家具の買取はどこがおすすめ?高く買取されるコツと注意点

結婚をする時や新築を建てた時など、引越しをする時に悩むのが既存の家具の存在です。

「新しい家具が欲しい」「今の家具では小さすぎる」など様々な理由で家具を手放す方も多いと思いますが、できればお金をかけずに処分したいものですよね。

そんな時には、家具の買取業者に引き取ってもらいできるだけお得に家具を処分しましょう。

ここでは、家具の買取はどこがおすすめなのか、高く買い取ってもらうためのコツや注意点と併せてご紹介しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ベッドで部屋をおしゃれに!安いものだからこその活用法

睡眠をする際には寝具を必要とし、多くの方がベッドを利用しています。ベッドは、基本的に部屋に配...

テーブルを清潔にするには?除菌スプレーできれいにしよう!

特に小さなお子様がいる家庭では、テーブルが汚れてしまうことが多いでしょう。食べ物をテーブルに...

家具の移動はリフターで簡単!お部屋の模様替えを快適に!

「家の中でちょっとだけ家具を移動したい」そんな時には、皆さんはどのような方法を取っているでし...

木製シェルフは部屋に温かみを生む!高機能で薄型がベスト

シェルフは収納に欠かせない家具の1つです。収納だけでなく、部屋の間仕切りとしても使えるため、...

ベッドを購入するべき時期と購入すべきでない時期を徹底解説

ベッドのような大きな家具を購入する時には、購入時期について頭を悩ませてしまいます。いつも愛用...

パンチの効いたアメリカンインテリア!おすすめショップ特集

アメリカンインテリアに興味がある人は多いのではないでしょうか。おしゃれな物やかっこいい物が多...

バスチェアでお風呂をおしゃれに!タイプ別の特徴をご紹介!

お風呂で使うバスチェア、購入する時に皆さんは何を基準にしているでしょうか。バスチェアを購入す...

長く大切に使いたい!椅子の修理に掛かる料金はどれぐらい?

ずっと使い続けてきた思い入れのある椅子だから、処分せずに大切に使っていきたいという方も少なくはな...

おしゃれなガラステーブルを選ぼう!特徴やおすすめ品は?

ガラス製のインテリアはデザイン性の高いものが多いです。その中でも、今回はガラステーブルに着目...

冷蔵庫の下に敷くオシャレなマットはある?足元にもアート

冷蔵庫の下は汚れやすいのに、掃除しにくい場所です。冷蔵庫の位置をズラす時に床をキズつけてしま...

「ベッドカバー」でベッドをおしゃれに飾る使い方をご紹介!

現代においては、就寝時にベッドで眠るという人も多くいるかと思います。また、ベッドは寝室をおし...

インテリアにお気に入りの家具を!人気ショップを一挙ご紹介

インテリアをおしゃれにしたいけど、どのようにしたら良いか分からないというお悩みをお持ちでありませ...

バタフライテーブルはコンパクト・広々の両方で使えて便利!

天板をコンパクトに折り畳めるバタフライテーブルは、その特徴により用途が広がる便利なアイテムです。...

ワンルームにベッドとソファを上手く配置する方法をご紹介

ワンルームに大型家具をたくさん置くと、どうしてもお部屋が狭くなってしまうのでできるだけ家具は少な...

ハイスツール(アイアン)購入前に!失敗しない選び方とは

キッチンカウンターにハイスツールを置くと、料理中に一休みできますし、誰かとおしゃべりしながら料理...

スポンサーリンク

家具の買取でおすすめなのはお手軽なリサイクルショップ!

