間接照明の上手な使い方!寝室をおしゃれな空間に変えよう!

おしゃれなカフェやホテルなどに設置されている、光の反射を利用した照明は間接照明と呼ばれます。

この間接照明は、ご家庭の寝室の照明としても適していると言われています。

間接照明の特性を踏まえて、寝室に使用する場合のメリットや基本的な使用方法、使用する際の注意点などをご紹介します。

寝室におすすめの間接照明の設置方法などもご説明しますので、ご自宅の寝室の雰囲気作りに活用してみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

フロアライトで部屋を北欧風に!おすすめはLEDライト

憧れの北欧風の部屋には、おしゃれなフロアライトが使われている傾向があります。そこで、部屋を大...

寝室の間接照明にはLEDがおすすめ!その理由や演出方法とは

「たっぷり寝たはずなのに疲れが取れない」という方は、寝室の照明を見直してみましょう。睡眠は「...

リビング照明は「ダウンライト」でおしゃれな空間づくりに!

家を新築・リフォームするなら、「リビングはおしゃれな雰囲気にしたい!」という方が多いでしょう。...

蛍光灯が点滅していて気になる!LEDに交換してみよう!

蛍光灯の点滅は、誰でも気になってしまいますよね。そんな時は、「LEDに交換したい」という人も...

ロマンチックな海外ベッドルームへ!ライト使いで素敵に

海外のベッドルームはお洒落で、ライト使いもとても参考になります。自分だけのとっておきのプライ...

ダウンライトをリビングに取り入れたい!色や配置は?

天井に埋め込む形のダウンライトは、すっきりとした空間を作り上げることができます。以前は、リビ...

LED電球とソケットと100均の材料で自作照明を作ろう

最近では、多くのご家庭でLED電球が取り入れられています。省電力でありながらも、明るいことで...

賃貸マンションの照明器具を交換したい!事前に連絡が必要?

賃貸マンションに入居するときは、元から部屋に照明器具が取り付けられていることが多いでしょう。...

インバーター蛍光灯がつかない時の原因&対処法をご紹介!

近年では、インバーター蛍光灯が多く普及されているので、使っているという人も多いのではないでしょう...

和室は間接照明と天井照明でおしゃれな空間にできる!

新築の住宅では和室を作らないという人も増えているそうです。しかし、旅館に泊まったとき和室があ...

ダイニングテーブルと照明の関係!真上に来ないときは?

ダイニングテーブルの真上に、ぴったり来るように配置された照明。照明は、食事を美味しそうに見せ...

16畳のLDKにはどんな照明がおすすめ?数や明るさも考えよう

LDKの広さや形は家によって異なりますが、LDKが広くなればなるほど迷ってしまうのが「照明」では...

ダウンライトをペンダントライトに変更したい!その方法は?

リビング・ダイニングや寝室など、様々な部屋にダウンライトを設置している方は比較的多いのではないで...

天井照明の位置を変えたい!そんなときに役立つアイデアとは

ご自宅の模様替えをしたときに、「天井照明の位置を変えられたら…」と思うことがあるかもしれません。...

趣ある和室を間接照明で彩る!おしゃれな照明器具の選び方

お部屋の雰囲気をおしゃれに演出できる照明器具は、インテリアの1つです。その中でも、種類が...

スポンサーリンク

照明は大きく2つに分類される!間接照明ってどんなもの?

照明は、今やおしゃれなお部屋作りには欠かせないインテリアの1つと言われています。

照明は大きく2つに分類されます。

1つ目が、直接照明です。

光で直接的に空間や物を照らす照明方法で、照明効率が高いとされています。

職場や学校などで使用されている、ごく一般的な照明です。

もう1つが、間接照明です。

こちらは、光を何かに当ててその反射を利用する照明方法です。

ムーディーな雰囲気を演出できることから、カフェやホテルなどで使用されているのをよく見掛けますよね。

デスクなどの作業場所に直接光を当てる直接照明とは異なり、お部屋全体の明るさを確保するための照明とも言えます。

このように、大きく2種類に分けられる照明方法の中から、おしゃれな寝室作りの一環として、間接照明を上手に取り入れる方法をご紹介します。

間接照明を寝室に使用するメリット

間接照明は、ご家庭の寝室に適した照明と言われています。

間接照明を寝室に使用するメリットを、ざっと挙げてみましょう。

●眩しすぎない

●リラックス効果がある

●ムードがある

●立体感を出すことができる

直接照明と比較すると、反射を利用して光を確保する間接照明は眩しすぎないという特徴があります。

程よい明るさは安眠にとても重要だとされています。

また、柔らかくお部屋を照らすことでリラックス効果も期待でき、入眠しやすい環境作りにも適していますね。

もちろん、ムードを演出しやすいという魅力も忘れてはいけません。

間接照明を上手く利用すれば、まるで、高級ホテルの1室のようなおしゃれな雰囲気を自宅の寝室でも演出できるのです。

さらに、間接照明を使用することで影が生まれ、立体感を表現することも可能になると言われています。

お部屋を広く見せることや奥行きを出す効果があることから、今まで狭いと感じていた寝室のイメージをぐっと変化させることができますね。

このようにたくさんのメリットが考えられます。

間接照明を利用すれば、寝室をよりおしゃれに変化させることができるのです。

間接照明を寝室でおしゃれに使用するテクニックは?

