知って得する!1人でもできるカーテンのレールの外し方!

カーテンのレールの外し方をご存知でしょうか。

レールの種類や特徴、設置場所をしっかり把握していれば、カーテンのレールは1人でも取り外すことが可能です。

また、レール周辺の部品の取り外し方を理解しておくことで、レールの取り外し作業をよりスムーズ進めることができます。

基本的なレールに加えて、ブラケットやキャップストップ、ランナーのそれぞれの外し方やコツ、注意点などをまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ポイントを押さえたカーテンの選び方!おしゃれ部屋のコツ

「おしゃれな部屋を作りたい!」と、こだわりのインテリアでまとめる方もいるでしょう。しかし、カ...

カーテンが風でめくれてしまう!カーテンのめくれ防止方法

天気の良い日には、窓を開けて部屋の空気を入れ替えたくなりますよね。また、暑い日にも窓を開けて...

初心者さんも安心!カーテンが長いときの簡単なアレンジ方法

インテリアの大切な要素ともなる「カーテン」ですが、丈が長いと少々不格好な印象になってしまいがちで...

カーテンが短いと部屋が寒い?!カーテンを長くする対処法

「カーテンを新調し、カーテンレールにつけてみたら想像していたより短かった」という経験をした方はい...

カーテン購入時の豆知識!レールに最適なフックと付け方!

お部屋のイメージに大きく影響するため、カーテン選びはとても重要です。特に、カーテンをオーダー...

カーテンのおすすめ!安い価格でおしゃれなカーテンは?

カーテンはお部屋の印象をがらりと変えることができる重要なインテリアです。今、ネット通販では安...

好みのカーテンの見つけ方!品質が良くて安い店舗をご紹介

新しい住居に引っ越したとき、まず必要になるものがカーテンです。そのため、引っ越し前にカーテン...

遮光カーテンの等級の違いとは?シーンや環境で等級を選ぼう

遮光カーテンは、光を遮るカーテンであることはご存知の方も多いでしょう。しかし、遮光カーテンに...

不器用な人でも簡単に作れちゃう!カーテンタッセルの作り方

カーテンを束ねるときに使うカーテンタッセル。カーテンを購入するとセットで付いていたり、市販の...

カーテンの長さは床からどれくらい?窓のサイズとの関係は?

カーテンは基本的に取り替えることの少ないインテリアですよね。そのため、いざ替えるときにはどれ...

カーテンを選ぼう!おしゃれな北欧風家具に合わせた選び方

部屋のインテリアを北欧風のもので揃えて、北欧の雰囲気を演出しているという人も多いのではないでしょ...

カーテンをおしゃれにしよう!遮光の特徴とおすすめ商品紹介

部屋のインテリアの中でも、カーテンを重要視している人は多いですよね。カーテンは、部屋の中でも...

賃貸でカーテンレールの追加はできる?日差し調節できる商品

賃貸物件で、カーテンレールが無かったり、レールが1レーンしかないシングルレールタイプだったという...

カーテン購入時の注意点!フックの種類で見た目も変わる!

カーテンのフックはレール部分から上の生地の長さによって、AフックとBフックの2つの種類があります...

人気のカーテンタッセル6選!北欧調カーテンに合うものを厳選

カーテン用のタッセルは、カーテンのテイストに合わせて選ぶとおしゃれです。近年人気の北欧テイス...

スポンサーリンク

カーテンのレールの種類!一般的な機能性レール!

カーテンのレールの外し方をご説明するにあたって、まずはどのような種類のレールがあるのかをまとめてみました。

レールのなかで最も一般的なのが、機能性レールとよばれるものです。

アルミ製のものが多く、場所を選ばず設置しやすいとされるシンプルな形状のレールで、機能面を重視したものをいいます。

この機能性レールの中にも数種類のタイプがあり、「伸縮レール」がその1つに挙げられます。

こちらは、窓枠の幅に合わせて調整が可能で、壁面に取り付けられている、エアコンなどとの接触を防ぐこともできます。

一緒に取り付けるブラケットによって、正面付け、天井付けと変えることができるのも特徴の1つです。

また、出窓に沿わせて設置する「カーブレール」は、手の力だけで曲げることができ、台形型と弓形のどちらの窓にも使えます。

さらに、「突っ張りタイプ」は手軽に取り付けることのできるレールとして人気があります。

ネジの使えない賃貸のお部屋などでも取り付け可能なうえ、レール幅が約45~190cmにまで対応し、キッチンやトイレなどの小窓にも使用されています。

カーテンのレールの種類!デザイン性重視の装飾性レール!

前章の機能性レールとは違い、お部屋のインテリアの1つとしてカーテンのレールを捉えたものが、装飾性レールとよばれるものです。

デザイン性重視で、カラーや素材にこだわり、各パーツごとにオーダーする方も多いようです。

その中でも、「木製レール」は家具やフローリングとも合わせやすく、木の温かみを感じられることからも、人気があるレールの1つです。

形状としてはポールタイプが多く、キャップのデザインも球体や槍型など、様々な種類があります。

同じポールタイプに、アイアンレールをはじめとする金属製のレールもあります。

アンティーク調や、モダンスタイルのお部屋にぴったりなのがこのレールで、キャップの種類も多彩で、好みのパーツを組み合わせることもできます。

また、少し形状が変わりますが、無機質なレールの存在感をなくす目的で、カバーを取り付けた「カバー一体型」とよばれるレールもあります。

このタイプは、天井付けのものが多いとされ、厚さ2~3cm程度のカバーが付くことで、窓周辺がすっきりとまとまります。

レールごとにネジの位置なども異なり、外し方も変わってきますので、種類別の大まかな特徴を把握しておくと、作業を進めやすくなるでしょう。

自分でもできる!カーテンのレールの外し方!

