マンションのドア下の隙間が気になる!意味や音・風対策は

アパートやマンションなどに住んでいる人は、部屋のドアの下に隙間が開いているのを目にすることがあるかと思います。

冬などの寒い時期には、そこから隙間風が吹き込み、部屋が寒いと感じることもあるのではないでしょうか。

今回は、そのようなマンションのドア下にある隙間の意味や、隙間風対策、音漏れ対策についてご紹介していきます。

ドア下の隙間にはどのような意味があるのか、どのように対策すればいいのか、確認していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

天井周辺のクロスのひび割れは危険なサイン?原因と対処法

住んでいるマンションや一軒家などで、天井の周辺のクロスにひび割れを発見したことはありますか?...

新築の床のフローリングは無垢か複合(合板)どちらを選ぶ?

これから新築注文住宅を建てるという方は、床材を無垢フローリングか複合フローリング(合板)、どちら...

床に塗ったワックスが剥がれている!?キレイな床を目指そう

お家の床がピカピカだと、とても気持ちがいいですよね。そのために、床にワックスを塗っているとい...

防音、防虫、隙間風に!窓の隙間テープはどこに貼ればいい?

冬場に暖房を入れていても、なかなか部屋が暖まらないと感じたことはないでしょうか。部屋が暖まり...

マンションの壁がコンクリート!問題点とインテリアの工夫

デザイナーズマンションの中でもよく目にするコンクリート打ちっ放しの物件は、おしゃれなイメージがあ...

白化したフローリングへの対処!ワックスメンナテンスも大事

近年は、日本国内の住宅においてもフローリングが主流になってきましたね。掃除の手間がかからない...

建物の骨組み構造にあるラーメン構造と壁式構造の違いを解説

皆さんは、建物の構造形式の種類にある「ラーメン構造」と「壁式構造」をご存知でしょうか。鉄筋コ...

クッションフロアの上手な貼り方!畳に使用する際の注意点

低価格でクッション性に優れたシート状のクッションフロアは、手軽なDIYアイテムとして人気を集めて...

木造アパートは音が響く!?騒音への対処法!2階からの騒音

2階から聞こえてくる足音、大声、物を落とす音など、日常的に繰り返される騒音で悩んでいる方は多いよ...

賃貸マンションの壁は扱い注意!修復法は建物所有者に要相談

賃貸マンションの壁にお子さんが落書きをしてクロスを汚してしまったり、うっかり穴をあけてしまった場...

まさに画期的!ベッドの天井収納システム「上げ下げベッド」

ベッドはどうしても場所を取ってしまって、狭いお部屋では設置できないとお考えの方も多いでしょう。...

石膏ボードに貼られた壁紙のはがし方!壁紙を張り替えよう

部屋の壁紙を張り替えることで、今までの部屋の雰囲気とは全く違う、新しい雰囲気に変えることができま...

賃貸はすぐ解約すると大変?入居1ヶ月でも引っ越ししたい!

賃貸物件の引っ越しは、大きな労力を費やし、お金もかかる大変な作業です。ましてや入居して1ヶ月...

傷んだフローリングの補修!キズやへこみを自分で直そう!

お部屋のフローリングのキズやへこみは、意外に気になってしまいまよね。物を引きずったり、落して...

窓用エアコンで夏を乗り切れる?特徴と気になる冷房効果

住環境によっては、エアコンが設置できないケースがあります。また、エアコンを設置するには大きな...

スポンサーリンク

マンションのドア下の隙間には意味がある?

マンションドアの下によくある隙間には、一体何の意味があるのでしょうか。

まずは、ドア下にある隙間の意味についてご紹介していきます。

ドア下の隙間は「アンダーカット」と呼ばれています。

その役割としては、部屋の中の空気を循環させる際の空気の通り道の意味があります。

このドア下の隙間、アンダーカットがあることにより、部屋の中や建物の中の空気がスムーズに循環できるようになるのです。

また、この隙間があることにより、新築の際などに気になる、建材や接着剤などの人体に悪影響を与える可能性のある成分を、空気の循環により軽減させる意味もあります。

よく聞くことのある、シックハウス症候群の対策としても取り入れられています。

その他にも、臭いなども、この空気循環により換気することができます。

あのドア下の隙間には、様々な意味があったということになります。

しかし、その隙間からの音漏れや隙間風といったデメリットも確かに存在しています。

では、ドア下の隙間は塞いでしまったらどうなるのでしょうか。

下記で詳しくお伝えしていきます。

マンションのドア下の隙間は塞いでも問題ない?

