一人暮らしのワンルームをお洒落で快適にするインテリア!

自分の部屋をコーディネートしたいと考えていても、家族と一緒ではなかなか自由にできないものです。

しかし、一人暮らしのワンルームであれば、インテリアにこだわりを持って自由に部屋を作ることができます。

アイデア次第で自分だけの個性的な部屋で暮らすことが可能です。

大きなインテリアから細かなものまで、自分がイメージする部屋に合った物を選ぶことで、お洒落な部屋を演出できるでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

インテリアコーディネートを依頼!無料相談ができる店舗は?

毎日過ごす部屋は、気持ちよく過ごせるようインテリアにもこだわりたいものです。しかし、「選んだ...

スタイル別にベッドルームのコーディネートポイントを解説!

快適な睡眠を得るためには、寝具の質だけでなく「ベッドルームインテリア」にもこだわりたいですよね。...

インテリア上級者になろう!憧れのシンプルモダンスタイル

シンプルモダンなお部屋といえば、白をベースにした落ち着いた色使いや、シンプルながらに高級感あふれ...

ナチュラルブラウンの床との相性!インテリアのカラーコーデ

「床の色に合わせたインテリアを選びたい」という人はいませんか?今回は、床がナチュラルブラウン...

マンションベランダの魅力的なインテリアコーディネート

マンションのベランダは、コンクリートの床やシンプルな柵など殺風景な印象の場合が多いです。そこ...

憧れのウッドデッキ!おしゃれなインテリアにするポイント

自宅で過ごす時は、食事をしたり、ゴロゴロするなど、室内で寛ぐという方が多いのではないでしょうか。...

ハワイアンインテリアのポイント!100均アイテムの活用術

夏が近づいてくると、気分転換にお部屋の模様替えをしたくなるという方は、ハワイアンインテリアはいか...

おしゃれな絵を飾る!インテリアとして取り入れる方法

お部屋に絵を飾ったことはありますか?「絵を飾る」というと、ハードルが高く感じる方も多いかもし...

ダサい部屋はもう卒業!簡単アレンジで「男前インテリア」に

男女問わず、近年人気を博しているスタイルと言えば「男前インテリア」ですよね。武骨でワイルドな...

インテリアコーディネーターへ依頼!一人暮らしを楽しもう

一人暮らしを始める時に、おしゃれなお部屋に住みたいと憧れる方は多いものですよね。しかし、ワン...

西海岸を意識したインテリアを窓辺に!厳選インテリア特集!

最近では、北欧風のインテリアの他に、西海岸風のインテリアも人気となっています。今回は、この西...

子供部屋のお片付け!目からウロコのクローゼット収納術

「子供部屋をつくってあげれば、リビングは片付くからストレスが減るかも!」そう考えて一部屋を子...

昭和レトロなインテリアが好き!レトロ感満載な部屋を作ろう

スマホもパソコンもなく、LINEやSNSに追われることもなかった古き良き昭和の時代に強い憧れを持...

フィギュアを部屋に飾る!おすすめのアイテムや飾り方とは?

アニメや漫画、ゲームなどがお好きで、キャラクターものの「フィギュア」を収集している人はいませんか...

2DKでインテリアを楽しむ!一人暮らし向けのインテリアは?

2DKの部屋は二人暮らし向けだと思われている方が多いかもしれませんが、実は一人暮らしにもおすすめ...

スポンサーリンク

一人暮らしのワンルームだからこそインテリアにこだわる

ワンルームで一人暮らしをすることが決まれば、自分の思うような部屋を作ることができます。

個人の趣味嗜好で部屋のタイプは様々です。

どのような部屋を作る場合でも、最低限のインテリアは必要になります。

大きなインテリアとしては、ベッド、そしてデスクが考えられます。

これらのインテリアは部屋の大部分を占めることになりますので、好みに合ったものを統一感を出して選ぶことが重要です。

・ベッド

寝る時にベッドを利用している人は多いのではないでしょうか。

ワンルームであればベッドは多くの面積を占めるインテリアです。

シングルベッドでも場所を取りますが、体の大きさによって、セミダブルベッドやダブルベッドを使う人もいるからです。

ベッドにこだわりをもって、「良いもの」や「自分が作りたい部屋のイメージに合うもの」を取り入れることがお洒落な部屋作りの第一歩になります。

・テーブル

ワンルームの一人暮らしでも、ローテーブルや作業用のテーブルを利用している人は沢山いると思われます。

テーブルもワンルームでは、大きな面積を占めるインテリアになりますので、デザインや大きさ、色合いなどを考えて、自分の好みに合うものを選んでおくことが、部屋をお洒落に見せて快適に過ごすために大切です。

