既製品のスツールをオシャレなアンティーク風にリメイク!

アンティークな家具や雑貨は、使い込まれた風合いがオシャレですよね。

しかし、アンティークとは、ただ古いというだけでなく、骨とう品や古美術品という意味もあり、実際に手に入れるとなると、とても高価なものになります。

そこで、今回は「アンティーク風」にリメイクする方法をご紹介しましょう。

既製品のスツールも、ちょっとした工夫でアンティーク風にできますよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ベッドサイドライトの選び方!おしゃれなアイテムも紹介

ベッドサイドを明るく照らす卓上ライトは、どんな点に注目して選ぶのが良いでしょうか。今回は、ベ...

効果が変わる!布団乾燥機のタイプ別おすすめダニ対策術!

お布団のダニ対策に布団乾燥機を使うことがありますが、布団乾燥機のタイプでダニ対策効果が違うのご存...

窓に隙間テープを貼り室内を暖かく!効果的な使い方と注意点

寒くなってくると、窓から入ってくる隙間風に悩まされることがあります。どれほど断熱性の高い家で...

家具の修理料金の相場は?修理業者を選ぶ時のポイントも紹介

大切な家具やお気に入りの家具が壊れた時、そのまま処分してしまうのは悲しいことですよね。できる...

パーソナルチェアのおすすめ5選!北欧調デザインを厳選

大人ひとりがゆったりとくつろげるパーソナルチェアはどのような点に注目して選ぶと良いでしょうか。...

ホワイトインテリアのベッドフレーム!白色のおすすめ商品

白を基調としたホワイトインテリアは、最近とても人気が高いスタイルです。雑誌やSNSでは、ソフ...

ベッド下の収納力アップ!高さを変える方法と収納術

収納スペースが少ないお部屋の場合、ベッド下の収納力をアップさせることで、お部屋をすっきりと片付け...

1DKは何人向けの部屋?快適な家具の配置は家族構成で変わる

1DKのお部屋というのは、ワンルームと比べると個室がある分広く感じるものです。しかし、暮らす...

おすすめリクライニングチェア!おしゃれで人気なものを厳選

1人で贅沢にゆったりとくつろげるリクライニングチェアは、こだわって選びたいところです。今回は...

のんびりくつろげるソファを自作しよう!簡単な方法をご紹介

のんびりとくつろぐことができるソファがあるとリラックスできますし、来客時などにも重宝します。...

枕として使いたくなるクッション!二つの違いを比べてみよう

「枕」と「クッション」は似たような見た目をしていますが、決して同じものではありません。枕をク...

ワンルームにソファを置きたい!ニトリでおすすめの商品は?

一人暮らし用の狭いワンルームでは、「ソファ」を置いたら邪魔になると思いませんか?コンパク...

テーブル&チェアのセットならIKEAで!おすすめをご紹介

ダイニングの主役となる、テーブル&チェアのセットはおしゃれなものを選びたいですよね。北欧のス...

おしゃれな部屋に合う!様々なスタイルに合うベッドの種類

ソファやテーブルに比べると、ベッドの種類は少なく感じるかもしれません。しかし近年は、フレーム...

重い家具を安全に動かしたい!家具移動サービスを利用しよう

「家具の配置を変えて模様替えしたい!」「あの家具は場所を変えたほうが使い勝手が良さそう…」とは思...

スポンサーリンク

スツールの座面を換えるだけでオシャレなアンティーク風に!

スチールの脚にプラスチックの座面というよく見かけるスツールも、座面を換えるだけでオシャレなアンティーク風スツールにすることができます。

【スツールの座面を換える】

①スツールの座面の裏側の構造を確認し、ネジを外し、座面を取ります。

②座面を台紙に写し取り、ネジの場所も入れておきます。

③台紙を座面にする木に貼り、台紙に合わせて切っていきます。

④ネジ穴の位置は、目打ちを刺し込み印をつけておきます。

⑤座面を紙やすりで磨き、滑らかにします。

⑥座面に「ステイン」を塗って、よく乾かします。

⑦完全に乾いたら、目打ちでつけた印を元にネジで座面を固定して完成です。

座面は元の座面とのバランスを見て、丸でも四角でも、好みに合わせたものにしても良いでしょう。

座面に塗る「ステイン」は、木目を際立たせる塗料のことですが、後ほど詳しくご説明します。

スツールの座面に向く木材は、やわらかくて軽い「SPF材」、強度が高くやわらかで加工性に優れた「パイン」、木目がきれいで加工しやすい「スギ」などがおすすめです。

SPF材とは、Spruce(スプルース=ベイトウヒ)、Pine(パイン=松)、Fir(ファー=もみ)の3種の針葉樹を混ぜて作った木材のことです。

スツールをオシャレなアンティーク風に仕上げるには?

それでは、スツールをオシャレなアンティーク風にするためのポイントをご紹介しましょう。

【塗料でアンティーク風に仕上げる】

木材の仕上げ剤と言えば、「ニス」を思い浮かべる方が多いと思います。

しかし、木材をアンティーク風にするには、前述した「ステイン」の方が向いています。

ニスは「膜を作って色持ちや耐久性を高める」ことが目的なので、木目の良さが活きません。

一方、ステインは「自然な木目を活かす」ことが目的なので、木材に浸透し、より木の良さを引き出すことができます。

深く美しい木目を際立たせることで、使い込まれた風合いを出すことができるのです。

ステインには、水性と油性があり、水性のステインは水で薄められるので、扱いも後処理も楽ですが、アンティーク風に仕上げるには、油性の「オイルステイン」がおすすめです。

