ホームシアターの値段はどれくらい?一式購入の価格は?

「ホームシアターを導入したい」と考えている人の中には、「一式揃えると、どれくらいの値段になるのかわからない」という人も多いのではないでしょうか。

ホームシアターには複数の機器が使われるため、全体の値段が想像しにくいですよね。

今回は、そんなホームシアターの一式の値段を、予算別に安めのパターンと高めのパターンで2つ、例としてご紹介していきます。

ホームシアターを導入する際の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

テレビ周りのインテリア!スッキリとコーディネートするコツ

多くのご家庭では、皆が集うリビングにテレビが設置されていると思います。テレビは、1日の中でも...

冷蔵庫の下のマットの選び方!フローリングの素材を知ろう!

冷蔵庫とフローリングの間にマットを敷くためには、マットを敷くメリットとデメリットについて把握して...

インテリアコーディネートを失敗しない「テレビ台」の選び方

テレビ台は、もはやテレビを置くだけの役割ではありません。インテリア性の高いアイテムとして、リ...

ホームシアターのスクリーンの種類は?設置パターンも解説

自宅にいながら、映画館さながらの雰囲気を楽しむことができるのがホームシアターです。大迫力の映...

ホームシアターの配線を隠したいなら新築の時がチャンス!

ホームシアターの人気は年々高くなってきて、多くの人が興味を持っているのはないでしょうか。しか...

冷蔵庫下にマットを敷こう!ホームセンターで買える種類は?

冷蔵庫は、生活の必需品とも言える家電の1つですよね。多くの人が、冷蔵庫を設置しているかと思い...

冷蔵庫下の専用マットで防水対策を!各種下敷きも利点は多い

引越しの際、「冷蔵庫の下には何か敷いたほうがいいのかな?」と思ったことはありませんか?大切な...

憧れのホームシアター導入!スピーカーの配線を隠す方法は?

自宅にいながら、まるで映画館のような臨場感を体感できるホームシアターは、多くの人の憧れですよね。...

冷蔵庫にマットを敷いて床を守ろう!どんなマットが最適?

ご自宅の冷蔵庫にマットを敷いている方は、どれくらいいらっしゃるでしょうか。もしかしたら、「冷...

6畳のお部屋に合ったテレビの大きさ!適正な視聴距離とは?

近年では、1部屋に1台テレビがあるというお家も珍しくありません。自分のお部屋や一人暮らしのお...

スマホの充電!コンセントが熱いのは危険のサイン!?

暮らしの中で日常的に使っている家電製品ですが、電源プラグやコンセントが熱いと感じた経験はありませ...

ホームシアターの配線を隠す方法!すっきりまとめて綺麗に

ホームシアターを設置している人、設置したいと考えている人なら、配線についてのお悩みを抱えているこ...

冷蔵庫下の床にはマットを敷こう!傷防止や耐震効果がある!

多くのご家庭には、冷蔵庫が設置されているかと思います。しかし、全てのご家庭で冷蔵庫下の床にマ...

ワンルームのテレビは何インチが妥当?おすすめのサイズは?

ワンルームのお部屋で一人暮らしをしている場合、テレビのサイズは何インチくらいだとちょうど良いので...

テレビのサイズを確認したい!型番・インチ換算・測り方紹介

私達の生活の中で、情報を得るのに欠かせないテレビ。各ご家庭で、テレビを購入する際のポイントは...

スポンサーリンク

ホームシアターに必要な機器一式をご紹介!

まずは、ホームシアターに必要な機器を一式ご紹介していきます。

それぞれの機器の値段を合計したものが「一式の値段」になります。

どのような機器がホームシアターで必要になるのかチェックしていきましょう。

●モニターorプロジェクター&スクリーン

ホームシアターのメインともいえる、画面になります。

画面が大きいほど、より迫力のある映像を楽しむことができるでしょう。

部屋の広さで画面の大きさを選ぶ必要もあります。

今回は、プロジェクターを導入していく場合での値段をご紹介していきます。

●スピーカー

こちらも、メインともいえる機器になります。

迫力のある画面と音響がホームシアターには欠かせません。

スピーカーは、サラウンド(立体音響)を再生するために必要で、より立体的な音響を導入したい場合には数も多くなります。

●Blu-Rayプレーヤー&レコーダー

見たい映像を再生するための機器になります。

●各種接続ケーブル

HDMIケーブルやスピーカーのケーブル、AVケーブルなどです。

付属のものもありますが、別途購入する必要があるかもしれません。

最近では、もっと簡易的にホームシアターを楽しむこともできますので、その点は記事の最後でお伝えします。

手軽にホームシアターを導入したい!安い値段で一式揃えよう!

安い値段でホームシアターを一式揃えると、どれくらいの値段になるのか一例を挙げてご紹介していきます。

まずは、一例として出すプロジェクター、スクリーン、スピーカー、Blu-Rayプレーヤーなどの機器をご紹介していきます。

●【プロジェクター】ELEPHAS:LED3300lm フルHD

商品番号:B074TC6DZ6

こちらの商品は、楽天市場「アレイズ」で取り扱われている商品になります。

日中でも楽しむことができる明るさの3300lmとなっています。

●【スクリーン】正面投影型プロジェクタースクリーン フィルムスクリーン 130cm幅

商品番号:FSf-130n

こちらの商品は、楽天市場「ファーストスクリーン」で取り扱われている商品になります。

比較的安価なスクリーンを選びました。

プロジェクターの推奨サイズのスクリーンです。

●【スピーカー】iina-style:SoundBar 2.0ch スピーカー

商品番号:B07NQ351BL

こちらの商品は、Amazonなどの通販サイトで取り扱われている商品になります。

こちらのスピーカーは、出力数の大きいウーファーいらずのスピーカーになっています。

日常生活でも、iPhoneの音楽を再生したりできるので、コスパの良い商品です。

●【Blu-Rayプレーヤー】SONY:BDP-S1500

商品番号:4905524994414

こちらの商品は、楽天市場「ソフマップ」で取り扱われている商品になります。

こちらも、比較的安価なものを選びました。

これらの機器の詳しい値段と、取り扱い店などを下記でご紹介していきます。

低予算でホームシアターを導入すると一式でおよそこの値段に!

