「ガレージスタイルインテリア」に近づけるDIYアイデア!

「男の秘密基地」「仲間が集まる趣味部屋」、そんなイメージのガレージスタイルインテリアに、憧れを抱いている方は多いはずです。

お部屋の雰囲気をガレージ風にするときは、簡単なDIYからはじめてみましょう。

DIYアイデアをご紹介しつつ、インテリアコーディネートのポイントについてもお話ししていきます。

まずは、ガレージスタイルインテリアの概要について、もう少し掘り下げてみてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ダイニングにスツールを置きたい!おしゃれなアイテムとは?

スツールは、一つあると重宝する家具であるといえるでしょう。いろいろな用途で使えるスツールです...

オープンシェルフに食器を収納するアイデア!

1人暮らしの方や、お部屋が狭くて食器棚を設置するのが難しい方にお伝えしたいのが、オープンタイプの...

スツールを選ぶなら!収納付きでおしゃれなタイプがおすすめ

一口にスツールと言っても、さまざまな種類があります。おしゃれなデザインであったり、収納付きな...

おすすめスツール8選!収納にも役立つ低いスツールを紹介!

座ってリラックスしたり、踏み台として使用したり、玄関で靴を履くときに腰掛けたりなど、さまざまな場...

人気のマッシュルームスツール!カバーを掛けて更に魅力UP

匠工芸が手掛けるマッシュルームスツールは、デザイン性に優れた可愛らしいフォルムが人気です。そ...

間接照明で一人暮らしの男の部屋をおしゃれに演出してみよう

男の一人暮らしは殺風景になりがちですが、せっかくならおしゃれに楽しみたいですよね。お部屋の雰...

大人気スツール特集!椅子だけではないおしゃれな使い方とは

スツールはさっと簡単に移動させることのできる、突然の来客があったときなどに便利な椅子です。し...

おしゃれなテレビキャビネットが欲しい!~北欧スタイル編~

引っ越しや模様替えで、テレビキャビネットを新たに購入する機会があります。せっかく購入するなら...

ニトリのラタンチェア5選!軽くて丈夫なおすすめ商品

ラタンチェアは、アジアンテイストやナチュラルテイストなインテリアに合いますし、和室にもマッチしま...

シャビーシックなインテリアにしたい!ブログからコツを学ぶ

「北欧インテリア」や「男前インテリア」に様々なインテリアがあるように、「シャビーシック」と一口に...

無垢材のテーブルにシミが!シミの取り方とコーティング方法

天然木から作られた無垢材は、木の温かみや香りを感じることができ、長く使用するほど経年変化を楽しむ...

革張りソファのお手入れ方法!本革はきちんとしたお手入れを

革張りソファは本革であるため、お手入れが必要です。お手入れというと少し面倒な気もしますが、日...

スツールなのに収納もできる!子供部屋におすすめのスツール

子供のおもちゃの収納場所にお困りの方は多いのではないでしょうか。また、子供部屋にまだ椅子...

愛着ある木のテーブルはワックスを掛けて大切に使おう

木のテーブルは素材やデザインだけでなく、塗装方法によって見た目の印象や使用感が大きく変わると言わ...

シェルフは白で決まり!おしゃれなインテリアにするには?

シェルフは、収納スペースとしての機能的な側面のほかにも、部屋をおしゃれに見せてくれるアイテムです...

スポンサーリンク

男の憧れ!ガレージスタイルインテリアとは?

「ガレージスタイルインテリア」と聞いても、なかなかピンとこない方は、工房のようなワークスペースをイメージしてみてください。

車やバイクをいじったり、アートやものづくりをたのしんだりと、趣味をメインとした空間も当てはまります。

ここで、ガレージスタイルインテリアの特徴を見てみましょう。

【ガレージスタイルインテリアの特徴】

・男らしさを感じる
・趣味に対してのこだわりを感じる
・素朴なのにカッコイイ
・隠れ家のような雰囲気
・工具やガラクタが置いてある
・アメリカンテイストがちりばめられている

ガレージスタイルインテリアに挑戦するときは、「男前インテリア」や「塩系インテリア」などと同じように、無骨さやクールな雰囲気を演出してみましょう。

次項からは、ガレージ風のお部屋にするためのDIYアイデアや、インテリア術をご紹介していきます。

あまりお金はかけずに、おしゃれな空間へと変身させましょう。

DIYで壁面をガレージスタイルに!

はじめは、お部屋の印象を大きく左右する、壁面から変えてみてください。

DIYで壁面の雰囲気を変えたいときは、「剥がせる壁紙」を利用してみましょう。

のちのち剥がせるタイプなら、ミスしても貼り直せますし、壁に大きなダメージを与えることもありません。

ガレージスタイルインテリアでは、以下のパターン(模様)がおすすめです。

◯レンガ調

海外のガレージでは、壁材にレンガを使っていることもあるそうです。

レンガパターンはインパクトがあるため、壁全面に貼るのではなく、一面のみの「アクセントクロス」として利用してみましょう。

アクセントクロスとして使用するのであれば、目につくところに貼ってください。

◯木目調

木材風の壁紙を貼ることで、少し落ち着いた雰囲気に仕上がります。

板貼り柄やヘリンボーン柄がおすすめで、古びた感じのデザインになっていると、なお良いです。

◯コンクリート打ちっ放し

むき出しになっているコンクリート壁からは、倉庫のような雰囲気を感じますね。

コンクリート風の壁紙にもさまざまな模様があるので、お好みで選んでみましょう。

ブロック調になっているものや、つなぎ目が分かりにくくなっているものなど、色や風合いにも違いがあります。

木製テーブルをおしゃれにDIY!