古来より日本で防腐剤として使われてきた「柿渋(かきしぶ)」も、時間が経つことで風合いが増していきますが、こちらもステインと同じように浸透型の塗料です。

【キズをつけてアンティーク風に仕上げる】

アンティーク風に仕上げるポイントとして、あえてキズをつけるという方法もあります。

金づちややすりなどで表面にキズをつけることで、使い込まれた風合いを出すのです。

キズをつけたあと、ステインを塗ると、オイルの染み込みに差が出てオシャレな仕上がりになります。

既製品の木材スツールをオシャレなアンティーク風に

既製品の木製のスツールをステインを塗るだけで、オシャレなアンティーク風に仕上げてみましょう。

【木製スツールをアンティーク風に仕上げる】

①スツール全体を紙やすりで磨きます。

既製品には、木の表面に接着剤や油分がついている場合があるので、それらを取り除きます。

表面を研磨することで、ステインの染み込みが変わってくるので、しっかり丁寧に行いましょう。

②木材についた木くずを乾いた布できれいに拭き取ります。

③ビニール手袋をして、ステインをよく混ぜます。

よく混ざっていないと、塗ったときにムラができてしまうので注意してください。

④筆や細いブラシを使って、スツールの裏側の継ぎ目など、細かい部分を最初に塗っていきます。

⑤面積が広い座面や脚の部分は刷毛などを使って、一気に塗りましょう。

⑥乾いた布を使って、ステインを刷り込みながら、余分なステインを取り除きます。

色が薄い場合には、2度、3度と塗り、好みに合った色にしてください。

⑦耐久性や色持ちを良くするために、仕上げ剤を塗って乾燥させれば完成です。

シャビーシックでオシャレなアンティーク風スツールを作る

次は、塗料を使って、シャビーシックでオシャレなアンティーク風のスツールを作りましょう。

シャビーシックとは、「古さのなかの上品さや洗練された感覚のこと」を言います。

もともとシャビーとは、「みすぼらしい」「卑しい」という意味がありますが、「熟練」「技術」を表すシックをつけることで、プラスの意味に転じた言葉です。

それでは、やり方を見ていきましょう。

今回ご紹介するのは、くすんだグリーンを基調にした、シャビーシックなアンティーク風スツールです。

【シャビーシックなアンティーク風に仕上げる】

使う塗料はイメージによって変わってきます。

基本的には、ターコイズ、チャコール、ミントなどが良いでしょう。

ホワイトを入れると古びた感じが出しやすいので、ホワイトもプラスします。

いずれも半ツヤなど、光沢をおさえたものを選んでください。

それでは、ビニール手袋をして刷毛を使い塗料を塗っていきましょう。

順番はどの色からでも構いません。

1色目を塗ったら、乾かないうちに2色、3色と塗り重ねていきます。

このとき、「完全に重ねない」ということと、「ベタ塗りにしない」ことを心掛けてください。

バランスを見ながら、ざっくりランダムに塗っていきましょう。

刷毛がないときは、キッチン用のスポンジを切って使ってください。

塗り終わったら、しっかり乾燥するまで1日置きましょう。

シャビーシックでオシャレなアンティーク風スツールを仕上げる

スツールに塗った塗料が完全に乾いたら、仕上げをしていきましょう。

今はまだ、グリーン系とホワイトの塗料がまだらに塗られただけのスツールなので、オシャレ感もアンティーク感もゼロだと思います。

ここから、長年使い込んだような風合いを出すために、サンディング作業を行います。

サンディング作業とは、やすりをかけて表面を削ることです。

紙やすりで削るという方法もありますが、電動ヤスリを使うと作業が早く行えます。

乾いた塗料をやすりで削っていくのですが、このとき、ランダムに塗った塗料が色ムラとして顔を出し、使い込んだ風合いを出してくれます。

また、より強くサンディングをするとアンティーク感が増す仕上がりになります。

全体にアンティーク感が出たら、最後にミディアムブラウンのステインを塗りましょう。

乾いた布にステインを含ませ、色が浸み込み過ぎないようにしながら、拭き取るようなイメージで仕上げていきます。

サビ感を出したいときは、キッチン用のスポンジにステインを含ませ、何箇所かポンポンとつけておくと、古びた質感が出せます。

しっかり乾かしたら完成です。

家にあるものでスツールをオシャレなアンティーク風に

最後に、家にあるもので既製品のスツールをオシャレなアンティーク風にしてみましょう。

【酢+スチールたわし】

これまで何度か登場してきたステインですが、自分で作ることができます。

容器に酢を入れ、スチールたわしを浸し、一晩そのままにしておくと、たわしがサビて酢が変色します。

この赤サビによって変色した酢がステインです。

ここでのポイントは、「金属100%のものであること」と「繊維が細かいもの」を選ぶということです。

そうすることで、早く良質なステインが作れます。

あとは、通常のステインと同じように使ってください。

【酢+水+重曹】

家にある掃除用の重曹を使って、アンティーク風のオシャレなスツールを作りましょう。

水と重曹を3:7の割合で混ぜます。

ドロッとするくらいの濃さに調整して、スツールに塗っていきます。

霧吹きに酢を入れて、全体に吹きかけ、5~10分ほど置いたら、ワイヤーブラシでゴシゴシと全体を擦り、表面を削ります。

擦り終わったら、水で洗い流して乾燥させて完成です。

仕上げにステインや仕上げ剤を塗ると、耐久性も良くなり、見た目も美しくなります。

まとめスツール オシャレ アンティーク

今回は、既製品のスツールをオシャレなアンティーク風に仕上げる方法をご紹介しました。

買うと高いアンティークですが、アンティーク風に仕上げることは、簡単なDIYでできます。

ステインを塗るだけでも、簡単にアンティーク風に仕上げることができるので、ぜひ試してみてください。

また、そのステインも自分で作ることができるので、こちらも合わせて試してみてください。