メタルラックの分解術!かたい棚を安全に楽に外すコツとは?

棚とポールを自由に組み合わせてレイアウトできる人気のメタルラック。

しかも、最近は小さいサイズのメタルラックが、100均のお店で気軽に手に入るようになりました。

しかし、よく耳にするのが、棚の高さを変えたり引っ越しなどで分解しようとして手こずった、というお話です。

棚がかたいと苦労するだけでなく、無理をすると怪我をすることも!

ここでは、メタルラックのかたい棚を、怪我をしないよう安全にそして楽に分解するコツをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

デニムソファの魅力を引き出すおすすめのコーディネート!

ファッションでは定番のデニムですが、実は近年インテリアとしても人気を集めています。その中でも...

ベッドの色を黒にしたい方必見!風水を上手く取り入れよう!

風水を参考にお部屋のコーディネートされる方も少なくはないでしょう。風水における黒の意味合いや...

オフィス・キャンプで使えるハイバックチェアのおすすめは?

現代では、デスクに向かって仕事をする機会も多くなり、チェアが必要になることも多くなっています。...

6畳のお部屋に合ったテレビの大きさ!適正な視聴距離とは?

近年では、1部屋に1台テレビがあるというお家も珍しくありません。自分のお部屋や一人暮らしのお...

老舗メーカー「カリモク家具」ベッドの評判はどうなの!?

インテリア業界の最大手とも言える「カリモク家具」は、おしゃれなソファやダイニングセットで有名です...

カラーボックスでソファやベンチができる?作り方をご紹介!

カラーボックスをご存知の方は多いでしょう。一般的な使い方は、ものを収納するために縦に置いて収...

赤ちゃんのお風呂グッズ!バスチェアの使い方や注意点は?

生後1ヵ月を過ぎた赤ちゃんは、ママやパパと一緒にお風呂に入れるようになります。そこで、「赤ち...

重い家具をラクラク移動!底板キャスターDIY・その他のコツ

重い家具を移動させる時、無理して腰を痛めたり、床を傷付けたりすることがあるかもしれません。「...

限られた予算内で家具を安い値段で入手するおすすめの方法

これから引っ越しや模様替えなどを考えている方にとって、家具選びは頭を悩ませることのひとつだと思い...

ワンルームにソファを置きたい!ニトリでおすすめの商品は?

一人暮らし用の狭いワンルームでは、「ソファ」を置いたら邪魔になると思いませんか?コンパク...

ソウルに行ったら立ち寄りたい!かわいい雑貨と家具のお店

韓国の雑貨や家具は、日本のお店やネット通販でも手に入りますが、現地でしか買うことができないものも...

冷蔵庫の下に敷くオシャレなマットはある?足元にもアート

冷蔵庫の下は汚れやすいのに、掃除しにくい場所です。冷蔵庫の位置をズラす時に床をキズつけてしま...

テーブルチェアが便利!子供も一緒に家族で食卓を囲もう

離乳食が始まり、子供も一緒に食卓に座る際に便利なのがテーブルチェアです。テーブルチェアは、テ...

座椅子に合ったローテーブルはどう選ぶ?おすすめをご紹介!

手軽な座椅子は、床での暮らしが馴染み深い日本人にとって、安心感のあるくつろぎアイテムです。そ...

テーブル上の収納術!おしゃれな収納アイテムもご紹介

テーブル上にリモコンや文房具、ティーセットなどをそのまま置いていると乱雑な印象になってしまいます...

スポンサーリンク

少し待って!引っ越しならメタルラックの分解は必要ないかも

ご紹介の前に、1つ質問です。

メタルラックを分解したい理由は「引っ越し」ですか?

