ベッドフレームはセミダブルを選んで快適でおしゃれな寝室に

寝室は一日の疲れを癒す大切な場所です。

居心地の良さを大切にするのは当然なのですが、ベッド自体の寝心地の良さも忘れてはいけません。

ベッドはシングルやセミダブルなど、選ぶベッドフレームによって睡眠の質を左右することもあるので、慎重に選ぶようにしましょう。

ここではおしゃれさも取り入れながら、しっかりくつろげる寝室作りのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ワンルームにベッドとソファを上手く配置する方法をご紹介

ワンルームに大型家具をたくさん置くと、どうしてもお部屋が狭くなってしまうのでできるだけ家具は少な...

スツール?テーブル?それとも収納?自由自在の便利アイテム

スツールとして腰掛けることができ、テーブルやディスプレイにも使えたうえに、収納スペースも確保でき...

お洒落に傷補修!テーブルの天板にリメイクシートが使える!

テーブルの天板の傷の補修作業は、家具専用補修キットを使い着色して傷を隠したり、専用パテなどで埋め...

ベッドを置くと床が傷付く!おすすめの傷防止アイテムは?

お部屋にベッドを置く際に、どうしても気になるのがフローリングなどの床に付く傷です。ベッドは基...

バタフライテーブルはコンパクト・広々の両方で使えて便利!

天板をコンパクトに折り畳めるバタフライテーブルは、その特徴により用途が広がる便利なアイテムです。...

テーブルをヴィンテージ加工したい!DIYの方法をご紹介

ヴィンテージ加工されたテーブルは趣があって、かっこいいですよね。ヴィンテージ加工を専門の業者...

憧れのお洒落なロフト!ベッドを置く際に気を付けることは?

まるで秘密基地のような空間を自由に使えることから、今や賃貸でもロフト付きのお部屋が人気を集めてい...

ベッドサイドテーブルで就寝前の時間が快適!ブログを参考に

ベッドサイドテーブルを使われていますか?わざわざ置かなくても、スマホぐらいなら枕元で充分だか...

ベッドに収納できてとっても便利!おすすめの収納ベッド特集

ベッドにも種類があり、中には収納付きのベッドがあります。現在使用しているベッドが、収納付きで...

和室にソファを置くならへこみ対策が重要!和モダンな空間へ

ソファはフローリングに置くイメージが強いですが、意外に和室にもよく合います。和室にソファを置...

【パイプベッド特集】寝心地はどうなの?マットレスは必要?

スチール製の「パイプベッド」は価格が安く、組み立てが簡単なことは大変魅力的です。その一方で、...

お部屋作りに便利なおすすめの家具配置アプリ6選!

新築の家を建てるときや、引っ越しをするとき、お部屋の模様替えをするときなど家具の配置や間取りに困...

カウンターチェアの選び方!ダイニングをおしゃれに彩ろう

カウンターのあるダイニングはおしゃれと感じ、憧れる方も多いのではないでしょうか。そこへ合わせ...

ソファの寿命を延ばす1つの手段!張替えに掛かる価格は?

張替えを行えば、長年使用しているソファが見違えるほど美しく蘇り、その寿命を延ばすことができると言...

テーブルの天板にタイルを使って自分好みにリメイク!

使い込んで古くなったり、天板が汚れてしまったりしたテーブルを、タイルを使ってリメイクしてみません...

スポンサーリンク

ベッドフレームはセミダブルを選ぼう!

ベッドフレームを選ぶとき、何を基準に選んでいますか?

