狭いお部屋にベッドを置きたい!おすすめはセミシングル

ワンルームなどの狭いお部屋だとベッドを置くスペースがなく、しかたなくお布団で生活している、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような方におすすめしたいのが、「セミシングルベッド」です。

セミシングルベッドとはどのようなベッドなのか、その特徴について詳しく解説していきます。

また、おすすめのセミシングルベッドもご紹介していきますので、最後まで目を通してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

テーブルチェアが便利!子供も一緒に家族で食卓を囲もう

離乳食が始まり、子供も一緒に食卓に座る際に便利なのがテーブルチェアです。テーブルチェアは、テ...

知りたい!いらなくなったロフトベッドの解体方法と処分方法

狭い部屋で重宝するロフトベッドは、スペースを確保しやすい便利な家具ですが、不用になったときは大き...

カラーボックスをリメイクして機能的なベッドをつくろう!

DIYがお好きであれば、「自分でベッドをつくってみたい!」という方もいらっしゃるはずです。し...

おしゃれな部屋に合う!様々なスタイルに合うベッドの種類

ソファやテーブルに比べると、ベッドの種類は少なく感じるかもしれません。しかし近年は、フレーム...

料理の時間を快適に!使いやすいキッチンスツールの高さは?

キッチンスツールは、ハイスツールより低くダイニング用スツールより座面が高いのが特徴です。一般...

ベッドを窓際に配置すると寒い!快眠するための5つの対策

ベッドを窓際に配置するとお部屋が広く見える効果があるので、そのようなレイアウトをしている方も多い...

円卓テーブルはおしゃれで人気!特徴・選び方・商品をご紹介

丸い天板の円卓テーブルは、おしゃれな見た目が魅力のひとつです。また、家族のコミュニケーション...

狭い部屋でも置けるテーブル!折りたたみでコンパクトに!

もう少し大きなテーブルが欲しいと思っても、部屋のスペースには限界があります。そんなときに便利...

座椅子ソファで心地良いくつろぎを!おすすめの商品をご紹介

一人暮らしのようなコンパクトな生活では、大きなソファも余計なスペースをとりがちですよね。そこ...

ワンルームにソファを置きたい!ニトリでおすすめの商品は?

一人暮らし用の狭いワンルームでは、「ソファ」を置いたら邪魔になると思いませんか?コンパク...

メタルラックの分解術!かたい棚を安全に楽に外すコツとは?

棚とポールを自由に組み合わせてレイアウトできる人気のメタルラック。しかも、最近は小さいサイズ...

サイズぴったり!節約!ボックスシーツの作り方は意外と簡単

お使いのマットレスにぴったりのサイズのボックスシーツがみつからず、困っている方も少なくはないでし...

新品が安い!無印良品のソファをアウトレットでお得に購入!

無印良品は、北欧風の家具を多く取り揃えた、ファンの多い生活雑貨のブランドです。中でもソファは...

「グレーソファ」を取り入れたインテリアづくりに挑戦!

上品なイメージの「グレーソファ」ですが、そのデザインや素材、質感によってマッチするインテリアスタ...

スツールのカバーを手作りしてみよう!座面が丸いタイプ編

スツールは、カウンターキッチンなどで使うハイスツールやキッチンスツール、座面の低いミニスツールな...

スポンサーリンク

セミシングルベッドって?サイズはどのくらい?