もしそうなら、少しだけ待ちましょう。

なぜなら、分解する必要がないかもしれないからです。

メタルラックは1台2台なら大概の場合、そのままの形で運んでいってもらえます。

引っ越し業者は荷物を運ぶ時、メタルラックを先にトラックに積み込んで、その棚に軽めの荷物を積み込んでいきます。

いわば即席の荷台ラックになるので、そのままの形でも全然構わないのです。

引っ越し直前に、かたい棚板と格闘しなくてもいいのだと思うと、こんな楽なことはありませんね。

ただし、キャスター付きは車の振動で動いて荷崩れしたり、壊れたりするかもしれませんので、キャスターだけは外しておきましょう。

一方、廊下やドアを通れないほどの大型ラックは、残念ながら分解が必要です。

L字型や、連結棚を渡して組み上げたものは、せめて通路を通るサイズまで小さくしましょう。

また、それほど大きくなくても、引っ越し先の出入り口を通れないようなら、やはり事前の分解が必要です。

引っ越し業者に問い合わせ、可能な限り詳しい相談をしておきましょう。

余計な分解・組み上げの手間が省け、引っ越し作業もスムーズになりますよ。

かたいメタルラックの分解に必要なのは忍耐とハンマー!

さて、いよいよ分解です。

メタルラックの分解中にありがちなのは、最初に1ヶ所だけ、あるいは短い辺だけ外そうとして動かなくなることです。

棚板は、1ヶ所だけ大きく持ち上げると他の場所に抑える力が加わり、かえってプラスチックの棚板固定部品(スリーブ)にかたくはまり込んでしまうのです。

メタルラック分解の最大のコツは、4隅に均等に力を加えること、そして、いっぺんに外そうとしないことです。

そこで、おすすめしたいのが、ゴム製またはプラスチック製のハンマーです。

ハンマーの形状が効率よく衝撃を伝えるので、驚くほど小さな力でかたい棚板を浮かせることができるのです。

また、柔らかいので叩いた時の衝撃音が少なく、ワイヤーを潰す心配もありません。

業務用なら安いものは500円前後から、高いもので2,000円程度です。

最近では100均でも取り扱っているようですので、1つ用意しておくと便利です。

しかし、「わざわざ買うのはどうも...」という場合には、家にある金槌や木槌でも代用できます。

ただし、金槌では音が響きますし、木槌は割れることがあります。

使用時は、タオルやベニアの切れ端などで当てものをし、衝撃を和らげながら叩いてください。

かたいメタルラックの分解はひっくり返すと楽になる?

メタルラックがかたい時には、上下逆さまで分解してみるのも1つの手です。

メタルラックのスリーブは、上が細く下は太くなっています。

これは棚板が下に落ちないようにするためですが、逆にひっくり返せば、抜けやすいということでもあります。

しかも、上から下へ打ち下ろすので、上に向かって叩くよりはるかに楽です。

ただし、この作業中に注意しなければならないのは、棚板の落下です。

棚板がポールを一気に滑り落ちることがあるのです。

この時、足や手が間にあると怪我をしますので、それを防ぐ方法を考えておかなければなりません。

1つは、誰かと一緒に作業することです。

棚板を叩く係と支える係がいれば、棚板落下時の事故も防げますし、作業効率も上がります。

もう1つは、棚板の下にクッションになるものを置いておくことです。

文字通りクッションを並べてもいいですし、本や雑誌などを積み上げて置くのもいいでしょう。

ただし、大型の棚板に対して柔らかいクッション1つでは、落ちた勢いで手足がはさまることがあります。

落ちた時に隙間ができるよう、そして、なるべく平らに受け止められるよう、置き方には少し工夫が必要です。

かたいと力が入りがち!分解時には防音の気配りも大切

大型のメタルラックを分解する時には、それなりの音が出ることを覚悟しましょう。

柔らかいゴムハンマーを使っても鈍い衝撃音は出ますし、ラック全体に共鳴してグワァーンという音も連続して出ます。

また、棚板をポールから外す時の音も、かなりのものです。

しかも、どれもよく響きます。

それに、かたい棚板に行き当たると、イライラしてつい力が入ったり作業が荒くなったりしがちです。

しかし、大きな音でご近所中を驚かせたり、不快な思いをさせたりすることは、できるだけ避けたいものですね。

そのためには、防音の気配りが必要です。

もっとも防音壁を作るわけにはいきませんので、とにかく作業を丁寧に行いましょう。

そして、作業を2人以上で行ったり、クッションを用意したりして気を配り、いっぺんに終わらせようと作業を急がないことです。

ご近所にひと言声を掛けるのもいいですね。

さらに、作業はできるだけ昼間に行いましょう。

小型のメタルラックでも叩けば音が出ますし、夜は静かな分、音が余計に響きます。

ご近所トラブルを避けるためにも、時間帯を選んでなるべく静かに分解するようにしましょう。

ハンマーでも分解不能なかたいメタルラックには潤滑油を!

