【スツール特集】北欧風でおしゃれなデザインのものを厳選!

背もたれのない椅子「スツール」を購入するなら、おしゃれな北欧風デザインをチョイスしてみましょう。

北欧風スツールは、インテリア空間のアクセントになります。

テイストごとにおすすめの商品をご紹介していくので、ぜひとも参考にしてみてください。

それではまず、北欧インテリアの特徴から押さえておきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スツールを選ぶなら!収納付きでおしゃれなタイプがおすすめ

一口にスツールと言っても、さまざまな種類があります。おしゃれなデザインであったり、収納付きな...

おしゃれなテーブルが欲しい!一人暮らしでおすすめとは?

一人暮らしを始めるとき、「おしゃれで部屋にマッチするテーブルが欲しい」と考える方は多いでしょう。...

スノコを塗装してアンティーク風に!やり方をご紹介

近年人気のDIYにおいて、スノコが使われることはとても多いですよね。安価ですぐに手に入れられ...

憧れの一生ものの家具を追究!イームズのチェア&テーブル

憧れのブランドチェアといえば、「イームズ」を思い浮かべる方は多くいることでしょう。イームズは...

【ウォールシェルフ】選び方とおしゃれな飾り方が知りたい!

昨今のDIYブームにより、「ウォールシェルフ」の種類は多様化していると言います。お部屋のポイ...

ダウンライトのサイズに要注意!配置場所に適した選び方は?

お部屋の雰囲気を演出できる照明器具として、ダウンライトはあらゆる場所に配置され人気を集めています...

和室にダイニングテーブルを置いてみよう!上手な選び方は?

近年の日本家屋では、ダイニングテーブルはフローリング張りのダイニングキッチンなどに配置するのが一...

もうリビングは散らかさない!シェルフ収納のポイント

家族が集う憩いの場所「リビング」ですが、どうしても生活感が出やすくなりがちですよね。快適で心...

テーブルをDIY!水性ウレタンニスで塗り替えにチャレンジ!

テーブルは、日常生活の中でもよく使う家具です。そのため、長く使っていれば塗装が剥がれ、所々に...

突っ張りラックやシェルフでキッチンの収納に役立てよう!

毎日の食事をつくるキッチンの収納に悩む方も少なくありません。ものが乱雑に置かれていれば、調理...

リクライニングチェアでリラックス!おすすめブランドは?

背もたれを倒し、足をゆったりと伸ばしてリラックスしたいときに、リクライニングチェアがあるとよいで...

すのこベッドは通気性が抜群!床の傷対策を忘れずに行おう

賃貸では、家具などによって床が傷つくことを懸念されることが多いです。特にベッドなどの大型家具...

一人暮らしで快適な部屋作り!間接照明の便利な置き方とは

一人暮らしのいいところはどんなことでしょうか?自分のペースで過ごせる、こだわってインテリアコ...

シェルフは白で決まり!おしゃれなインテリアにするには?

シェルフは、収納スペースとしての機能的な側面のほかにも、部屋をおしゃれに見せてくれるアイテムです...

ニトリの透明テーブルマット!シワの伸ばし方や掃除方法

ダイニングスペースに必要な、ありとあらゆる商品を取りそろえているニトリで、透明なビニール製マット...

スポンサーリンク

シンプルおしゃれ!北欧インテリアの特徴とは

そもそも北欧インテリアは、ヨーロッパ北部の生活スタイルをモデルにしています。

「フィンランド」、「デンマーク」、「ノルウェー」、「スウェーデン」の国々です。

北欧インテリアの特徴としては、

・シンプルナチュラルでリラックスできる
・木の温もりを感じる
・差し色を投入した明るい雰囲気

これらが挙げられます。

インテリアコーディネートをシンプルする理由は、快適な暮らしを求めているからです。

雑然とした空間では、暮らしの質が下がります。

おしゃれでスッキリとしながらも、どこか「自然」を感じられるお部屋づくりがポイントなのでしょう。

また、木の温もりを大事にする理由としては、ヨーロッパ北部の気候が関係しています。

寒くて長い冬の時期を、少しでもあたたかく過ごすために、ほっこりとした雰囲気に仕上げているのだと言います。

そして、なるべく気持ちを落ち込ませないように、明るい差し色やパターン(模様)で、お部屋にアクセントを投入しているというわけです。

北欧インテリアについての説明は以上です。

北欧風のスツールを購入するときは、上記の特徴を踏まえておきましょう。

それでは次項から、テイストごとにおすすめのスツールをご紹介していきます。

これぞ北欧風!ナチュラルな木製スツール

ここからは、おしゃれな北欧風スツールをご紹介していきます。

まず取り上げるのは、シンプルな木製スツールです。

北欧インテリアに馴染みやすいデザインで、コーディネートの幅も広がります。

【Artek:STOOL E60】

原産国はフィンランドなので、「北欧風」ではなく本物の北欧家具です。

「アルヴァ・アアルト」デザインのスタッキングスツールで、反りの少ないバーチ材を使用しています。

ナチュラルな色味ですから、木目が美しく引き立っている印象です。

シンプルで丸みのあるフォルムは、長年愛用していても飽きがこないでしょう。

【ISSEIKI:LUSTE STOOL OAK H40】

オーク無垢材を使用しているスツールで、丸みのあるラウンドタイプと角ばったスクエアタイプから、好きなほうを選べます。

アンティーク調の塗装により、深みのある雰囲気に仕上がっています。

脚は「ハの字」になっていますから、安定感のある構造と言えます。

座面がクッションになっている北欧風スツール!

