こたつをもっとおしゃれに!テーブルやカバーもDIYしよう!

古風で野暮ったいイメージのある「こたつ」ですが、暖房器具にしては消費電力が安いといった、うれしいメリットも見逃せません。

そこでこの記事では、こたつをもっとおしゃれにするための「DIYアイデア」をまとめてみました。

こたつテーブルの天板や上掛けカバーも自分らしくアレンジして、インテリアコーディネートをたのしみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ソファのずれ防止に!滑り止めには強力ゴムマットがおすすめ

ソファがずれると、その度にもとの位置に戻すのはなかなか手間が掛かりますよね。何度もずれること...

ベビーチェアの賢い選び方!安くて使い勝手抜群なものは?

赤ちゃんが産まれると色々なベビー用品が必要になりますよね。月齢に応じて揃えるものは異なります...

おすすめリクライニングチェア!おしゃれで人気なものを厳選

1人で贅沢にゆったりとくつろげるリクライニングチェアは、こだわって選びたいところです。今回は...

おしゃれなガラステーブルを選ぼう!特徴やおすすめ品は?

ガラス製のインテリアはデザイン性の高いものが多いです。その中でも、今回はガラステーブルに着目...

【おすすめスツール】北欧インテリアの玄関にぴったりなのは

玄関を北欧インテリアでコーディネートしたら、かわいらしくて便利なスツールを置いてみませんか?...

ベッドルームの壁はお洒落なリメイクシートで簡単リフォーム

「ベッドルームの壁紙をリフォームしたいけれど難しそう」とお悩みの方はいらっしゃいませんか?そ...

ダイニングテーブルを守るために!おすすめのシートをご紹介

ダイニングテーブルを購入する時、一緒にテーブルシートを購入するべきかどうか悩む方もいらっしゃるの...

ダイニングテーブルは丸いと不便?使い勝手がいいテーブル

ダイニングテーブルは、四角いほうが品揃えが豊富です。しかし、丸いテーブルにはかわいらしくて柔...

1人暮らしのベッドの選び方!おすすめの機能やレイアウト術

1人暮らしの狭い部屋にベッドを置くと、それだけでもかなりの割合を占めます。それでも、寝るだけの寝...

シングルベッド2台置き!子供も喜ぶ快適な寝室作りのコツ

新婚カップルや子育て世帯が寝室に置くベッドを選ぶときに、シングルベッドを2台並べて寝る方法を検討...

木製シェルフは部屋に温かみを生む!高機能で薄型がベスト

シェルフは収納に欠かせない家具の1つです。収納だけでなく、部屋の間仕切りとしても使えるため、...

シンプルで味わい深い!北欧ヴィンテージチェアがおすすめ

北欧ヴィンテージチェアの、シンプルゆえに飽きのこない味わい深さに惹きつけられる方も少なくはないで...

スチール製シェルフを置いて使いやすいキッチンを目指そう!

キッチンの収納力不足に悩んでいるなら、スチール製シェルフを選んでみてはいかがでしょうか。置く...

スツールに欲しい2大機能!キャスター+収納で生活を便利に

スツールに備わっている機能には、多くのものがあります。なかでも便利と言われるのが、「収納がで...

ベッドはやっぱり収納付きが魅力的!安い商品を多数ご紹介!

クローゼットに収まりきらない荷物や、シーズン物の衣類など、収納場所に困っていませんか。それら...

スポンサーリンク

こたつテーブルの天板は「リメイクシート」で簡単DIY!

こたつテーブルの印象をもっとも左右しているのは、目に入りやすい「天板」ではないでしょうか。

まずは、簡単なDIYで天板の雰囲気を変えてみましょう。

天板のイメージを変えるときには、市販の「リメイクシート」を使用します。

リメイクシートとは、裏側が粘着面になっている塩ビフィルムシートのことで、ホームセンターや100円均一ショップなどでも手に入れることができます。

リメイクシートを貼るときは、事前に「ゴムヘラ」を用意しておくといいでしょう。

ゴムヘラを使いながら作業すると、シート内に気泡が入りにくくなります。

きれいに仕上げることができるので、ぜひ活用してみてください。

リメイクシートを選ぶときは、お部屋や家具のテイストを意識していきましょう。

ナチュラルインテリアの場合、木目調のリメイクシートがおすすめです。

リアルな模様だと風合いが増し、本格的な仕上がりとなります。

また、軽やかな空間にしたいときは、明るめのカラーリングを選び、重厚感のある空間を目指す場合には、暗めの落ち着いたカラーリングにしてみてください。

木目調だけでなく、さまざまなデザインパターンがありますから、お好みのものを探してみましょう。

「タイルシート」でDIY!オリジナルの天板づくり

前項でご紹介したリメイクシートよりも、オリジナリティをプラスしたいときにおすすめなのが、「タイルシート」を使用したDIYです。

タイルシートとは、タイルの裏面がシールになっているアイテムで、こたつテーブルの天板にも使用することができます。

タイルには目地加工が施されていますから、面倒な処理は必要ありません。

手軽にタイル貼りを実現できるため、DIY好きな方々から注目されています。

こちらのタイルシートですが、天板全面に貼るよりも、アクセント使いするといいでしょう。

天板の端だけをグルリと囲ってみたり、角だけに貼ってポイントにするというような使い方です。

DIY上級者になると、本物のタイルを中央に敷き詰め、その周りを木枠で囲っている例なども見かけます。

ツルッとした質感がクールなタイル貼り天板で、こたつもスタイリッシュな印象に生まれ変わるはずです。

また、どこかカフェ風な雰囲気も持ち合わせていますから、さまざまなインテリアスタイルに対応できるでしょう。

木製こたつテーブルはペイントすると個性が出る!

