インテリアを工夫!快適コーディネートで一人暮らしを楽しむ

一人暮らしで揃えるインテリアには「一人用」と言っても、サイズが大きいベッドやソファなどがあります。

コーディネートによっては、スペースの余裕が少なくなる場合もあるでしょう。

そこで今回は、部屋を広く快適にするためのポイントをお伝えしていきます。

また、部屋をおしゃれに見せるアイテムなどもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子供部屋のお片付け!目からウロコのクローゼット収納術

「子供部屋をつくってあげれば、リビングは片付くからストレスが減るかも!」そう考えて一部屋を子...

【モノトーンインテリア】収納も白と黒で統一!差し色の印象

ものと情報にあふれた現代社会において、頭を疲れさせないシンプルなインテリアは多くの人に愛されてい...

鍵を部屋の引き戸に取り付ける方法を紹介!気になる注意点!

中古物件を購入して、「部屋の引き戸に鍵がついていないから取り付けたい」と思う方もいることでしょう...

憧れのモノトーンインテリア!100均アイテムの活用術

都会的で落ち着いた印象があるモノトーンインテリア。シンプルで洗練された、おしゃれな空間に憧れ...

家具を賢く配置!ワンルーム一人暮らしのレイアウト術

日常使うアイテムである家具を、使い勝手がよく見た目もよい場所に配置できていると快適に過ごせます。...

玄関ポーチのインテリアを工夫しておしゃれで素敵な空間に!

お客様を迎える玄関は、家の顔ともいわれています。シンプルな玄関もスッキリして良いものですが、...

100均グッズは万能!インテリアのアレンジアイデア6選!

100均は、インテリアを華やかにアレンジすることができるアイテムの宝庫です。お部屋を安く、お...

和風な玄関インテリアを活用・演出して素敵な空間にしよう!

部屋に入る前に、まず先に目に入り、足を踏み入れる場所が「玄関」になります。そこで、玄関から部...

【畳の交換】押さえるべきポイントとDIYの注意点を解説

自宅に畳を使っている部屋がある場合には、経年により、いつの間にか傷が付いてしまっていたり、日焼け...

こだわりのインテリアを選ぼう!ソファは流行の北欧風で!

部屋のインテリアはこだわったものを選びたいですよね。特に、今回ご紹介する北欧風のインテリアは...

インテリアとして絵画を飾りたい!おすすめの飾り方・買い方

インテリアとして絵画を飾っている家というと、経済力のある家庭や豪邸を思い浮かべる方もいるのではな...

一人暮らしのインテリア特集!4畳半でも快適な空間になる?

「4畳半のワンルームは狭いからおしゃれにならないし、住みにくいだろう…」そんなイメージを持つ...

フィギュアを部屋に飾る!おすすめのアイテムや飾り方とは?

アニメや漫画、ゲームなどがお好きで、キャラクターものの「フィギュア」を収集している人はいませんか...

男子部屋をおしゃれにコーデ!インテリア家具選びのポイント

男子の部屋の部屋をおしゃれにしたいと、思うお母様もいらっしゃることでしょう。かわいい我が子の...

インテリアのコーディネートはベース&メインの色で決まる!

インテリアを考える際、色を基調にしてコーディネートを決めるという方は多いでしょう。実は、イン...

