シェルフにものを収納する際のアイデアを場所別に紹介!

キッチンやリビングは、ものが多く収納には工夫が必要です。

今回は、シェルフにものを収納する際のアイデアを場所別に解説します。

キッチン・リビング・寝室のシェルフの収納アイデアを順番にご紹介するのでぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自宅のガーデンにチェアやソファを!IKEAのアイテムをご紹介

自宅のガーデンをくつろぎの空間にしませんか。くつろぎには「チェア」や「ソファ」が欠かせません...

ダイニングテーブルはガラス製か木製か?2つの特徴を比較!

大きな家具であるダイニングテーブルは、やはりこだわったものを置きたいですよね。ダイニングテー...

オレンジのソファをインテリアに!コーディネートのコツは?

ビタミンカラーの代表とされるオレンジを、お部屋のインテリアに取り入れたいと考えたことはないでしょ...

無垢材のテーブルにシミが!シミの取り方とコーティング方法

天然木から作られた無垢材は、木の温かみや香りを感じることができ、長く使用するほど経年変化を楽しむ...

テーブルの天板だけオーダーメイドで!素材を選ぼう

天板の取り外しができるテーブルは、長く使っていると、天板だけ新しいものに変えたいと思うことがあり...

シェルフを使って洋服の収納を簡単便利に!おしゃれにも!

洋服は、タンスや引き出しタイプの衣装ケースに収納しているという方も多いのではないでしょうか。...

スツールと椅子の違いは?スツールの中でも収納付きが便利!

どちらにも座るという共通点があるものの、スツールと椅子、それぞれには明確な違いがあることをご存知...

突っ張りラックやシェルフでキッチンの収納に役立てよう!

毎日の食事をつくるキッチンの収納に悩む方も少なくありません。ものが乱雑に置かれていれば、調理...

ニトリのおしゃれなウッドチェア!目的に合った商品を選ぼう

木の家具に心惹かれる方は多いのではないでしょうか。ニトリの木製家具も、ナチュラルで上品な見た...

シェルフは白で決まり!おしゃれなインテリアにするには?

シェルフは、収納スペースとしての機能的な側面のほかにも、部屋をおしゃれに見せてくれるアイテムです...

おしゃれな部屋はダウンライトがつくる!電球や機能の選び方

「新築の家の照明を考える」、あるいは「今までの照明を変更したい」というときは、ダウンライトを検討...

シェルフを使いこなして服の収納をすっきりおしゃれに!

日々の収納がなかなかうまくいかず、悩まされていませんか?「シェルフに服を収納しようとしても思...

古くなったテーブルの天板をカッティングシートでリメイク!

長い間使っているテーブルの天板の汚れや傷が気になったら、カッティングシートでリメイクしてみません...

リビングシェルフの選び方!おしゃれな人気商品もご紹介

リビングは新聞や雑誌、日用品など、ものが多い場所です。そこで今回は、ものが多いリビングがすっ...

人類に勝った?!AIマッサージチェア「ルピナス」の実力とは

人工知能=AIを搭載したマッサージチェア「ルピナス」は、「マッサージ師の手技を超えた」と話題にな...

スポンサーリンク

キッチンシェルフの選び方や収納アイデア!

はじめにご紹介するのは、キッチンシェルフの収納アイデアです。

キッチンは、家の中でも調理器具や家電、家具など、ものが多い場所です。

したがって、キッチンでは空間効率を意識して収納しましょう。

そこで、空間を最大限に使えておすすめなのが、キッチンの壁面全体を使って収納できるシェルフです。

床から天井まである大きな壁面シェルフは、キッチン家電から調味料などの小物類までまとめて収納できます。

中には、シェルフの柱が突っ張りタイプになっており、棚板を自分好みにカスタムできるタイプのシェルフがあります。

オーブンレンジや炊飯器、鍋類など、収納物のサイズに合わせて棚板を調整し、キッチンの空間を無駄なく使えます。

また、キッチンの壁全体を使ったオーブンタイプのシェルフを使用する場合には、ホームセンターや家具店などで購入できるボックスやケースを組み合わせるのがおすすめです。

食品ストックや調味料などの細かいものは、ボックスの中に入れて収納するとすっきりとした印象になりほこりもかぶりません。

キッチンシェルフにものを収納する際の具体的なアイデア

ここでは、キッチンのシェルフにものを収納する際のアイデアを、もう少し具体的にご紹介します。

まず、キッチンの中でごちゃごちゃとしがちな調味料類をシェルフに収納する場合には、100均で購入可能なファイルケースを活用するのがおすすめです。

ファイルケースに、しょうゆやみりんなどのボトルの調味料を入れると、シェルフに収納した際すっきりとしたイメージになります。

また、ファイルケースは、フライパンやボウル類の収納にも適しておりおすすめです。

フライパンは収納する際に場所を取るため、ファイルケースを使うと本のように立てて収納できます。

ファイルケースは、オープンタイプのシェルフや、深さのある引き出しの付いたシェルフと組み合わせるのに向いています。

また、砂糖や塩、片栗粉などの調味料は、調味料ケースに入れて、シェルフに収納してみましょう。

蓋を片手で開けられるタイプの調味料ケースは、料理の途中で開けやすくおすすめです。

内容物が一目ではわかりにくい調味料にはラベリングしておくと良いでしょう。

キッチンのシェルフに食器もまとめて収納するアイデア!