部屋の大きさや寝る方の数、おしゃれさなど、人によって選び方は様々かと思います。

一般的に、寝ころんだときに左右に20センチのすき間があれば、無理なく寝返りが打てると言われています。

シングルフレームでも寝返りに十分な広さがあるため問題はありませんが、ゆとりを持たせるためには、ぜひセミダブルを選んでみてください。

部屋が狭いためシングルフレームしか置けないというケースもありますが、一般的にセミダブルの大きさはシングルベッドより20センチ大きいだけです。

そのため、思っている程大きくなく、狭い部屋でも無理なく設置することができるのです。

また、セミダブルでも、ロータイプの背の低いものを選ぶと圧迫感をより和らげることができます。

最近はビジネスホテルでも、シングルではなくセミダブルが採用されるようになりました。

その背景には出張や仕事後などストレスが溜まっているビジネスマンの為に、寝るときだけでもリラックスしてほしいという思いが込められているのだそうです。

そのためベッドフレームは、シングルよりセミダブルのほうが断然心地良いと言えるでしょう。

一人で広々、子供と二人でも無理なく利用できるセミダブル

セミダブルの最大の魅力は、大人一人と子供一人が一緒に寝られるというところです。

セミダブルのサイズは、縦が約195センチ、横が約120センチで、大人一人が寝ると左右に30センチほどのすき間ができます。

大人一人であればゆとりをもって眠ることができ、子供と一緒に親子で使用することも可能です。

最近のベッドフレームは、おしゃれなものも多いので、そのまま子供に受け継いでも良いと思います。

お友達が泊まりにきたときも、仲良く並んで就寝することができますよね。

子供が小さい内は二人で寝て、大きくなったら寝室を分けて一人で寝る、こういったマルチな使い方ができるのも、セミダブルの魅力ではないでしょうか。

また、セミダブルベッドを使用するときは、シングルよりもベッドフレーム自体が広い分、毛布や掛け布団も大きくなります。

大きな毛布に包まれることで気持ちが落ち着き、上質な睡眠を取ることができるのもポイントです。

おしゃれな寝室にするためのベッドフレーム選び

寝室というのは心と身体をリセットする大切な空間です。

しっかりリラックスするためには、自分好みのインテリアや寝具で揃えるのも大きなポイントとなってきます。

特にベッドフレームは、シングルやセミダブル関係なく部屋の中でも大きな家具であり、部屋の半分を占めることも多いです。

そのため、ベッドフレームは自分好みのおしゃれなものを選ぶようにしましょう。

ベッドフレーム自体がおしゃれなものを選んでも良いのですが、部屋を中心に考えると、建具や今あるインテリアなどに雰囲気を合わせるのがコツです。

特にフレームと建具を同系色で合わせることで空間が上手くまとまり、それだけでセンス良く見えます。

また、床の色に合わせてみるのもおすすめです。

ベッドフレームは床に直置きするものなので、床の色や素材と合わせるとまるで最初から備え付けられていたかのような一体感が生まれます。

おしゃれな寝室にするためには、ベッドフレームと既存家具との調和をしっかり考慮することが大切です。

セミダブルはおしゃれなものや機能的なフレームが多い?

セミダブルのベッドフレームは、おしゃれで機能的なものがたくさん販売されています。

細かなディテールにこだわったアイアンタイプやヴィンテージ風のパイプタイプ、コンセントや収納付きのものなどがあり、どれも人気です。

通気性に優れたすのこタイプは、湿気がこもりにくいのでカビの心配も少なくなります。

就寝中はコップ一杯分の汗をかくと言われているので、通気性に優れたものを選ぶと、より快適な睡眠を得ることができるでしょう。

収納付きのタイプですと、使わない枕やベッドカバー、毛布などをしまっておけるので、大変便利です。

ベッド下はどうしてもデッドスペースになってしまうので、収納が少ないお部屋の場合はぜひ収納付きのものを選んでみてください。

また、ライト付きのものもおすすめです。

ライトが付いていると、就寝前に読書をしたり、夜中に目が覚めたときもすぐに枕元を明るくすることが可能です。

お子様がいるご家庭は、寝かしつけの際に絵本を読むことが多いと思います。

小さなお子様がいらっしゃる方は、ぜひライト付きのタイプを選んでみてください。

雑誌がしまえる本棚が付いたものや、めがねなどの小物を置くスペースがあるものだと、より便利です。

ベッド周りは何かと置くものが多いので、サイドテーブルを使用する方も多くいらっしゃいます。

しかし、サイドテーブルを置くことによってその分スペースが取られてしまい、狭い寝室の場合は不向きです。

そのため、ベッドフレームを選ぶ際は、見た目のインテリア性と共に、機能性に優れたものを選ぶのが大切です。

おしゃれさはもちろんのこと、ベッドで過ごす時間をより快適に過ごせるようなものを選んでください。

おしゃれな寝室なら気分も上がる!

素敵でおしゃれな空間にいると、何となく気持ちもウキウキ、ワクワクしませんか?

好きなものやおしゃれなものに囲まれることで、誰でも気持ちが前向きになります。

気持ちが前向きになることで気持ち良く一日を過ごすことができますし、充実した毎日を送ることができます。

寝室も同じく、ベッドフレームやベッドサイドを自分好みのテイストにすることで、心も身体もしっかり癒されます。

寝室を自分だけの大切な空間ということを意識し、ぜひおしゃれな場所にしてみてください。

セミダブルのゆとりあるベッドフレームに加え、寝室がリラックスできる空間であれば、一日の疲れをしっかりとリセットでき、翌日の活力へとつながるのではないでしょうか。

自分に合ったベッドフレームを選んで上質な睡眠を

ベッドフレームの選ぶ際は、デザインやおしゃれさ、使い勝手のほかに、自分の身長や体重、ライフスタイルに合わせるようにしましょう。

マットレスもセミダブルタイプを選ぶかと思いますが、マットレスにもそれぞれ特徴があり、硬さも異なります。

あまりに柔らかすぎてしまうと沈みが強くなりますし、硬すぎると身体が痛くなってしまうかもしれません。

少々値が張っても、長く使うものだということを念頭に置き、良質なマットレスを選ぶのがポイントです。

店頭の家具屋さんで選ぶときは実際に寝ころんでみて、寝心地や使いやすさを試してから購入してください。

通販で購入する場合は、口コミを見ながら検討するのがおすすめです。

上質な睡眠を得て、心身の疲れを取るためにはベッド選びがとても重要と言えます。

おしゃれな寝室はベッドフレーム選びから

セミダブルのベッドフレームは、眠りを快適にするだけでなく、使い勝手や寝室のおしゃれ度を上げてくれます。

一人暮らしの場合は特にシングルサイズを選びがちですが、セミダブルには上記のようなたくさんの魅力があり、生活の質も上げてくれます。

これからベッドフレームを購入する方や、快適でおしゃれな寝室にしたい方は、ぜひセミダブルを検討してみてください。