シングルベッド2台置き!子供も喜ぶ快適な寝室作りのコツ

新婚カップルや子育て世帯が寝室に置くベッドを選ぶときに、シングルベッドを2台並べて寝る方法を検討している方も多いでしょう。

最近は子供と一緒に寝るベッドとしてシングルベッドを選ぶ方も増えています。

しかし、実際のサイズ感や使い勝手に不安を感じる方も多いのではないでしょうか。

ベッドは耐久年数も長いため慎重に選びたいものです。

将来の家族のことも考えたうえで、じっくりとベッド選びをしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

和室にソファを置くならへこみ対策が重要!和モダンな空間へ

ソファはフローリングに置くイメージが強いですが、意外に和室にもよく合います。和室にソファを置...

模様替えや家具を新しくする時に気になる配置とコツ

家具を買い替えたり模様替えをする時には家具の置き方を考えないと、せっかく気持ちを新たにしようとし...

失敗しないソファ選び!ゆったり4人掛けはサイズ把握が重要

その存在感からお部屋の雰囲気を決めてしまうために、4人掛けのソファ選びは慎重になるものです。...

和室に合う家具にはどんなものがある?ニトリで探してみよう

和室が落ち着くという理由から、自宅には和室がある人も多いのではないでしょうか。今回は、和室に...

一人暮らしのベッドは折りたたみ式がおすすめ!特徴と選び方

折りたたみベッドは、一人暮らしをしている人におすすめな家具です。しかし、折りたたみベッドの特...

テーブルのへこみを自分で補修する方法と業者に頼むポイント

うっかり物を落としてしまって、大事なお気に入りのテーブルにへこみが生じてしまうと、とてもショック...

団地のキッチンをおしゃれに!おすすめカウンターテーブル集

カウンターテーブルは、便利でありおしゃれでもあるので、「自宅のキッチンに取り入れたい!」と考えて...

スツールで生活が便利に!?選ぶなら白の収納つきがおすすめ

部屋の中で座ることに関して、「床だと立つのが億劫に感じる」という声があります。そのような方に...

和室にベッドを置くインテリアコーディネートのコツ!

和室を寝室として使用する際に、布団ではなくベッドを置きたいという方も多いのではないでしょうか。...

ブックシェルフの選び方!薄型のおすすめをご紹介

ブックシェルフは、省スペースにも設置できる薄型のタイプがおすすめです。そこで今回は、ネット通...

1Rでも寝室でも!8畳のレイアウトはベッドの配置が重要!

8畳のお部屋は1人暮らしには程よく、寝室としてはゆったりと使える広さだとされています。8畳の...

赤ちゃんのお風呂グッズ!バスチェアの使い方や注意点は?

生後1ヵ月を過ぎた赤ちゃんは、ママやパパと一緒にお風呂に入れるようになります。そこで、「赤ち...

仕上がりに満足!テーブルの塗り替えが簡単にできるペイント

木製のテーブルの塗装が禿げてくると、見た目が悪く気になるものですよね。塗装が剥げたままに...

ベッドで部屋をおしゃれに!安いものだからこその活用法

睡眠をする際には寝具を必要とし、多くの方がベッドを利用しています。ベッドは、基本的に部屋に配...

カフェテーブルのようなおしゃれな「こたつ」を見つけよう!

「こたつ」は、日本人にとってなじみの暖房器具ですよね。最新家電が普及する近年でも、人気が衰え...

