スツールと椅子の違いは?スツールの中でも収納付きが便利!

どちらにも座るという共通点があるものの、スツールと椅子、それぞれには明確な違いがあることをご存知でしょうか。

また、スツールと一口にいっても、収納付きや折りたたみ式、スタッキング式などさまざまなタイプがあります。

特に収納付きスツールは、椅子と収納、2つの機能を兼ね備えた実用的なアイテムです。

ものが多くなりがちなスペースや収納が足りないときは重宝するでしょう。

今回は、収納付きスツールを始め、スツールの種類についてもご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

LEDダウンライトが眩しい時には?拡散カバーがおすすめ!

寝室やリビングのTV付近に取り付けたLEDダウンライトが、眩しすぎるとお悩みの方もいらっしゃると...

スツールなのに収納もできる!子供部屋におすすめのスツール

子供のおもちゃの収納場所にお困りの方は多いのではないでしょうか。また、子供部屋にまだ椅子...

すのこテーブルの次に挑戦したい!本格的な机の作り方は?

すのこを使って机を作ることはできるのでしょうか。お手軽なDIYとして、様々な場所ですのこを使...

ニトリの透明テーブルマット!シワの伸ばし方や掃除方法

ダイニングスペースに必要な、ありとあらゆる商品を取りそろえているニトリで、透明なビニール製マット...

もうリビングは散らかさない!シェルフ収納のポイント

家族が集う憩いの場所「リビング」ですが、どうしても生活感が出やすくなりがちですよね。快適で心...

素朴でお洒落なフロアライト!北欧アンティークがおすすめ

お洒落なデザインの北欧アンティークのフロアライトを、インテリアに取り入れるご家庭が増えていると言...

【開放的】「リビングにテーブルを置かない」という選択肢!

広々としたリビング空間を目指すなら、「テーブルは置かない」という選択肢をおすすめします。テー...

スツールにも使えるオットマン!おしゃれで機能的なもの4選

ソファの相棒ともいえるのがオットマンですね。リビングでくつろぎたいときなどに、オットマンがあ...

カリモク家具とカリモク60の違いをソファカバーから読み解く

老舗のカリモク家具の製品は、座り心地にこだわったソファ作りで定評があります。また、長く使える...

スツールひとつで北欧風インテリアに!収納性もバッチリ!

北欧風インテリアにしたいと思ったら、気軽なスツールを買い足すのがおすすめです。手ごろな価格帯...

お洒落な間接照明!おすすめは手軽な壁付けコンセントタイプ

壁付けタイプの間接照明器具は、お洒落な雰囲気を演出できる照明器具として人気の高いアイテムです。...

おしゃれインテリアの間接照明を上手に部屋に取り入れるコツ

部屋をおしゃれにしたり雰囲気を変えたりしたい場合は、部屋に置くインテリアを工夫してみてはいかがで...

愛着ある木のテーブルはワックスを掛けて大切に使おう

木のテーブルは素材やデザインだけでなく、塗装方法によって見た目の印象や使用感が大きく変わると言わ...

おすすめスツールボックス8選!折りたたみ可能で使い勝手◎

「ものを片付けるための収納家具が欲しいけれど、部屋を狭くしたくない…」とお悩みの方もいらっしゃる...

「ガレージスタイルインテリア」に近づけるDIYアイデア!

「男の秘密基地」「仲間が集まる趣味部屋」、そんなイメージのガレージスタイルインテリアに、憧れを抱...

スポンサーリンク

そもそもスツールとは?椅子との違い

「そもそもスツールって何?」という方に向けて、まずはスツールについて簡単にご説明します。

●スツール

基本的には、背もたれや肘掛けがなく、座面と脚のみで構成された椅子のことを指します。

また、座面が丸いものも多いことから、「丸椅子」と称されることもありますが、椅子とは別物です。

そして、スツールはあくまでも一時的に利用することを目的としているものであるため、座り心地というよりもデザイン性や安定性、機能性などを重視した構造であることが特徴です。

スツールの使用方法としては、キッチンの腰掛や、洗面所の鏡の前に置いて利用することが多く見られます。

また、スツールの中でもコンパクトなものは比較的運びやすいため、来客者が来たときにいくつか準備しておくと便利です。

スツールは他にも、収納が一体となったスツールや、スタッキングが可能なスツールもあります。

●椅子

続いて、椅子についてご紹介していきましょう。

椅子は座面と背もたれ、それを支える脚で構成されているものを指します。

中には肘掛がついていたり、キャスター付いていたりと、種類も様々ですが基本的な構造に変わりはありません。

いずれも、背もたれがついているものは椅子と分類されるため、ほかの種類と見分ける際のポイントになります。

椅子の主な使用としては、ダイニングテーブルに座るときや、学習机に座るときに使用されます。

スツールと異なり、椅子は長く座ることを想定して作られているため、座り心地を重視しているものが多いです。

スツールの種類をご紹介!

スツールといっても、その種類は様々です。

ここでは、スツールの種類をいくつかご紹介していきます。

●収納付きスツール

座る部分に収納が設けられているのが収納付きスツールです。

引き出しやボックス、ふたなどが付いており、その中にものを収納することができます。

収納付きスツールは、お部屋のスペースに限りがある場合や、サッとしまえる収納スペースが欲しいときに便利です。

●スタッキングスツール

スタッキングとあるように、積み重ねができるのがこのスツールの特徴です。

来客時用としてスツールを数脚用意した場合でも、スタッキングできることでコンパクトに収納することができます。

●折りたたみスツール

折りたたむことができるのが特徴の折りたたみスツール。

こちらも収納場所を取らないため、人気があります。

●ハイスツール

ハイスツールは座面が高いため、キッチンカウンターやバーカウンターなどに主に利用されます。

●ミニスツール

座面が低いものをミニスツールといいます。

子供用の椅子として活用したり、玄関で靴を脱ぎ履きしたりするときにも便利です。

「椅子と収納」2つの機能を兼ね備えた収納付きスツール!どんな種類がある?

