スツールで生活が便利に!?選ぶなら白の収納つきがおすすめ

部屋の中で座ることに関して、「床だと立つのが億劫に感じる」という声があります。

そのような方には、部屋にスツールを置くのがおすすめです。

それに収納つきを選べば、より生活する上でも便利と言えます。

また、スツールの色には白を選ぶのもポイントです。

そこで今回は、スツールについて詳しくご説明すると共に、おすすめの白い収納つきスツールもご紹介しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ベッドを窓際に配置すると寒い!快眠するための5つの対策

ベッドを窓際に配置するとお部屋が広く見える効果があるので、そのようなレイアウトをしている方も多い...

ベッドテーブルが欲しい!折りたたみ式やハイタイプが便利

ベッドでパソコンやタブレットを使う際には、テーブルがあると便利です。大きいサイズのものは場所...

憧れのモダンスタイル!畳の上のベッドはカビ対策が重要

毎日のお布団の上げ下ろしの必要もなくお部屋の整頓もしやすいなどの利便性から、和室にベッドを置く方...

1DKは何人向けの部屋?快適な家具の配置は家族構成で変わる

1DKのお部屋というのは、ワンルームと比べると個室がある分広く感じるものです。しかし、暮らす...

テーブルを塗装してアンティーク風に仕上げてみよう!

古きよき時代に誕生したアンティーク家具は、現代においても魅力的な物です。インテリアにとり入れ...

ウォールシェルフの選び方!おしゃれで機能的なものを紹介

ウォールシェルフは、壁面を使ってさまざまなものを収納できる便利なアイテムです。今回は、ウォー...

家具をおしゃれに演出したい!きれいに塗り替える方法とは?

新しく購入した家具なら、購入前にご自分のイメージに合った製品を選べます。形やデザインは気に入...

家具の修理料金の相場は?修理業者を選ぶ時のポイントも紹介

大切な家具やお気に入りの家具が壊れた時、そのまま処分してしまうのは悲しいことですよね。できる...

円卓テーブルはおしゃれで人気!特徴・選び方・商品をご紹介

丸い天板の円卓テーブルは、おしゃれな見た目が魅力のひとつです。また、家族のコミュニケーション...

バスチェアでお風呂をおしゃれに!タイプ別の特徴をご紹介!

お風呂で使うバスチェア、購入する時に皆さんは何を基準にしているでしょうか。バスチェアを購入す...

ソファとラグを配置する際に大切なこと!ソファの横幅を確認

ソファとラグの配置について考えているときに「この大きさのソファには、どのくらいのサイズのラグがち...

リビングダイニング兼用テーブルセットの選び方のポイント!

近年、リビングダイニングの広さやデザイン性の面などから、テーブルにソファチェアをセットして兼用で...

狭くても寛ぎたい!6畳の1Rに配置するソファのおすすめは?

6畳の1Rは、1人暮らしに人気のお部屋の広さだと言われています。あまり広くない6畳というお部...

ソファの裏を活用!棚を置くだけで部屋のおしゃれ度アップ!

家の中で大きく場所をとる家具といえば、ソファを思い浮かべる方も多いでしょう。ソファはその存在...

ワイヤーネットは黒でクールに!おしゃれに見せる組み合わせ

黒は目立つ分、インテリアに取り入れるときは上手にバランスをとることが大切です。壁面収納で黒の...

