赤ちゃんにおすすめのチェアベルト!食事をゆったり楽しもう

赤ちゃんがイスに座れるようになり、一緒に食事を取ることができるのはお母さんにとって、とても楽しみなことです。

しかし、座れるようになったばかりの赤ちゃんはまだグラグラとして倒れたり、食器を落としたりと目を離すことができません。

そんな時、赤ちゃんを事故から守ってくれるもののひとつにチェアベルトがあります。

ここでは、食事を楽しむために赤ちゃんにおすすめのチェアベルトには、どのようなものがあるのかをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

処分にお金を掛けたくない!ベッドの引き取り無料サービス

不要家具の中でもベッドはサイズが大きく、処分には頭を悩まされるものですよね。ゴミとして処分す...

寝室のベッドで家族4人が寝る!大切なのはサイズの見極め!

寝室のベッドで家族4人が寝るためには、自分の家族に必要なベッドのサイズをしっかりと見極めなければ...

ベッドの脚を高くする方法とメリット!高さごとの方法を解説

「ベッドの脚を高くすることができたらいいのに」と感じたことはありませんか。掃除や収納スペース...

人気のベッド用すのこ!使用される木材4種の特徴を徹底解説

寝汗や室内の環境、メンテナンスがしにくいことからも、ベッドには湿気が溜まりやすいものです。主...

おしゃれな部屋に合う!様々なスタイルに合うベッドの種類

ソファやテーブルに比べると、ベッドの種類は少なく感じるかもしれません。しかし近年は、フレーム...

マッサージチェアの人気メーカーは?それぞれの特徴をご紹介

近年は家電量販店やショッピングモールなど、街中でマッサージチェアを見かけることが非常に多くなりま...

生活動線を邪魔しないソファとベッドの配置のコツとは?

リビングのソファと寝室のベッド、どちらも大きくて重い家具の代表格です。一度配置したら簡単に動...

ベッドはどう選ぶ?おすすめベッドフレームメーカーをご紹介

ベッドは部屋の中で大きな面積を占める家具ですから、搬入・撤去のことを考えると、購入する際はできる...

究極の癒し!マッサージチェアをおしゃれに配置したいなら?

マッサージチェアは、できればお部屋に馴染むデザインで、おしゃれなものを配置したいものですよね。...

ワイヤーネットを使った棚の利用方法!耐荷重に注意!

DIYをして家具を自由に作ることが、多くの場所で見られるようになっています。難しい家具を作る...

布団乾燥機で布団がふんわり!気になるベッドでの使い方は?

雨が続く季節や、花粉が多く舞う時期は、なかなか屋外で布団を干すことができません。また、日中忙...

種類が豊富なスツールは座面の高さや機能性を考えて選ぼう!

背もたれのないシンプルなスツールは、お部屋を演出するインテリアの1つとして人気が集まっています。...

6畳の子供部屋にベッドと机は置ける?便利なレイアウトは?

子供が少し大きくなり、そろそろ子供部屋にベッドや机を置こうかと考えたとき、レイアウトには頭を悩ま...

壁付けキッチンに家具を上手に配置して使いやすく快適に!

皆さんの家のキッチンは、どのようなタイプのキッチンでしょうか。近年は対面式キッチンやアイラン...

ベッドで部屋をおしゃれに!安いものだからこその活用法

睡眠をする際には寝具を必要とし、多くの方がベッドを利用しています。ベッドは、基本的に部屋に配...

スポンサーリンク

赤ちゃん用のチェアベルトってどんな時に使うの?