ここからは、少しレベルアップしたDIYアイデアをご紹介していきます。

木製のこたつテーブルをお持ちであれば、大胆に色を塗り替えてみるのはいかがでしょうか。

「リメイクシートでは満足できない!」「もっと自分好みの色にしたい!」という方におすすめです。

テーブル全体を塗るのは少し大変かもしれませんから、天板だけでもいいでしょう。

ここでは、天板のみを塗り替えることと想定し、大まかに作業の流れをお伝えします。

〈用意するもの〉

・作業着
・やすり
・お好みのペンキ
・ペイントブラシ
・仕上げ剤

〈作業手順〉

①汚れてもいい服装に着替えておく

必要であれば、マスクや手袋も用意し、作業場所にも配慮してください。

②ペイントする面にやすりがけする

ゆっくり丁寧にやすりをかけていきますが、「電動やすり(サンダー)」があると便利です。

③ペイントブラシを使い、ペンキを下塗りする

一度塗ってから少し乾かします。

④再度ペンキを塗る

きれいにペンキが塗れたら完全に乾かします。

⑤仕上げ剤を薄く塗っていく

数日おいて乾燥させたら完成です。

こたつテーブルの「脚」だけ変えてみるのもアリ!?

こたつテーブルのDIYとしては、脚の部分にも注目してみましょう。

低いこたつを高さのあるものに変えると、ダイニング空間にも合わせやすくなります。

お手持ちのダイニングソファやイスの高さに合わせ、寸法を決めてから木材を用意しましょう。

もともとこたつテーブルについていた脚を外したら、用意した木材を骨組の四隅にネジで固定していきます。

念のため、底面には補強用の横板をつけておくと安心ですね。

複雑な施工ではないものの、きっちりとプランニングしてから作業してみてください。

サイズの大きなこたつでは安定感が出にくいため、あまりおすすめできませんが、コンパクトなこたつであれば問題ないでしょう。

しかし、脚の高さを変えるということは、上掛けカバーも新たに手作りする必要があります。

上掛けカバーのDIYについては、次項でお話ししていきます。

お部屋の雰囲気に合わせて!こたつの上掛けカバーをDIYしてみよう

テーブルの天板と同じく、こたつのイメージを決めるポイントとなるのは「上掛けカバー」です。

自分好みの生地で手作りしてみると、さらに愛着も沸いてくるでしょう。

カジュアルな雰囲気を出したいときには、「デニム生地」がおすすめです。

パッチワーク風に縫い合わせてみたり、ヴィンテージ加工されたデニム生地にワッペンをプラスしてみると、とてもおしゃれな印象になります。

一方、ナチュラルでやさしい雰囲気を出したいときには、リネンやコットンなどの「自然素材生地」を使用してみましょう。

カラーリングもオフホワイトや生成り色で統一すれば、あたたかみがあり穏やかなイメージになりますね。

また、既製品の上掛けカバーをリメイクするのもいいアイデアです。

端にレースやフリルをあしらえば、一気にガーリーテイストになるでしょうし、フリンジやタッセルをつけると今風のアレンジになります。

インテリアテイストに合わせて、自分好みのDIYアクセントをプラスしてみましょう。

買い替えるなら!おしゃれなこたつテーブルを

ここまで、こたつテーブルや上掛けカバーのDIYについてお話ししてきましたが、今後買い替えるご予定があるなら、おしゃれなデザインのこたつを選んでみましょう。

近年は、フローリングのお部屋にも馴染みやすい、スタイリッシュなこたつが販売されています。

いくつかピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【リセノ:こたつテーブル Anika(アニカ)長方形 幅105cmタイプ】

猫脚風のデザインがかわいらしく、優美でエレガントな印象です。

どちらかと言えば、女性向きのこたつテーブルと言えますね。

ヒーター部分が薄型設計になっているため、上掛けカバーを外してもスッキリとした見た目になります。

【リセノ:こたつテーブル Laura(ラウラ)ヘリンボーン 長方形 幅105cmタイプ】

ヘリンボーン柄になっている天板が特長です。

丸みのあるフォルムなので、どこかやさしい雰囲気に仕上がっています。

一見こたつとは思えないような、個性的なデザインが魅力でしょう。

【古材風アイアンこたつテーブル ブルック 長方形 100×50cm】

・取扱店:ミロク屋(楽天市場店)他

古材風のメラミン天板は、お手入れ簡単でとてもタフです。

アイアン脚を使用していますが、電源を入れても熱くならない設計になっています。

フラットタイプのヒーターは、ゆったりとした使用感なのがうれしいですね。

今回は、三点のこたつテーブルを厳選してみましたが、いかがだったでしょうか。

こうしたおしゃれなデザインの既製品を参考にしながら、自分でDIYしてみるのも面白いですね。

こたつだっておしゃれにアレンジできる!

この記事では、こたつのDIYアイデアを中心にお伝えしてきました。

こたつテーブルの天板は、「リメイクシート」や「タイルシート」を利用すれば、簡単にDIYすることができます。

また、自分でペイントしたり、脚の高さを変えてみるのもいいでしょう。

おしゃれなデザインのこたつを手に入れて、インテリアコーディネートの幅を広げてみてください。