折りたたみベッドは収納できて便利!おしゃれな商品を選抜

折りたたみベッドは、不使用時に折りたたんで収納できるので、部屋のスペースを確保したい場面などで活躍します。

様々な種類のある折りたたみベッドは、「どのような機能を重視するのか」という目線で選ぶとよいでしょう。

低反発や高反発といったマットレスの選択や、すのこ仕様、おしゃれな折りたたみソファベッドなどがあるので、用途で選択ができます。

この記事では、折りたたみベッドの種類や参考商品をご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ワンルームにベッドとソファを上手く配置する方法をご紹介

ワンルームに大型家具をたくさん置くと、どうしてもお部屋が狭くなってしまうのでできるだけ家具は少な...

近年劇的に進化しているマッサージチェアの効果とは?

一昔前までのマッサージチェアは、機械的に揉み玉を動かして背中を刺激するだけといったものが多かった...

一人ならベッドはシングルとセミダブル、どちらがおすすめ?

いざ一人暮らしを始める際、家具や家電、食器などいろいろなものが必要になります。特にベッドは、...

ベッドサイドライトの選び方!おしゃれなアイテムも紹介

ベッドサイドを明るく照らす卓上ライトは、どんな点に注目して選ぶのが良いでしょうか。今回は、ベ...

サイズぴったり!節約!ボックスシーツの作り方は意外と簡単

お使いのマットレスにぴったりのサイズのボックスシーツがみつからず、困っている方も少なくはないでし...

ソファを買うなら知っておきたいおしゃれブランド11選!

お部屋の主役になる家具といえばソファですよね。ソファがあるだけで空間が引き締まりますし、デザ...

お部屋と自分に合ったソファ選びを!2人がけのおすすめは?

2人で使用することができる2人がけソファですが、その種類は実に様々です。定番のベンチタイプや...

狭くても寛ぎたい!6畳の1Rに配置するソファのおすすめは?

6畳の1Rは、1人暮らしに人気のお部屋の広さだと言われています。あまり広くない6畳というお部...

重い家具を安全に動かしたい!家具移動サービスを利用しよう

「家具の配置を変えて模様替えしたい!」「あの家具は場所を変えたほうが使い勝手が良さそう…」とは思...

ソファは小さめが欲しい人必見!ニトリの小さめソファ特集

ソファが欲しい人は多くいるかと思いますが、部屋の広さや他の家具の都合上、もしくは1人暮らしなどが...

おしゃれな「デニムソファ」をインテリア空間にプラス!

ファッションの定番アイテムとも言える「デニム」ですが、インテリア素材として取り上げられることも増...

部屋で涼しく快適に過ごしたい!夏の暑さを乗り切る優秀家電

日本の夏は蒸し暑くて、大変ですよね。そんな夏を快適に乗り切るために、優秀な家電は欠かせません...

素材と見た目にこだわる!家庭用チェアマットのおすすめは?

オフィスなどでよく見掛けるチェアマットをご家庭に取り入れれば、キャスター付きチェアをより快適に使...

新築購入時に家具を新調!全て新調するといくらかかるのか?

新築の家を購入すると、家の雰囲気に合わせて家具も全て新調したくなりますよね。しかし、家の中の...

お洒落に傷補修!テーブルの天板にリメイクシートが使える!

テーブルの天板の傷の補修作業は、家具専用補修キットを使い着色して傷を隠したり、専用パテなどで埋め...

スポンサーリンク

折りたたみベッドの特徴

今回取り上げていく「折りたたみベッド」の特徴をお伝えしておきます。

一般的なものは、二つに折りたたむことができ、ベッドの脚にキャスターが付いているタイプです。

折りたたむ時は、ベッドの中心から上に持ち上げるようにすると、ベッドの半分くらいの大きさになり収納しやすくなります。

また、すのこベッドタイプもあります。

このすのこベッドは、折りたたみ方が二つ折りだけでなく、三つ折りタイプやロール巻きタイプもあり、キャスターが付いていないこともあります。

他にもソファベッドタイプもあります。

このタイプは、折りたたむとソファとして使えるため、おしゃれに利用できるでしょう。

また、折りたたみベッドの利点としては、ソファタイプは難しいですが、折りたたむことでコンパクトにでき、収納できることです。

すのこベッドの二つ折りや三つ折りタイプなどは、布団が干すこともできるのものもあります。

そして、ベッドによってはリクライニングできるものがあり、半分ベッドの床板を起こした状態にできます。

このようにベッドとしてだけではなく、使用用途が多くあります。

次項では、折りたたみベッドの種類を見ていきましょう。

折りたたみベッドの種類紹介!