さて、ここでは具体的に、レールの外し方についてご説明します。

一般的なカーテンのレールは、ネジ穴が付いていて、窓枠や天板に直接固定するものと、ブラケットとよばれる金具を壁面や天井面にネジで固定して、そこにレールをはめ込むものに分類されます。

直接固定されているレールの取り外しは、ネジを外す作業だけなので、それほど時間もかからず1人でも十分に行えるものです。

設置位置によってはエアコンや壁面にぶつかり、うまくネジが外せないこともありますので、通常のプラスドライバーだけでなくロングタイプのものがあると便利です。

また、ブラケットからのレールの取り外しには、少しコツがあります。

ブラケットに付いているツメの部分に、レールをカチッとはめ込むように設置されているものが多く、このツメを外す作業がメインになります。

こちらはマイナスドライバーを差し込み、少し浮かすような感じでツメを外すと、力を入れることなくレールがカパっと外れます。

しかし、レールやブラケットは種類が豊富なうえ、設置場所の環境も各ご家庭によって様々です。

ここでご説明しているのは、基本的なレールの外し方であることを、ご理解いただく必要があります。

形状が様々なブラケットの外し方は?

前章で少しご説明しましたが、カーテンのレールと密接な部品の1つとして、ブラケットが挙げられます。

設置場所においては、ブラケットの一部のネジを緩めないと、はめ込まれているレールのネジやツメ部分にドライバーが届かないことなどがあります。

また、新しいレールを取り付ける際、ブラケットごと交換する方も多いと思いますので、ここではブラケットの取り外しについて触れておきましょう。

一般的なブラケットは、窓枠の上の壁面にレールを設置する「正面付け」のL字型のものと、天井やカーテンボックスの天板に設置する「天井付け」のI字型のもの、さらに、「正面付け」と「天井付け」の兼用のものがあります。

また、これらに加えて、装飾が施されたものや木製のダボが付いたものなど、形状が様々なのが特徴です。

しかし、取り外しの基本作業は、ネジを外すことになります。

使用する道具はプラスドライバーですが、設置場所やブラケットの種類によっては、ロングドライバーやマイナスドライバー、電動ドライバーなどを使い分けることになります。

どうしても外しにくい場所に設置してある場合は、無理をせず、専門の業者に依頼するのも1つの手ですね。

また、特殊な形状のものは、ブラケットの販売元に外し方を聞いてみるのもいいでしょう。

意外と知らない!レールの先端にあるキャップストップの外し方!

ここでは、カーテンレールの一番端にある、キャップストップとよばれる部分の外し方もご説明します。

基本的に、カーテンのレール周辺にはたくさんのネジが留めてありますので、どのネジを外せばどの部分が外れるかを見極めることが重要です。

ただレールを取り外すだけであっても、作業の無駄を減らすために、キャップストップをはじめとする部品1つ1つの外し方を理解しておくことも大切ですね。

このキャップストップの取り外しも、伸縮レール以外のものはネジを外すだけの簡単な作業になります。

しかし、伸縮レールは形状が異なり、ネジではなくレールの上部にある突起で引っ掛けるように固定されています。

この突起は、キャップストップの上部にマイナスドライバーなどを差し込みながら、まっすぐ持ち上げると外すことができます。

マイナスドライバーの先をひねったり、力任せに外そうとすると壊れてしまうことがあるので、十分注意しましょう。

天井付けレールに要注意!ランナーの外し方!

もう1つ、カーテンのレール周辺の部品として取り外しが可能なものに、ランナーが挙げられます。

レールにカーテンのフックを引っ掛ける部分で、レール内を左右に動かせる部品です。

前章でご説明した方法で、キャップストップさえ取り外せれば、ランナーは指でつまんで1つずつレールから取り出すことができます。

ランナーを取り出すだけでしたら、わざわざキャップストップを抜き取らなくても、ネジを緩めるだけで十分です。

しかし、天井付けのレールの場合、レール先端が壁の端や窓枠に当たっていると、キャップストップを固定しているネジを緩めることもできません。

この場合は、レール自体のネジを数個外すことになります。

まず、レールの一部分のネジを外して、下方向に引っ張りながらしならせて空間をつくり、そこからキャップストップとランナーを取り外すという手順になります。

あまり関係のないように思われるランナーの取り外しにも、レールの外し方の知識が根底にあると、手際よく作業が進むことがわかりますね。

カーテンのレールの取り外し!困ったときは専門業者に相談を!

一般的なカーテンのレールやブラケットの取り外しは、ネジや固定しているツメなどを外す作業になります。

作業自体はシンプルですし、特殊な道具が必要ということもないので、ご自分でも十分に取り外せるといわれています。

しかし、設置場所によっては作業が困難な場合もありますし、古い型のものには複雑な形状のものもあります。

ご自分での取り外しが難しい場合は無理をせず、専門の業者にまず相談してみましょう。