赤ちゃんが産まれると、新しいものがどんどんと家の中に増えていくものです。

卒乳をして、離乳食がメインになると食器やカトラリーだけではなくベビーチェアなど大型の家具を購入することもあるでしょう。

しかし、「ベビーチェアがあるのならチェアベルトは必要ないのでは?」と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かに、一般的なベビーチェアにはベルトが付いていて固定できるようになっていますし、ロータイプのベビーチェアも同じことです。

家の中でならば、チェアベルトの出番はないかもしれません。

しかし、赤ちゃんが座れるようになると、外で食事をする機会も増えてきます。

レストランで赤ちゃん用のイスがなかったり、フードコートで赤ちゃん用のイスが全て使用されていたりして困った経験のある方もいらっしゃるでしょう。

そんな時には、鞄の中からサッとチェアベルトを取り出して使用すれば、大人用のイスで食事を取ることもできます。

また、赤ちゃんを連れて実家に帰る時や、友人の家に遊びに行く時も必ずしもベビーチェアがあるわけではありません。

チェアベルトは小さくまとめて持ち運ぶことが可能ですので、いつどこで食事をするのか分からない時でも簡単に使用することができて、とても便利なものなのです。

赤ちゃん用のチェアベルトを選ぶポイントは?

赤ちゃんのチェアベルトを選ぼうとする時、まだ使ったことのないお母さんはどのように選んだら良いのか分からないという方もいらっしゃるでしょう。

そこで、どのようなチェアベルトが良いのか、選ぶポイントをご紹介しましょう。

チェアベルトにはたくさんの種類がありますが、現在販売されているものは機能性が高く優秀なものが多いので、どれを選んでも失敗するということはほとんどありません。

しかし、赤ちゃんの性格やお母さんがどのように使用するかということで選ぶポイントは変わってきます。

例えば、日常的に車を運転して出かけるお母さんは荷物が多くてもあまり問題ありませんが、基本的に徒歩で出かけるお母さんならばできるだけ荷物は少なくまとめたいものです。

愛用しているマザーズバッグが小さい方などもそうですが、できるだけシンプルでコンパクトなチェアベルトを選んだほうが持ち運びをしやすく便利です。

また、赤ちゃんがとても元気で活発な子の場合には、きちんとホールドできて抜けにくいタイプのチェアベルトを選んだほうが安全ですね。

それ以外にも、頻繁に使用する方は洗濯をしやすいものを選んだり、食べこぼしの多い子の場合には撥水性の高い汚れにくいものを選んだり、という考え方もあります。

また、公園のベンチで食事を取ることがある方などは、イスだけではなくママに装着して膝で使用できる2wayタイプのものもありますので、自分にとって使いやすい商品を選ぶようにしましょう。