家具の買取といえば、真っ先に思い浮かぶのがリサイクルショップではないでしょうか。

リサイクルショップにも様々な種類がありますが、家具専門の買取を行っているところと衣類や小物などあらゆるジャンルを扱うところがあります。

家具専門の買取の場合には、査定も家具専門の方が行うことが多いために適正価格での買取が期待できます。

しかし、家具以外は買取対象外であることが多いため、引越しに伴う家具以外の商品も一緒に買い取ってほしいという場合には不向きかもしれません。

一方で、ジャンルを問わないリサイクルショップだと、様々なものを一括で買取してくれることが多いので、まとめて不用品を引き取って欲しいと考える方にはおすすめでしょう。

しかし、家具を専門に扱っているわけではないので、どうしても査定内容がマニュアル通りになってしまう可能性があります。

例えば、ブランド名や使用年数、傷の具合などお店による規定に則って査定されることが多いため、家具専門の買取よりも安価になる可能性もないとはいえません。

家具専門の買取の場合、ノーブランドでも人気のある商品など高値がつくものもありますから、少しでも高く買い取ってほしい場合には家具専門のお店を選んだほうが間違いないでしょう。

リサイクルショップは、出張買取を行っているところと持ち込み専門のところがありますので、下調べをしっかりとするようにしましょう。

手間が省ける引越し業者による家具買取も

引越しと同時に家具の処分を考えているのなら、引越し業者による買取もおすすめです。

家具を事前に処分してしまうと、引越しまでの期間を家具のない状況で過ごすことになり、お部屋にものがあふれてしまう可能性があります。

しかし、引越し直前まで家具を処分しないで置いておくと、買取や処分が間に合わずに古い家具とともに引越しをするという羽目になり、お金も手間も余計にかかってしまう可能性もあるでしょう。

その点、引越し業者が家具を買い取ってくれるのなら、引越しの当日まで家具を使用することが可能ですし、事前に家具の処分に奔走する必要もなくなります。

ただし、デメリットとして全ての引越し業者が買取を行っているわけではないということが挙げられます。

引越し業者を決める時には費用や立地、特殊家具の配送もできるかなど様々な条件を合わせて考えます。

そのため、頼みたい業者で必ずしも家具の買取もしてくれるかというと、そうではありません。

また、業者によっては買取ではなく、無料引き取りや有料処分のみという場合もありますから、こちらも事前にしっかりと問い合わせをしておいたほうが良いでしょう。

買取をしてくれる場合でもできるものとできないものがありますので、詳しい内容をしっかりと把握してから申し込むようにしましょう。

ネットで下調べ!出張買取サービスがおすすめ!

家具の買取でもうひとつおすすめの方法に、出張買取サービスが挙げられます。

最初の項でリサイクルショップをご紹介しましたが、ネットで検索できる出張買取サービスは自宅に居ながらいくつかの業者を比較できるのがポイントです。

リサイクルショップのように店舗を構えている出張買取だと、実際に店舗内を確認してから決めることができるので、なんとなく店舗があるほうが安心できるという方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、店舗がなくても実績のある会社はたくさんありますので、近場にお店がない場合やたくさんの業者の見積もりを比較したいと考えている方にはおすすめだと言えます。

「家具 買取」などで調べると様々な業者を検索することができますが、業者によって買取できるものや買取できる場所が異なります。

全国展開の会社もありますが、関東全域や近隣の都道府県内のみという場合もありますので、買取サービスをお願いしたい会社が自分の住んでいる地域も範囲としているのかを確認する必要があります。