必要最低限のインテリアを統一感を出して上手に揃えることで、部屋をお洒落に彩ることができます。

自由にコーディネートできる一人暮らしのワンルーム

ワンルームにしても数部屋ある住まいであっても、一人暮らしをしているのメリットは、その部屋を自分だけの城として自由にコーディネートできるところにあります。

ワンルームであれば室内が狭いですが、その分、沢山のアイデアを詰め込んだり、自分の色を存分に出した部屋を作れるでしょう。

・ホテルのようなコーディネート

ホテルのようなスッキリとしたコーディネートに憧れる人もいるはずです。

こういった部屋を目指す場合には、インテリアは白とブラウンを基調としたシックな物で揃えると効果的です。

そうすれば落ち着いた雰囲気と清潔感を出すことができます。

また、物はできる限り少なくすることも大切です。

周りからは見えないように上手に収納することができれば、ホテルのようなワンルームを作ることができます。

・秘密基地のようなコーディネート

ホテルのようなコーディネートとは正反対に、様々なものがアバウトに隠されているような部屋が秘密基地のような部屋と言えます。

ただ、物があふれかえっているだけではお洒落には見えません。

映画などに出てくる秘密基地のように、壁紙もコンクリート調のものを使ったり、照明も電球がむき出しになっている物を選んでも良いかもしれません。

また、外国映画のカフェのように、文字がカラフルな色で出るネオン管を使った照明などを使って、バーのカウンター内のような空間を作ることで、秘密基地のような感じを出すこともできます。

ワンルームを広く見せる方法

ワンルームの部屋で生活をしていると、どうしても狭さを感じることが多くなります。

物が増えてきたりインテリアを置くことで、生活スペースがなくなってしまうからです。

そこで、少しでも部屋を広く見せて、落ち着きのある空間を感じさせる方法を考えてみます。

・ロフトベッドの活用

一人暮らしのワンルームの部屋は、それほど広いものではない場合が多いはずです。

そこで、部屋を広く使うためのインテリアとして役立つのがロフトベッドです。

ロフトベッドを置くことで、部屋の大部分を占めるベッドを高いところに配置することができます。

こうすることで、ベッドの下を書斎のように使ったり、ソファを置いてくつろぎの空間を作り出せるでしょう。

ベッドを立体的に置くことで、部屋を有効に使うことができます。

・色や素材を揃える

一人暮らしのワンルームを広く見せる方法として、色にこだわることもポイントの1つです。

様々な色があると、それだけでごちゃごちゃした印象を与えてしまいます。

インテリアや部屋の色を揃えることで、統一感を出すことができます。

白を基調としたインテリアを配置すれば、部屋をスッキリさせて広く見せることも可能です。

また、素材を揃えることでも、部屋全体をまとまりのあるものにして広さを感じさせることができるでしょう。

このように、一人暮らしのワンルームであっても、インテリアを上手に利用することで、心理的な広さを感じさせる演出をすることができます。

一人暮らしのワンルームを仕切る方法

ワンルームでも、何かで上手に部屋を仕切ることができれば、「リビングスペース」と「寝室スペース」といったように、1つの空間でも用途を分けることができます。

このようにして、部屋の中にメリハリをつけることができれば、ワンルームをよりお洒落に演出できるでしょう。

・棚を使って仕切りを作る方法

ワンルームの部屋を仕切る方法として、棚を利用することができます。

本やインテリアを飾るような棚をベッドの近くに置くことで、ベッドを置きつつ、そこを寝室のように考えて空間を分ける方法です。

この時、棚の種類を選ぶことが大切です。

一般的な本棚のように、後ろにも板があり、後ろが見えないようになっているものではなく、前からでも後ろからでも物を置けたり、取ることができるような、後ろの空間が見えるもので仕切ることをおすすめします。

