「ガレージスタイルインテリア」に近づけるDIYアイデア!

「男の秘密基地」「仲間が集まる趣味部屋」、そんなイメージのガレージスタイルインテリアに、憧れを抱いている方は多いはずです。

お部屋の雰囲気をガレージ風にするときは、簡単なDIYからはじめてみましょう。

DIYアイデアをご紹介しつつ、インテリアコーディネートのポイントについてもお話ししていきます。

まずは、ガレージスタイルインテリアの概要について、もう少し掘り下げてみてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

おしゃれなキッズ用テーブル&椅子で子供の自立心を育てよう

小学校に入学すると、これまでの遊びを中心とした生活から、学習を中心とした生活へシフトされます。...

ダイニングにスツールを置きたい!おしゃれなアイテムとは?

スツールは、一つあると重宝する家具であるといえるでしょう。いろいろな用途で使えるスツールです...

お洒落な間接照明!おすすめは手軽な壁付けコンセントタイプ

壁付けタイプの間接照明器具は、お洒落な雰囲気を演出できる照明器具として人気の高いアイテムです。...

インテリアがぐんとおしゃれに!必見!シェルフの飾り方

シェルフは、単に本や雑誌を立てかけるだけではなく、もはやおしゃれなインテリアには欠かせない家具の...

オレンジのソファをインテリアに!コーディネートのコツは?

ビタミンカラーの代表とされるオレンジを、お部屋のインテリアに取り入れたいと考えたことはないでしょ...

気になる木製テーブルの凹みに!自分でできる修理方法

食器類やパソコン、スマホ、お子さんのおもちゃなどで、木製のテーブルの天板に凹みが生じてしまうこと...

初心者はシェルフに白いアンティーク風ペイントをしてみよう

お部屋のインテリアをアンティーク風にしてみたいと思ってはいませんか。しかし本物のアンティーク...

選んでほしいウォールナットの床!傷への対処方法もご紹介

選ぶ床の素材によって部屋の雰囲気は大きく変わります。もし、自然な風合いを生かしたオリジナルな...

テーブルをDIY!水性ウレタンニスで塗り替えにチャレンジ!

テーブルは、日常生活の中でもよく使う家具です。そのため、長く使っていれば塗装が剥がれ、所々に...

自宅のガーデンにチェアやソファを!IKEAのアイテムをご紹介

自宅のガーデンをくつろぎの空間にしませんか。くつろぎには「チェア」や「ソファ」が欠かせません...

シェルフを使って本を収納しよう!選び方と収納のポイント

本の収納に困っているならシェルフを使ってみましょう。シェルフを使うことで、あふれかえった本が...

テーブルの天板だけオーダーメイドで!素材を選ぼう

天板の取り外しができるテーブルは、長く使っていると、天板だけ新しいものに変えたいと思うことがあり...

リラックスタイムにおすすめチェア!IKEA・無印などから紹介

自宅でリラックスして過ごしたいというときには、パーソナルチェアがおすすめです。近年はさまざま...

間接照明でリビングを彩る!賃貸でも使えるアイディア

リビングを劇的にイメージチェンジしたいなら、家具の配置を変えるよりもおすすめなのは、間接照明を使...

テクニック習得!「間接照明」で部屋をおしゃれにしよう!

「部屋をもっとおしゃれにしたい!」「リラックスできる空間が理想…」という方は、室内に間接照明を取...

スポンサーリンク

男の憧れ!ガレージスタイルインテリアとは?

「ガレージスタイルインテリア」と聞いても、なかなかピンとこない方は、工房のようなワークスペースをイメージしてみてください。

車やバイクをいじったり、アートやものづくりをたのしんだりと、趣味をメインとした空間も当てはまります。

ここで、ガレージスタイルインテリアの特徴を見てみましょう。

【ガレージスタイルインテリアの特徴】

・男らしさを感じる
・趣味に対してのこだわりを感じる
・素朴なのにカッコイイ
・隠れ家のような雰囲気
・工具やガラクタが置いてある
・アメリカンテイストがちりばめられている

ガレージスタイルインテリアに挑戦するときは、「男前インテリア」や「塩系インテリア」などと同じように、無骨さやクールな雰囲気を演出してみましょう。

次項からは、ガレージ風のお部屋にするためのDIYアイデアや、インテリア術をご紹介していきます。

あまりお金はかけずに、おしゃれな空間へと変身させましょう。

DIYで壁面をガレージスタイルに!

はじめは、お部屋の印象を大きく左右する、壁面から変えてみてください。

DIYで壁面の雰囲気を変えたいときは、「剥がせる壁紙」を利用してみましょう。

のちのち剥がせるタイプなら、ミスしても貼り直せますし、壁に大きなダメージを与えることもありません。

ガレージスタイルインテリアでは、以下のパターン(模様)がおすすめです。

◯レンガ調

海外のガレージでは、壁材にレンガを使っていることもあるそうです。

レンガパターンはインパクトがあるため、壁全面に貼るのではなく、一面のみの「アクセントクロス」として利用してみましょう。

アクセントクロスとして使用するのであれば、目につくところに貼ってください。

◯木目調

木材風の壁紙を貼ることで、少し落ち着いた雰囲気に仕上がります。

板貼り柄やヘリンボーン柄がおすすめで、古びた感じのデザインになっていると、なお良いです。

◯コンクリート打ちっ放し

むき出しになっているコンクリート壁からは、倉庫のような雰囲気を感じますね。

コンクリート風の壁紙にもさまざまな模様があるので、お好みで選んでみましょう。

ブロック調になっているものや、つなぎ目が分かりにくくなっているものなど、色や風合いにも違いがあります。

木製テーブルをおしゃれにDIY!