続いてご紹介するのは、座面がクッションになっている北欧風スツールです。

座り心地の良いスツールをお求めの方は、ぜひチェックしてみてください。

【AZUMAYA:バンビスツール ベージュ色 CL-785CBE】

脚部に白木が使われ、座面には厚みのあるクッションがついています。

フカフカとした座り心地なので、ダイニングチェアとしても使えそうです。

豊富なカラーバリエーションで、ナチュラルなベージュのほかにも、ブラウン、グレー、ネイビー、アクアブルー(水色)、レッドがラインナップされています。

インテリア空間のアクセントとしたいときは、アクアブルーやレッドのような色味を選んでみても良いでしょう。

【SIEVE:fluff dining stool】

ロータイプのスツールで、木のフレームはやさしい色合いに仕上がっています。

カラーバリエーションは、おしゃれなマスタード、ネイビー、ベージュ、ライトブルーで、どれも北欧インテリアに馴染みやすい雰囲気でしょう。

座面のクッションは横幅が広く、カバーは取り外し可能です。

ドライクリーニングすることもできますから、きれいな状態をキープしやすいのではないでしょうか。

カラフルでおしゃれな北欧風スツール!

次は、北欧インテリアのアクセントになりそうな、遊び心のあるスツールをご紹介します。

カラフルなスツールで、お部屋に彩りをプラスしてみてください。

【ボックススツール コローリ(Wサイズ)】

こちらのボックススツールは、通販サイト「KAGU208」にて取り扱われています。

ファブリックには9色のカラーがランダムに使用されており、おしゃれで明るい雰囲気に仕上がっています。

少しくすんだ色味なので、北欧インテリアにも馴染みます。

座面を持ち上げると、収納スペースに荷物をしまえるという機能面もおすすめポイントです。

家族の集まるリビングだけでなく、子供部屋にもマッチするでしょう。

【選べるウッドスツール(全16種類)】

こちらのウッドスツールは、通販サイト「アイズインテリアショップ 楽天市場店」にて取り扱われています。

座面にはかわいらしい絵が描かれており、北欧インテリアに合いそうなデザインもあります。

ご自分のお気に入りを見つけてみてください。

(※デザインによって在庫状況に差があります)

おしゃれな北欧風スツールは「ニトリ」にもある!

ここでは、身近なインテリアメーカー「ニトリ」のスツールをご紹介します。

おしゃれな北欧風スツールを探してみましょう。

【ニトリ:ハイスツール(キリカブ16)】

まるで本物の切り株のようなスツールは、内部に硬めのウレタンフォームが入っています。

訪問者が驚いてしまうほど、カバープリントはリアルです。

同タイプの「ロータイプスツール」、「ボルスタークッション」も一緒に並べると、おしゃれな雰囲気になるでしょう。

【ニトリ:スツール ハイ(ウォーターヒヤシンスQ)】

自然素材のインテリアアイテムは、北欧テイストのお部屋にマッチします。

質感豊かなスツールですから、空間のアクセントとなるでしょう。

ウォーターヒヤシンス素材はアジアンテイストのイメージが強いかもしれませんが、北欧インテリアにもぜひ取り入れてみてください。

北欧風スツールに合わせたいアイテム!

最後に、スツールの上を「ディスプレイスペース」にする方法についてお話しします。

スツールの用途は、ただ座るだけに限らず、ディスプレイ用のテーブルや踏み台としても活用できます。

もし、北欧風のスツールに小物を置くのであれば、以下のアイテムがおすすめです。

◯観葉植物

北欧ならではのナチュラル感を演出したいときは、観葉植物を飾ってみましょう。

背の高いスツールを用意し、その上に枝が垂れるタイプの観葉植物を置くとおしゃれに仕上がります。

安定感のあるスツールならば、花瓶を置いても良いでしょう。

◯古本(洋書)

カバーデザインがおしゃれな古本を、ディスプレイアイテムにしてみましょう。

アンティークの洋書を何冊か積み上げるだけで、魅力的な雰囲気に仕上がります。

◯アルファベットオブジェ

アルファベットオブジェにはさまざまな種類がありますが、北欧インテリアなら、木製やブリキ製がおすすめです。

アンティーク調に加工されていると、なお良いですね。

北欧風スツールでお部屋をセンスアップ!

今回は、北欧風のスツールをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

北欧インテリアにもテイストの違いがありますので、お部屋の雰囲気に合わせて選んでみましょう。

シンプルな木製スツールは王道ですが、少し個性的なスツールも捨てがたいですね。

この記事を、スツール選びの参考としていただけると幸いです。