続いてご紹介するのは、お手持ちの「木製テーブル」を、DIYでリメイクするアイデアです。

もともと所有していなければ、リサイクルショップで安く購入することもできます。

ガレージスタイルインテリアには、使い古したような木製家具がマッチしますから、ぜひDIYに挑戦してみてください。

木製テーブルのリメイク術としては、以下の方法が挙げられます。

◯天板にリメイクシートを貼る

古材風のリメイクシートを利用することで、簡単におしゃれな雰囲気のテーブルに生まれ変わります。

こちらの方法は、DIY初心者でもチャレンジしやすいでしょう。

◯1×4材の天板をのせる

天板に新たな板材を固定すると、テーブルのイメージがガラッと変わります。

ただし、板材をのせるぶん重量は増してしまうので、移動させるのには少し苦労するかもしれません。

◯塗料を剥がしてオイルステインを塗る

木製テーブルをワイルドな印象にしたいときは、サンディングをしてから、新たにオイルステインを塗ってみてください。

このとき使用するオイルステインは、木目を活かすタイプのものがおすすめです。

木材ならではの味わいを感じさせると、男らしい雰囲気のインテリアにも馴染みやすいでしょう。

ガレージスタイルインテリアに合うソファは!?

ここでは、リラックスタイムに欠かせないうえ、お部屋のアクセントにもなる「ソファ」について取り上げます。

ガレージスタイルインテリアにおすすめなのは、重厚感のある「黒レザーソファ」です。

脚部には木材が使用されており、座面はビンテージ調に加工されていると、よりお部屋のテイスト感にマッチします。

新品でピカピカのソファというよりも、少しジャンク感が出ていると良いでしょう。

もし、DIYでソファをつくるなら、すのこや木製パレットを活用してみてください。

特に木製パレットはおすすめで、パレットを数段重ねた上に厚手のクッションをのせるだけで、お手製ソファの完成です。

手づくり感のある雰囲気が、ガレージスタイルインテリアのテイスト感を高めてくれます。

木製パレットは通販サイトでも手に入るので、気になる方は探してみてください。

使えるインテリアアイテム!有孔ボードDIYでガレージ感を演出!

ガレージスタイルインテリアには、「有孔ボード」を取り入れてみましょう。

有孔ボードとは、小さな穴が規則正しく並んであいている板で、「ペグボード」や「パンチングボード」と呼ばれることもあります。

有孔ボードの穴にフックパーツを取りつけ、そこにペンチなどの工具を引っかけるだけで、本格的なガレージスタイルの演出が可能となります。

こうして工具をかけておくことで、いざというときに手に取りやすいというメリットもありますから、実用的ですね。

クールな雰囲気を出したいときは、ブラックカラーの有孔ボードを選んでみてください。

ホワイトやベージュカラーの有孔ボードなら、DIYで色を塗り替えてみましょう。

有孔ボードの塗装には、ローラーや刷毛を使います。

塗装する際の注意点としては、一度に塗料をつけすぎないことです。

塗料をベッタリ塗ってしまうと、有孔ボードの穴がふさがってしまいます。

そのため、少しずつペイントしていくことがポイントとなります。

アメリカンなガレージング雑貨をディスプレイ!

最後は、ガレージスタイルインテリアにぴったりの「ガレージング雑貨」をご紹介します。

遊び心のあるアイテムをディスプレイして、お部屋を秘密基地のような雰囲気にしてみてください。

◯ブリキオブジェ

ブリキカーやブリキバイクなど、年季の入ったブリキアイテムを飾ってみましょう。

◯アンティーク看板

道路標識パネルやガレージウッドサインなど、レトロな雰囲気の看板が人気です。

◯オイル缶スツール

使用済みのオイル缶と専用クッションパーツがあれば、便利なスツールをつくることができます。

アメリカ雑貨ショップで、完成品を購入することも可能です。

以上、おすすめのガレージング雑貨をご紹介しました。

もし、新品のガレージング雑貨なら、DIYでダメージ加工をするとビンテージ感が演出できます。

サンドペーパーで表面を削ってみたり、ハサミやドライバーでキズをつけたりすると、よりジャンクなイメージとなるでしょう。

自室でガレージスタイルインテリアを再現!

ガレージスタイルのお部屋を目指すときは、「手づくり感」と「ビンテージ感」を演出していきましょう。

ご自分の好きなものを詰め込み、おしゃれなガレージスタイルインテリアを実現させてください。

DIYアイデアを盛り込みながら、趣味部屋のような雰囲気をアピールできると良いですね。