スポンサーリンク

白など色選びには注意!?スツールが役立つ部屋

スツールは、主に以下のような部屋に置いておくと、様々な点で役立ちます。

・玄関

玄関では、スツールがあるとそこに腰をかけて靴を履くことができます。

特に、小さなお子さんやお年寄りが住む家におすすめです。

一方、玄関は汚れやすい部屋のため、スツールの色に注意してください。

できれば、白など汚れが目立ちやすくなる色は避けたほうが無難です。

また、収納がついたスツールを選べば、細々とした靴のお手入れアイテムの保管にも役立ちます。

・洗面所

洗面所では、メイクやヘアセットをする時のためにもスツールがあると便利です。

人によってはそれらに時間がかかることもあるため、スツールに座りながら行うことで疲れを和らげてくれます。

白など、爽やかな色のスツールを選ぶと洗面所に清潔感が出るでしょう。

・寝室

特に寝具がベッドのほうの場合、サイドテーブルとして背が低めのスツールを置いておくと便利です。

ベッドに寝た時に、ちょうど目線の高さにスツールがくるので、そこにものを置いておけばさっと手を伸ばして取ることができます。

これら以外でも、家族構成や家の間取りによってスツールが活躍する部屋は多くあります。

折りたたみから収納まで幅広い!スツールの種類

スツールと一口に言っても、その種類には様々なものがあります。

ここでは、スツールの主な種類について以下でご説明しましょう。

・折りたたみスツール

コンパクトになるため、狭い部屋にもおすすめです。

折りたたむ時に、手間がかからないようなものを選ぶと良いでしょう。

・スタッキングスツール

重ねてまとめることができ、すっきりとした見た目になります。

また重ねる時には、指を挟まないよう注意してください。

壁際に重ねることを想定し、例えば白い壁ならスツールの色もそれに合わせると良いでしょう。

スタッキングスツールを複数重ねていても、壁との色を統一することで、ごちゃごちゃした印象になりません。
・高さ調節ができるスツール

用途に合わせて高さを調節でき、大人だけでなく小さなお子さんでも使いやすいです。

・収納つきスツール

座面が広いものが多いため、座り心地が楽です。

リビングに置いておけば、急な来客時にも散らかっているものを一時的に収納できます。

用途別・スツールの選び方

スツールは、用途によっても選ぶポイントが違います。

用途ごとにどのようなスツールを選べば良いのか、以下でご説明しましょう。

・日常で座る用として

スツールの用途としては、メインになります。

長時間座ることを想定して、座り心地の良し悪しを確認してください。

ほど良いクッション性があるスツールを選ぶのがおすすめです。

また、体形によっては座面が狭すぎると座りづらさを感じやすいため注意しましょう。

・もの置き用として

上に置くものが落ちないよう、フラットで固い座面が良いです。

座面に凹凸のあるデザインだと、それに引っかかってものが倒れたり落ちたりすることもあるため注意してください。

・踏み台として

踏み台としての機能が備わったものを選ぶようにしてください。

その機能が備わっていないものを使ってしまうと、転倒などに繋がる恐れもあります。

また、下りる時に確認しやすいよう、座面は白などを避け、目立つ色を選ぶのがおすすめです。

・大人数の来客用として

パーティーなどで、複数使う機会が多い方にはスタッキングスツールがおすすめです。

手軽に重ねられるよう、軽いものを選ぶと良いです。

・収納用として

何をどれくらい収納するかを考えて選びましょう。

収納するものの重量にも注意し、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

スツールには白がおすすめ!その理由とは?

スツールは、選ぶ色によっても印象が大きく変わります。

中でもおすすめなのが、白いスツールです。

その理由について、以下でまとめました。

・部屋が広く見える

述べた通り、特に収納つきスツールは座面が広いものが多く、存在感も大きくなりやすいです。

それに白を選べば、壁の色などに中和され、存在感を和らげることができます。

つまり、他の色よりも白いスツールのほうが部屋を広く見せることに役立つと言えるでしょう。

・飽きがこない

赤や青などのカラフルな色のスツールは、最初は魅力的に見えても、次第に慣れてきて飽きてしまうという声もあります。

そのため、白などスツールにシックな色を選べば、飽きずに長く愛用することができるでしょう。

・他のアイテムの色と馴染みやすい

部屋に置くアイテムには、様々な色があります。

そのため、スツールの色に主張が強いものを選んでしまうと、それらとのバランスが悪くなってしまうこともあります。

白いスツールであれば、どのような色のアイテムとも馴染みが良く、部屋全体にまとまりが生まれます。

座ったまま出し入れできる!おしゃれな白い収納スツール

前項では、白いスツールがおすすめの理由についてご説明しました。

また、それに収納がついていれば、より生活にも役立つと言えます。

そこでここからは、収納つきの白いスツールをご紹介しましょう。

【収納スツールカゴつき 白】

・取り扱い店:KAGUDOKI
・参考価格:7,990円(税込)

収納つきのスツールは、座面を開けて使うものが主流ですよね。

しかし、これは座面下にあるバスケットが収納になっている珍しい商品です。

そのため、座面を開けずにものの出し入れができ便利です。

また、バスケットは汚れやすいことがありますが、この商品にはそれに布がついているため、手軽に洗えて清潔に使えることもポイントです。

かすれたような塗装と白がマッチしていて、アンティークな風合いがあります。

可愛らしいデザインのため、子供部屋のスツールとしても活躍するでしょう。

移動も楽々!品質の高さが嬉しい白い収納スツール

スツールを、様々な部屋で使いたいという方もいるでしょう。

そのような方には、以下の持ち運びしやすいスツールがおすすめです。

【moc ペールストレージスツール】

・取り扱い店:ZAKKAGREEN
・参考価格:3,520円(税込)

座面が程良い固さで、長時間座っていても疲れにくいのが特徴です。

収納力も高く、長さや幅のあるものの収納にも役立ちます。

蓋の開け方もシンプルなため、さっとものを取り出しやすいです。

収納部分はスチール素材のため、汚れに強いという特徴も嬉しいポイントですね。

頑丈さもあり、スツールを長く愛用したい方にもおすすめです。

取っ手がついているため、移動して使いたい時にも便利という声もあります。

角がないデザインのため、身体をぶつけても怪我をしにくい点も良いです。

このように、品質が高いにもかかわらず価格は安いため、スツールを複数購入したいという方にもおすすめです。

座面のグレーと収納部分の白、そして取っ手の茶というコントラストが美しい、おしゃれなスツールです。

白い収納つきスツールは1つで多くの役割を担う

スツールは背もたれのないデザインのため、部屋に置いておいても主張しすぎないという魅力もあります。

それに白を選べば、より部屋にも馴染みやすいでしょう。

また、収納つきのスツールであれば、棚などを置くスペースが確保しづらいような狭い部屋でも役立ちます。

座るだけでなく、収納もできる白いスツールは、1つで多くの役割を担う便利なアイテムです。