがいいのかな?」と思ったことはありませんか?大切な...

ホームシアターのスクリーンの種類は?設置パターンも解説

自宅にいながら、映画館さながらの雰囲気を楽しむことができるのがホームシアターです。大迫力の映...

ホームシアターの配線を隠したいなら新築の時がチャンス!

ホームシアターの人気は年々高くなってきて、多くの人が興味を持っているのはないでしょうか。しか...

インテリアコーディネートを失敗しない「テレビ台」の選び方

テレビ台は、もはやテレビを置くだけの役割ではありません。インテリア性の高いアイテムとして、リ...

テレビのサイズを確認したい!型番・インチ換算・測り方紹介

私達の生活の中で、情報を得るのに欠かせないテレビ。各ご家庭で、テレビを購入する際のポイントは...

スマホの充電!コンセントが熱いのは危険のサイン!?

暮らしの中で日常的に使っている家電製品ですが、電源プラグやコンセントが熱いと感じた経験はありませ...

ワンルームのテレビは何インチが妥当?おすすめのサイズは?

ワンルームのお部屋で一人暮らしをしている場合、テレビのサイズは何インチくらいだとちょうど良いので...

冷蔵庫の下のマットの選び方!フローリングの素材を知ろう!

冷蔵庫とフローリングの間にマットを敷くためには、マットを敷くメリットとデメリットについて把握して...

ホームシアターの配線を隠す方法!すっきりまとめて綺麗に

ホームシアターを設置している人、設置したいと考えている人なら、配線についてのお悩みを抱えているこ...

ホームシアターの値段はどれくらい?一式購入の価格は?

「ホームシアターを導入したい」と考えている人の中には、「一式揃えると、どれくらいの値段になるのか...

スポンサーリンク

冷蔵庫の下にもマットは敷いたほうがいいの?

「冷蔵庫の下にマットを敷くことに、どんな意味があるのかわからない」という人も多くいるのではないでしょうか。

まずは、冷蔵庫の下にマットを敷く必要性についてご紹介していきます。

基本的に、冷蔵庫は重さのある大型家電ですよね。

地震などにより、冷蔵庫が倒れた場合には、床や周辺の家具に損傷を与えてしまったり、怪我などにも繋がります。

マットの種類によっては、耐震用のマットも存在しています。

安全性を高めるためにも、冷蔵庫の下に耐震マットを敷いておくことがおすすめです。

また、1度設置したら、基本的にはそこから動かすことはほとんどありません。

そのため、床にはかなりの圧力がかかることになります。

そして、その結果、床に冷蔵庫の脚の跡が付いてしまうことがほとんどです。

その他にも、床に傷が付いてしまったりする可能性もありますよね。

それを防ぐためにも、マットはあったほうがいいということがわかるでしょう。

さらに、賃貸の場合には、特に注意しなければいけません。

これについては、下記で詳しくご紹介していきますが、冷蔵庫の下にマットを敷く必要性は、十分にあると言えます。

このようなマットは、ホームセンターでも買うことができます。

幾つかの種類が存在しているので、今回は、それぞれご紹介していきます。

賃貸の場合は特に重要!冷蔵庫下にはマットを敷いておこう!

賃貸の物件の場合では、特に重要と言えるのが、この冷蔵庫下のマットになります。

上記でも触れましたが、そのまま直に冷蔵庫を設置してしまった場合には、床に傷が付いてしまったり、床のへこみの原因になります。

場合によっては、その傷やへこみを理由に、退去時に修復費用を請求されてしまう可能性もあるのです。

また、冷蔵庫下に水漏れなどが原因でできた跡や、床の劣化などがある場合にも、上記のような修復費用を請求されることがあります。

そのようなトラブルを回避するためにも、冷蔵庫下の床にはマットを敷いておいたほうがいいと言えます。

現在では、様々な種類のマットがホームセンターでも買うことができます。

では、どのような種類があるのでしょうか。

ホームセンターで買うことのできるマットの種類をご紹介していきます。

ホームセンターでも買えるマット!タイルカーペット

ホームセンターでも買えるマットとして、タイルカーペットがあります。

ホームセンターでは、冷蔵庫用のマットとしては販売されていないかもしれませんが、こちらのマットは冷蔵庫の下の床に敷いて使うことができます。

床の傷防止や、へこみ防止として、十分に効果を期待できます。

多くの場合は、正方形型や長方形型で売られています。

タイルカーペットには種類があり、防炎加工されているものなども存在します。

色や柄も豊富にあるので、自分の好みのものを選ぶことができます。

数枚セットになっているものもあるので、ちょっと多めに買ってもいいかもしれません。

その理由としては、冷蔵庫の下に敷く以外にも、他の部屋の床に敷いたりすることもできるので、使い勝手も抜群で数枚あっても余すことは少ないからです。

価格も買いやすく比較的安価であることがほとんどなので、1度チェックしてみてはいかがでしょうか。

コルクマットはカットが楽!ホームセンターでも買える!