また、買取で値段がつかないものは引き取ってもらえるのか、あくまでも値段のつくものだけが対象なのかも確認しておくとお部屋の片づけに支障が出にくくなります。

自宅に他人が入ることは抵抗があるという場合には、宅配による買取サービスがおすすめです。

自分で梱包などをする手間はありますが、直接のやり取りがないので時間を気にすることなく自分の好きなタイミングで行うことができます。

フリマサイトやネットオークションでも家具は売買できる

さて、ここまでは家具の買取を業者にお願いする方法をご紹介してきましたが、家具の売買は個人で行うこともできます。

近年はネットオークションやフリマサイトが大きく普及したことにより、自宅にいながら簡単に不用なものを処分することができるようになりました。

ネットオークションやフリマサイトによる売買のメリットは、何といっても価格設定です。

自分で価格を設定することができるため、一般的な買取サービスとは異なり買取金額に不満が出るということがありません。

また、匿名で相手とのやりとりができるというのも大きなポイントでしょう。

一方で、デメリットも少なからずあります。

ネットオークションやフリマアプリは個人での売買のため、全てにおいて自分で手配をし、責任を取らなければなりません。

特に、家具は大きくてものによってはガラスなどを使用しているものもあり、運搬には特に注意をしなくてはなりません。

当然運搬費用も大きくなりますので、その分を合わせて設定金額も考える必要があります。

また、必ずしも売れると決まっているわけではないので、引越しなどで期日が迫っているような場合にはおすすめできません。

さらに、個人間のやり取りであるために、万が一トラブルが起きても全て自分で対処する必要もあります。

それでも少しでも高値で売りたいと考える場合には、出品から締め切りまでの期日をしっかりと考えて、余裕のあるやり取りをするようにしましょう。

家具を高く買い取ってもらうために注意したいこと

家具の買取には様々な方法があることが分かりましたが、ここでは家具を高く買い取ってもらうために注意したいことや、事前に準備しておきたいことをご紹介しましょう。

高値で買い取りがされる家具には、それなりに理由があります。

・キズや汚れがついていない、少ないこと
・ブランド品であること

主にこの2点が重要視されます。

つまり、ノーブランドのものやキズのついているものは売れにくいか買取の対象にならない可能性もあるということになります。

しかし、ノーブランドのものやキズありのものでも商品の素材が良いものであったり、元々高値のものであったり、人気の高いものであれば予想以上の値段がつくことも考えられます。

そのような場合には、一度問い合わせをしてみることをおすすめします。

また、汚れをできるだけ丁寧に落としておくことで査定額が変わることもあるので、買取に出す時には隅々までキレイにしておくようにしましょう。

さらに、購入した時に付いていた保証書や付属品なども揃っていることで査定アップに繋がる場合があります。

例えば、本棚の可動棚とビスの組み合わせやキャスターなど、使用しないで取り外しておいた部品などがあるかもしれません。

そうしたものは、処分していない限り家のどこかで眠っているものですから、必ず事前に揃えておくようにしましょう。

買取よりも処分をおすすめする家具とは

最後に、買取に出すよりも最初から処分することをおすすめしたい家具についてご紹介しましょう。

前項で高く買取に出すために注意することをご紹介しましたが、そもそも査定自体に出すべきか悩む家具もあるのではないでしょうか。

値段の付かない家具を一緒に引き取ってもらう場合、手数料が発生してせっかく買取した家具と料金を相殺されてしまう可能性もあります。

そのため、最初から査定自体に出さないほうが良い家具をご紹介しましょう。

・目立つキズや汚れがあるもの
・購入時期から6年以上が経過しているもの
・ベッドなど衛生面で不安のあるもの
・保管や運搬が素人目にも難しいと感じるもの

目立つキズや汚れに関しては、最初から査定に入れないという方は多いでしょう。

しかし、キレイに使っている家具だと購入して6年程度ならまだまだ使えそうな気がするものです。

しかし、一般的には中古として需要があるのは販売から3~5年程度だといわれていますから、6年以上経過した家具は諦めたほうが良いでしょう。

高価な家具や人気の家具に関しては、査定に出しても良いと考えます。

また、ベッドマットレスは長期にわたり人の汗を吸ってしまっているので、パッと見た感じがキレイでも内部にカビなどが生えている可能性があります。

カウチなども含めて、身体の接着面が多かった家具については衛生面に不安があり、まず高値が付くとは考えられませんので、処分したほうが良いでしょう。

さらに、全体的にガラスでできているものや過度に大きい家具など、運搬時にも保管時にも注意が必要だったり、場所を取るサイズであるものは買取の対象外となる可能性があります。

一度、自分の家の家具を見渡して、どのようなものが買取の対象になるのかしっかりと吟味してから出すようにしたいですね。

家具の買取を出すならできるだけお得に

引越しをするにしても新しい家具を購入するにしても、どちらもお金がかかることですのでできるだけ高く古い家具を買取してもらいたいものですよね。

また、引越しは時間との勝負ということもありますから、迅速に手配できるかどうかも重要となります。

家具を買取に出す時には、自分が買い取る立場になって売れるか売れないかを考えてみるのも良いでしょう。

無駄なくスッキリと片付けるために、上手に家具の買取を進めてみましょう。