スポンサーリンク

イメージスケール!インテリアテイストと素材のイメージを明確にする

インテリアを買い揃える前に、どのような雰囲気の部屋にしたいのか、どのような素材のインテリアで揃えるのかなど、イメージを明確にすることが大切です。

それらのイメージを、座標軸に書き出していくのが「イメージスケール」です。

・インテリアテイスト

縦軸の上を「やわらかい」にしたら、下を「かたい」にします。

横軸の左を「あたたかい」にしたら、右を「つめたい」にします。

座標軸の中心である交点から、それぞれの項目に近づくにつれてテイストが変わっていきます。

一部を抜粋しますと、下記は矢印のとおり進みますと、各項目に近づいていくかたちとなります。

・「やわらかい」・・・エレガント→ナチュラル→ロマンチック

・「かたい」・・・エレガント→シック→クラシック→クラシック&ダンディ

・「あたたかい」・・・エレガント→ナチュラル→カジュアル

・「つめたい」・・・エレガント→シック→クールカジュアル

上記は、そのまま十字に区分けしたテイストになります。

ここにさらに「やわらかい」と「つめたい」に寄っていくことや、「かたい」と「つめたい」に寄っていくなどと区分けされています。

例えば「かたい」と「つめたい」では、「モダン」になるといった具合です。

・素材

イメージスケールを活用すると、素材のイメージも明確になります。

木製のテーブルを選ぶときに、ぬくもりを感じられ、丸みを帯びたデザインがどの部分になるかを配置します。

例えば「ナチュラル」の配置に、ダークブラウンのカラーの要素を加えた場合は「ヴィンテージ」になり、インテリアテイストが明確になるのです。

・イメージをまとめる

「イメージスケール」によって、インテリアのテイストや素材が明確になったら、配置した位置が同じなのかを確かめます。

同じ配置ならば統一感がありますし、どれか位置がずれている場合は見直して、一人暮らしの部屋をコーディネートしましょう。

センターテーブルの選び方!代用可能なインテリア

一人暮らしでは、センターテーブルで食事や勉強など、様々な用途で使うことが多いようですが、使いやすい高さとサイズをまとめてみました。

それから、部屋を広く使えるためのアイデアとして、代用可能なインテリアをまとめましたので、快適な一人暮らしの部屋をコーディネートしてみてください。

・高さ

ローテーブルとして使う場合、38cm~43cmが使いやすいようです。

ソファや椅子と組み合わせて使う場合は、45cm~55cmがおすすめです。

・サイズ

ソファと組み合わせるときは、ソファの座面の幅と同じぐらいか、座面の幅より小さいサイズだとバランスが良いです。

・代用可能なインテリア

一人暮らしの部屋では、使う頻度や用途によっては、ローテーブルを他のインテリアで代用すると、部屋を広く使えます。

①サイドテーブル

サイドテーブルでは、小さすぎるように思わるかもしれませんが、天板の形やサイズ、高さなど様々なタイプがあるので、十分用途に合わせて選べます。

ソファを置きたい場合、ローテーブルとソファの両方で、かなりのスペースになりますので、サイドテーブルを活用してみてはいかがでしょうか。

②木製コンテナボックス

テーブルは、基本据え置くので、動線もテーブルの周りを通ることになりますし、ヨガなど、床面を広く使いたい場合、テーブルの移動が必要になってしまいます。

そのようなときは、木製コンテナボックスを代用してみてはいかがでしょうか。

蓋をテーブルとして使用できる上に、ボックス内の収納が重たいものでなければ、移動も容易ですし、インテリアとしてもおしゃれですよね。

ちょうど良いサイズ!コンパクトなサイズのインテリアやDIYをする

一人暮らしの部屋のインテリアが、ちょうど良いサイズになるように、コンパクトなサイズのインテリアの紹介や、DIYの方法などをまとめました。

・ソファ

一人掛けソファは、約600mm~900mm、二人掛けソファは、約1,100mm~1,600mmがサイズの目安のようですが、その分のスペースが必要になります。

コンパクトでちょうど良いサイズとして、座椅子を活用する方法があります。

①座椅子

ソファのように背もたれがあり、リクライニング式もあります。

ユニークなデザインのタイプなど、カラーの種類も豊富にあります。

ソファのリクライニング式ですと、前方と奥行きにスペースが必要になりますが、コンパクトなサイズで機能性が備わっています。

・テレビボード

デザインが気に入ったテレビボードが、テレビのサイズに合うとは限らないので、DIYをしたり他のインテリアで代用してみましょう。

①レンガと板でDIYをする

レコーダーなどの高さの分を、両脇にレンガを数段積みます。

その上に板を置き、必要な棚の分を繰り返して作ります。

