ベッドで部屋をおしゃれに!安いものだからこその活用法

睡眠をする際には寝具を必要とし、多くの方がベッドを利用しています。

ベッドは、基本的に部屋に配置してそのまま動かさないものが多いです。

そのため、部屋のインテリアの一部になることでしょう。

また、ベッドの値段はピンからキリまでたくさんあり、値段の安いベッドだからこその使い方もあります。

そこで、おしゃれをすることを目的に、安いベッドを利用することを考えていましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ベッドの脚を高くする方法とメリット!高さごとの方法を解説

「ベッドの脚を高くすることができたらいいのに」と感じたことはありませんか。掃除や収納スペース...

IKEAで買える!部屋を彩るおすすめのおしゃれ家具!

IKEAと言えば、北欧風の家具を扱っている大きな店です。家具と言えば高価なものが多く、簡単に...

狭いお部屋にベッドを置きたい!おすすめはセミシングル

ワンルームなどの狭いお部屋だとベッドを置くスペースがなく、しかたなくお布団で生活している、という...

カラーボックスをリメイクして機能的なベッドをつくろう!

DIYがお好きであれば、「自分でベッドをつくってみたい!」という方もいらっしゃるはずです。し...

狭くても寛ぎたい!6畳の1Rに配置するソファのおすすめは?

6畳の1Rは、1人暮らしに人気のお部屋の広さだと言われています。あまり広くない6畳というお部...

ダイニングテーブルの様々なリメイク法を一挙ご紹介!

模様替えや引越しなどで、家具を買い替えたり、インテリアのテイストを変更したりすることもありますよ...

無印良品家具のおすすめリビングテーブルをご紹介

世代に関係なく人気がある無印良品家具のリビングテーブルは、木材ならではの趣が感じられおすすめです...

ニトリのテーブルで快適な一人暮らし!おすすめ商品はこれ!

一人暮らしをはじめるにあたり、インテリアの中心となるものの一つがテーブルです。限られた空間の...

布団乾燥機で布団がふんわり!気になるベッドでの使い方は?

雨が続く季節や、花粉が多く舞う時期は、なかなか屋外で布団を干すことができません。また、日中忙...

重い家具を安全に動かしたい!家具移動サービスを利用しよう

「家具の配置を変えて模様替えしたい!」「あの家具は場所を変えたほうが使い勝手が良さそう…」とは思...

家具をリメイクシートで変身させよう!貼り方や注意点は?

近年はDIYでお部屋の模様替えをする方が多く、オリジナリティ溢れる家具がSNSでもたくさん紹介さ...

ダイニングチェア選びは大切!座り心地がよいチェアの選び方

ダイニングのチェアを選ぶときは、おしゃれで耐久性があるものを選ぶだけでなく、座り心地のよさも重要...

スツールを置いてセンスアップ!おしゃれな玄関はこう作る!

玄関を綺麗にしておくと帰宅したときの気分も良く、嬉しい来客があるなど、良いことが起こるといわれて...

男前インテリア!代表的な3つのテイストに合うソファ選び

クールでスタイリッシュな男っぽさを演出した、男前インテリアに憧れる方は多いと思います。こちら...

すてきな家具にまさかのカビが!知っておきたい除去方法とは

インテリアの要といえるアイテムとして、カーテンやカーペット、家具の存在が挙げられます。お部屋...