次にご紹介するのは、カットが楽で冷蔵庫に合わせてサイズを整えることのできるコルクマットです。

こちらのコルクマットもホームセンターで買うことができます。

柔らかい素材でできているので、カットが非常に楽です。

用意したマットが少し大きすぎて、冷蔵庫の下にうまく敷くことができない場合には、このコルクマットが大活躍します。

はさみなどで、簡単にカットすることができるので、自宅の冷蔵庫の寸法に合わせて、形を整えることができます。

傷防止や床のへこみ防止に効果的ですが、その他にも注目したいポイントがあります。

それは、防音機能です。

夜間など、就寝時に冷蔵庫の音が気になっているという人はいませんか。

そんな人には、この防音機能付きコルクマットをおすすめします。

冷蔵庫の気になる音も、このコルクマットを敷いておくだけで軽減してくれます。

床の傷防止、へこみ防止に加えて、音も軽減したい人に、非常におすすめのマットになっています。

気になる人は、ホームセンターで確認してみましょう。

ラバーマットは地震対策にもおすすめ!多くのホームセンターで買える!

近年では、地震対策グッズや、非常用の食料などを備蓄している人は多くなっています。

冷蔵庫などの大型家電にも、地震対策は必要ですよね。

もし、地震で冷蔵庫が倒れた場合、床の損傷、または、そこで生活している人も怪我などをしてしまう可能性があります。

そんな時は、冷蔵庫下にマットを敷いておくと、安心できます。

最近では、冷蔵庫の下に耐震マットを敷いている人も増えています。

その耐震マットですが、ホームセンターでも買うことができます。

ラバーマットという商品名で販売されていることが多いですが、名前のとおりゴム製のマットになります。

地震の揺れを軽減したり、敷いておくだけでも冷蔵庫が倒れにくくすることが可能です。

災害対策の1つとして、冷蔵庫の下にマットを敷いておくことも非常に重要であると言えます。

また、ラバーマットなら床の傷防止やへこみ防止にも効果があるので、是非敷いておきたいマットの1つです。

冷蔵庫下にマットを敷く時の注意事項は?

ここまで、ホームセンターでも買える冷蔵庫下の床に敷くマットの種類についてご紹介してきました。

冷蔵庫の下にマットを敷く際に注意しなければいけないこともあるので、ここでお伝えしていきます。

それは、冷蔵庫下に敷いたマットをなるべく濡らさないようにすることになります。

上記でも触れましたが、賃貸の場合には、退去時に冷蔵庫下の床が水漏れなどで汚れてしまっている場合や、腐食している場合には、修復費用を請求されてしまうことがあります。

そんなことにならないためにも、冷蔵庫下のマットを濡らさないことが重要になります。

もし濡れた場合には、早めに拭き取って、乾燥させなければなりません。

そのままにしておくと、床に跡が残ってしまったり、汚れや腐食の原因に繋がります。

また、使っている冷蔵庫によっては、水滴が落ちやすいこともあります。

そのため、定期的に冷蔵庫下のマットを確認してみることも必要になります。

特にタイルカーペットだと、濡れるとマット自体に染みこんでしまうので、そこから下に汚れが発生したり、カビも発生することがあります。

使うマット種類や素材、機能にも注目して買ってみるといいでしょう。

今回ご紹介したマットには、多くの素材があるので、耐水性の高いサッと拭き取ることのできるものを選ぶことも大切です。

ホームセンターでも様々な種類のマットを買える!

今回は、冷蔵庫下に敷くマットの必要性や、ホームセンターでも買えるマットの種類についてご紹介してきました。

最近では、多くの家庭で、災害対策を行なっていますよね。

それに加えて、冷蔵庫の下に耐震マットを敷いてみると、より安心して生活することができるのではないでしょうか。

賃貸の場合には、床に傷を付けないためにも、マットを敷くことをおすすめします。

今回ご紹介した内容を参考に、1度ホームセンターでチェックしてみてはいかがでしょうか。