スポンサーリンク

大事なベッドサイズ選び!「シングルベッド2台」の大きさ

そもそもシングルベッドとは、どのくらいのサイズでしょうか。

ベッドのサイズ名は知っていても、どれくらいの大きさなのかよくわからない方も多いようです。

それでは、シングルベッドのサイズを確認しましょう。

まず、シングルベッドの基本のベッドサイズ(マットレスサイズ)は、幅97センチ×丈195センチです。

シングルベッドを2台並べると幅194センチと、意外と大きいのがわかりますね。

キングサイズが幅180センチ×丈195センチですので、よりゆったりと使えるサイズになります。

また、人がゆったりと眠るために最低限確保したいスペースは、一般的に「肩幅+30~40センチ」と言われています。

肩幅の平均は男性45センチ・女性36センチですので、シングルベッドは標準的な体型の大人ならば、問題なく眠れるスペースがあります。

「シングルベッド2台」は、夫婦2人なら十分なスペースを取ることができるので、ゆったりと眠ることができるでしょう。

親子川の字で使う場合、子供の寝相が悪くてゴロゴロ転がってしまったとしても、落ちにくいほどスペースにゆとりがありますので安心です。

シングルベッドを2台並べて使う時のメリット・デメリット

シングルベッドを2台並べる場合と、キングサイズのベッドで迷う方も多いようです。

そこで、キングサイズよりも、シングルベッドを2台並べた時のメリット・デメリットをご紹介します。

<メリット>

●相手の寝返りなどの振動が伝わりにくい

元々別のベッドですので、相手の寝返りなどの振動が気になって眠れないという心配は少なくなります。

●それぞれ好みの硬さのマットレスが使用可能

キングサイズですとどちらかの好みに合わせますが、シングルベッド2台ならば、それぞれ好みのマットレスを選ぶことができます。

●マットレスのメンテナンスが楽

キングサイズのマットレスは40キロ前後なので、女性1人で持ち上げるとなると大変でしょう。

シングルサイズならば、マットレスを立てて干したい時も楽に行うことができます。

●将来別々に寝る場合、それぞれシングルベッドとして使える

夫婦の寝室を別々にしたり、子供が1人で寝ることになっても、同じベッドをそのまま使うことができます。

キングサイズなら、買い替えや買い足しが必要になってきてしまいますね。

<デメリット>

●大きいサイズのベッド1台購入するより価格が高い

同じランクのベッドだと、シングルベッド2台購入したほうが価格は高いです。

●2台のベッドの間に隙間ができる

どうしても隙間ができるので、快適なベッドにするには隙間対策が必要です。

知っていると安心!シングルベッド2台置きしても快適な寝室の広さ

お部屋の中で1番スペースを占める家具は、ベッドです。

ベッドを置く場合、考えなければいけないのは、他の家具を置くスペースや通路の確保です。

ベッドを購入する前や引っ越しをするときに、どれほどの面積が必要なのか、事前に把握しておくと安心です。

それでは、どれほどの大きさの部屋ならば、シングルベッドを2台並べて置けるのでしょうか。

4.5畳ほどの部屋にはベッドを置けたとしても、通路が子供1人分か、大人がカニのように横歩きしなければいけないくらい狭くなってしまいます。

したがって、シングルベッドを2台置きするならば、6畳以上の部屋がオススメです。

6畳の部屋ならば、最低限の動線を確保しつつ、ベッドの2台置きが可能です。

しかし、お部屋のレイアウトにより、ドアやクローゼットの開け閉めに支障がでる場合もあるので注意しましょう。

8畳くらいの大きさになると、ベッドの他に、家具などを置くスペースもできます。

お互いのベッドの横に、コンパクトなサイドテーブルを置いても、ある程度ゆとりがあります。

お部屋の作りによってはテレビを置いたり、ちょっとした家具を置くなど、インテリアを楽しむ余裕が出てきます。

10畳以上になると、だいぶゆとりができるので、ソファやチェストなど大きめの家具を置いて、充実した寝室での時間を過ごすこともできるでしょう。

ライフスタイルや子供の成長を考えたベッドを選び!

