ソファを選ぼう!おすすめできる一人暮らしのソファの選び方

一人暮らしの限られたスペースでも、ソファを使いたい人はいることでしょう。

一人暮らしの部屋でも、その部屋に適したソファを選ぶことで、快適に過ごすことができるようになります。

今回は、一人暮らしの部屋で使うのに適したおすすめのソファの選び方や、ポイントについてご紹介していきます。

用途に合わせて適したソファを選びましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ダイニングチェアは子供用も必要?タイプ別のおすすめチェア

ダイニングテーブルにはダイニングチェアがセットになっていることが基本ですが、その中に子供用のチェ...

家具の移動はどんな業者が安心?パターン別に移動方法を紹介

家具の移動を考える時、どの業者に頼もうかと悩むことはないでしょうか。家具を移動させるのは、引...

トイレの収納=キャビネット?選び方やおしゃれ商品もご紹介

トイレの収納といえば、キャビネットをイメージする方が多いのではないでしょうか。キャビネットは...

家族みんなが使いやすいダイニングチェア!高さ選びが重要!

ダイニングチェアは、食事をしやすい高さであることがとても重要です。しかし、お子さんのいるご家...

ニトリのテーブルで快適な一人暮らし!おすすめ商品はこれ!

一人暮らしをはじめるにあたり、インテリアの中心となるものの一つがテーブルです。限られた空間の...

便利なスツール!キャスター付きでおしゃれなものを探そう

あらゆる場所に配置でき使用用途が豊富なことから、1つは欲しいのがスツールです。このスツールに...

テーブルのおすすめ!一人暮らしに最適なおしゃれテーブル

これから一人暮らしを始める方にご紹介したいのが、テーブル選びのポイントです。一人暮らしのテー...

使うほどに味わい深い!本革のソファの寿命を伸ばす方法は?

ゆっくりテレビや映画を観たり、読書やお昼寝をするなど、ソファはお部屋には欠かせない家具の1つです...

女子向けベッドフレーム!かわいいデザインのものをご紹介!

お部屋の中でも目立ちやすい「ベッド」は、インテリアの雰囲気を決める重要なアイテムです。この記...

ワンルームにベッドとソファを上手く配置する方法をご紹介

ワンルームに大型家具をたくさん置くと、どうしてもお部屋が狭くなってしまうのでできるだけ家具は少な...

すのこベッドの特徴!ベッドタイプ・ロール式・折りたたみ式

お布団のカビ対策には、ベッド選びが重要です。お布団のカビ対策に有効なすのこベッドですが、脚の...

机の塗装がはげた!簡単にできる補修方法やメリットを解説!

塗装がはげた机を目の前にして「この机はもう捨てるしかない」と考えている人もおられるでしょう。...

癒し系家具!リクライニングチェアは高級本革張りがおすすめ

背もたれが倒せるリクライニングチェアで、まったりと寛ぐ時間に憧れる方は多いでしょう。リビング...

ベッドルームのインテリア選び!ブログが参考になるアイデア

リラックスしたい場所であるベッドルームは、落ち着いた中におしゃれなイメージを感じるインテリアコー...

素材と見た目にこだわる!家庭用チェアマットのおすすめは?

オフィスなどでよく見掛けるチェアマットをご家庭に取り入れれば、キャスター付きチェアをより快適に使...

スポンサーリンク

一人暮らしの部屋の広さを考えてソファを選ぼう!

一人暮らしの場合は、部屋の広さを考えてソファを選ぶことをおすすめします。

中には、一人暮らしでも広い部屋に住んでいる人もいるかもしれませんが、多くの人は比較的狭い1Rや1Kといった間取りの部屋に住んでいることが多いかと思います。

部屋の広さも限られてくるので、配置するソファのサイズも限られてきます。

大きいソファがほしくても、部屋の広さを考えるとやはり設置は難しいでしょう。

一人暮らしの部屋では、その部屋の広さに合わせて、配置できるソファの最大サイズも限定されます。

そのことを念頭に置いて、ソファを選ぶことが重要になります。

無理して大きいソファを配置してしまうと、部屋の中で身動きがとりにくくなったり、他の家具を置くことができなくなってしまうこともあります。

圧迫感も感じられ、元々狭い部屋がさらに狭く感じてしまうことでしょう。

まずは、自分の部屋の広さをしっかりと把握しておきましょう。

ソファをどのように使うのか考えよう!

ソファをどのように使いたいのか、ということも一人暮らしの部屋では大切なポイントになります。

ちょっと座れる程度でいいのか、座るにしても、友達も座れるように2人掛けの幅はほしいなど、ソファの使い方についても事前に考えておくといいでしょう。

また、ソファで横になりたい、という人もいるかと思います。

そういった使用目的によっても、購入すべきソファが変わってきます。

何も考えずにソファを購入してしまうと、「こんなに大きなソファはいらなかった」「もう少し大きいソファにすればよかった」といった失敗に繋がってしまいます。

また、ソファに座って食事をしたいと考えている場合には、テーブルとの相性も気にするといいでしょう。

ローテーブルを使っている場合には、そのテーブルの高さに合わせた座面高のソファが必要になります。

高さの合っていないソファでは、使いにくい上にストレスも溜まりやすくなってしまいます。

そして、結局使わなくなってしまうことも考えられるので、しっかりとどのような使い方をするのか、明確にした上で購入することをおすすめします。

6畳の部屋におすすめのソファのサイズは?