省スペースなキッチンでは、食器棚を置けない場合があるかと思います。

そこでおすすめなのが、オープンタイプのシェルフに食器を収納するアイデアです。

食器棚のように扉や引き出しがないオープンタイプのシェルフも、工夫次第では食器をすっきりと収納できます。

例えば、小皿やカトラリー類などの細かいものは、安価に購入できる引き出し式の書類ケースに入れて収納するのがおすすめです。

オープンタイプのシェルフの中に、引き出し式の書類ケースを組み合わせると見た目もすっきりとして上手に整理整頓できます。

また、オープンタイプのシェルフに食器類を収納する場合には、かごやトレーと組み合わせるアイデアもおすすめです。

コップやティーセットなどは、まとめてトレーに入れて収納しておくと取り出す際にスムーズで見た目もすっきりします。

また、お茶碗類は、ひとまとめにしてかごに入れて収納すると、トレーと同様取り出しやすくなります。

リビングシェルフの選び方や収納アイデア!

ここでは、リビングのシェルフの選び方や収納アイデアをご紹介します。

リビングに設置するシェルフは、収納したいものに合わせたり使い勝手を考えたりして選びましょう。

リビングもキッチンと同様にものが多くなりがちな場所です。

リビングに適したシェルフには、オープンタイプや引き出しタイプ、扉が付いているタイプなどバリエーションが豊富にあります。

オープンタイプのシェルフは、頻繁に使用するものの収納に向いています。

扉や引き出しがないため、収納しているものを取りやすくおすすめです。

オープンタイプを選ぶ場合には、キッチンと同様にほこりの影響を受けたくないものはボックスやケースに入れて組み合わせると良いでしょう。

また、リビングに雑貨や観葉植物、レコードなど、飾りたいものがある場合にもオープンタイプのシェルフが向いています。

使用頻度が低いものを収納したり、来客が多く、リビングをなるべくすっきりとした状態にしておきたい場合には、引き出しや扉が付いたシェルフがおすすめです。

リビングシェルフにものを収納する際の具体的なアイデア

ここでは、リビングのシェルフにものを収納する際のアイデアをもう少し具体的にご紹介します。

まず、リビングにオープンタイプのシェルフをメインで設置する場合には、収納したいものに合ったケースやかごと組み合わせあるのがおすすめです。

例えば、掃除用のウェットシートやほこり取りなどの細かい日用品は、ワイヤーかごと布袋を組み合わせたものに入れて収納するとおしゃれになります。

ワイヤーかごのみだと中身が見えてしまいますが、日用品を布袋に入れてからかごに入れるとカモフラージュになるうえおしゃれです。

また、木製のオープンタイプのシェルフには、同じく木製の収納ボックスや自然素材のかごを組み合わせて収納するのがおすすめです。

木製の収納ボックスや自然素材のかごは、木製シェルフと相性がよく、ナチュラルテイストやカフェテイストな雰囲気に仕上がります。

来客時などに見せたくない日用品や雑誌、食品ストックなどを収納して、オープンタイプのシェルフと上手に組み合わせましょう。

寝室のシェルフにものを収納する際のアイデア!

最後は、寝室のシェルフにものを収納する際のアイデアを詳しく解説します。

寝室のシェルフに、衣類やファブリック類を収納するアイデアです。

まず、下着や靴下類は、シェルフの引き出しに仕切りを作って収納しましょう。

不織布の仕切りがついているケースを引き出しに入れ、下着を丸めて立てて収納すると、見た目もすっきりとして取り出しやすいです。

また、オープンタイプのシェルフに衣類を収納する場合には、アパレルショップで売られているときのように畳んで見せる収納にするのがおすすめです。

その際のポイントとしては1段目にはシャツを、2段目にはTシャツを、3段目にはボトムスをといったように衣類の種類に分けて収納すると良いでしょう。

また、オープンタイプのシェルフにベルトやネクタイなどの小物類を収納する場合には、小さな収納ボックスに入れると、ほこりをかぶらずおすすめです。

シェルフは収納アイデアをフル活用して整理整頓

キッチンやリビングといったものが多い場所のシェルフは、空間を有効活用できるものを選びましょう。

収納する際には100均などで購入できるアイテムと組み合わせて上手に整理整頓してみましょう。

今回、ご紹介してきたアイデアを参考に、お部屋をすっきり片付けてみてください。