かさばらない!シンプルでコンパクトなチェアベルト

さて、ここからはチェアベルトのタイプ別にメリットやデメリットをご紹介していきましょう。

最初にご紹介するのは、かさばらないシンプルな形のチェアベルトです。

ベルトとバックルのみのチェアベルトは、ベルトをイスの裏から赤ちゃんの腰回りや肩、股下などを通して留めるだけの簡単仕様となっています。

丸めると本当に小さくまとめることができて、価格も数百円から販売しているものがあり非常に安価に求めることができるので、気軽に購入することができます。

ただし、デメリットとしてはベルトのみという形状のために痩せ型の赤ちゃんだと抜けやすい可能性があるということが挙げられます。

とはいえ、あまりきつく締めてしまうと赤ちゃんも苦しいので、赤ちゃんの体型を考慮して購入したほうが安心でしょう。

シンプルが良いけれどベルトだけでは少し心許ないと感じる場合には、腰回りと股下の部分が布でくるまれているパンツタイプのチェアベルトがおすすめです。

こちらのタイプは非常に種類が多く、お腹の部分の布地がポーチになっていてベルトを収納できる便利なものもあります。

できるだけコンパクトに持ち歩きたいという方にも向いているでしょう。

色や柄も豊富なので、好みのものを選べるのも嬉しいですね。

肩も腰回りもしっかりホールド!安心設計のチェアベルト

シンプルでコンパクトなチェアベルトをご紹介しましたが、やはり持ち運びに多少かさばってもできるだけ安全な商品を選びたいという方もいらっしゃるでしょう。

シンプルなものはおとなしい赤ちゃんであれば向いているかもしれませんが、元気いっぱいの赤ちゃんには不向きな面もあります。

やはり、よく動く赤ちゃんには全身をしっかりと支えてくれるものを選ぶようにしたいものです。

そこでおすすめしたいのは、肩ひも付きのパンツ型チェアベルトです。

パンツ型の中でも、肩ひも付きのものならば赤ちゃんの胸あたりまでをしっかりと支えてくれるタイプが多くあります。

腰から下だけだとすっぽりと抜けてしまう不安がありますが、股下から胸まで包み込まれて、肩はベルトで固定されていれば抜けてしまうということはありません。

そして、赤ちゃんの身体をしっかりと支えてもイスへの装着が甘いと落下の危険がありますので、イスへの取り付けもしっかりとしているほうが安心です。

イスへの取り付け方法も商品によって異なりますが、ベルトを1本後ろに回して留めるだけのタイプがあれば、イスの背もたれにチェアベルトと一体になっている布を被せる方法もあります。

背もたれとベルトの複数留めの商品もありますから、イスへの取り付け方も確認してからチェアベルトを購入したほうが良いでしょう。

赤ちゃんがしっかり座れたら肩を支えるタイプのチェアベルトも!

次にご紹介するのは、肩口を支えるタイプのチェアベルトです。

商品によって「オーバーオール」タイプや「サロペット」タイプと呼ばれていて、その多くが迷子ひもも兼ねている便利な商品です。

形としては、オーバーオールの上部分だけを切り取ったようになっていて、イスに繋ぐベルト部分は迷子ひもとして使えたり、別にハーネスが付いているものもあります。

迷子ひもやハーネスについては賛否両論ありますし、当然好みとしても分かれるところでしょう。

しかし、赤ちゃんの安全を第一に考えた時には、ハーネスは非常に有効な手段だと考えます。

また、ハーネスとチェアベルトが一体になっているのなら、お母さんの荷物も少し減らすことができますので一石二鳥ともいえます。

ただし、こうした上半身だけを支えるタイプのチェアベルトは、これまでにご紹介した商品のように下半身を支えてくれないため、しっかりと自分だけで座れるようになった赤ちゃんでないと使用は難しいと考えます。

まだ座り始めて間もない赤ちゃんや、よちよち歩きもしていない赤ちゃんであれば、下半身をしっかり支えてくれるタイプを選んだほうが安心でしょう。

赤ちゃん用のチェアベルトを使用する時の注意点

最後に、赤ちゃん用のチェアベルトを使用する時の注意点をご紹介します。

赤ちゃん用のチェアベルトには様々な種類があると述べましたが、使用できる月齢も商品によって異なります。

多くは生後6ヶ月~3歳までというように長期的に使えるものばかりですが、見た感じで判断してしまうと自分の子どもには小さかったり大きかったりすることがありますので、必ず月齢を確認するようにしましょう。

また、月齢が合っていても赤ちゃんが小柄な場合などはやはり使用感が変わってきますので、ベルトタイプよりパンツタイプを選ぶなどの工夫が必要です。

また、チェアベルトは必ずしも全てのイスに使用できるわけではありません。

ベルトを通せる位置に背もたれが付いていないものや、イームズチェアのように背もたれが広く丸いタイプのイスではチェアベルトのベルトが回らなかったり、取り付けられなかったりする場合もあります。

そのため、入るお店によっては使えない場合もあるので、できるだけファミリー層向けのお店に入ったほうが間違いないと考えます。

そして、チェアベルトを付けているとつい安心してしまいがちですが、使用時も赤ちゃんからは目を離さないようにしましょう。

もちろん一瞬も目を離さないというのは無理なことですが、「チェアベルトがあるから」と安心しきってしまうと咄嗟の時にすぐ動くことができなくなってしまいます。

あくまでもベルトは安全のための保険として、赤ちゃんと食事を楽しむものとして利用したいものです。

赤ちゃんグッズで便利なものはどんどん使ってみよう

赤ちゃんがひとりいるだけで楽しいことはたくさん増えますが、お母さんの心労はもっと増えるものです。

なんでも購入すれば良いというわけではありませんが、赤ちゃんの危険回避ができるものやお母さんのストレスを軽減できるものは、ぜひ取り入れたいものですね。

赤ちゃんがお母さんと2人で過ごす時は短いものです。

便利だと感じるものはどんどん取り入れて、赤ちゃんとの生活を思いきり楽しんでみましょう。