具体的には、どれくらいのサイズのソファを購入すればいいのか、わからないという人も多いかと思います。

一人暮らしでも多い間取りである、1Rや1Kの場合では、6畳ほどの広さであることが多いです。

そのため、例として6畳ほどの部屋でおすすめのソファのサイズをご紹介していきます。

6畳ほどの部屋の場合では、1人掛けのソファは問題なく配置できます。

そして、2人掛けのソファの場合では、他の家具との兼ね合いもありますが、問題ないと言えるでしょう。

しかし、2.5人掛けや3人掛けのソファだと、少々圧迫感が強くなってしまいます。

配置できないことはありませんが、快適さを考えるとおすすめはできません。

そのため、6畳ほどの部屋では1人掛け、2人掛けのソファがおすすめと言えます。

その際には、コンパクトなサイズのソファを選ぶと、より配置しやすくなるでしょう。

もちろん、他の家具の配置や数によっては、このサイズも微妙に異なります。

自分の場合に当てはめて、考えてみることも大切です。

一人暮らしの部屋では他の家具の配置も考慮してソファを選ぶのがおすすめ

一人暮らしの部屋では、他の家具の配置に注意することも大切になります。

ソファの他には、どのような家具を配置する予定なのかを考えておく必要があります。

特に、大型の家具を配置する予定がある場合には、ソファのサイズもなるべく小さくする必要が出てくるでしょう。

例えば、ベッドを配置する場合には、部屋の大部分をベッドが占めるかたちになります。

それに加えて、TV台やテーブルを配置するとしたら、ソファはそれほど大きなサイズを配置できなくなります。

この状況で、2人掛けソファや2.5人掛けソファを配置すると、部屋の圧迫感は非常に強くなるでしょう。

また、快適に生活できるのか、という疑問も浮上してしまいます。

そのため、上記のように他の家具がある場合には、ソファを1人掛けのコンパクトなサイズのものにすることをおすすめします。

その時には、ソファの配置場所も考慮するといいでしょう。

配置については、次項で詳しくご紹介していきます。

一人暮らしでおすすめのソファの配置をご紹介

一人暮らしの部屋では、上記でお伝えしたように、他の家具の配置や数もしっかりと考えておいたほうが、より快適な部屋にすることができます。

そして、ソファの配置についても、ただなんとなく置くよりは、しっかりと考えた上で置いた方がいいと言えます。

ソファを配置する時には、その部屋での動線を確保しながら配置することが大切です。

例えば、ソファを壁面に寄せて配置するなどが挙げられます。

部屋の真ん中部分を通路として空けておくことで、部屋の中での移動がよりスムーズに行なえるようになります。

また、部屋の中央付近にテーブルを配置したい人も多いかと思いますが、その場合でも、部屋の奥に行けるように人の通れる幅を空けておくことをおすすめします。

ベランダへの移動や、窓の開け閉めの際の移動がスムーズに行なえるようにしておくと、その部屋で快適に過ごせるでしょう。

家具を避けながらでないと窓にたどり着けないような部屋では、快適であるとは言えません。

そのため、ソファを配置する場所にも注意しましょう。

事前のシミュレーションが大切!

一人暮らしの限られた広さの部屋では、事前にどれだけシミュレーションできているかで、部屋の快適さも大きく変わってきます。

ソファのサイズをしっかりと考え、他の家具の配置も考慮して、使いやすい位置に配置するシミュレーションができていれば、購入した後も思っていたのと近い部屋の状態にすることが可能になります。

しかし、何も考えずに、自分の好きなサイズのソファや配置したいと思う家具を先に購入してしまうと、最悪の場合は、置くことさえできない、ということになる可能性もあります。

そのため、事前にしっかりとその部屋のどの部分にどの家具を配置するのかを考えておきましょう。

実際に使ってみて、「こっちに配置したほうが使いやすい」と感じることもあるかと思います。

その場合にも、事前のシミュレーションができていれば、移動も問題なくできるでしょう。

一人暮らしの部屋では、家具を部屋いっぱいに配置すると、その後の部屋の模様替えなどがしにくくなることもあるので、家具の数についても事前にシミュレーションして、どの程度までなら大丈夫か考えておくことをおすすめします。

限られたスペースでも快適に使おう!

今回は、一人暮らしの部屋でも快適に使うことができる、ソファのサイズやソファの配置の仕方についてご紹介してきました。

大切なのは、限られた比較的狭いスペースで、どのようなソファを配置するのか、他の家具はどうするのか、ということでした。

そして、購入してから困らないように、事前にシミュレーションしておくことが失敗しないソファ選びに繋がります。