一般的に、1人用のベッドとしてよく知られているのが「シングルベッド」です。

では一体、「セミシングルベッド」とはどのようなベッドなのでしょうか。

簡単にご説明すると、シングルよりも小さいベッドのことをいいます。

セミシングルベッドは、「SSベッド」などの表示がされていることもあり、かなりコンパクトなサイズのベッドです。

<セミシングルベッドのサイズ>

・横:約80センチ前後
・縦:約195センチ

一般的なシングルベッドは、横幅が約90~100センチで縦幅が約195センチになりますので、セミシングルベッドは、横幅がおよそ10~20センチほど狭くなります。

また、あまり見られませんが、通販などではさらに幅が狭い70センチのセミシングルベッドが販売されていることもあります。

このようにセミシングルベッドは、コンパクトなベッドであるため、狭いワンルームにお住まいの方におすすめです。

また、さまざまな理由から「ベッドを2台並べて使用したい」という方にも人気があります。

セミシングルベッドが向いている環境とは

では続いて、セミシングルベッドが向いている環境を考えてみましょう。

●狭いお部屋で使いたい

セミシングルベッドの最大の特徴ともいえるスリムなサイズ感。

先ほどもお伝えしたように、シングルと比べると、およそ10~20センチほど狭くなります。

このちょっとしたスペースによって、ドアの開閉を干渉せずに置くことができることもあり、狭いお部屋には重宝されます。

特に1人暮らしのワンルームなどは、ベッド以外に必要最低限な家具や家電などで、必然的にスペースが足りなくなってしまいます。

そのため、泣く泣くお布団で寝ているという方もいらっしゃるかもしれません。

そんな場合でも、セミシングルベッドでしたら置ける可能性が高くなります。

●2台並べて使用したい

夫婦2人で同じベッドで寝ていると、寝返りなどの際にマットレスに振動が伝わり、揺れが気になることがあります。

ときには、振動が気になって眠れないという状況になってしまうかもしれません。

その点、セミシングルベッドを2台並べて使用すれば、揺れや振動の問題を解消することができるでしょう。

セミシングルベッドを2台並べると、およそ横幅が160センチ前後となります。

これは、クイーンサイズのベッドとほぼ同じ長さで、標準的な体格であれば、大人2人でも良質な睡眠をとることが可能です。

また、環境に応じてベッドを単体で使用することができるのも魅力の1つです。

「相手の振動が気になる」、または「のちのちベッドを単体で使用したい」と考えている方にはおすすめです。

セミシングルベッドは体が小さな方におすすめ

セミシングルベッドは、どんな人に向いているのでしょうか。

●華奢な方や小柄な方

何度もお伝えしているように、セミシングルベッドは幅がシングルよりも10~20センチほど狭くなったベッドです。

そのため、基本的には小柄な方や華奢な女性に向いているベッドであると考えられます。

シングルベッドで寝返りを打っても余裕があるという方は、セミシングルベッドでも十分かもしれません。

●子供

狭いお部屋に加えて、小柄な人に向いているということで、子供部屋に置いて子供のベッドとして使うこともできます。

子供の成長によっては、のちのちベッドを買い換える必要が出てくる可能性もありますが、「子供のうちだけ使えればいい」という考えであれば、セミシングルベッドはおすすめです。

また、セミシングルベッドを選ぶときは、ベッド下の空間が空いて有効に使えるものや、引き出し収納が取り付けられているものがおすすめです。

このようなタイプを選ぶことで、お部屋の中で乱雑になりがちな小物や雑誌、衣類などをすっきりと片付けることができます。

狭いお部屋を有効に使いたいのなら、こういったタイプのベッドを選ぶとよいでしょう。

セミシングルベッドがおすすめできないケース

セミシングルベッドは、「あとちょっとベッドが小さかったら…」という願いを叶えてくれるベッドです。

お部屋のスペースに限りがある方にはおすすめのベッドですし、実際に利用している方も多くいらっしゃいます。

ただ、このスリムなサイズ感であるがゆえに、快適な睡眠を得ることができない可能性もあります。

ここでは、セミシングルベッドを購入するときに注意したい点についてお伝えします。

●体の大きな方は窮屈に感じやすい

セミシングルベッドは、小柄な女性や子供にはぴったりかもしれませんが、男性など体の大きな方は窮屈に感じてしまうことがあります。

仮に身長がそこまで高くないとしても、やはり女性の肩幅と男性の肩幅を比べると、男性のほうが広くてがっちりとしている傾向にありますね。

人が眠るとき、ベッドに求めるものはなんでしょうか。

多くの方が、「快適に眠れるか」ということを答えると思います。

そのためには、寝返りが非常に重要であることをご存知でしょうか。

人は寝返りを打つことで体の歪みを正したり、コリなどを軽減させる効果があるといわれています。

そのため寝返りは、質のよい睡眠を得て日々の疲れを取り、日中を活動的に過ごすためにも欠かせません。

一般的に、寝返りに必要なベッドの広さは肩幅の広さ+40センチ幅のゆとりがあるとよいといわれています。

このようなことから、単純にお部屋が狭いからという理由でセミシングルベッドを選択してしまうと、のちに後悔してしまうことになるかもしれません。

セミシングルのショート丈!さらにコンパクトサイズ

セミシングルの縦の長さをさらに短くしたショート丈のベッドをご紹介します。

最初でもお伝えしたように、セミシングルベッドはシングルベッドの横幅よりも10~20センチ短いのが特徴ではありますが、縦の長さは変わりません。

しかし、さらにコンパクトなサイズを実現したショート丈が存在します。

このショート丈のセミシングルベッドは、縦の長さがおよそ180センチと、通常のものと比べると約15センチ短くなっている設計です。

「お部屋のスペースをもっと有効に使いたい!」という方や、「ベッドにそこまでの長さは必要ない」と感じている小柄な女性にもおすすめです。

目安として、身長165センチ以下であれば、十分に睡眠を得ることが可能でしょう。

ただ、セミシングルベッドは一般的なシングルベッドに比べると取り扱いが少ない傾向にありますので、ショート丈ともなると、さらに選択肢が少なくなる可能性があります。

「ショート丈のセミシングルベッド」というだけで選ばず、機能性やデザイン性にも注目して、後悔のないお買い物をしてください。

おすすめのセミシングルベッド2選!

最後になりますが、おすすめのセミシングルベッドをご紹介していきます。

これからベッドを購入する予定があるという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

●セミシングル スノコベッド Salvato

取扱店:家具レンジャー

収納量が大容量な上、便利な2口コンセント付き、そしてちょっとしたものを置くことができるヘッドボード付きという、なんともうれしい仕様となっています。

通気性の優れたすのこを使用しているため、マットレスと敷布団のどちらでも使用することができるのもポイントです。

カラーはブラウン、ナチュラル、ホワイトからお選びいただけます。

こうした収納付きのベッドを選ぶことで、収納家具を置く必要もなくスペースを確保することができます。

●デザインアイアンベッド ショートセミシングルベッド

取扱店:生活雑貨

マットな質感のアイアンで作られたフレームやヘッドボードは、とてもクラシカルで可愛らしい印象です。

アンティーク家具とも相性が抜群で、置くだけでお部屋に華やかさを与えてくれるエレガントなベッドです。

カラーバリエーションは、ホワイトとアンティークゴールドの2種類です。

ショートセミシングル以外にも、ショートシングル、シングルのサイズが用意されています。

セミシングルベッドを有効活用しよう!

1人用のベッドというと、シングルサイズしか思い浮かばなかった方もいるのではないでしょうか。

しかし、セミシングルのようにコンパクトなサイズ感のものも多く取り扱われています。

セミシングルはなんといっても、シングルでは置くことができないスペースに置けたり、お部屋を広く使えるといった点が魅力です。

狭いお部屋や小柄な方にはぴったりなベッドといえますので、ベッド選びの際に、ぜひ視野に入れてみてはいかがでしょうか。