この方法を取れば、空間は仕切られていても向こう側が見えるので、狭さを感じさせることが少なくなります。

・ソファの背を使って仕切りを作る方法

寝室のベッドに沿ってソファの背の部分を置くことでも、空間を区切る方法です。

ソファであれば高さはあまりありませんので、圧迫感は少なくなります。

また、ソファに座った時にはベッドは見えないので、完全な別空間として仕切ることが可能です。

このように、一人暮らしのワンルームでも工夫することで、部屋が2つあるような印象の部屋にできます。

リビングと寝室のように部屋を使うことで、メリハリを持たせた空間を作ることができるでしょう。

一人暮らしにおすすめのインテリア

一人暮らしをしていると、雑多な印象の部屋になってしまうことも考えられます。

そんな時には、大きなインテリアを買い替えて模様替えを図っても良いですが、小さなところから変化を加えていくことで、楽しみながらお洒落な部屋を作ることができます。

そのために使えるおすすめのインテリアをご紹介します。

・ロールカーテン

窓には、カーテンを付けている人が多いと思われます。

ベランダに続くような大きな窓には不向きですが、小さな窓がある場合には、ロールカーテンを利用することで簡単に雰囲気を変えることができます。

通常の「横に開くカーテン」は、カーテンを開けている状態でも窓の横にカーテンがありますので、どこか邪魔な印象を受けることもあります。

ロールカーテンであれば上に全て上がりますので、窓周辺がスッキリとします。

遮光のものとレースのように光を通すものがありますので、昼間は明かりを取り入れながらも、外からは見られないようにすることができます。

・水回りのボトル

一人暮らしのワンルームであれば、水回りのインテリアに気を使うこともお洒落な部屋を作る上では重要です。

水回りの洗剤や美容品は、買ってきた容器のままで利用することが多いです。

しかし、安い容器で良いので、同じサイズ、同じ色のものを揃えて利用することで、水回りがスッキリと見えます。

このように、細かなものから統一していくことで、ワンルームに統一感が生まれてきてお洒落な部屋を作ることができます。

一人暮らしのワンルームにおけるインテリアの配置

一人暮らしをしているワンルームでは、部屋の大きさに限りがあることが多いです。

ワンルームでは、それほど広い部屋に住んでいる人は少ないと考えられます。

そこで、インテリアの配置方法を工夫して、部屋を効率良く使うことも大切なことです。

・ベッドの配置方法

ベッドはワンルームでは大きな面積を占めるインテリアです。

1番目立つインテリアとも言えますから、配置場所によって部屋の印象が変わってきます。

基本的には、ベッドの端を部屋のどこかの隅に付けて、壁に沿わすようにして配置することで部屋を有効的に使うことができます。

机やテレビボードなど、他のインテリアも置く予定であれば、ベッドを隅に置くことが望ましいです。

ベッドを壁から少し離して、壁とベッドの間に上向きのスポットライトを置くことで、ベッドと壁の隙間からの明かりが間接照明になり、お洒落な部屋を作ることができます。

・作業机の配置方法

一人暮らしのワンルームで、仕事や勉強をするための机を置いている人もいるはずです。

このような机は、ベッドと同じように壁に付けることで部屋の真ん中に空間を残すことができます。

大きめのインテリアに関しては、部屋の空間も意識できると狭く感じにくくなるでしょう。

一人暮らしのワンルームは自分の色を存分に出すことのできる場所

一人暮らしのワンルームは、自分だけの城と言えます。

自分一人ですから、物を沢山置いて片付けをしなくても、怒られるようなことはほとんどありません。

しかし、せっかく一人暮らしでワンルームに住んでいるのであれば、色々なインテリアを上手に使ってお洒落な部屋を作ることで、居心地の良い部屋を演出してみるのも良いことです。

高価なインテリアを使わなくてもアイデア次第で、お金を掛けなくてもお洒落な部屋は作れるものです。