将来子供が生まれたりして、ライフスタイルが変化していくこともあるでしょう。

家族構成や人数がかわっても、使っていけるベッドを選びたいものです。

そこでオススメしたいのが、分割可能な2段ベッドです。

今までの2段ベッドと言うと、「子供が使うもの」というイメージを持っている方も多いでしょう。

しかし、高耐荷重で落ち着いたデザインも多くなり、子供から大人まで末永く使えるタイプも増えています。

今や2段ベッドは子供だけのものではなく、大人が使っても違和感のないベッドになっているのです。

分割できる2段ベッドの1番のメリットは、子供の成長に合わせてスタイルを変えられることでしょう。

夫婦だけや子供が小さい頃は、シングルベッドを2台並べて大きいサイズにして、家族一緒に眠ることができます。

兄弟姉妹が生まれたら、2段ベッドにして使いましょう。

また、子供が成長して自分だけの空間を欲しがるようになったら、それぞれ別の部屋でシングルベッドとして使うことが可能です。

このように、わざわざベッドを買い替える必要がありませんので、コストパフォーマンスもいいですし、大人になってからも使えます。

手間はかかりますが、自宅で組み立てるタイプですと、手軽な価格帯で購入できるのも魅力です。

小さい子供が挟まりやすく要注意!ベッドの隙間対策

シングルベッドを2台並べた時に、ベッドの間にはどうしても隙間ができてしまいます。

特に気を付けなければならないのが、小さい子供と寝るときで、最悪な場合、隙間に挟まってしまい窒息死してしまう可能性も少なくありません。

子供がいないご家庭でも、ベッドの隙間は寝心地に影響しますので、しっかりと隙間対策をしていきましょう。

●ベッドの脚に滑り止めシートを敷く

ベッドの脚の下に貼るだけで、簡単にズレ防止ができます。

シリコン製シートで、ホームセンターや100均でも気軽に買うことができますので、ぜひ取り入れてみましょう。

●ベッドガードやマットレスバンドを使う

ベッドガードは、大きいものだと布団のずり落ち防止にもなりますが、マットレスのズレ防止なら小さいタイプのもので十分です。

マットレスバンドは、時々締めなおす必要もありそうですが、ズレ防止の効果は高いです。

●マットレスのつなぎ目に隙間パッドを使う

寝心地が気になるという方は、隙間パッドも活用してください。

T字型のパッドで隙間を埋めると、ベッドの表面がフラットになります。

さらに、キングサイズのベッドパッドやシーツを使うと一体感が出て、より一層快適になるでしょう。

子供と寝るにはどんな掛け布団がオススメ?掛け布団選びのポイント

安眠のためには、掛け布団も重要になってきます。

キングサイズの掛け布団は、見た目はスッキリとして統一感がありますが、「1人1人にあった温度調節がしにくい」といったデメリットがあります。

大人2人で仲良く使うならいいですが、子供と寝る場合は隙間ができて空気が入りやすいです。

また、販売店での取り扱いも少ないため、ほとんどが取り寄せや受注生産になります。

そこで、シングルベッド2台を並べる場合は、シングルサイズの掛け布団をそれぞれ使うというのはどうでしょうか。

ベッドで一緒に寝ていると、いつの間にか掛け布団が無くなっていて、寒くて目が覚めてしまったということはありませんか。

シングルサイズの掛け布団を1枚ずつ使えば、掛け布団の取り合いをすることもなくなります。

しかも、種類も豊富ですし、自分の好みにあったものが使えます。

暑がりの人はタオルケットを、寒がりの人は厚めの布団を使うなど、自由度も高く、非常に使い勝手がよいと言えます。

子供用の布団だけ家で洗えるタイプにしたり、寝るのが楽しくなるようなカバーを付けてあげて、アレンジすることも可能です。

もし汚してしまった時には、子供の布団だけ干したり、カバーを洗濯したり臨機応変に対応もできます。

将来、別々のベッドとして使う時もシングルサイズの掛け布団を使ったほうが便利でしょう。

シングルベッド2台置きは子供がいる家庭向き!長く愛用できてコスパも抜群!

シングルベッドの2台置きの場合は、マットレスや掛け布団など、自分の好きな寝具を選ぶことができます。

また、子供の成長やライフスタイルに合わせて、ベッドの使い方を変えることも可能です。

特に、分割可能な2段ベッドは使い勝手がよくオススメです。

しかし、ベッドの隙間は子供が挟まってしまう危険もあり、寝心地に影響するので早めに対策してください。

シングルベッド2台置きができるお部屋のスペースを確認した上で、お気に入りのベッドを探しましょう。