ベッドフレームはセミダブルを選んで快適でおしゃれな寝室に

寝室は一日の疲れを癒す大切な場所です。

居心地の良さを大切にするのは当然なのですが、ベッド自体の寝心地の良さも忘れてはいけません。

ベッドはシングルやセミダブルなど、選ぶベッドフレームによって睡眠の質を左右することもあるので、慎重に選ぶようにしましょう。

ここではおしゃれさも取り入れながら、しっかりくつろげる寝室作りのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ネット通販で買えるソファのおすすめは?安い価格でも高機能

ソファを買うときは、安い価格と機能性やデザイン性を両立させたものを選ぶのがおすすめです。...

毎日快適に休めるベッド周りのインテリアコーディネート

寝室は、毎日の疲れを癒やすための重要な部屋です。ベッドを中心とし、シンプルな家具を置くことで...

【シェルフ】おしゃれ空間にはブラックアイアンフレーム!

ブラックアイアンフレームのシェルフには、洗練されたスタイリッシュな雰囲気があります。素材の組...

日本の有名な家具ブランド・メーカー6選!歴史と魅力に迫る

日本には、高品質でデザイン性の高い家具を販売している、メーカーやブランドが豊富にあります。素...

オフィス・キャンプで使えるハイバックチェアのおすすめは?

現代では、デスクに向かって仕事をする機会も多くなり、チェアが必要になることも多くなっています。...

窓に隙間テープを貼り室内を暖かく!効果的な使い方と注意点

寒くなってくると、窓から入ってくる隙間風に悩まされることがあります。どれほど断熱性の高い家で...

カウンターチェアの選び方!ダイニングをおしゃれに彩ろう

カウンターのあるダイニングはおしゃれと感じ、憧れる方も多いのではないでしょうか。そこへ合わせ...

パンチの効いたアメリカンインテリア!おすすめショップ特集

アメリカンインテリアに興味がある人は多いのではないでしょうか。おしゃれな物やかっこいい物が多...

テーブルのおすすめ!一人暮らしに最適なおしゃれテーブル

これから一人暮らしを始める方にご紹介したいのが、テーブル選びのポイントです。一人暮らしのテー...

スマホの充電!コンセントが熱いのは危険のサイン!?

暮らしの中で日常的に使っている家電製品ですが、電源プラグやコンセントが熱いと感じた経験はありませ...

1Rでも寝室でも!8畳のレイアウトはベッドの配置が重要!

8畳のお部屋は1人暮らしには程よく、寝室としてはゆったりと使える広さだとされています。8畳の...

引っ越し時や不要になった際のベッドの解体方法と注意点!

引っ越し時や不要になり処分する際のベッドは、家具のなかでは大きい部類になります。そのままのサ...

寝具は風水で選ぼう!寝ている方角別のおすすめ寝具の色とは

しっかりと眠って一日の疲れを取り、翌日に良い目覚めを迎えるためにも、寝室のインテリアはとても大切...

ソファを自作しよう!座面部分のマットレスに使えるものは?

ソファを自作すると、既製品を購入するよりも費用を抑えることができ、好みのデザインやサイズのものを...

風水で寝具の柄や色を変えて寝室に良い運を呼び込むには?

寝室やベッド周りなどの空間は、全体運や仕事運、恋愛運に影響する風水でも大切な場所です。しかし...

スポンサーリンク

ベッドフレームはセミダブルを選ぼう!

ベッドフレームを選ぶとき、何を基準に選んでいますか?