マンションのドア下の隙間を塞いでしまっても問題ないのかどうか、ということについてご紹介していきます。

上記でこの隙間は、部屋の空気の循環をスムーズに行なうためのもの、ということをお伝えしました。

つまり、この隙間を完全に塞いでしまうと、空気の循環に問題が生じる可能性があります。

ただし、マンションによっては、24時間換気装置が設置されている場合があります。

最近の建物では、よく24時間換気することのできる装置が設置されています。

そちらの装置を動かしていれば、部屋の空気自体は循環させることはできます。

もちろん、ドア下に隙間があればよりスムーズに空気を循環させることはできますが、実はドア下以外にも小さな隙間はあるのです。

ドア下の隙間を塞いでも、部屋は完全な密封状態にはなりにくく、24時間の換気装置があれば、空気自体は循環させることが可能です。

しかし、やはり空気の流れは悪くなる、ということが考えられます。

大きな問題が発生することは少ないかもしれませんが、そのマンションによっては、空気の循環がしにくくなることもあります。

ドア下の隙間から音漏れがする!対策方法は

マンションなどでは特に気になることの1つが、音漏れです。

このドア下の隙間があることにより、確実に音が外に漏れますし、外の音が室内に聞こえます。

それが気になるかどうかは、個人差があるかもしれませんが、多くの人が気になることなのではないでしょうか。

このドア下の隙間からの音漏れの対策方法をご紹介していきます。

最近では、この隙間の音漏れを軽減するのに適したアイテムが販売されています。

それは、「防音テープ」です。

この防音テープは、ウレタンといった素材や合成のゴムが使われて作られています。

使い方は、ドアの隙間部分を埋めるように、ドア枠などに沿って貼っていくだけです。

テープの厚さなども様々あり、ほとんどのマンションのドアの隙間に対応しているのではないでしょうか。

防音テープなので、隙間からの音漏れに効果的です。

価格や商品などによっては効果が薄い場合もあるので、数種類をある程度試してみるのもいいでしょう。

安いものでは、100均ショップで買えるものもあり、気軽に購入できます。

お試しで使いたい人は、100均ショップのもので試して、徐々に価格の高いもので試すといいでしょう。

隙間風が寒い!隙間風対策をご紹介

マンションによっては、冬などの寒い時期には、ドア下の隙間から風が入ることにより、部屋が寒いと感じる人も多いのではないでしょうか。

ドア下の隙間風の対策方法についてご紹介していきます。

こちらの対策方法としても、「隙間テープ」というものが効果的です。

こちらは、使用方法としては防音テープと同じと考えてもらってもいいかもしれません。

ドアの戸あたりの音を軽減したりするのにも使いますが、ドア下の隙間にも有効です。

隙間風の対策としては、その隙間を埋めることが重要になります。

そのため、このようなテープでも十分に対策することが可能です。

使い方も、隙間に貼るだけです。

こちらの場合も、テープの厚さなどは様々あるので、ご家庭の隙間に合わせて使ってみてください。

マンションによってはドア下の隙間は重要

ここまで、マンションのドア下の隙間、アンダーカットについて、音漏れや隙間風の対策方法をご紹介してきました。

対策方法としては、隙間を塞ぐことが最も効果的になりますが、注意しなくてはならないこともあるのでお伝えします。

マンションの構造などによっては、空気の循環がしにくくなると、湿気もこもりやすくなってしまいます。

そのため、カビの発生が懸念されます。

元々湿気のこもりやすい構造だったり、湿度の高い季節などには、ドア下の隙間を完全に塞いでしまうと、カビが発生しやすくなってしまう可能性があります。

そのようなことから、マンションによっては、ドア下の隙間は重要な役割をもっていると言えます。

もし、テープなどで隙間を塞いで、カビが発生しやすいと感じたら、ある程度の隙間を開けておくのがいいのかもしれません。

また、除湿なども積極的に行なうことをおすすめします。

もしくは、湿気のこもりやすい季節などには、隙間を開けておくようにするなどのカビ対策が必要になることもあるかもしれません。

音漏れや隙間風に対しても対策が必要になりますが、同時にカビについても意識しておくといいでしょう。

最近では通気遮音ドアというものもある

最近では、マンションなどのドア下の隙間、アンダーカットによるお子様の事故も報告されています。

それは、隙間部分に足の指などを挟むという事故です。

このような報告が増えてきているということから、最近では、アンダーカットの必要性なども議論されることもあるようです。

また、「通気遮音ドア」というドアも開発されています。

このドアは、ドア下の隙間をなくし通気性のいい材質をドアに使うことで、ドアを閉めていても換気することが可能、というドアになります。

マンションの場合には、このドアを自宅に取り入れるということは難しいですが、新築の場合にはこのようなドアを取り入れることもかもしれません。

主に会議室やトイレのドアなどで取り入れられていることが多いです。

これからマイホームを建てる予定のある人は、そうした情報にアンテナを立てておくのもいいでしょう。

上手に部屋の空気を循環させよう

ドアの下にある隙間には、部屋の空気をスムーズに循環させる、という役割があります。

音漏れや隙間風も気になりますが、部屋の空気を循環させることも重要になります。

その時々の状況に合わせて上手に空気を循環させることも大切です。

適度な隙間を設けるなど、工夫して部屋の空気を循環させ、快適に過ごせるようにしましょう。