折りたたみベッドも、設置型のベッド程ではありませんが、色々な種類があります。

代表的なのは、マットレスベッド、すのこベッド、パイプベッド、ソファベッドです。

【マットレスベッド】

マットレスが床板に装着されており、敷布団やマットレスも必要なくすぐに使用できます。

マットレスのタイプは、ウレタン素材の低反発や高反発のものが多いですが、ポケットコイルやボンネルコイルなどから選択できる折りたたみベッドもあります。

また、リクライニング式だと、ソファ代わりとしても使用できます。

【すのこベッド】

すのこベッドは、床板がすのこのタイプで、マットレスや布団を敷いて使用します。

床板がすのこなので、通気性がよく湿気対策に有効で、ベッド下に発生しやすいカビ対策にもなります。

折りたたむことで、布団を干すこともできます。

【パイプベッド】

パイプベッドは、フレームがパイプになっており、床板がメッシュなのでマットレスや布団を敷いて使うタイプです。

マットレスや布団が別に必要になりますが、本体自体は折りたたむとコンパクトになるので、収納しやすいものになります。

【ソファベッド】

ソファベッドは、普段はおしゃれなソファとして使用でき、広げるとベッドになるタイプです。

一人、二人、三人掛けソファなど様々なサイズがあり、リクライニングできるものや、片方はベッド、片方はソファのまま使用できるものもあります。

3つのマットレスタイプの折りたたみベッド

折りたたみベッドのマットレスには、大きく分けて3種類あります。

高反発ウレタンマットレス、低反発ウレタンマットレス、スプリングマットレスです。

高反発ウレタンマットレスは、ベッドにかかる体圧を均一にするので、寝返りがしやすく、すぐに元のマットレスの状態に戻ります。

低反発ウレタンマットレスは、柔らかく体を包み込むようなマットレスであり、元に戻るのに時間がかかります。

スプリングマットは、ボンネルコイルマットレスやポケットコイルマットレスなどがあり、中にコイルが入っているため重くなりますが、耐圧分散するので寝返りがしやすいものになります。