スポンサーリンク

ベッドは実用性とおしゃれを演出する家具

ベッドは睡眠をする際に使用するものですので、実用性と快適性がとても重要になります。

しかし、家具としても考えられ、おしゃれな部屋にするための大切なアイテムでもあります。

そして、部屋に対するベッドの占める割合は、とても大きなものです。

そのため、おしゃれを考えるならば、自分の部屋のコンセプトに合わせたベッドを選ぶことが大切です。

ベッドも家具ですから、高価なものから安いものまで沢山のベッドがあります。

高価なものは、素材が良かったり、作りがしっかりしていて当然です。

実用性を考えるのであれば、しっかりとした作りをしていて、寝心地の良いものを選ぶことです。

どんなにおしゃれなものを選んでも、寝心地が悪いと長く使うことができません。

ベッドは寝るためのものですから、体にフィットして、ストレスなく寝返りをすることができるベッドを選ぶことが重要です。

一方で、最近は安くてもしっかりとした作りのベッドもあります。

また、安いベッドでも、沢山の種類があり、モダンな雰囲気のものやカントリー調のものなど自分の趣味に合わせることができます。

安いベッドに関して、次項から詳しく見ていきましょう。

安いベッドでも種類は豊富

ベッドは家具の中でも大きなものになります。

それだけに、単純に価格が高いと思い込んでいる人も大勢いるはずです。

しかし、安いベッドも沢山あります。

安いからと言って、単純なパイプベッドのようなものしかないわけではありません。

安くてもおしゃれなベッドなど、種類も多くありますので、自分の趣味に合わせたり部屋の大きさに合わせて選ぶことができます。

また、高級なベッドは作りがしっかりしている印象ですが、安いベッドでも、長く使い続けることのできるものもあります。

自分がどのような生活をしていくのか、生活スタイルを考えてベッドを選ぶことが重要です。

逆に、「年齢とともにサイズや好みに合わせて買い替えたい」という方もいらっしゃるかもしれません。

安くて種類が豊富なベッドであれば、年代や趣味、また引っ越しのタイミングで変えていくことができます。

安いベッドでも使い勝手で選び方が変わる

沢山あるベッドですが、年齢や性別、好みによって選び方は大きく変わってくるはずです。

高級なベッドを選ぶ時には、長く使うことができるものだから、落ち着いた色を選ぶことが多くなります。

しかし、若い頃には鮮やかな色が好きだったり、木目などよりもメタル調のものが良かったりすることがあります。

また、小さな女の子であれば、お姫様が寝るようなおしゃれなベッドにしてみたいという願望を持っていることもあります。

年齢と共に落ち着いた色や白っぽいものが好きになっていくこともあり、年齢で好みが大きく変わってくるものです。

高級なベッドでは、買い替えるには高くなりますから、こういった要望を叶えていくことも難しいですが、安いベッドであれば、好みに合わせて変えることもできます。

さらに、年齢と共に体格は変わっていくものです。

安いベッドであれば、体格に合わせて買い替えることも難しいものではなくなります。

また、進学や就職でベッドを変えることも出てきますから、このようなことを考えておくのであれば、安いベッドは選び方が豊富で選びやすいと言えます。

おしゃれを気にしてもベッドのサイズは大切

ベッドは部屋の大部分を占める家具です。

それゆえ、自分の部屋のコンセプトに合わせるには、他の家具よりも主張が強くなります。

おしゃれな部屋を作るには、ベッドの色や作りも気になりますが、サイズも大切にしたいものです。

ベッドは家具でもありますが、基本的に用途としては睡眠を取ることです。

サイズの小さなベッドで寝ていると寝返りをすることができなかったりして、体が固まってしまいます。

ベッドはゆっくりと寝て疲れを取り、次の日に元気に仕事や学校に通うためのものです。

ですから、部屋の大きさはありますが、自分の体に合わせたベッドを選ぶようにしましょう。

安いベッドでも、シングルサイズ、セミダブル、ダブルベッドなど色々な種類が揃っています。

体に対して、少し余裕のあるサイズのベッドを選ぶことで安眠することができます。

また、部屋があまり広くないのであれば、ロフトベッドを利用することも選択肢の1つにすることができます。

ロフトベッドでもセミダブルサイズがありますので、こういったベッドを使えば部屋を綺麗にまとめることもできます。

おしゃれな部屋を目指す場合であっても、まずは体に合わせたベッドを選択して、そのベッドをどういったものにするかを考えるべきです。

ベッドに工夫をすることでおしゃれにアレンジ

ベッドは買ったものをそのまま使っている人が大半かと思われます。

組立式のベッドが多いですが、自宅で組み立ててそのまま利用しているはずです。

しかし、自分の部屋のベッドをアレンジすることでオリジナルのおしゃれなベッドを作ることができます。

例えば、ベッドの色や柄が納得できない場合には、100円ショップなどに売っているシートを使えば簡単にアレンジができます。

100円ショップなどでは、シール状の壁紙のようなものが売られています。

これをベッドの側面に貼り付けることで、自分の好みのテイストにアレンジすることができます。

また、ベッドにおしゃれな雰囲気を出すには、安いクッションに、100円ショップにあるクッションカバーをかけることでおしゃれなベッドメイクをすることができます。

モノトーンのクッションカバーを付けたクッションがベッドに置かれていれば、それだけでも充分普段のベッドとは違う雰囲気を出すことができます。

さらに、枕元にワイヤーネットを立てかけるだけで簡単なモノを掛けることができるスペースを作ることもできます。

また、100円ショップにある小物入れを組み合わせることで、リモコンや携帯、眼鏡に目覚まし時計など様々な物が置ける棚を作り、枕元に置くことでオリジナルベッドができます。

購入したままのベッドではなく、安い雑貨を使うことで自分だけのオリジナルのベッドを作ることができます。

安いベッドならDIYで作ることもできる

ベッドは家具の中でも大きなものです。

そして、使われている材料にもよりますが、金額が高くなるものもあります。

そこで、安いベッドを自作する方法をご紹介します。

簡単におしゃれなベッドを作るには、2つの方法が考えられます。

1つは「木製パレット」を使う方法、もう1つは「すのこ」を利用する方法です。

・木製パレットを使う方法

木製パレットは、倉庫の中で良く使われる荷物を載せる台になるものです。

一般の人が買うには難しいかと思われるかも知れませんが、ベッドなどのDIYのためにネットで簡単に購入することができます。

金額はサイズと枚数にもよりますが、3万円ほどあればベッド部分に使用するには十分な物を手に入れることができます。

後はこれを並べて、気に入ったマットレスを乗せれば、それだけで簡易且つおしゃれなベッドが出来上がります。

アレンジするならば、木製パレットを枕元に立てて置き、そこにワイヤーネットを付けたり、かごを付けて自分だけのベッドヘッドを作ることができます。

・すのこを利用した方法

すのこはDIYには欠かせないアイテムになっています。

ベッドを作る時にもすのこを利用すれば、かなり安く簡単に作ることができます。

まずは自分がベッドとして利用したいサイズを決めます。

部屋の大きさや寝るために必要なサイズを考えます。

次にそのサイズに必要な枚数のすのこを購入して、床に並べてマットレスを置けば、1番簡単なベッドが出来上がります。

これだけだと高さがないので、もう少し高さを出したい場合には、骨になる木材をホームセンターで購入して、そこにすのこを打ち付けて行けば簡単に高さを出すこともできます。

また、木製パレットと同じように、枕元にすのこを立てることで、小物を置くスペースを作ったりしておしゃれなベッドに変身させることもできます。

寝るために大事なベッドだからこそ自分好みのものを

人にとって眠ることは大事なことです。

ベッドはそのために必要な家具で体の大きさや部屋の使い勝手に合わせたものを選ぶことができます。

安いベッドでもシンプルなものからおしゃれなものまでいろいろと揃っています。

アイデア次第では、DIYで自分の好きな素材や形のものを作ることもできます。

睡眠を取るための大事なベッドだからこそ、自分が気に入ったものを使うことが大切です。