材料費だけで作れますし、無駄なスペースが無く、ちょうど良いサイズにできます。

②ローチェスト

近年のテレビは、薄く軽い製品が主流なので、高さが合えば、ローチェストで代用が可能です。

他のインテリアでも代用が可能なので、コーディネートしてみてください。

一人暮らしのゾーニング! インテリアをコーディネート

「ゾーニング」とは、用途別にエリアを分けることを言います。

食事をするスペースやくつろぐスペースなど、用途や機能を分けることによって、部屋の中に独立したスペースを作ります。

インテリアを工夫すれば、ゾーニングができるので、一人暮らしの部屋のコーディネートの参考にしてみてください。

・オープンシェルフ

例えば、ワンルームの場合、食事やくつろぐスペースと寝るスペースが近すぎるという悩みが多いようです。

スペースに余裕が無くても、収納を兼ね備えた「オープンシェルフ」を活用すれば、エリアを区切れます。

低いタイプなら、視界を見渡せますので圧迫感を感じることも少ないのですが、棚の上に観葉植物などを置いて、開放感を保ちながら目線を遮る方法もあります。

高いタイプは、独立性を高めますし、収納力も増します。

ただ、棚の中は詰め込み過ぎないようにするのがポイントです。

隙間から隣のエリアが見えることで、より広く感じられますし、風が抜けます。

・ストリングカーテン

何本もの糸が規則正しく並んでいる、防炎認定を取得した日本製のディスプレイカーテンになります。

暖簾のように、部屋の入口に設置をしたり、間仕切りなど用途の幅が広いです。

来客時に、ベッドが見えないようにしたい場合は、ベッドサイドに設置をすると、間仕切りと目隠しの両方の役割があります。

壁面をコーディネート! 一人暮らしをおしゃれに楽しむ

おしゃれなインテリアでコーディネートをしても、壁面がただの壁ならば、味気ない部屋になってしまいます。

壁面をコーディネートする方法をまとめましたので、一人暮らしをおしゃれに楽しんでみてください。

・ウォールフラワー

壁に飾ることができるお花のインテリア雑貨として「ウォールフラワー」が、インスタ映えすると人気です。

紙で作られた「ペーパーフラワー」や、100均の花などを使って、手作りを楽しむ方も多いようです。

壁をウォールフラワーでコーディネートすることで見た目が華やかになります。

・飾り棚

壁に穴を開けたくない場合に、便利なのが「ラブリコ」という商品です。

2×4(ツーバイフォー)材という、規格サイズの木材の両角に「ラブリコ」をはめ込みます。

上部に取り付けた部品のジャッキを回すと、突っ張り棒のように天井と床に柱を立てることができるのです。

さらに、棚受けの部品を取り付ければ、好きな幅と枚数の棚板を設置できます。

必要な寸法の木材があれば、道具を使わずに組み立てられます。

ウィンドウトリートメント!一人暮らしの部屋の窓回りをコーディネート

「ウィンドウトリートメント」とは、窓回りの装飾や演出をすることになります。

カーテンやブラインド、ロールスクリーンなどは、ウィンドウトリートメントの一部です。

一人暮らしの部屋の窓回りをコーディネートする、ウィンドウトリートメントをまとめてみました。

・ダブルカーテン

一般的なカーテンが、ダブルカーテンです。

ドレープと呼ばれる厚手のカーテンと、薄手のレースのカーテンの組み合わせになります。

インテリアのカラーに合わせると馴染みますし、カラーや柄にアクセントを付けるなど、部屋の雰囲気に合わせて選ぶと良いでしょう。

・ブラインド

スラットと言う羽が、何枚も組み合わさっていて、縦型と横型があります。

材質やカラーなどによって、それぞれのインテリアスタイルに合います。

天然木を使用したスラットは、アジアンインテリアなどに合いますし、アルミのスラットは、モダンインテリアなどに合います。

・ロールスクリーン

ロール状の布を、コードを使って引き下げたり、巻き上げたりして開閉します。

カーテンとは一味違ったロールスクリーンには、その形状に種類があります。

①プリーツスクリーン

和紙や不織布などの素材が、ジャバラ状に折り畳むように、上下に開閉します。

②ハニカムスクリーン

プリーツスクリーンの断面が、蜂の巣のような六角形になっていることにより、断熱性と保温性が高く、省エネ効果に人気があります。

ジャストサイズで快適に!一人暮らしの部屋のコーディネート

一人暮らしを始めるとき、インテリアを買い揃えてコーディネートをしたら、「思っていたよりも部屋が狭くなってしまった」ということは少なくないでしょう。

DIYをしたり、他のインテリアを代用するアイデアで、ちょうど良いサイズになりますし、ゾーニングで快適な部屋になりますよ。

イメージスケールも活用して、どのようなテイストのインテリアでコーディネートをするのかを楽しみながら、一人暮らしの部屋を作ってみてください。