実は収納付きスツールもいくつかの種類に分けることができます。

ここでは、収納付きスツールの種類をご説明していきます。

どのような場所に必要なのかよく考えた上で、どれを選ぶか参考になさってください。

●ベンチタイプ

スツールは1人掛けのイメージがある方もいらっしゃるかもしれませんが、2人以上座れるベンチタイプのスツールも多くあります。

このベンチタイプであれば、ダイニングの椅子として活用したり、壁に沿って設置すればソファ代わりに使用したりすることもできます。

またベンチタイプの特徴は、収納の容量が大きいことです。

家族の人数が多い家庭や、ものが多い方にはこのベンチタイプが重宝するでしょう。

●コンテナタイプ

収納付きスツールの多くは、収納を隠すタイプがほとんどです。

しかし、このコンテナタイプは、収納部分を隠さずに見せる収納ができるのが特徴です。

外から見て、何が収納されているのか一目瞭然のため、中に何を入れたのかを忘れることも少なく、またおしゃれなアイテムを収納してインテリアとして活用することもできます。

収納付きスツールはほかにどんな種類がある?

続いて、収納付きスツールの種類をご紹介していきます。

●折りたたみタイプ

収納付きスツールには、使用しないときは畳んでしまっておける折りたたみタイプもあります。

使用したいときのみ組み立てて使えるため、普段は場所を取らず簡易コンテナのような使い方ができるのが特徴です。

●キャスター付きタイプ

収納付きスツールの中には、移動が便利なキャスター付きのものもあります。

設置が楽であるため、必要に応じて移動しながら使用することができます。

収納だけでなく、予備の椅子として活用したいのならこのようなキャスター付きも便利です。

●バケツタイプ

シンプルなデザインでインテリアのポイントにもなるバケツタイプ。

取っ手が付いているものもあるため、移動も楽にすることができます。

バケツタイプのスツールは、椅子や収納としてだけでなく、ガーデニングやアウトドアなどアイデア次第では何にでも使用できる点がおすすめです。

収納付きスツールを選ぶポイント

収納付きスツールは、どの機能を重視するかによって選び方が変わってきます。

ここでは、収納付きスツールを選ぶときのポイントをいくつか挙げていきます。

●どこで使うか、何を重視するかを考える

収納付きスツールを選ぶときは、どこで使用したいか、何を重視しているのかを考えることで選択肢が狭まり選びやすくなります。

例えば、主に座ることを目的としているのであれば、座り心地や身長に合った高さのものを選ぶとよいでしょう。

一方、収納を重視したいのであれば、十分な収納容量、出し入れがしやすいデザインなどを考えて選ぶとよいです。

また、収納付きスツールは、収納と椅子として利用するだけでなく、オットマンや踏み台などにも使用することができます。

どんな機能を重視するかを考えて、自分のライフスタイルに合うものを選んでください。

●どんなものをしまうか、ものは出し入れしやすいか

収納付きスツールは、その場所で使うものを収納するのが理想なので、収納のしやすさや収納したものが見つけやすいかも選ぶ際のポイントです。

例えば、スツールの容量が大きいものを選んだとしても、仕切りがないと乱雑になりがちです。

すると、なかなか目当てのものが見つからない事態にもなりかねません。

また、季節ものの毛布をしまっておきたいときに、反対に仕切りが多いものを選んでしまうと、使いづらくなります。

スツールを選ぶときは、どんな場所で使うかに加え、どんなものをしまうか考えてから選ぶこともポイントです。

収納付きスツールの注意点

収納付きスツールは、ものを収納し椅子としても活用することができる、いわば2WAYアイテムです。

そのため、ものが多い家庭や子供がいる家庭にはとても便利なものといえるでしょう。

ただし、収納付きスツールを設置する際、注意しておくべき点があります。

●耐荷重

収納付きスツールには、製品によって耐荷重が記載されているものがあります。

基本的に座る、荷物を置くという動作であればそこまで心配する必要はありませんが、子供がスツールの上で飛び跳ねたり、重い荷物を長期に渡り置いたりした場合、重さに耐え切れず破損する可能性も考えられます。

スツールの中には強度が弱いものもありますので、必ず耐荷重を確認しておきましょう。

●座面の開閉時、指や手を挟まないように注意する

収納付きスツールの中でも、ベンチタイプは、座面を上に押し上げて開くタイプが多いです。

この際、特に小さい子供が手や指を挟んでしまわないように注意しましょう。

もし心配があるのならば、引き出しタイプのスツールを選択してみてるとよいかもしれません。

収納付きスツールはたくさんの使い方がある

収納付きスツールは、収納や椅子、オットマン、踏み台としても活用することができる便利なアイテムです。

また、収納付きスツールといってもそのデザインや素材は様々ですから、お部屋のインテリアに合わせて選ぶことができます。

収納付きスツールを選ぶ際は、用途やものの出し入れのしやすさなどをよく確認してから選ぶようにするとよいですね。

生活に合ったスツールを選び、便利な生活を手に入れましょう。