それでは、それぞれのマットレスタイプのおすすめ折りたたみベッドをご紹介します。

●高反発ウレタンマットレス

参考商品:【エアリーマットレス付き リクライニングベッド OTB-ARH】

メーカー:アイリスオーヤマ

10cmの厚みのある高反発マットレスで、体への負担は軽く、寝心地もよくなっています。

良質な睡眠を得られる特殊構造、三次元スプリングマットを使用しています。

14段階のリクライニング式なので、ソファ代わりとしても利用できるでしょう。

●低反発ウレタンマットレス

参考商品:【低反発折りたたみベッド リクライニング KBT-S】

メーカー:山善

折りたたむと1/4のスペースになるのが特徴です。

こだわりの多層マットレスの低反発で、6段階のリクライニング式になっています。

色は、ネイビーブルー、チョコレートブラウン、セサミブラックの三色から選べて、インテリアに合わせておしゃれに置けるのではないでしょうか。

●スプリングマットレス

参考商品;【組立不要 マットが選べる電動ベッド】

取扱店:ベッド通販セラピス

電動リクライニング式で、リモコン操作ができます。

マットは、ボンネルコイルタイプ、ポケットコイルタイプのどちらかを選択できるので、自分に合ったマットレスを選べるはずです。

それぞれのマットレスの特徴を述べましたが、体に合ったマットレスを選ぶことで、寝心地の改善が期待できます。

おしゃれなベッドもある!折りたたみすのこベッド

折りたたみすのこベッドは、床板がすのこなので通気性がよく、折りたたむ時に布団も一緒に干すことでカビ対策にもなります。

ベッドの耐荷重100kgが限度のものが多いので、購入する時は、耐荷重を確認することを忘れないようにしてください。

折りたたみすのこベッドは、四つ折りのもの、ロール式に丸められるもの、二つ折りのキャスター付きのものなど様々な種類があります。

それぞれのおすすめの商品をご紹介します。

●四つ折り

参考商品:【四つ折り すのこマット 風 kaze(シングル)】

取扱店:家具インテリアの総合通販ショップ Storage

耐荷重量が180kgと強度があります。

四隅の面取りがされており、裏面にクッションが付いて安全性にも配慮されているのがポイントです。

長さは、184~196cmまで伸縮可能で、四つ折りなのでたたむとコンパクトに収納ができ、軽量で約5.5kg程の重さなので持ち運びも大変ではありません。

●ロール式

参考商品:【ロール式 すのこマット 風 kaze(シングル)】

取扱店:家具インテリアの総合通販ショップ Storage

収納がしやすいロール式のもので、丸めて収納ができます。

すのこを厚くして床から高さを設けることで、風通りをよくしているため湿気にも安心です。

強度もしっかりしており耐荷重量180kgまで耐えられて、約6kgと軽量でコンパクトになるので収納もしやすいものになります。

●二つ折りのキャスター付き

参考商品:【木製折りたたみベッド(シングル ハイタイプ)】

取扱店:家具の里

職人さんの手でひとつひとつ、手作業で作られており、ひのきの無垢材を使用しているので、木の風合いを活かしたおしゃれな作りになっています。

床からの高さも36cmあり寝起きしやすく、脚のベッドの裏にスプリングのバネが付属されているため、女性でも簡単に折りたたみが可能で、キャスターも付いているので移動も楽です。

折りたたみ簡単!おしゃれなパイプベッド

折りたたみパイプベッドは、スチール製のメッシュベッドなので風通しがよく、コンパクトに収納ができます。

布団やマットレスを敷くタイプになりますが、布団やマットレス下の湿気も防いでくれます。

パイプベッドなので、おしゃれに置けますが、安全性と耐荷重に気をつけて選ぶことをおすすめします。

参考商品:【完成品 折りたたみ式 メッシュベッド(シングル)】

取扱店:GEKIKAGU

折りたたむと厚さが約12.5cmとコンパクトに収納ができ、床への傷防止カバーも付いているので安心です。

細身のデザインですが、3本のフレームでハの字に広がる形なので荷重を分散し、耐荷重も約90kgまで耐えられます。

参考商品:【パイプベッド 折りたたみ 4つ折り シングル】

取扱店:タンスのゲン

四つ折りでコンパクトに折りたたみができ、重さは約14.5kgと女性でも持ち上げられる重さになります。

マットレスのずれを防げるようにフットガード付きで、耐荷重も約120kgまで耐えられます。

床板は、メッシュ素材で風通しもよく、床下の空間の高さが26.5cmあるので、床下に収納ケースなどが置けます。

おすすめ!おしゃれで寝心地もよいソファベッド

折りたたみソファベッドは、ソファとしてもベッドとしても活用でき、ベッドとして使用しない場合は、ソファとしておしゃれに部屋に置けます。

ソファベッドの下に収納スペースがあり、座面を持ち上げるものや引き出し付きのものなどがあります。

ソファからベッドにする時に、背もたれを倒してベッドになるタイプと、座面を前に引き出すタイプがありますので、広げて利用する時のスペースも確保するようにしましょう。

ベッドにした時のことを考えて、幅は180cm以上で奥行き90cm以上のものにすると寝返りも打つことができますが、部屋のサイズ感に配慮しながら選びましょう。

参考商品:【デロス ソファベッド】

メーカー:日本ベッド

コイルスプリングを使用し、通気性・耐久性に優れたソファベッドで寝心地もよく、ワイドシングルの肘掛なしで幅107cmのベッドになります。

ファブリック素材で、座下は収納スペースになっています。

色は、アイボリー、モカベージュ、ダークブラウンの三色から選択できます。

参考商品:【ソファベッド スイミーM2】

メーカー:フランスベッド

フランスベッドのマットレスに使われている高密度連続スプリングを使用しているので、ソファとしてもベッドとしても使い心地がよくなります。

幅は、170cmと190cmのものがあり、カラーは6色、レッド、ベージュ、イエロー、グリーン、ダークブルー、ホワイトから選択できます。

参考商品:【ソファベッド シエナ】

メーカー:大塚家具

座下には、便利な二つの引き出しがあり、アームとオットマンの位置を変えられます。

奥行きは、810~1000mmで角度によって変動し、幅は1570mmです。

オットマンを付けることで、幅が380mm増えます。

折りたたみベッドでも種類色々!

折りたたみベッドでも色々な種類があることをわかっていただけたかと思います。

折りたたむことで布団を干すことができるものや、使わないときに折りたたんで収納できるベッドもあります。

そして、ソファとしても活用できるソファベッドは、おしゃれな部屋にも合いやすいでしょう。

折りたたみできるからこそ使いやすいので、特に狭い部屋にお住まいの方にはおすすめです。