続いてご紹介するのは、お手持ちの「木製テーブル」を、DIYでリメイクするアイデアです。

もともと所有していなければ、リサイクルショップで安く購入することもできます。

ガレージスタイルインテリアには、使い古したような木製家具がマッチしますから、ぜひDIYに挑戦してみてください。

木製テーブルのリメイク術としては、以下の方法が挙げられます。

◯天板にリメイクシートを貼る

古材風のリメイクシートを利用することで、簡単におしゃれな雰囲気のテーブルに生まれ変わります。

こちらの方法は、DIY初心者でもチャレンジしやすいでしょう。

◯1×4材の天板をのせる

天板に新たな板材を固定すると、テーブルのイメージがガラッと変わります。

ただし、板材をのせるぶん重量は増してしまうので、移動させるのには少し苦労するかもしれません。

◯塗料を剥がしてオイルステインを塗る

木製テーブルをワイルドな印象にしたいときは、サンディングをしてから、新たにオイルステインを塗ってみてください。

このとき使用するオイルステインは、木目を活かすタイプのものがおすすめです。

木材ならではの味わいを感じさせると、男らしい雰囲気のインテリアにも馴染みやすいでしょう。

ガレージスタイルインテリアに合うソファは!?

ここでは、リラックスタイムに欠かせないうえ、お部屋のアクセントにもなる「ソファ」について取り上げます。

ガレージスタイルインテリアにおすすめなのは、重厚感のある「黒レザーソファ」です。

脚部には木材が使用されており、座面はビンテージ調に加工されていると、よりお部屋のテイスト感にマッチします。

新品でピカピカのソファというよりも、少しジャンク感が出ていると良いでしょう。

もし、DIYでソファをつくるなら、すのこや木製パレットを活用してみてください。

特に木製パレットはおすすめで、パレットを数段重ねた上に厚手のクッションをのせるだけで、お手製ソファの完成です。

手づくり感のある雰囲気が、ガレージスタイルインテリアのテイスト感を高めてくれます。

木製パレットは通販サイトでも手に入るので、気になる方は探してみてください。

使えるインテリアアイテム!有孔ボードDIYでガレージ感を演出!

ガレージスタイルインテリアには、「有孔ボード」を取り入れてみましょう。

有孔ボードとは、小さな穴が規則正しく並んであいている板で、「ペグボード」や「パンチングボード」と呼ばれることもあります。

有孔ボードの穴にフックパーツを取りつけ、そこにペンチなどの工具を引っかけるだけで、本格的なガレージスタイルの演出が可能となります。

こうして工具をかけておくことで、いざというときに手に取りやすいというメリットもありますから、実用的ですね。

クールな雰囲気を出したいときは、ブラックカラーの有孔ボードを選んでみてください。

ホワイトやベージュカラーの有孔ボードなら、DIYで色を塗り替えてみましょう。

有孔ボードの塗装には、ローラーや刷毛を使います。

塗装する際の注意点としては、一度に塗料をつけすぎないことです。

塗料をベッタリ塗ってしまうと、有孔ボードの穴がふさがってしまいます。

そのため、少しずつペイントしていくことがポイントとなります。

アメリカンなガレージング雑貨をディスプレイ!

最後は、ガレージスタイルインテリアにぴったりの「ガレージング雑貨」をご紹介します。

遊び心のあるアイテムをディスプレイして、お部屋を秘密基地のような雰囲気にしてみてください。

◯ブリキオブジェ

ブリキカーやブリキバイクなど、年季の入ったブリキアイテムを飾ってみましょう。

◯アンティーク看板

道路標識パネルやガレージウッドサインなど、レトロな雰囲気の看板が人気です。

◯オイル缶スツール

使用済みのオイル缶と専用クッションパーツがあれば、便利なスツールをつくることができます。

アメリカ雑貨ショップで、完成品を購入することも可能です。

以上、おすすめのガレージング雑貨をご紹介しました。

もし、新品のガレージング雑貨なら、DIYでダメージ加工をするとビンテージ感が演出できます。

サンドペーパーで表面を削ってみたり、ハサミやドライバーでキズをつけたりすると、よりジャンクなイメージとなるでしょう。

自室でガレージスタイルインテリアを再現!

ガレージスタイルのお部屋を目指すときは、「手づくり感」と「ビンテージ感」を演出していきましょう。

ご自分の好きなものを詰め込み、おしゃれなガレージスタイルインテリアを実現させてください。

DIYアイデアを盛り込みながら、趣味部屋のような雰囲気をアピールできると良いですね。