部屋の大きさや寝る方の数、おしゃれさなど、人によって選び方は様々かと思います。

一般的に、寝ころんだときに左右に20センチのすき間があれば、無理なく寝返りが打てると言われています。

シングルフレームでも寝返りに十分な広さがあるため問題はありませんが、ゆとりを持たせるためには、ぜひセミダブルを選んでみてください。

部屋が狭いためシングルフレームしか置けないというケースもありますが、一般的にセミダブルの大きさはシングルベッドより20センチ大きいだけです。

そのため、思っている程大きくなく、狭い部屋でも無理なく設置することができるのです。

また、セミダブルでも、ロータイプの背の低いものを選ぶと圧迫感をより和らげることができます。

最近はビジネスホテルでも、シングルではなくセミダブルが採用されるようになりました。

その背景には出張や仕事後などストレスが溜まっているビジネスマンの為に、寝るときだけでもリラックスしてほしいという思いが込められているのだそうです。

そのためベッドフレームは、シングルよりセミダブルのほうが断然心地良いと言えるでしょう。

一人で広々、子供と二人でも無理なく利用できるセミダブル

セミダブルの最大の魅力は、大人一人と子供一人が一緒に寝られるというところです。

セミダブルのサイズは、縦が約195センチ、横が約120センチで、大人一人が寝ると左右に30センチほどのすき間ができます。

大人一人であればゆとりをもって眠ることができ、子供と一緒に親子で使用することも可能です。

最近のベッドフレームは、おしゃれなものも多いので、そのまま子供に受け継いでも良いと思います。

お友達が泊まりにきたときも、仲良く並んで就寝することができますよね。

子供が小さい内は二人で寝て、大きくなったら寝室を分けて一人で寝る、こういったマルチな使い方ができるのも、セミダブルの魅力ではないでしょうか。

また、セミダブルベッドを使用するときは、シングルよりもベッドフレーム自体が広い分、毛布や掛け布団も大きくなります。

大きな毛布に包まれることで気持ちが落ち着き、上質な睡眠を取ることができるのもポイントです。

おしゃれな寝室にするためのベッドフレーム選び

寝室というのは心と身体をリセットする大切な空間です。

しっかりリラックスするためには、自分好みのインテリアや寝具で揃えるのも大きなポイントとなってきます。

特にベッドフレームは、シングルやセミダブル関係なく部屋の中でも大きな家具であり、部屋の半分を占めることも多いです。

そのため、ベッドフレームは自分好みのおしゃれなものを選ぶようにしましょう。

ベッドフレーム自体がおしゃれなものを選んでも良いのですが、部屋を中心に考えると、建具や今あるインテリアなどに雰囲気を合わせるのがコツです。

特にフレームと建具を同系色で合わせることで空間が上手くまとまり、それだけでセンス良く見えます。

また、床の色に合わせてみるのもおすすめです。

ベッドフレームは床に直置きするものなので、床の色や素材と合わせるとまるで最初から備え付けられていたかのような一体感が生まれます。

おしゃれな寝室にするためには、ベッドフレームと既存家具との調和をしっかり考慮することが大切です。

セミダブルはおしゃれなものや機能的なフレームが多い?

セミダブルのベッドフレームは、おしゃれで機能的なものがたくさん販売されています。

細かなディテールにこだわったアイアンタイプやヴィンテージ風のパイプタイプ、コンセントや収納付きのものなどがあり、どれも人気です。

通気性に優れたすのこタイプは、湿気がこもりにくいのでカビの心配も少なくなります。

就寝中はコップ一杯分の汗をかくと言われているので、通気性に優れたものを選ぶと、より快適な睡眠を得ることができるでしょう。

収納付きのタイプですと、使わない枕やベッドカバー、毛布などをしまっておけるので、大変便利です。

ベッド下はどうしてもデッドスペースになってしまうので、収納が少ないお部屋の場合はぜひ収納付きのものを選んでみてください。

また、ライト付きのものもおすすめです。

ライトが付いていると、就寝前に読書をしたり、夜中に目が覚めたときもすぐに枕元を明るくすることが可能です。

お子様がいるご家庭は、寝かしつけの際に絵本を読むことが多いと思います。

小さなお子様がいらっしゃる方は、ぜひライト付きのタイプを選んでみてください。

雑誌がしまえる本棚が付いたものや、めがねなどの小物を置くスペースがあるものだと、より便利です。

ベッド周りは何かと置くものが多いので、サイドテーブルを使用する方も多くいらっしゃいます。

しかし、サイドテーブルを置くことによってその分スペースが取られてしまい、狭い寝室の場合は不向きです。

そのため、ベッドフレームを選ぶ際は、見た目のインテリア性と共に、機能性に優れたものを選ぶのが大切です。

おしゃれさはもちろんのこと、ベッドで過ごす時間をより快適に過ごせるようなものを選んでください。

おしゃれな寝室なら気分も上がる!

素敵でおしゃれな空間にいると、何となく気持ちもウキウキ、ワクワクしませんか?

好きなものやおしゃれなものに囲まれることで、誰でも気持ちが前向きになります。

気持ちが前向きになることで気持ち良く一日を過ごすことができますし、充実した毎日を送ることができます。

寝室も同じく、ベッドフレームやベッドサイドを自分好みのテイストにすることで、心も身体もしっかり癒されます。

寝室を自分だけの大切な空間ということを意識し、ぜひおしゃれな場所にしてみてください。

セミダブルのゆとりあるベッドフレームに加え、寝室がリラックスできる空間であれば、一日の疲れをしっかりとリセットでき、翌日の活力へとつながるのではないでしょうか。

自分に合ったベッドフレームを選んで上質な睡眠を

ベッドフレームの選ぶ際は、デザインやおしゃれさ、使い勝手のほかに、自分の身長や体重、ライフスタイルに合わせるようにしましょう。

マットレスもセミダブルタイプを選ぶかと思いますが、マットレスにもそれぞれ特徴があり、硬さも異なります。

あまりに柔らかすぎてしまうと沈みが強くなりますし、硬すぎると身体が痛くなってしまうかもしれません。

少々値が張っても、長く使うものだということを念頭に置き、良質なマットレスを選ぶのがポイントです。

店頭の家具屋さんで選ぶときは実際に寝ころんでみて、寝心地や使いやすさを試してから購入してください。

通販で購入する場合は、口コミを見ながら検討するのがおすすめです。

上質な睡眠を得て、心身の疲れを取るためにはベッド選びがとても重要と言えます。

おしゃれな寝室はベッドフレーム選びから

セミダブルのベッドフレームは、眠りを快適にするだけでなく、使い勝手や寝室のおしゃれ度を上げてくれます。

一人暮らしの場合は特にシングルサイズを選びがちですが、セミダブルには上記のようなたくさんの魅力があり、生活の質も上げてくれます。

これからベッドフレームを購入する方や、快適でおしゃれな寝室にしたい方は、ぜひセミダブルを検討してみてください。