ウォールシェルフの選び方!おしゃれで機能的なものを紹介

ウォールシェルフは、壁面を使ってさまざまなものを収納できる便利なアイテムです。

今回は、ウォールシェルフの魅力や選び方に加えて、ネット通販で取り寄せが可能なウォールシェルフをご紹介します。

おしゃれなデザイン性と機能性を兼ね備えたものをご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ベッドはどう選ぶ?おすすめベッドフレームメーカーをご紹介

ベッドは部屋の中で大きな面積を占める家具ですから、搬入・撤去のことを考えると、購入する際はできる...

知りたい!いらなくなったロフトベッドの解体方法と処分方法

狭い部屋で重宝するロフトベッドは、スペースを確保しやすい便利な家具ですが、不用になったときは大き...

テーブルのへこみを自分で補修する方法と業者に頼むポイント

うっかり物を落としてしまって、大事なお気に入りのテーブルにへこみが生じてしまうと、とてもショック...

ホテルのベッドで気になる物!足元に掛けられた布の正体は?

ホテルのベッドの足元に掛けられている布は、一体何なのか気になったことはありませんか?普段の生...

ベビーベッドマットレスのカビ対策!おすすめグッズやベッド

ベビーベッドは、場所を取る上使用する期間が短いため、購入に悩んでしまう方も多いでしょう。また...

家具は買わずにレンタルがお得?おすすめしたい理由とは?

生活していく上で必要な家具を、買わずにレンタルできるサービスがあるのはご存じでしょうか。単身...

ベッドの購入と処分を1度に!一石二鳥の引き取りサービス

家具の中でも特にサイズの大きいベッドは、自分で処分するとなるとなかなか大変です。粗大ゴミでの...

ダイニングテーブルのチェアは高さがポイント!選び方は?

食事をするダイニングテーブルは比較的大きな家具のため、部屋の雰囲気にも大きく影響してきます。...

スタッキングチェアが使える!お部屋がおしゃれに大変身!

業務用のイメージが強いスタッキングチェアですが、近年おしゃれなデザインものが多く人気を集めていま...

【シェルフ】おしゃれ空間にはブラックアイアンフレーム!

ブラックアイアンフレームのシェルフには、洗練されたスタイリッシュな雰囲気があります。素材の組...

無印良品のベッドと布団の魅力!購入するならアプリを活用

みなさんはベッドや布団を購入する際に、どんなポイントを重視しますか?寝心地はもちろん、デザイ...

リビングチェアを置いておしゃれでくつろげる空間作りを!

「リビングでのんびりとくつろぎたいけれど、ソファを置くと狭くなってしまう」そのような悩みを抱...

パンチの効いたアメリカンインテリア!おすすめショップ特集

アメリカンインテリアに興味がある人は多いのではないでしょうか。おしゃれな物やかっこいい物が多...

インテリアコーディネートを失敗しない「テレビ台」の選び方

テレビ台は、もはやテレビを置くだけの役割ではありません。インテリア性の高いアイテムとして、リ...

ソファとテーブルの高さを決める!目的ごとの高さをご紹介!

ソファとテーブルの高さを決めるのは、非常に難しいことです。それぞれの高さ関係が変われば、「使...

スポンサーリンク

ウォールシェルフとは?特徴や魅力

通販で取り寄せができるおしゃれなウォールシェルフをご紹介する前に、ここではウォールシェルフの特徴や魅力について解説します。

ウォールシェルフとは、その名の通り壁に取り付けるタイプのシェルフのことです。

デッドスッペ―スになりがちな壁面を利用して設置できるため、お部屋の空間を有効活用できます。

置き型の家具をいくつも設置していると、圧迫感が生まれたり雑然とした印象になってしまいます。

そこで、ウォールシェルフを設置すると、床が広々としてすっきりします。

また、ウォールシェルフは、ものを収納するだけではなく、雑貨や小さな観葉植物、フィギュアなどを置き飾り棚として使用するのもおすすめです。

そんなウォールシェルフは、壁に直接取り付けるものであるため賃貸物件には不向きであるイメージを抱く方も多くいます。

しかし、最近では壁面に傷を付けることなく、設置できる突っ張りタイプがあります。

また、穴を開けて設置するタイプでも壁面に跡がほとんど残らないタイプもありおすすめです。

おしゃれなウォールシェルフの種類!

おしゃれなウォールシェルフにはさまざまな種類があります。

まず、スタンダードな「棚板型」は、壁面に直接棚板を取り付ける仕様のウォールシェルフです。

1段から設置できるタイプがあり、サイドエンドがないのが特徴です。

そのため、棚板型のウォールシェルフは飾り棚に向いており、本などを立てて収納するのには向いていません。

インテリア小物や雑貨、小さな観葉植物などを飾ったりするのにぴったりです。

棚板だけになっているタイプですが、素材やデザインのバリエーションが豊富な点も特徴と言えます。

さまざまなインテリアに合わせやすい木製や、と快適なお部屋に合うガラス製などがあります。

リビングからキッチン、お手洗いまでさまざまな場所へ設置できる点もおすすめです。

1段から設置できるため、お手洗いの中に設置してトイレットペーパーやサニタリー類を置くのにも適しています。

ボックス型のおしゃれなウォールシェルフの特徴!