メタルラックがかたいのは、棚の荷物の重みでスリーブと棚板の穴の表面にある目に見えないデコボコがかみ合い、ロックのかかった状態になっているからです。

さらに、長年使っていると、汚れやサビがついてロックがますます強固になります。

棚板をハンマーで叩いても動かないほどかたくなったメタルラックには、潤滑油という奥の手を使いましょう。

潤滑油とは、ものの滑りをよくする油のことです。

潤滑油を使えば、油がミクロサイズの隙間に入り込んで滑りをよくし、動きやすい状態にしてくれます。

潤滑油にはたくさんの種類がありますが、メタルラック分解に向いているのは、

・フッ素系潤滑油
・シリコン系潤滑油

の2種類です。

どちらもスプレー式で、細いノズルの付いたものが一般的ですし使いやすいでしょう。

フッ素系は、すぐに油が蒸発するのでベタ付かず、後始末がいらないのが特徴です。

シリコン系は、使用後の油の拭き取りが必要ですが、価格はこちらの方が低めです。

また、隙間がサビや油で固まっているようなら、クレ5-56のようなサビ取り・古い油取り兼用の潤滑剤がおすすめです。

これらの潤滑油をスリーブと棚板の穴の間に吹きつけ、30分ほど待ちましょう。

隙間全体に油が染み渡るまで充分待ってから4隅を叩くと、あっさり抜けてくれるはずです。

潤滑油トラブル解消?台所や狭い場所向けにはこの潤滑油

ところで、潤滑油を使う時の注意点は、換気です。

細いノズルですので1度に大量のガスが出るわけではありませんが、それでも4ヶ所に吹き付けなければなりません。

まして、かたいメタルラックの場合は、分解できるまで、数回か吹き付け直す必要があるかもしれません。

そうすると、それなりの量のガスを噴射することになります。

マスクをして吸い込まないようにし、窓を開け、換気扇を回してガスがこもらないようにしなければなりません。

しかし、それでも臭いで気分が悪くなる方もいます。

このような方には、無香性の潤滑油がありますので、そちらがおすすめです。

また、小さなお子さんやペットがいる場合、あるいはメタルラックが台所に置いてある場合には、万が一口に入っても安全なものを使いたいですね。

そんな時には、フード用のシリコン系潤滑油がおすすめです。

これは、飲食店の調理場で使用する機械のための潤滑油で、食品にかかっても害がないようにできています。

普通のシリコン系潤滑油の倍の値段ですが、それでも430mlで1,000円程度です。

しかも、これら特殊な潤滑油も、普通のものと同じようにドアノブやふすま、シャッター式雨戸など、広い範囲で使えます。

種類も色々でサイズも豊富ですので、どれか1本家に常備しておいても悪くないかもしれませんね。

メタルラック分解の奥義?ハンマーで均等に!そして潤滑油!

メタルラックの分解、特に中型から大型のラックの分解は、ただでさえひと仕事です。

まして、どんなに頑張ってもビクともしなかった場合は、お手上げです。

仕方なく、分解や棚板の移動を諦めてそのまま使い続けている、という方も多いのではないでしょうか。

しかし、棚板がかたいのは、分解を急ぎすぎていただけかもしれませんし、便利アイテムの存在を知らなかっただけかもしれません。

均等に少しずつ持ち上げること、ハンマーを使ってみること、それでダメなら潤滑油を使ってみてください。

よほど特殊な条件でもない限り、これでほとんどのメタルラックは分解できます。

一息ついたら気を取り直して、もう一度チャレンジしてみてくださいね。