カーテン購入時の豆知識!レールに最適なフックと付け方!

お部屋のイメージに大きく影響するため、カーテン選びはとても重要です。

特に、カーテンをオーダーするのなら、フックの種類だけでなく、レールに最適な付け方も把握しておくことが大切です。

2種類あるAフックとBフックの特徴をはじめ、規格サイズのカーテンに多く使われる、アジャスターフックの活用法もまとめてみました。

さらに、レールの形状ごとに、どちらのフックがおすすめなのか考えてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子供部屋の手軽な仕切り方をご紹介!カーテンを上手に活用

お子様が小さいうちには、兄弟姉妹で1つの子供部屋を使うことが多いかと思います。しかし、お子様...

ブルックリン風のインテリアに合わせたカーテン選びとは?

近年では、「ブルックリン風」や「ブルックリンスタイル」をよく聞いたり、目にすることが多くなってき...

カーテンのおすすめ!安い価格でおしゃれなカーテンは?

カーテンはお部屋の印象をがらりと変えることができる重要なインテリアです。今、ネット通販では安...

リネンカーテンのメリット・デメリットは?おすすめも紹介!

軽やかで柔らかい、天然繊維の風合いが人気のリネンカーテン。「化繊のカーテンを付けているけれど...

知って得する!1人でもできるカーテンのレールの外し方!

カーテンのレールの外し方をご存知でしょうか。レールの種類や特徴、設置場所をしっかり把握してい...

カーテンを選ぼう!おしゃれな北欧風家具に合わせた選び方

部屋のインテリアを北欧風のもので揃えて、北欧の雰囲気を演出しているという人も多いのではないでしょ...

カーテンを白にしてリフレッシュ!オシャレなカーテンって?

お部屋のカーテンを替えて気分一新してみませんか?カーテンは、閉めたときにお部屋の中の大きな面...

カーテン選びのポイントは?部屋別におすすめの色をご紹介!

お部屋のカーテンを新調するとなると、次は何色にすべきか悩みますよね。今回は、カーテン選びのポ...

カーテンの色にこだわる!ベージュのオシャレなカーテン特集

部屋の中でもカーテンは広い面積があり、そのカーテンの色やデザインで部屋の印象も大きく変わります。...

カーテンが風でめくれてしまう!カーテンのめくれ防止方法

天気の良い日には、窓を開けて部屋の空気を入れ替えたくなりますよね。また、暑い日にも窓を開けて...

カーテン買うならおすすめの店はどれ?各店舗の魅力に迫る!

カーテンを買う時、数多くある店の中からどのような店を選びますか?今回は、ネットショップの中か...

階段から降りてくる冷気対策にはカーテンを活用しよう!

寒い冬の季節や、気温が下がってきた夜などに「階段から降りてくる冷気でリビングが冷えてしまう、暖ま...

遮光カーテンは高い?人気の北欧柄でも安いカーテンを紹介!

遮光カーテンは、室内にさんさんと降り注ぐ日光を遮ってくれます。昼間でも部屋を暗くしてホームシ...

和室にカーテンレールを取り付けたい!その設置方法とは?

「和室=障子」というイメージが強いかもしれませんが、和室にカーテンを付けるご家庭は増えています。...

カーテンのおすすめ!ベージュも選べるおしゃれな商品を厳選

カーテンは、お部屋の中で大きな面積を占める重要なインテリアです。家族が集まる空間のリビングは...

スポンサーリンク

カーテンのフックは2種類!AフックとBフック!

生地のデザインやカラーはもちろん、ヒダの山と谷を美しく見せたり、レールの装飾を見せてお部屋のアクセントにしたりと、カーテンはお部屋の雰囲気づくりに欠かせないインテリアの1つです。

また、レールを隠すように取り付けることで、光漏れを防ぐ効果もあり、機能性にも優れています。

上記で挙げたインテリアとしてのカーテンの見た目の美しさや、遮光効果という機能面を際立たせるのに、とても重要となるのがフックの付け方です。

カーテンのフックは、AフックとBフックの2種類に分類されます。

Aフックはレールを見せるタイプで、一般的にどのレールにも対応可能とされています。

Bフックはレールの上にカーテン生地があり、レールが隠れるタイプです。

これらのそれぞれのフックを使い分けることで、カーテンの見た目や機能性に大きく違いが生じてくるのです。

カーテンをオーダーする場合などは特に、フックの特徴を把握しておくことがとても大切です。

Aフック仕様とBフック仕様の両方に!切り替えられるアジャスターフック!

前章でご説明したAフックとBフックの両方に対応しているのが、アジャスターフックです。

プラスチック製で、レールに引っ掛ける部分を移動させることで、AフックからBフックへと変換して使うことができます。

よって、規格サイズのカーテンでは、このアジャスターフックを使うのが一般的です。

カーテンを好みの長さに微調整できるという利点もありますね。

アジャスターフックをAフック仕様にすると、カーテン生地を下方向に約0.5cmから1cm、上方向には約0.5cmから4cmずらすことができます。

また、Bフック仕様の場合は、カーテン生地を下方向に約0.5cmから4cm、上方向には約0.5cmから1cmずらすことができます。

規格サイズのカーテンをお部屋に取り付ける場合は、このアジャスターフックをうまく利用しましょう。

Aフック仕様でレールの装飾を際立たせたり、レールを隠せるBフック仕様で光漏れを抑えたり、生地の長さやヒダが美しく見える高さに微調整するなど、フックの付け方で規格サイズのカーテンを自分の理想に近付けることができます。

しかし、レールによっては使用できないものもあるので注意が必要ですし、長さの微調整がきくといっても限度があることを、しっかり念頭に入れておきましょう。

カーテンのフック選び!「金属レール正面付け」に最適な付け方は?

