白いフローリングに合うおすすめインテリアコーディネート集

新しく引っ越す部屋の床が白いフローリングだと、他のインテリアをどうしようか悩む人は多いのではないでしょうか。

白は清潔感もあり、部屋も広く見えることが多いため人気のカラーの1つです。

しかし、配置するインテリアに気をつけないと、部屋全体の印象がボヤッとしてしまいがちです。

今回は、カーテン、テーブル、チェア、カーペットなどのインテリアを取り上げ、コーディネートの一例をご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

インテリアとアートを組み合わせてモダンに仕上げるアイデア

海外のインテリアコーディネートでよく見かけるのが、お部屋にアートを飾るスタイルです。今回は、...

海外風ベッドルームの作り方!おしゃれに見せるポイントは?

海外ドラマや雑誌で見かけるような、おしゃれなベッドルームに憧れている方は多いのではないでしょうか...

男子部屋をおしゃれにコーデ!インテリア家具選びのポイント

男子の部屋の部屋をおしゃれにしたいと、思うお母様もいらっしゃることでしょう。かわいい我が子の...

インテリア上級者になろう!憧れのシンプルモダンスタイル

シンプルモダンなお部屋といえば、白をベースにした落ち着いた色使いや、シンプルながらに高級感あふれ...

インテリアに花を取り入れてリビングを癒しの空間に!

リビングのインテリアで何か足りないと感じた時は、花を飾ってみてはいかがでしょうか?花はどんな...

お気に入りのフィギュアをお部屋におしゃれに飾るアイデア

フィギュアをたくさん持っている方は、飾ったときにごちゃごちゃとした印象になってしまった経験はない...

青いソファのある暮らし!インテリアコーディネートのコツ

インテリアのメインともいえる家具というと、「ソファ」を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。...

2DKのインテリア!和室の上手な使い方・コーディネート術

2DKのお部屋に住む時、洋室か和室かで置くインテリアは大きく変わります。洋室は比較的簡単にイ...

ナチュラルカントリーのインテリアでぬくもりのある部屋作り

ナチュラルカントリーは、自然素材のファブリックと木製のインテリアを組み合わせることで、木のぬくも...

インテリアの参考になる本をご紹介!安く読むおすすめの方法

本は、その道を極めた人ならではの知恵と工夫が詰まっていて、好みに合う一冊に出会えると持ち歩きたい...

「2LDK」の上手なインテリア配置!その方法と考え方を伝授!

2LDKに初めて住む方は、「どのようにインテリアを配置すれば良いのだろうか…」と悩まれるのではな...

【モノトーンインテリア】実用的&おしゃれなラベルを貼ろう

モノトーンインテリアによく合うラベルは、市販品の品ぞろえも豊富ですが、自分で作ることもできます。...

ウォールナットのインテリアは暗い?上手な色の合わせ方とは

ウォールナットを使った床や家具は、重厚感があり人気が高いです。しかし、黒に近いブラウンなので...

おしゃれな絵を飾る!インテリアとして取り入れる方法

お部屋に絵を飾ったことはありますか?「絵を飾る」というと、ハードルが高く感じる方も多いかもし...

おしゃれな北欧インテリアをプチプラで手軽に実現!

おしゃれなインテリアは暮らしに癒しをもたらしてくれますね。北欧インテリアは人気の高いテイスト...

スポンサーリンク

白いフローリングにグリーンを加えたインテリアコーディネート!

白いフローリングの部屋からは、どことなく「癒し」を感じることもありますよね。

そんな白いフローリングには、グリーンやナチュラルブラウンのインテリアで清潔感を感じさせつつも、癒しを感じられるインテリアコーディネートをしてみませんか。

グレーのカーペットに、ブラウンやベージュといった、土を連想させるカラーのインテリアを配置して、部屋のコーナーなどにグリーンのインテリアを加えてみると、自然の癒しを感じられる部屋を演出できます。

グリーンとしては大ぶりな観葉植物などを置いてみると、より一層癒し効果を得られます。

床が白いフローリングとなっているため、全体的に見ても部屋の印象は明るくなり、しっかりと清潔感も感じられます。

ブラウンやベージュとグリーンの組み合わせは、ナチュラル感を出すのに適した組み合わせですね。

また、部屋の1ヵ所にグリーンを複数まとめて設置するコーディネートもおすすめです。

同じくブラウンやベージュといったカラーの棚を取り入れて、その棚にグリーンの観葉植物を置くと、白いフローリングとよく合い、自然の解放的な雰囲気を演出できます。

さらには、カーテンの色も白だと空間の広がりも大きくなり、より開放的な部屋の印象になります。

白いフローリングにシャビーシックなインテリアを取り入れてみよう!