上記で取り上げた機器の値段や取り扱い店をご紹介していきます。

また、一式での値段も併せてお伝えしていきます。

低予算でホームシアターを一式購入すると、どれくらいの値段になるのか見ていきましょう。

●【プロジェクター】ELEPHAS:LED3300lm フルHD

このプロジェクターの参考価格は、25,980円(税込み)で販売されています。

●【スクリーン】正面投影型プロジェクタースクリーン フィルムスクリーン 130cm幅

このスクリーンの参考価格は、12,000円(税込み)で販売されています。

●【スピーカー】iina-style:SoundBar 2.0ch スピーカー

このスピーカーの参考価格は、9,980円(税込み)で販売されています。

●【Blu-Rayプレーヤー】SONY:BDP-S1500

このBlu-Rayプレーヤーの参考価格は、9,754円(税込み)で販売されています。

●このセット一式の値段

これらのセットの一式の値段はおよそ57,714円(税込み)になりますが、これに各種ケーブルの値段を加えると、およそ60,000円になります。

映像・音響にこだわった高額なホームシアターを一式揃えよう!

次は、予算に余裕がある場合の、高めの機器を一式揃えた時の値段の一例をご紹介していきます。

まずは、機器をお伝えしていきます。

●【プロジェクター】EPSON:EW-TW8300 4K

商品番号:48944

こちらの商品は、楽天市場「GIGA」で取り扱われている商品になります。

こちらは、EPSONのホームシアターモデルの中でも比較的高額な高性能の製品になります。

美しい映像を楽しむことができるでしょう。

●【スクリーン】プロジェクタースクリーン 130インチ(16:9) タペストリー式 HS-130W ホワイトマットスクリーン 日本製

商品番号:HS-130W

こちらの商品は、楽天市場「ファーストスクリーン」で取り扱われている商品になります。

今回は、こちらのスクリーンを選びました。

高品質の日本製スクリーンになります。

●【スピーカー】SONY:ホームシアター スピーカー HT-ST5000

商品番号:100000629035

こちらの商品は、楽天市場「ユープラン」で取り扱われている商品になります。

7.1chサラウンドで、全方位からの音に包みこまれるようなリアルな音響空間を楽しむことができます。

●【Blu-Rayプレーヤー】Pioneer:UDP-LX500

商品番号:PIO-LX500

こちらの商品は、楽天市場「オーディオ逸品館」で取り扱われている商品になります。

高品質な映像を楽しむことのできるBlu-Rayプレーヤーになります。

今回はこちらのBlu-Rayプレーヤーを取り上げていきます。

では、これらの機器の詳しい値段と、取り扱い店などを下記でご紹介していきます。

高額なホームシアターを一式揃えるとこの値段になる!

上記で取り上げた機器の値段や取り扱い店をご紹介していきます。

また、こちらも一式での値段も併せてお伝えしていきます。

●【プロジェクター】EPSON:EW-TW8300 4K

こちらのプロジェクターの参考価格は、355,725円(税込み)で販売されています。

●【スクリーン】プロジェクタースクリーン 130インチ(16:9) タペストリー式 HS-130W ホワイトマットスクリーン 日本製

このスクリーンの参考価格は、36,800円(税込み)で販売されています。

●【スピーカー】SONY:ホームシアター スピーカー HT-ST5000

このスピーカーの参考価格は、186,408円(税込み)で販売されています。

●【Blu-Rayプレーヤー】Pioneer:UDP-LX500

このBlu-Rayプレーヤーの参考価格は、144,000円(税込み)で販売されています。

●このセット一式の値段

こちらのセットの場合では、一式の値段はおよそ722,933円(税込み)になりますが、これに各種ケーブルの値段を加えると、およそ730,000円になります。

ホームシアターの機器一式での値段は大きく異なる!

ここまでは、ホームシアターの機器の一式を一例として取り上げて、それぞれの値段をご紹介してきました。

安い場合と高い場合では、値段の差は非常に大きくなります。

もちろん、今回は例として取り上げているので、これよりも安いセットや、高いセットも存在しています。

また、今回はスクリーンもセットに含めてご紹介しましたが、人によっては、部屋の壁に映像を映すことも可能なので、スクリーンの値段を省いて考えてもいいでしょう。

その他にも、Blu-Rayプレーヤーとモニターを接続すれば、プロジェクターは必要ありません。

これらは、個人差がありますが、モニターを使いたい人、プロジェクターを使いたい人で、ここでも価格差が生じます。

ホームシアターは高額なイメージがあるかもしれませんが、選ぶ機器によっては、比較的安価で導入できることもあるのです。

自分の予算にあった機器を選ぼう!

今回は、ホームシアターの機器一式の値段を一例として、ご紹介してきました。

「高額な機器は、なかなか導入できない」という人も多いかもしれません。

自分の予算にあった機器を選んでホームシアターを導入するのが、何よりも大切かもしれませんね。

無理に高額商品を選ばなくても、ホームシアターを楽しむことは可能ですよ。

もちろん、予算に余裕がある人は高額な機器がおすすめです。

是非、今回の例を参考にしてみてください。