レールへの付け方をAフック仕様にするかBフック仕様にするかが、カーテンの見た目のイメージなどに大きく影響することを踏まえて、ここからは各レールに最適なフックの種類についてまとめてみます。

規格サイズのカーテンの場合、レースカーテンはAフック仕様、厚手のカーテンはBフック仕様でつくられているのが一般的です。

そのため、各レールに取り付けるときにはアジャスターフックで対応することになりますが、オーダーカーテンの場合はフックが指定できるので、レールの種類がとても重要になってきます。

まずは、壁に垂直に付いていて、天井まで距離のある「金属レール正面付け」を取り上げてみましょう。

このレールでシングルタイプの場合、AフックBフックのどちらのフックでも取り付けが可能です。

無機質な金属レールを隠せるBフックを使うと、お部屋にしっくりと馴染みますし、生地のデザインを最大限に活かすことができそうです。

しかし、ダブルタイプのレールの場合、内側のレールにはAフックしか使えません。

Bフックを使うとレールにカーテンがぶつかり、開閉に問題が生じてしまいます。

外側のレールはどちらのフックの使用も可能ですので、内側のレースカーテンにはAフックを使い、外側の厚手カーテンはレースカーテンを隠すようにBフックを使うのが、見た目にも美しく、おすすめの取り付け方法といえます。

カーテンのフック選び!「金属レール天井付け」に最適な付け方は?

次に天井に直接レールが付いている、「金属レール天井付け」へのフックの付け方について考えてみましょう。

この種類には、カーテンボックスや出窓の中にレールが付いているものもあります。

まず、シングルタイプのレールの場合はAフックを選択しましょう。

Bフックを使うと、天井にカーテンがぶつかってしまいます。

前述したダブルタイプのレールの場合と同様ですね。

内側でも外側でも問題になるのは、天井にカーテンがぶつかって開閉しにくくなることです。

基本的に、天井付けのレールはAフックを使うと考えていいでしょう。

前章でご説明したとおり、規格サイズの厚手カーテンはBフック仕様が原則とされているため、アジャスターフックをBフックからAフックに切り替え、天井にぶつからないように調節して取り付けましょう。

カーテンのフック選び!「装飾レール」に最適な付け方は?

レール自体に装飾が施されているのが「装飾レール」です。

「装飾レール」の定番ともいわれ、木のぬくもりが感じられることで人気のウッドレール。

このウッドレールの中でも明るめから暗めというように、幅広くカラーが展開され、お部屋の雰囲気にぴったりのものを探すことができます。

また、クラシックやアンティークテイストの家具に合わせた、アイアンレールも人気があります。

素材にスチールなどを使い、個性的なデザインのキャップが多数あるのが特徴ですね。

この「装飾レール」へのフックの付け方についても考えてみましょう。

こちらのレールにも、シングルタイプとダブルタイプがあります。

どちらのタイプにでもいえることなのですが、取り付ける際に、せっかくの「装飾レール」をカーテンで隠してしまっては何の意味もありませんよね。

したがって、「装飾レール」にはAフックを使いましょう。

規格サイズの厚手カーテンの場合は、アジャスターフックをBフックからAフックに切り替え、レールが見えるように取り付けましょう。

カーテンのフック選び!「装飾レール+金属レール」に最適な付け方は?

2種類のレールが組み合わさった形状の「装飾レール+金属レール」へのフックの付け方はどうでしょうか。

デザイン性と機能性を併せ持ったこのレールでは、段差がつくられているのが一般的で、見た目に美しい装飾レールが外側にくるようになっています。

カーテン生地の長さをきちんと確認しておかないと、内側のレースカーテンが外側の厚手カーテンより長くなってしまうことがありますので、カーテンをオーダーする際は、この2種類のレールの段差には注意が必要です。

レールへ取り付けるときは、金属レールを隠すように、内側のレースのカーテンにはBフックの使用をおすすめします。

Aフックを使っての取り付けも可能ですが、無機質な金属レールが顔を出してしまうため、せっかくの装飾レールが台無しになってしまいますよね。

もちろん、外側の装飾レールにはAフックを使用し、美しいデザインや特徴あるカラーを際立たせましょう。

また、ここでも規格サイズのレースカーテンを使用する場合は、アジャスターフックでAフックからBフックへの切り替えが必要になってきます。

このように、各レールの特徴にあったフックを選び、アジャスターフックもうまく活用して、自分のお部屋にぴったりのカーテンにしましょう。

カーテンの見た目はフックで変わる!レールに合わせてフックを選ぼう!

カーテンのヒダを綺麗に見せたり、レールのデザインを強調したり、遮光性を重視したりと、フックの付け方は見た目に大きく影響します。

このためにも、AフックとBフックの特徴をしっかり理解しておくことが重要です。

特にカーテンをオーダーするのなら、レールに合わせたフック選びが基本になってきます。

アジャスターフックに頼りすぎず、フックにこだわることで、お部屋にぴったりのカーテンをつくりましょう。