実際に寝室に間接照明を使用するのなら、どのようの方法があるのでしょうか。

専門的な技術を伴う方法はたくさんありますが、その中から手軽に試せるものを3つご紹介します。

●天井や壁に光を向ける

間接照明を使用するうえで、最も基本的なテクニックとも言われています。

天井や壁を照らし、その反射した光のみで寝室全体の光を確保する方法です。

温かみのある優しい雰囲気を醸し出し、おしゃれな寝室を演出しやすい方法です。

●目立たせたい物に光を向ける

美術館などで使用されるテクニックと言われています。

寝室内に絵やパネルなどを飾ってある場合には、是非お試しいただきたい方法です。

お気に入りの家具や小物、寝室内に配置した観葉植物などに光を当ててみるのもいいですね。

寝室内のインテリアを強調することで、ぐっとおしゃれな雰囲気になります。

●わざと影をつくる

わざと影をつくるように照明を設置するのも、オススメのテクニックの1つです。

適度に暗くなり、落ち着いた空間を作り出すことができます。

ムーディな演出としてはもちろん、眠りの質を追求する方にもオススメの方法と言えます。

寝室に間接照明を使用する際の注意点は?

おしゃれな雰囲気をつくることができ安眠効果も期待できることから、寝室に是非お試しいただきたい間接照明ですが、使用するにあたって気をつけなければならないこともあります。

間接照明を寝室に利用する際の注意点も挙げておきましょう。

まずは、寝室内が暗くなりすぎないようにしましょう。

ムードある雰囲気を考慮するばかりにあまりに暗くしすぎると、不便を感じることも生じてきます。

特に、足元が暗すぎると、夜間にトイレに立つ際などのちょっとした移動がとても不便になる場合があります。

転倒などによる怪我の危険性もありますので、注意が必要です。

また、火災なども危険要素として考えられます。

間接照明には、アロマキャンドルや蝋燭なども含まれます。

リラックス効果やムード作りとして、寝室にこれらを取り入れる方もいらっしゃるとは思いますが、くれぐれも火の元には気をつけておきましょう。

壁際やベッド付近に配置するととても危険ですので、十分な考慮が必要になります。

寝室の間接照明におしゃれなペンダントライトをプラス!

寝室に間接照明を使用する具体的な方法もご紹介しておきましょう。

おしゃれな寝室作りをテーマに、間接照明とペンダンライトを組み合わせる方法をご紹介します。

まずは、ベッドを全体的に柔らかい光で包み込むように、天井や壁に向けて間接照明を設置します。

これだけでは少しシンプルすぎますので、合わせ技としてペンダントライトを設置してみましょう。

ペンダントライトはおしゃれなデザインのものがたくさんあります。

寝室の他のインテリアとの兼ね合いも考えて、アクセントとしてペンダントライトを選んでみましょう。

ベッドの両サイドやサイドテーブルの上などに配置するとバランスよく、且つ、ベッド周りを素敵に演出できますね。

ここで、注意すべきことも挙げておきます。

間接照明もペンダントライトも、ベッドに横になった時に直接光源が目に入らないように、設置場所や角度をしっかりと考慮しておくことが大切です。

ペンダントライトは、光が真下に落ちるようにするといいですね。

眠りを妨げない気配りをしっかりとておくことも大切です。

ダウンライトを合わせてムード漂うおしゃれな寝室に!

おしゃれな寝室作りに向けて、間接照明を利用する方法をもう1つ挙げてみましょう。

壁や天井を照らす基本的な方法ももちろんおすすめですが、ここでは、足元から照らすことに重点を置きます。

間接照明とダウンライトの両方を足元に設置してみましょう。

おしゃれ且つ、機能性にもしっかりとこだわった方法です。

まずはライン状の照明器具を選び、床置きにして間接照明として利用します。

床面から壁に向かう光は、ムーディなだけでなくどこか上品な印象を与えると言われ、様々な場面で取り入れられる方法でもあります。

まさに、寝室にぴったりの間接照明とも言えますね。

これだけでは少し光が弱く暗すぎて夜間の移動などには危険を伴いますので、足元を照らす光も確保しておきましょう。

ここでおすすめなのが、ピンホール型のダウンライトです。

ベッドの足元を照らす位置に配置すれば、ベッドに横になっても直接光源が目に入る心配もありませんね。

おしゃれでリラックスできる寝室に!間接照明がおすすめ

リビングやダイニングのようにインテリアの1つとしておしゃれな照明にこだわることに加えて、寝室にはリラックスして安眠できる照明選びが重要です。

そこで、おすすめしたいのが間接照明です。

間接照明の柔らかな光は寝室をムーディに演出し、眩しすぎず、心地よい眠りに導くことができるとされています。

ペンダントライトやダウンライトなども合わせて使用し、おしゃれなだけでなく機能性も考慮してみましょう。