「部屋のインテリアを白いものでまとめたい!」という人におすすめなのは、シャビーシックなインテリアを取り入れてみるコーディネートです。

シャビーシックとは、古めかしくも上品さがあるインテリアスタイルのことを指しています。

ここでは、ダメージのあるインテリアになります。

最近では、そんなおしゃれなインテリアが多く販売されています。

例えば白のテーブルでも、シャビーシックなものを選べば、部屋の印象はかなり変わってきます。

ペンキが剥がれかったようなデザインのテーブルやチェアを配置することで、エレガントな雰囲気も演出できそうですね。

白いフローリングにはこのようなインテリアも合うので、アンティークショップでインテリアを探してみるのもいいでしょう。

この場合のインテリアコーディネートとしては、全体的に白系、または白に近いベージュなどのインテリアを取り入れてみるのがコツです。

男前なインテリアで白いフローリングの部屋を武骨に表現!

おしゃれでありながらもかっこいい部屋を目指すのなら、このインテリアコーディネートはいかがでしょうか。

白いフローリングに、ヴィンテージ感のあるブラウンの木製テーブルとブラックカラーのレザーチェアを配置するインテリアコーディネートです。

おしゃれもしっかりと意識しつつ、かっこよさも追求したい人は是非試してみてください。

他にも、グレー系の木製テーブルと透明なチェアを組み合わせてみるのもおすすめです。

この場合だと、白いフローリングの清潔感もしっかりと感じられます。

照明には、ブラックをメインにしたペンダントライトなんていかがでしょうか。

かっこよさを感じられますよね。

また、壁面にはレンガ調のクロスを使うと、さらに男前なインテリアコーディネートになります。

気になる人は、是非試してみましょう。

白いフローリングを活かし生活感を抑えたインテリアコーディネート!

「あまり生活感にあふれた部屋にはしたくない!」という人も多いのではないでしょうか。

このような人には、白いフローリングを活かした、生活感を抑えたスッキリインテリアコーディネートをご紹介します。

白いフローリングには、薄い色のベージュのラグと、同じく薄い色のライトグレーのソファを配置してみるインテリアコーディネートはどうでしょうか。

空間の広がりを感じることができると共に、インテリアをスッキリさせることで、生活感を抑えた部屋を演出することができます。

カーテンなども薄いベージュでまとめると、より生活感を抑えられるでしょう。

しかし、それだけでは間の抜けた印象も強くなりやすいので、少し濃い目のカラーも取り入れてみると、空間が引き締まった印象になります。

部屋の中央にブラウンのテーブルを配置してみましょう。

そうすることで、間の抜けた空間になるのを防ぎ、かつ生活感を抑えた雰囲気を感じさせてくれるのではないでしょうか。

白いフローリングを上手に活用できれば、このようなインテリアコーディネートもできますよ。

北欧インテリアを取り入れたインテリアコーディネート!

白いフローリングに合うインテリアといえば、多くの人が「北欧風の家具」を連想しませんか。

北欧風のインテリアは、白いフローリングにもよく合います。

木の温もりを感じられるインテリアが多くある北欧風は、最近ではその人気に火が着き、多くの商品が販売されていますよね。

白いフローリングで無機質な印象を与えながらも、北欧風のインテリアで木々の温もりを感じられるインテリアコーディネートをご紹介します。

白いフローリングに、ライトグレーのソファと白いダイニングテーブルを配置し、ラグには北欧風の白黒ラグを使ったインテリアコーディネートです。

他のインテリアには、北欧風の木目が綺麗なチェアなど、北欧風のライトを使って優しい雰囲気を演出してみるのがおすすめです。

カーテンには、控えめなデザインのものを選ぶと部屋全体のイメージを崩すことも少なくなるので、そういったものを選んでみてはいかがでしょうか。

おしゃれな雰囲気も抜群で、しっかりとした清潔感を保つことができるインテリアコーディネートです。

自然の木の温もりと、ほどよい無機質感がおしゃれですよ。

定番のモノトーンインテリアでおしゃれに!

モノトーンカラーは、おしゃれの定番ですよね。

白いフローリングを上手に活用して、モノトーンカラーのインテリアコーディネートをしてみましょう。

白のレザーソファとグレーのラグ、そして、黒のテーブルを使ったインテリアコーディネートです。

そして、このモノトーンスタイルにするのであれば、別のカラーも取り入れるとよりおしゃれに見せることができるでしょう。

そこで、ベージュのカラーのカーテンをを取り入れてみてはいかがでしょうか。

賑やかになりすぎず、落ち着いた印象を演出できます。

さらには、空間も広く感じられるでしょう。

おしゃれであり、落ち着いた大人な雰囲気を目指したインテリアコーディネートなら、ベージュ系のカーテンがおすすめです。

また、部屋の壁や周辺、カーテンを白系で統一して、中央付近には黒を配置するモノトーンインテリアコーディネートもおすすめです。

こちらも落ち着いた雰囲気で、かつ空間も引き締まって見えるので、間の抜けた印象が強くなってしまうのを避けたいなら試してみましょう。

ラグには、こちらもグレーがいいでしょう。

白いフローリングを活かしたインテリアコーディネートは様々!

今回は、白いフローリングの部屋のインテリアコーディネートの一例をご紹介してきました。

白いフローリングは、清潔感や空間の広さを感じられるので、それを活かしたインテリアコーディネートがしやすいですね。

白で統一した部屋もおしゃれですが、様々な方法でインテリアコーディネートを楽しみましょう。

今回のご紹介を参考にしておしゃれな部屋を目指しましょう。