おしゃれなウォールシェルフの中には「ボックス型」と呼ばれるタイプもあります。

ボックス型は、棚板型と違いサイドエンドがあるため本などを立てて収納することができます。

また、ボックス型のウォールシェルフには扉が付いているタイプと扉がないオープンタイプがあるのも特徴です。

扉が付いているタイプは、収納しているものを見られたくない場合におすすめです。

お手洗いや洗面台といった場所への設置も向いており、小物類を隠して収納できます。

また、寝室などの壁面の低い位置にボックス型のウォールシェルフを取り付けるとサイドテーブルとしても使用できおすすめです。

ガラス製の扉が付いているタイプもあり、小物のディスプレイなどに適しているでしょう。

一方、扉がないオープンタイプのウォールシェルフは、飾り棚やさっと取り出したいものの収納に向いています。

例えば、キッチンに置いて調味料などを入れておくと取り出しやすいでしょう。

綺麗な食器類などのディスプレイにも向いています。

突っ張りタイプのウォールシェルフは賃貸でも使用可能

先ほども少し触れましたが、おしゃれなウォールシェルフの中には突っ張りタイプもあります。

突っ張りタイプのウォールシェルフは、天井と床に突っ張り棒で突っ張る形で設置します。

壁面にねじ穴などを開けずに設置できるため、賃貸物件への設置にも向いています。

また、突っ張りタイプのウォールシェルフは、棚板を好きな高さに調節できるのもメリットです。

さらには、棚板だけでなくハンガーラックとして使用したり、フックを取り付けてかばんなどをかけて使用したりできます。

デッドスペースになりがちな壁面を大きく使って、カスタマイズしながらさまざまな物を収納できる意味でもおすすめです。

このように、ウォールシェルフの中にはさまざまな種類があります。

色々な物をおしゃれに収納できるウォールシェルフは、お部屋に合った大きさを選んで高さなどに気を付けて設置しましょう。

ウォールフリーはいろんな場所で使えておしゃれ!

ウォールシェルフの特徴や選び方がわかったところで、ここからはネット通販で取り寄せが可能でおしゃれなウォールシェルフをご紹介します。

まずご紹介するのは、ベルメゾンネットのブランド「BELLE MAISON DAYS」で取り扱っている商品です。

・設置簡単壁掛け棚 WALL FREE

こちらは、シンプルで使いやすいウォールシェルフです。

サイドエンドがない棚板型のウォールシェルフで、さまざまな場所に設置でき壁面のアクセントになります。

キッチンなら調味料を置いたり、リビングなら飾り棚にしたり、ベッドサイドなら文庫本やスマートフォンを置いたりして多様に使用できます。

また、こちらのウォールシェルフは、写真やポストカードなどを飾ることができるように、棚板に切り込みが入っています。

さらに、安全性が高い点もおすすめポイントです。

取り付け部品は、専用の器具がなくても手持ちの硬貨などで取り付け可能です。

固定する際には、細いピンを壁面に押し込むだけと簡単な点でもおすすめできます。

ロックがかかるため、安定感もしっかりとあります。

カラーは、おしゃれなホワイト・ナチュラル・ダークブラウンの3種類から選ぶことができます。

気になるサイズごとの参考価格は以下の通りです。

・45cm ¥1,990(税込)
・60cm ¥2,490(税込)
・90cm ¥3,490(税込)

ルースはレイアウト自由でおしゃれなウォールシェルフ

最後にご紹介するネット通販で取り寄せが可能でおしゃれなウォールシェルフは、エアゾームインテリアで取り扱っている商品です。

・壁面ラックRuth(ルース)air-wrack80

こちらは、壁際のちょっとしたスペースに設置できるおしゃれなウォールシェルフです。

置く収納、掛ける収納、ディスプレイ収納と3つの収納方法でお部屋をおしゃれな空間に仕上げます。

こちらのウォールシェルフは、突っ張りタイプで、壁面を傷つけることなく設置できます。

賃貸物件にお住まいの方にもおすすめのウォールシェルフです。

奥行きは19.2cmと省スペースな設計になっており、マルチな収納ができます。

玄関やダイニング、リビングといった幅広い場所に設置できおすすめです。

取り外しができる棚板2枚と、ごちゃごちゃとしがちな物を収納できるフックが6つ付いています。

自由なレイアウトができる点もおすすめで、見栄えの良いおしゃれな空間を作ることができます。

気になるサイズは以下の通りです。

・幅81.5×奥行き19.2×高さ200~260cm

参考価格は、9,980円(税込)です。

ウォールシェルフはおしゃれで機能的なものを!

ウォールシェルフは壁面を利用してさまざまな物を収納したり飾ったりできます。

今回ご紹介したウォールシェルフは、おしゃれなデザイン性と高い機能性を兼ね備えたものばかりです。

棚板型やボックス型、突っ張りタイプなどがあるので、お部屋に合ったタイプを選んでみましょう。